セフレの探し方・セフレ関係を継続させるコツ・セフレを切る手順

初めてセフレを作りたいと思っている男性はもちろん、せっかく女の子を見つけたのに「セフレまで続かない」と悩む男性は必見!

セフレの探し方・セフレ関係を継続させるコツ・セフレを切る手順をご紹介します!

セフレをもつ時に覚えておきたい事

恋人とは違うセフレは、誕生日やクリスマスといったイベントを気にしたり、毎日メールや電話をしたり……面倒なことをしなくても、都合よくセックスできるのが一番の魅力。

一見、男性よりの考えにも感じますが、実は女性だってセフレの魅力はあります。

確かに、イベントを楽しんでプレゼントをもらい、毎日のストレスをおしゃべりで発散するのも、女性にとっては嬉しいものですが女性だってムラムラすのは当たり前。そんな時に、タイミングよく遊べてさっくりセックスをするのは「楽」と考える人も少なくありません。

そしてなにより、男性と同じく「セフレをもつ」のがひとつのステータスに感じる女性も意外に多い!

土下座をしてでも「セフレを作りたい!」なんて思う男性もいますが、そんなことをしなくてもセフレを作ることは可能です。

逆に、あまりにも低姿勢になりすぎると、「こんなセフレは持ちたくない」と女性は感じてしまうので、注意が必要です。

セフレの探し方

それではまず、セフレの探し方や見つける方法についてご紹介します。

一番効率がよいのは「出会い系」

セフレを探すのは、ナンパや出会いカフェ、SNSなど色々ありますがやはり一番効率が良いのは「出会い系サイト」を使った方法です。

なるべく最初に直接会って、アプローチする方が良いイメージですが特にセフレを探すなら、最初はお互いの姿がわからない出会い系がベスト。

それはセフレを探したいと思っている女性も、その姿を周りに見られるのは嫌だからです。そのため、真剣にセフレを見つけたい女性こそ、出会い系サイトを活用しがち。

彼氏探しや一度きりのワリキリなら、ナンパや出会いカフェも便利でしょうがセフレをさがすなら、最初はメールから始めていく方がおすすめです。

セフレ探しはお金がかかる?

はっきり言って、お金をかけなくても良いのがセフレの魅力。多少はサプライズのプレゼントを用意したり、ご飯をおごったり繋ぎとめるために必要経費もかかりますが、恋人同士に比べたらかなり出費は抑えられます。

出会い系も一部は有料コンテンツですが、登録やログイン、イベントで貰える無料プレゼントを駆使すれば、低料金で探せます。

逆に、お金をかけたからといって手に入らないのがセフレ。コスパ良くセフレを探していくのが、意外にも近道と言えるでしょう。

女性なら誰でもセフレにできるのか?

自らセフレを希望する女性もいますが、残念ながら「セフレなんて、とんでもない!」と考える清き女性も存在します。とは言え、だからといって脈が一切ナイとは言えないのが面白いところ。

実は、セフレを嫌がる女性でも「この関係はセフレじゃない」と思い込む女性や、途中でセフレの魅力に気付いたもののごまかす女性。どっぷりセフレにハマってしまう女性がとても多いのです。

そのため、うまく立ち回ればどんな女性でもセフレにできる可能性はあります。時にはステータスとして、時にはあいまいな関係として、女性のタイプにあわせて「セフレ」の新しい言葉を見つけるのも良いでしょう。

セフレのひっぱり方

いくらセフレができても、数回で音信不通になっては意味がない!できるだけ細く長く続けていくのが、正しいセフレの在り方です。

恋人同士より難しい距離感

実は、カップルよりも扱いが難しいのがセフレとの距離感。女性によっては彼女気分を味わいたい人や、さっくりヤルだけヤル……という女神のようなセフレを求める人も。そのため、過度に距離を縮めるのも危険な行為。かといって、あまりにほったらかしにすると女性も逃げてしまうので、アメとムチのように、バランスよく一定の距離を保つのが良いでしょう。

プレゼントでお金をかける必要はなし

物や現金で釣るのは、あまり賢いやり方とは言えません。当然ながら喜ぶ女性は多いですが、だんだんと愛人化してくる恐れも。「お手当が欲しい」なんて言われてはたまったものではありません。愛人ではなくセフレなら、もちろん基本タダが鉄則。あまり甘やかさないように、過度なプレゼントは避けるのがベターです。

ただ、ホテル代以外に一切お金を使わないのも「ケチ臭い」と思われがち。そこでおすすめなのが、LINEのスタンプやアプリゲームの課金です。1,000円程度でも喜んでくれ、気持ち的に重いプレゼントでもないのでセフレ女性のウケは抜群。

1,000円程度でセフレの心をひっぱれるなら安いものです。

プレイは積極的にチャレンジ

思っている以上に、女性もセックスに対しては貪欲です。特に、セフレだからこそ普段経験できないプレイスタイルを試したい……なんてことも。ある程度、セックスの回数が増えてきたら積極的に新しいプレイスタイルを試してみるのがおすすめです。軽いソフトSMくらいなら「余裕でOK」という女性は多数派なのでどんどんチャレンジしていきましょう。

適度にプレイを広げていくのも、長く付き合う秘訣です。

セフレの切り方

セフレをもつ時に、一番気を付けたいのがセフレを切る時。相手から離れていき、悲しい思いをするのは嫌だ!……なんて男性も多いかもしれませんが、実はその逆こそ一番の困りものです。

女性から離れた場合はサックリと

あいまいな関係だからこそ、あいまいな終わり方になりがちなのがセフレ。「またね」と笑顔を見せながら、そのまま音信不通そして自然消滅……というのもよくある話です。何かしらの理由があって終わりを選んだ女性の場合、スッと身を引くのが賢明。次のセフレを見つけるのが、復縁を狙うよりよっぽど勝算があります。

ただし、次の相手が見つからなければ半年、1年後くらいにしれっと連絡を取るのは有効です。とは言え、一度メールを送りリアクションがなければ諦めるのが良く、まさにワンチャン狙うといった感じ。「新しい彼氏ができたけど別れた」「セフレは嫌だったけど、やっぱり人恋しい」といった考えに女性が変わっていれば、復活もあり得ます。

男性がわから離れる場合は要注意

あれだけ望んでいたセフレでも、もっと良い女性が見つかったりなんとなく飽きてしまったり、男性側から関係を終わらせることもあります。その際に、気を付けたいのは「終わらせたくない」と望む女性。

あなたのテクニックや人柄、見た目にどっぷりハマってしまった場合下手に別れを迫ると、女性が逆ギレする恐れがあるのです。最悪、社会的抹殺されかねない危険な行為に走ることも……。

下手に「誠意を見せよう」なんて真面目に考える必要はありません。「面倒くさそうな女だ」と感じた場合は、自然消滅を狙うのがおすすめです。

特に、すぐヤレる女性こそ、切るのが面倒臭い傾向にあるので気を付けましょう。

セフレとはどこまでも”楽しむ”ことに重点を置こう

セフレについて色々な誤解や注意点、意外な真実などを紹介しましたが、やはり基本的にセフレは”楽しんでナンボ”の世界。

真面目に考えるなら彼女を探せばよく、もっと割り切った関係なら一期一会の女性を探し出すのが良いでしょう。

細く長く、適度な距離を保って続けていくのがセフレの醍醐味。去り際も、あっさりしすぎるくらいで十分です。

そして、ちょっとしたコツを掴んで立ち回っていけば思っている以上に、セフレと良い関係を継続できます。

ぜひ、お気に入りの女性をセフレにできたらバランスを保ちながら、セフレライフを最後まで楽しんでいきましょう!

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ