面白い男にこそ、女は股を開くのだ!

男を大まかに分けると二種類に分類できます。面白い男と面白くない男です。今、家にいる人はテレビをつけてください。きっとお笑い芸人が映っているはずです。彼らが全員、イケメンですか? 答えは否です。ブサイクな顔面をイジられるような人たちが、びっくりするくらい美しい奥さんをゲットしているという事実があります。それはひとえに彼らの面白さがなせる業なのです。

容姿を言い訳にしていては永久にモテません。ブサイクだろうが普通だろうが、そんなことは関係ないのです。ルックスが気にならなくなるような、面白さを身につければいいのです。「そんなこと言っても、自分には笑わせる技術などないし……」と、お悩みの方もおられるかと思います。でもご安心ください。笑わせるのは話術のみにあらずです。

ファーストメールのインパクト

出会い系で重要なのは最初のメールです。

ここでどれだけライバルたちから、抜きん出ることができるかが問われます。こだわってほしいのがタイトルです。当たり障りのないことは、絶対に書いてはいけません。

「はじめまして」で始まるメールがどれだけあることでしょう。出会いを求める凡百の男たちを蹴落とすためにも、まずは相手の心を掴める出だしを書いてください。映画でも最初の15分で退屈だなと感じたら、その続きを見たいとは思わないはずです。

まずは相手のプロフィールをじっくり見てください。

例えば狙っている女性の趣味が料理作りだったとします。それを考慮した上で、少しユーモアを入れたメールを送るのです。「急募!今、俺は愛に飢えて餓死寸前です!誰か肉じゃがを作ってください!肉じゃがで助かる命もある!!」と切迫したメールを送信しましょう。忘れてほしくないのが、笑いのセンスというのは人それぞれだということです。全員がこういったメールに好印象を抱くわけではありません。ただし中には、かなりの興味を持って食いついてくる女性もいます。言わばそこを狙った一本釣り作戦というわけです。

出会ってからも笑わせる

無事、アポが取れて女性と会うことができたとします。ここまでくればかなり期待してもらって大丈夫です。あなたが面白いと思うことに、食いついてきたわけですから、笑いのセンスが近いことは、すでに確定しているわけです。

実際に会ってから、さらに面白いという印象を与えてください。人間はイメージに支配された生き物です。この人はこういう人に違いないと一度、思い込めばそういった思い込みは、ちょっとやそっとでは崩れません。アドリブトークで笑わせるのが苦手な人は、事前に備えておきましょう。空のお皿を鞄へ忍ばせておきます。近くの喫茶店や飲食店に入った際、おもむろにその皿を出して机におきましょう。恐らく彼女は「へ?これ何?」という反応を示すはずです。キョトンとしている彼女に、ドヤ顔でこう告げるのです。「今日はこの皿に君が肉じゃがを入れてくれるまで、俺帰らねえから」と。そこでプププとなれば、もう陥落したも同然です。フランクな女性でしたら、「じゃあ、肉じゃが作ってあげるから、うち来る?」と微笑んでくれるでしょう。

そうでなくても、あなたはやっぱり面白い人だったと相手は思うのでいずれにしても、プラスへと転じるのです。相手を笑わすということは警戒心を解くということでもあります。距離感が近づけば、女性はすぐに落とせます。ただし見切り発車では、失敗しかねませんので、作戦は入念に練って何パターンが考えておいてください。あなたの出会いが成就することを、心から願っています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ