セフレとのセックス相性を見極める5つの方法

お互いが満足するセックスをするためには、テクニックだけでなく自分とのセックスの相性が重要。

セフレとのセックスに違和感を抱いている人もいるのではないでしょうか? その正体こそ、セックスの相性だったです。

いつも言っていることですが、わたしたちは、つねに複数のセフレを抱えるように努力すべきです。そしてそのなかで、セックスの相性が悪いセフレを切り、新しいセフレを作るのです。そして、「セフレ関係を長く続けるために覚えておきたい5つのコツ」を利用して相性が良いセフレとの関係を全力で続けるのです。

その判断のためには、セフレとのセックスの相性をみきわめなければならないのです。

本日は、セフレとのセックス相性を見極める5つの方法をご紹介します。

セックスの相性は3回目までに判断する

自分との相性に違和感を抱くとすれば、やはり1回目のセックス。

ここで問題なく満足したセックスができれば、自分にとっては相性の良い相手です。

しかし、「もしかして合わない?」と1回目で思った場合、その感覚だけで判断してはいけません。

大切なのは、確認作業にもなる2回目のセックス。

1回目に抱いた違和感が本物なのか? それを確かめるための2回目はとても大事です。

シチュエーションや内容を変えるのも良いですし、同じことで再確認するのもOK。それでも違和感を抱くのであれば、その人とはセックスの相性が悪い可能性が高い……。

しかし、「次なら大丈夫かもしれない」と淡い期待を抱いてしまうのが男というもの。

自分との相性を最終確認するのが、3回目のセックスです。

ここまですると、「合わないかも?」という不安が「合わない!」という確信に変わります。

4回目、5回目……、それ以降も結果は変わらないので、3回目のセックスを目処に相性を見極めるのが良いでしょう。

自分のカラダとの相性

カラダの相性は重要であり、セフレであれば特に意識する部分です。

例えば、身長差がある男女の場合、セックスで困ってしまうことがありますね。

  • 「後背位するときに高さが合わない」
  • 「シックスナインが届かない」
  • 「騎乗位のときに苦しい……」

このような場面があるため、体位や前戯が限定されてしまいます。

無理な態勢ですると気持ち良くないだけでなく、一方に負担がかかり疲れてしまうのです。

また、カラダの相性で忘れてはいけないのが膣との相性。男性器が人によって形が違うように、女性器の形も様々です。

膣内の広さや締り具合は、個人差や経験人数によってバラバラなので、自分の息子との相性をはかる必要があります。男性側は締りと膣の形を重視し、女性側は男性器の大きさを重視する。

相性というよりも好みに近いかもしれませんが、挿入したときに他の女性にはない感覚があれば相性が良い証拠です。

恋人関係なら「そんなの愛でカバー」なんてセリフが出てきそうですが、こちらはセックスを目的とした肉体だけの関係。

最大限セックスを楽しみたいのであれば、カラダの相性もしっかり確認しましょう。

セックスに対する温度差

燃え上がる情熱的なセックスをしたくても、相手は冷たく素っ気ない……。

セックスで相手と温度差があるのは、ちょっとした萎えポイントですよね?

セックスに対する姿勢も相性の一種なので、同じくらいのモチベーションを保っている相手が良いでしょう。

セフレ関係はマンネリ化してはいけません。それを防ぐためにも、セフレとのセックスには情熱を注ぎ、常にお互いが満足するように努力することが大事。

しかし、一方的に頑張っているだけでは意味がありませんし、それに応えてくれないと気持ちは冷めてしまいます。気持ち良いセックスをするためにも、互いのセックスへの温度差は少ないのが良いのです。

イクときのタイミング

男性に遅漏と早漏があるように、女性にもイキやすい人とそうでない人がいます。

セックスは、お互いが気持ち良くなれる魅力的な行為。自分だけが気持ち良くなるのではなく、相手も満足して終わる必要があるのです。

例えば、「早漏男がたいした前戯もせず挿入し、ソッコーでイって終了」。男性側は気持ち良くなれたので満足ですが、これでは女性は不満爆発です。

女性は男性と違って、1回のセックスで複数回イクことがあります。しっかり前戯や手マンをして、女性にオーガニズムを感じせるのがベスト。

挿入~Finishまでの間にも女性がイき、お互いが満足できるタイミングでセックスを終了できるのが理想のパターンです。

これを意識せずにできる人であれば、セックスの相性は良いと言えるでしょう。

ピロートークの必要性

家に帰るまでが遠足という言葉があるように、ピロートークをするまでがセックス。

ここでの相性は、ピロートーク必要性の一致がポイントとなります。

ピロートークは、その日のセックスの内容や感想、要望を話せる貴重な場面です。

話したことを次のセックスに活かすのも、お互いが気持ち良くなるためには必要不可欠。ピロートークはセックスに関する情報交換の場でもあるのです。

しかし、セフレ関係の場合は余計な感情を芽生えさせないためや、会っている時間を少なくしたいという思いから、ピロートークをしない人も多いです。

するかしないかは個人の自由ですが、「自分がしたいのに、してくれない」のは相性が良いとは言えません。

ピロートークもしっかり踏まえて、セックスの相性をはかっていきましょう。

セフレとのセックス相性を見極める5つの方法まとめ

セフレとのセックスの相性は、気持ち良いセックスをするためだけでなく、その女性と長く関係を保つためにも役立ちます。

特定のセフレと長く付き合うためにもセックスの相性を知り、自分に合った女性をセフレにするのが一番良いのです。

出会い系コンテンツには沢山の女性が登録しているので、自分と相性が良い女性が見つけやすいというメリットがあります。

そんな出会い系コンテンツを活用し、自分とセックスの相性抜群の素敵なセフレを作っていきましょう。

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ