出会い系のイチローを目指す

ビジネスでも恋愛でもぜったいに確実なアドバイスがあります。

うまくいかないかもしれないから、チャレンジしない。

そういう考えをすてることです。うまくいくかどうかは誰にもわかりません。

だけど、一つだけたしかなことがあります。

それは、

チャレンジしなければ成功もしないということです。

このことをあなたは本当にわかっていますか?

女性との出会いは曖昧で不確実で予測不可能なものです。

でも、だからこそ、エキサイティングな体験ができるのです。

たしかに、うまくいかない可能性もあります。それと同時に、すばらしいセフレができる可能性だってあるんです。

イチローの場合

現役のメジャーリーガーとして今も大リーグで活躍中のイチロー選手は、日本球界時代に天才の名を欲しいままにして前人未到の4割バッターとなり、ヒットを自在に打ちまくっていました。

そんな彼にも才能が芽を出さない2軍時代がありました。彼はその時、あるコーチの言葉によって目覚めたそうです。

その言葉とは、4割バッターってすごそうだけど、実は6割も失敗しているバッターってことなんだよ、6割失敗しても4割打てばすごいバッターなんだ、というものだったそうです。

4割打とうと思うと大変だけど、6割失敗してもいいんだ、6割打ち損ねても4割バッターなんだと考えると、急に気持ちが楽になったそうです。4割打者イチローの誕生です。

これを出会い系サイトに置き換えてみれば、例えば出会い率4割を目指すなら、6割は失敗しても構わない、つまり10人の女性にアタックして、6人には会えずじまいでも、4人には会えることを意味します。

出会い系サイトでは、10人の女性に狙いを絞って6人を取り逃しても、イチローになることが出来るわけですね。

気は持ちようですから、6人に失敗しても大丈夫だと思うことで、だいぶ気持ちは楽になるのではないでしょうか。

出会い系の打率

いくら出会い系に慣れて来ても、メール段階で袖にされるのはやはりつらいものです。まして数打てば当たる式ではなく、思いを込めて書いたメールを読んでさえもらえなかったときの落ち込みは、本当に大きいものがあります。

そんな時、6人に失敗しても出会い系サイトのイチローでいられると思えば、挫折することなく、スランプ期も乗り越えられるのではないでしょうか。

それに実際には、一人の女性に会うために、多くの男性会員は10人近くの女性会員に何らかのアプローチをかけていると思いますので、出会い系サイトリーグでは1割バッターでも十分1軍選手としてやっていけます。

4割も打つイチローは本当の天才です。ですがその意識の高さ、泥沼から這い上がった経験から来る言葉や逆転の発想法には説得力があります。目指すには申し分ありません。

出会い系サイトもやる以上はイチローにあやかって、少しでも気持ちを楽にする考え方を身に付け、途中で辞めてしまうことなく、出会いのクリーンヒットを放ちたいものですね。

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ