ワガママ女をセフレにするメリットとコツ

現実の世界でも出会い系サイトでも、女は顔が可愛ければ可愛いほどモテます。

結果的にどういうことが起こると思いますか? 可愛い女は、どんどんワガママになっていくんです。ワガママな女なんてろくでもない、と思う男は多いはずです。じゃあどうして可愛い女はワガママになってしまうのか? それは今までに男で苦労したことがない、男に苦労ばかりさせてきたからです。

その女とセックスをしたいばかりに、その女の喜ぶことばかりした男が今までにたくさんいるんです。可愛いから、ずっと甘やかされてしまったんですね。

けれど逆に言えば苦労させられた男は、喜ばせることで他の男よりも優位に立ってセックスに持ち込めたわけです。

ワガママ女はセックスが簡単

つまりワガママ女こそ、ワガママを聞いてあげればセックスに持ち込むことが簡単だと言えます。

考えてみてください。特にワガママも言わずに要求もしてこない女は、何を考えているか分かりにくいですよね。出会い系サイトで「何を考えているか分からない女」は、とうてい実際に出会うことはできません。

何をすれば気に入られるのかがこちらからは分かりませんし、扱いにくいことこの上ないです。それに比べてワガママな女は、要求がはっきりしてます。分かりやすすぎてびっくりするほどです。

ワガママを叶えるために苦労することはあるかもしれませんが、何をしたらいいのかを迷って苦労することはありません。ノルマが決まっているゲームみたいなものです。ワガママな女はここまでレベルが上がれば、こういう装備をすることができますよ、というのを言葉にしてくれている分だけ、とても扱いやすいと言えるでしょう。それでいて顔は可愛いんですから、やり甲斐もあるというものです。

たまに特に可愛くないのにワガママな女もいますが、そういう子は単純に愛情に飢えているだけです。男が自分の言うことを聞いてくれる体験が実生活で少ないから、ネット上でのコミュニケーションで相手を試すようなことをしているんです。だからワガママさえ聞いてあげれば、すぐに落とせるという点では変わりがありません。結局、ワガママな女は扱いやすいということです。

一度セックスをしてしまえばいい

こっちは気楽なセフレを求めているんだから女のワガママなんて聞きたくもない、という男もいるでしょう。事前にデートをしたり面白くもない話に付き合ったりするのは、とても面倒です。

けれど考えてほしいのが、このワガママは長くは続かないということです。結局は出会い系サイトでの出会いなので、普通の彼氏彼女という関係にはなりません。一度セックスをしてしまえば、単純なセフレ関係に落ち着きます。

セフレになってまでワガママをいう女はいません。出会い系サイトでワガママを言う女は、単に自分のセックスの価値をつり上げたいと思っているだけです。

それに引き換えちゃんとした彼氏彼女の関係になってしまった時を、考えてみてください。付き合ってセックスをしても、普段の生活にワガママは忍び寄ってきます。いつだって彼女のワガママを聞いてあげないといけない状態になると、とても辛いですよね。けれどワガママを叶えてあげることが付き合う条件なので、途中でやめるなら別れるしかありません。

その点セフレであれば、セックスをすることが一つのゴールであることは男女ともに共通の認識です。ゴールに到達した相手に対して、更にワガママを重ねるのは「関係を続けるかどうか迷っている」時だけです。

ワガママを聞いてあげればセフレ関係は持続する

この場合のワガママは前回のセックスやデートで何か不満に思うことがあって、その改善を求めてきていると言えます。だから、またワガママを聞いてあげればセフレ関係は持続します。

ワガママを聞いたからといっていつでもセックスできるわけではない彼女という存在とは、ここが大きく違います。

それに特に要求をしてこずに勝手に関係を切られるより、ワガママを言ってまでこちらに合格点を出そうとしてくれていると考えれば可愛らしいものです。つまりワガママな女は、セフレになってからも扱いやすいんです。関係を長続きさせるのも簡単なので、セフレにするならワガママな女が一番てっとり早いです。

ワガママ女を口説くコツ

では、ワガママな女はどうやって口説けば落としやすいでしょうか? コツとしては、ワガママを聞いてあげることに尽きます。どうしても叶えられないワガママや、お金がかかるワガママは無視してもかまいません。あまりに難しいことを言う女は、他の男からも相手にされないのでいつの間にか要求を下げてくることが多いです。だから要求が下がるのを待っておいて、もっと可愛くて叶えやすいワガママを言う女を先に口説きましょう。

ここでは、相手がワガママであることを自覚させることが重要です。特に叶えるのが難しくないワガママでも、「◯◯ちゃんはワガママだな」と一度は言っておきましょう。

そして「可愛いからしょうがないけど」と付け加えておけば完璧です。ワガママを言うことで自分の価値が上がったと思って、女は喜びます。ただ、毎回毎回「ワガママだな」と言うのはNGです。女は貶されたと思って、気分を悪くしてしまします。ワガママを指摘するのは一度だけ、それだけでも女の気持ちの中に「自分はワガママなんだ」という意識が生まれます。

そうしておいてワガママを叶えてあげれば、「私はこの人にはワガママを言ったのに、聞いてもらった」という感情が芽生えます。ただ普通にワガママを聞いてあげるより、相手に自覚がある分だけありがたがられます。そうすれば今までにその女と関係した男と同じラインに立てるので、実際に会ってセックスをするのが簡単になります。

また、ワガママな女にはよくかまってあげることが大切です。「可愛い」と連呼してわかりやすく褒めても、「誰にでも言っているんでしょう」と言って疑わないで喜ぶのがワガママな女の特徴でもあります。自分が可愛いという自覚があるのでワガママを言うわけですし、可愛いと言われることが当たり前になっているからです。適当に褒めてまめに連絡を取っていれば、ワガママを言い出す確率も上がります。言い出しやすい相手だと思わせることができれば、叶えやすいワガママもどんどん出てきます。

会うことが簡単

そして、ワガママを叶えるために会うことが簡単になるのも特徴です。私をどこそこに連れて行って、あのレストランのあれが食べたい、なんていうワガママは、会わないと叶えることができません。

「分かった、じゃあいつにする?」なんていう風に日時を決めるだけで会うことは決定するので、出会い系サイトで男が苦労する過程をほとんど飛ばすことができます。ただ、こういうワガママは女の方が「実際に会ってもいい」と思わないと出てこないものです。

だからこういうワガママを出させるためには、それまでにメッセージのやり取りを頻繁にして心を開かせておくことが下準備になります。よくかまってあげる、というのはこういう意味です。それまでに安心させておくこと、この人ならまめだから実際に会ってもワガママを聞いてくれそうだと思わせておくことが大事です。

ワガママな女は出会い系サイトでは逆に扱いやすい、ということが分かってもらえたでしょうか?何かをしてあげるのは面倒くさいと思っても、実際にセフレになってしまえば終わることです。彼女よりも扱いやすいことに変わりはありません。最初のうちは我慢して、ぜひ可愛くてワガママな女をゲットしてくださいね。

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ