女性からの好感度を上げる方法と下げる方法

あなたは女性に好意的に見られやすい? それともあまり仲良くなれないタイプですか?

職場でも私生活でも、女性から好意的に見られやすい男性と、逆にそうではない男性がいます。どうして2つのパターンに分かれてしまうのか……それはあなたが普段なにげなくとっている行動にあるのです。

周りを見渡してみると、顔はちょっと地味だと感じるような同性が、結構女性からの評判が良い事が多い、なんて経験はありませんか?

反対に世間一般的に恰好いいと言われる顔立ちの男性でも、女性からはあまり人気がないという場合もあるのです。

さて、貴方はどちら側のタイプでしょう、好意的に見られやすい方ですか? それとも、女性には何となく素っ気なくされてしまう方ですか?

 

  • 「自分は、どうせ出合い系でしか女の子と知り合えない」
  • 「好かれるなんて無理…別に、嫌われなければいいだけ」
  • 「こんな形でしか女の子と遊べない」

なんてネガティブ思考はNG!

実は、ちょっとした女性の気持ちや特性を理解するだけで、簡単に好感度が上がってくれるのです!

セフレを作るためには、当然ながら、女性からの高感度を上げる必要があります。それも、女性に嫌われる男の特徴を知り、それを避ける立ち回りをするだけだから結構、楽勝なんです。

本日は、セフレづくりのための、女性からの好感度を上げる方法と下げる方法をまとめました。

女性からの好感度を上げる方法

1.話す時に目ではなく“目と目の間”を見つめる事

「人と話す時はしっかり目を見て話す」と、小さい頃に注意されたことがある人もいるでしょう。でも目を見つめるって結構緊張するし、そのせいで会話も続かずしどろもどろに……。

あまりじっと見つめていると相手も気まずくなり最悪の場合、萎縮してこちらを怖がってしまうことも?!

だからと言って目線を外そうと横に外せば「拒否された」と捉えられてしまう恐れもあるのです。

ではどうするか、ここは目ではなく、目と目の間、鼻筋の辺りを見つめるようにしましょう。

これだけでお互いリラックスして会話ができ、相手は「目が合ってるかもしれない」という胸の高鳴りを感じます。

5分の会話の中で目と目の間を見つめるのは2~3回、1回につき2~3秒として、目線を外す場合はゆっくり上に外しましょう。

相手の女性に「話しやすい、目が時々合ってドキドキする」という印象を与えられます。

2.動作は抑え気味で、物は丁寧に扱う事

大きな音、動作が苦手な人は意外と多いものです。

例えば職場の男性同僚で、仕事中にパソコンのキーボードを力強く打っていたり、書類やファイルを机にドンッと置く等しているとどう思いますか?

あまり相手の事をそこまで深く知らないと「あの人何か怒ってる(機嫌が悪い)のかな?」「大ざっぱ、がさつ」と思ってしまいます。

しかし動作は抑え気味で鞄や書類等、物を丁寧に扱う人ですと、どんな印象になるでしょうか。多くの人は「静かな人」「落ち着いた人」と感じるのです。

話し声は普通の声量で、扉を閉める時や物を机に置く時、足音なんかは抑えているだけで、女性からは良い印象を持ってもらいやすいのです。

更に言えば、言葉遣いもなるべく丁寧にすると、紳士的な雰囲気を出せます。食事へ行く場合、買い物や家に招いた時もちょっと気を付けているだけで、好感度も上がりやすいです。

3.女性と話している時は徹底して“聞く姿勢”でいる事

女性から好意的に思ってもらいやすい話しの聞き方、それは肯定することと相手に対しての体の向き、そして声のトーンです。

アクティブリスニング、積極的傾聴という話し相手から「もっとこの人と話したい」と思ってもらいやすい方法が活用できます。

例えば軽い会話でも、否定されるとちょっとムッとしてしまいませんか?

同じように、愚痴でも意見でも世間話でも「そうだね、その通りだよね」「それがいいよ、そうしよう」など、相手を肯定して共感しましょう。

次に体の向きは横並びに立っている、または座っている場合は少し斜めに相手の方へ体を向けましょう。

対面している場合は体を軽くリラックスさせて、両手は握り拳より軽く開いて膝の上へ置きます。あまり身を乗り出したりして近づくと相手も緊張するので、少し距離は開けるのが大切です。

声のトーンは、暗い話題ならば共感して少し落とした声、明るい話題ならばテンションを軽く上げた高い声にします。こうするだけでも相手には「ちゃんと話を聞いてくれている」と思ってくれます。

女性は結構細かい部分をチェックしています

普段何気なく無意識に行っている事でも、女性は結構細かい所を見ていたり、それによって判断する場合があります。

目と目の間を見つめて話す事、動作を抑え気味にする事、話を聞く態度は、日常生活で十分活用できる行動です。

慣れていないと最初は難しいと思うかもしれません。しかしこれら3つの行動は、出会い系の女性に限らずより良い人間関係を築く上でも、とても大切な事と言えます。

セフレ化したい女性がいるけれどどう接していいのか判らない、なかなか周りの女性が心を開いてくれないという場合、ぜひこれら3つに気を付けて過ごしましょう。

たったこれだけでより貴方自身の好感度も上がり、とても充実した毎日を送ることができるはず。モテた経験がないという男性でも、きっと「この人いいかも」と思われ楽しい会話が広がりますよ!

女性からの好感度を下げる方法

 

1.見た目がだらしない

実は、女性が見た目で一番嫌悪感を覚えるのは、身長や顔でもなく「だらしなさ」。

ボサボサに寝癖がついていたり、伸びきっているヘアースタイル。ヨレヨレのシャツに、汚れた靴……など意外と、そんな場所に女性は目を光らせています。

だからと言って毎月美容院に行くとか、高いブランドの衣類を身につければいいという訳ではありません。もちろん、毎月美容院に行っても手入れしないと意味がありませんし、ブランドの洋服や靴だって汚れていては台無しです。

例えば毎朝、鏡の前で少しだけでも髪をセットする。洋服はいつも清潔な物を着用する。たったそれだけの事で、だらしない見た目はガラッと変わるのです。

そして、女性からの好感度は、たちまち上がるでしょう。自分の容姿に自信がなくても、いえ、ないからこそ。清潔感溢れ、さり気なく手入れの出来た見た目は、とても大事なのです。

見た目がだらしない男はぜったいにセフレになることはできません。

2.自慢話しが多い

女性は、基本的に自分の話しを聞いて欲しい生き物です。

悩みや不安な話、楽しかったり嬉しかったりした思い出、日常の何てことない世間話しまで……。女性の会話はエンドレスなのです。だからと言って、男性の話しを全く聞かない訳ではありません。

男性との会話が楽しければ「また話したい」「あの人の話しを聞きたい」と、女も思うはず。だから女性と会話する時は、内容がとても大切なのです。

自分の得意な事や、良いところを見せたいがために暴走モードになりがちですが、ほどほどにしておくのが賢明。

その後に必ず相手の女性に「君は?」などと話しを振り、意見を求めましょう。たったこれだけの小さなアクションで「自分の自慢話しばかり…」といった悪い印象を回避できます。

3.決断力がない

「優しい男性がモテる」なんて、ひと昔前の話題に振り回されていませんか? もちろん、優しくお姫さま扱いされる事を夢見ている女性が多いのも現実です。

しかし、優しいだけの男性では、いずれ物足りないと感じてしまうのです。

「優しさの中に、時折見せる強さが良い」なんて思うのが、ワガママな女の本音。普段は、周りの意見を尊重しているけれど、ここぞと言う時には自分の意見を貫く……などそんなギャップに女性は弱いのです。

最近【ロールキャベツ男子】なんて言葉があるように、キャベツに包まれた中の肉こそが肝。キャベツばかりでもダメだし、もちろん肉ばかりでもダメで、バランスが大切なのです。

女性の意見を尊重し優しいだけの男性は、所詮いい人どまりになってしまいます。

ちょっとした努力や、意識をするだけで女性からの好感度アップ

女性から嫌われずモテる男性になるのは、とても簡単でわかりやすいものなのです。しかし、日々実行するとなると面倒になってしまったり、うっかりしてしがちなことなのかも知れません。

常に、女性からの視線を意識し、少しややこしい女性の本能や気持ちを理解して女性と接するのが大切。それが、男子力アップに繋がっていくのです

「女性から嫌われなければいい」なんて低いハードルを掲げるのではなく「モテる男性になってやる!」くらいの高いハードルを敢えて掲げて見ませんか?

そう思うだけで、あなたの立ち振る舞いは変わってくるはず。

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ