悪質出会い系サイトに注意【架空請求・不正請求】

まず大前提として、世の中にある出会い系サイトの99パーセントはサクラばかりの絶対に出会えないサイトだということです。

つまり、実際には女性会員は存在せず、サクラと男性会員がヤリトリしている出会い系サイトがほとんどなのです。

たとえば、女性として入会しようとしても入会できない、あるいは女性として入会すると男性にメールを出せないなんていうサイトが本当に多い。

さらに、出会えないだけならまだまし。それらのサイトは非常に悪質なサイトなので、不正請求や架空請求をしてくる場合が多いんです。

架空請求っていうのは、利用していなかったり課金に同意していないのに、勝手に料金を請求してくるという犯罪です。架空請求をされたら絶対に支払ってはいけません。

また、利用に同意した場合も、実際の料金より多く請求してくる場合もあります。

何れにしてもすべて完全無視で問題ありません。

また、ちょっと怪しいなと思ったサイトを利用するときはフリーメールを使うようにしてください。

出会い系悪質サイトの見分け方

下記は、出会い系の悪質サイトの見分け方です。

  • 会社概要がない
  • 女性が登録できない
  • 利用規約がない
  • 他サイトにも同時登録される
  • 完全無料である
  • 自動で後払い
  • 画像がエロすぎる
  • サイト名がどんどん変わる
  • サクラがいる
  • 不倫専門
  • 外部サイトから勧誘する
  • サイト開設日が新しすぎない
  • 年齢認証がどこにも存在しない

などなど……。

サクラ悪徳サイト

サクラを使ってポイントを使わせようとする悪徳サイトがあります。

サクラはだいたい男性なんですよ。お金を払ってアルバイトの男性とメールしてるなんて考えたら気持ち悪いですよね。

普通の女性とメール交換したい&出会いたいと思って出会いサイトに登録している人にとっては、その出会い系サイトがサクラを使っているっていうこと自体、詐欺のようなものではないでしょうか。

一斉送信メール

一斉送信メールでも当然ながら読んで返信すればサイト側は儲かりますから、サクラ出会い系サイトは一斉送信メールがとにかく多い。

まあ、だいたい本文を読めば機械っぽいのでわかってしまうんですが、いくつか見分ける方法があります。

たとえば、ユーザー名を入れたい場所に「%name%」というデータを入れて、

「%name%さんこんにちは。はじめまして!」

こんなテンプレートを用意します。

これを業者側から送信すると、ユーザー名に合わせて例えば、ユーザーが「斎藤」という名前を使っていれば

「斎藤さんこんにちは。はじめまして!」

こんなメールが一斉に送信されます。

これを見分けるには名前を「○○さん」、という風に付けると簡単です。

上記の例で言えば

「○○さんさんこんにちは。はじめまして!」

という明らかに不自然なメールが来て、これは業者のメールだな、とわかります。

悪質サイトの架空請求・不正請求

架空請求・不正請求とは、出会い系サイトを利用した覚えがない、あるいは無料という触れ込みで利用しているのに、メールアドレス宛に請求書がいきなり送られてくるというものです。

悪質な出会い系サイトには架空請求・不正請求をしてくる例が非常に多いので注意が必要です。

当サイトでオススメしている出会い系サイトにはそういうことをするサイトは絶対にありませんのでご安心ください。

悪質サイトの架空請求・不正請求の対処法

身に覚えがなければ支払う必要は全くありません。また、携帯電話の個体識別番号やIPアドレスやメールアドレスから、あなたの個人情報が流出する心配はありませんので、「自宅に請求書を送る」といった脅しを心配する必要はありません。

また、携帯電話に連絡が来る場合は、携帯電話の着信拒否設定を利用しましょう。

不正請求メールの内容はこんな感じです。

調査管理番号:LM-41236
弊社は信用調査会社・コンテンツ業者からの依頼に基づいて各種の料金等支払遅延者リスト(ブラックリスト) を一括管理している(株)帝国データーリサーチと申します。
この度は貴殿が使用されたプロバイダー及び電話回線から接続された有料サイト利用料金について 運営業者より利用料金支払遅延に関して料金等支払遅延者リスト(ブラックリスト)掲載要請を受けました。
これまで貴殿のネットワーク利用料に付きましては、コンテンツ事業者様及び債権回収業者が再三の ご連絡を試みてまいりましたが、未だ入金の確認がとれず、また貴殿より誠意ある回答も遺憾ながら 本日に至るまで頂いておりません。
以上のような理由から個人信用情報調査会社を経由して弊社に貴殿の個人情報を料金等支払遅延者リスト (ブラックリスト)に掲載する要請が届きました。
貴殿の個人情報に関しましては既に調査対象メールアドレスから、プロバイダ・ISP業者・個人信用情報調査機関 からの情報開示を受け、既に貴殿の住所・氏名・勤務先等の情報は判明しております。
個人信用情報機関のブラックリストに掲載されますと、各種融資・クレジット契約・携帯電話の購入 および機種交換他・就職先制限等の様々な貴殿信用情報に今後大きな支障が発生する可能性があります。
合計支払金額:65,000円
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■未納料金和解金:50,000円
■情報抹消事務手数料:15,000円
=============================
■■合計金額:65,000円
———————
■送付方法:電信為替もしくは現金書留
受付は郵便局の電信為替もしくは現金書留のみです。
この件に関しましては、それ以外の方法での受付はしておりません。
必ず郵便局の窓口で電信為替もしくは現金書留を指定して下さい。
■送付先:
(株)帝国データーリサーチ
〒110-0015 東京都台東区東上野3-34-4-1F
■支払期限:
上記宛に平成15年11月21日(金)必着で送付して下さい。
入金確認後、料金支払遅延者リストから貴殿に関する全データ((株)帝国データーリサーチが 所有する債権譲渡証明書・内容証明書・貴殿個人信用情報等の書類およびデータの全て)は責任を 持って弊社が全て抹消いたます。
ご入金して頂けず、このまま放置されますと最終的に貴殿の個人情報を元に各地域の事務所から 数名の集金担当員が御自宅まで訪問をさせて頂きます。
またその際に掛かります集金費用・交通費等の雑費・別途回収手数料も合わせて集金させて頂きます。
また状況によっては東京地方裁判所を第一審専属的合意所轄裁判所として、強制執行による給料差押え等を 含めあらゆる手段で対応させて頂く事となります。
尚、これは最終的な勧告であり、また、弊社人員の対応による時間的損失等の理由からメール・電話・FAX でのお問い合わせは一切受け付けておりません。
また、メールアドレス相違、郵便事故、その他いかなる事由により今まで連絡が取れなくなっていたにせよ、 それは弊社に起因するものではなく貴殿の責任によるものです。
円満な解決を望むならば支払期限までに大至急入金をお願いします。 指定の期日までに入金が確認できない場合は事務処理を行う事ができませんので支払期日は必ず厳守願います。
※注意事項(1)
調査管理番号で全ての情報管理を行っております。
送金の際は氏名および調査管理番号の記載をお願い致します。
※注意事項(2)
本メールは送信専用アドレスより配信されています。このメールに返信されてもメールは届きません。
— 追記 —
(このお知らせは昨日までの時点でご入金の確認が取れない方にお送りしております。 もし行き違いに入金済みの場合はご容赦下さい。)

さて、こういうメールを送られたら、どうしますか?

最善の方法は何もしないことです。

最近の yahoo メールや gmail などは、スパムメールフィルタの性能が向上してきたので、こういうメールが届くことはほとんどありませんが、たまにフィルタをすり抜けて届いてしまうことがありますね。

実は、このメールには1通1通違うURLが割り振られていることがあります。

ということは、このメールに返信してしまったらこちらの情報を相手に渡すことになってしまうのです。

そしてメールアドレスがリストになって名簿業者に引き渡されます。

だから、たとえば、メールの中に「退会や配信停止はこちらをクリック」みたいに書いてあったとしてもぜったいにクリックしてはいけないのです。

さらに名前や電話番号を入力してしまったら……恐ろしいことになりますね。

とにかく、何もアクションをしないというのが正解なわけです。

HTML メールに注意

もうひとつ重要なのはHTMLメールの扱いです。HTMLメールというのは、ウェブサイトのように画像などが表示されるメールですね。

普通のメールソフトでは、HTMLメールは、許可をしないと画像などが開かないようになっています。

しかし、実は、この許可をした時点で、そのことが送 信者に渡ってしまいます。つまり、こちらも名簿に追加されてしまうんですね。怪しいメールのHTMLは絶対に開かないようにしてください。

出会い系サイトの不正請求

実際に同意して利用している場合に、より多くの金額を請求してくる場合は不正請求です。また、延滞金として、法外な金額を請求してくる場合があります。しかし、延滞金は規約に説明がなければ、法定金利の5%~6%までしか請求出来ません。

契約時に規約に説明があったとしても、年利14.6%を越える請求に関しては消費者契約法により無効となりますので、支払う必要はありません。

債権取立ての手数料を請求される場合もありますが、債権取立てに対する手数料・調査料は債権者の負担となっております。

つまり、つまり、正当な料金以外は一切払う必要はありません。

美人局

最近、また美人局のトラブルが増えているようです。

古来からある伝統的な詐欺?の一つですが、単純すぎるがゆえに引っかかってしまう人が今も絶えません。

これといった回避策がないのもまた美人局が耐えない原因の一つでしょうが、基本的なことが一つあります。

美味しい話には裏がある。

ということですね。あまりにも美味しい話であったら警戒しておきましょう。

また、待ち合わせ場所が人気の無さそうな場所であったりする場合も怪しいです。

駅前やデパートの中など、衆人環視のあるところでの待ち合わせを嫌うようであれば特に警戒が必要です。

ワンクリック詐欺やツークリック詐欺

ワンクリック詐欺とは出会い系サイトに入会していないのに「18才以上ですか?」などの年齢認証ボタンや画像、その他リンクをクリックしただけで、入会したとみなされ利用料金が請求されることです。この場合支払義務はありませんので無視してください。

メールで問い合わせをしたり請求された料金を振り込んだりすることは絶対しないでください。

ツークリック詐欺は、ワンクリック詐欺と手口はほぼ同じです。ただクリック数が2回に増えたということで確認して利用したと思わせる手口です。

認証ボタンや画像、その他リンクをワンクリックすると、ポップアップ画面が登場し、そこで「このサイトを利用するためには60,000円を3日以内に振り込んで下さい。ご利用ありがとうございます。」などという内容が出ます。一応「はい/いいえ」と意志確認ボタンはあるのですが、「いいえ」を押しても入会したこととみなされる場合もあります。

やはり、支払いの義務はないので、ワンクリック同様無視してください。それでも解決されない場合は公的機関へ相談してください。

携帯電話の場合のワンクリック詐欺

携帯電話の場合「あなたの個体識別番号は xxxxxxxx です」なんて表示してくるサイトがあります。個体識別番号からは一切情報は漏れませんので、ご安心ください。

自動的に料金が引き落とされてしまう心配など全くありません。

こちらから連絡をしてはいけない

驚いてコチラからメールをしたり電話をしたりしてしまう人がいます。そうすると、当然ながらこちらのメールアドレスや電話番号を知られてしまうわけですね。

そしてそのメールアドレスや電話番号に代金支払いの連絡が送られてきます。もちろん払う必要はありませんが、ひっきりなしに連絡が来る場合があるので、精神的につらくなってきます。

だから絶対にコチラから連絡をしてはいけません。コチラが行動を起こさない限りは絶対に何も起こりません。安心してください。

もしも連絡してしまい電話番号を知られてしまったら着信拒否をしましょう。着信拒否ってけっこう面倒だし、電話会社によっては有料だったりするので、できればこういう事態は避けたいですね。

それでも不安な場合は?

まずは、その電話番号や会社名やアダルトサイトの名前を google で検索してみましょう。おそらく同じような被害に遭った方々の情報を見ることができるでしょう。多くの人が同じ状態になっていて、それでも相手の会社が何もできないことを知ることができて安心するのではないでしょうか。

それでも不安な場合は、下記機関に相談してみましょう。

4クリック詐欺

ワンクリック詐欺・ツークリック詐欺が蔓延し、逮捕される業社も増えて来ました。

しかし、最近は、4クリック詐欺というのが流行っています。

上記画像のようなチェックボックスを何回かクリックさせるという手法です。

何度も確認をクリックしているという建前があるために立件が非常に難しいんです。とくにスマホで青少年を狙う例が多いようですね。

警察側も、さすがに何度も規約に同意する旨のクリックをしている以上は、逮捕には二の足を踏んでいるようです。

みなさまにおかれましては、決して4クリック詐欺などに引っかからないようにしてください。

とはいっても、このブログを読むようなみなさまは詐欺に引っかかったりはしないんですよね。問題は、インターネットを始めたばかりの人たちなわけですから……。

インターネット上の画面の表示をクリックしただけで料金を請求する「ワンクリック詐欺」が巧妙化している。悪質サイトの運営者が詐欺容疑での摘発を免れるため、内容の異なる確認画面を被害者に3~4回クリックさせて高額請求を正当化する「4クリック詐欺」の手口が横行。スマートフォン(スマホ)向けにはインストールするだけで請求画面が表示されるアプリの配信が目立ち始めている。

ワンクリック詐欺が巧妙化 「4クリック」が横行  :日本経済新聞 

同時登録

完全無料出会いサイトと宣伝されていたから入会したのに、同時に有料サイトにも入会させられた……なんていう経験がみなさんもおありではないでしょうか。

同時登録先サイトはだいたい高額有料ポイントサイトになっているので注意が必要。サクラばかりで絶対にリアルな出会いはできません。

さらに悪質なパターンとしては、無料サイトに登録後、有料サイトにも登録され、無料版で遊んでいたはずが実は有料サイトで、いつの間にかポイントがなくなっているケースです。

もっと悪質なケースになると、メールを受信しただけでポイントが減り、自分は何もしていないのに多額の料金が発生している場合などがあります。

さらに気をつけないと下記のようなパターンにはまります

無料のサイトに登録

複数の有料サイトへ同時登録

退会できない

苦情の連絡をするとメールアドレスがアクティブ(使用者がいる)と判断される

メールアドレスを転売される

いつのまにか他のサイトにも登録される

出会い系サイトは、サイト選びが重要になります。適当に登録するのは危険です。

無料の出会い系

無料の出会い系というのは、はっきりいって無法地帯です。というか、利用するだけ無駄です。なんせ出会えませんから。

出会い系の殆どは女性の利用料は無料で、男性が有料という形態です。つまり女性にとってはどのサイトを選ぼうが無料であるわけです。それに、有料の出会い系サイトでもお金をちょっと使えるくらいの金銭的な余裕と、真剣に出会いを求めている気持ちのある男性を選びたいですよね。

なので男性が無料の出会い系サイトに女性がわざわざ来る理由がありません。出会い系にかかるお金といっても数千円なのですから、そこは惜しまずに使いましょう!

悪徳なサイトと、優良なサイトの判断

悪徳なサイトと、優良なサイトの判断ができれば、出会いは大きく前進します。

ここで優良なサイ トを見つけたら、出会いは成功したも同然です。

サイトを利用するにはまず、会員登録をしなければなりません。そのとき、注意して欲しい点は男性用登録ページと並んで女性用登録ページが存在しているか?です。

もしも、別になっていれば、それだけで悪徳なサイトであると判断してかまいません。

なぜなら、そのサイトはおそらく、架空請求などのためだけに男性のメールアドレスを集めているサイトだからです。

懸賞・占い・ギャンブル系サイト

同じような手口で、懸賞サイト・占いサイト・ギャンブル系サイトも、無料登録から悪徳サイトへの同時登録の例がたくさん報告されています。

たとえば、占いサイトで占いをするときにメールアドレスを収集しておいて、無理やり出会い系サイトに入会させるなんて言う事例があります。

そういう出会い系サイトはだいたい悪徳サイトなので気をつけてください。

占いをするのはいいけど、メールアドレスが必要な場合は、捨てアドを作成してからにしてください。

というか、そんなことをする占いサイトの占いが当たるわけはないんですけどね。

国民生活センターでは下記のような事例が寄せられています。こんなことになっちゃったら無視すればいいと思いますが、不安でしたら国民生活センターに相談してみてください。

 

パソコンで調べ物をしていたところ、占いサイトに入った。占いを見るために簡単な個人情報を入力・送信したところ、「パスワードを送るので、メルアドを送信して結果を見てほしい」という画面が現れた。携帯のメールアドレスを送信したら、パスワードが届き、パソコンに入力して占いの結果を確認した。しばらくして、携帯に出会い系のメールが多数届き始めた。登録した覚えはなく無視していたが、「メール交換してくれればお金をあげる」「自分は芸能人である」という言葉に引かれて、複数の男性とメール交換した。メール交換に必要なポイントはクレジットカードで購入した。しかし、相手のメールに不審な点が次々と出てきたので検索すると、当該サイトにはサクラが多数存在しているという書き込みがあった。そこで、出会い系サイト業者(以下、A社)に電話で苦情を言ったが、相手にされなかった。騙(だま)されてポイントを購入させられたので、代金(約28万円)は支払いたくない。

占いサイトから誘導されて契約した出会い系サイト(相談事例と解決結果)_国民生活センター 

もしも出会い系サイトに騙されたらその被害は損害賠償請求は可能か?

出会い系サイトに騙されたら、その被害金額は返金されるのかどうか?というのは、気になるところです。

今後は、まともな出会い系サイトだけを使えばいいんですが、もしも今までにサクラ満載の出会い系サイトに騙されて大きな被害を被った方なら、損害賠償請求をおこすという手があります。

そんな損害賠償請求の現状を伝えるニュースがありました。

出会い系の金銭被害は取り戻せるのか 739万円使って「出会えなかった」主婦のケース

第一回の口頭弁論が2013年1月16日に弘前支部で行われ、出廷した運営会社の前社長が被害金額を返金したい、と述べたとの報道があり、ネットでは「出会い系サイト被害者にとって朗報だ」などと話題になっている。

出会い系の金銭被害は取り戻せるのか 739万円使って「出会えなかった」主婦のケース : J-CASTニュース 

今まで、返金事例ってなかなかなかったので、行動に起こすのを躊躇していた被害者のみなさまに勇気を与えるニュースですね。

今はまだ、第一回口頭弁論だけですから、結論は出ていませんが、出会い系サイトの運営会社の社長は、「自分はこうしたことが行われたことは知らないが、女性がお金を実際に振り込んでいた記録が見つかった」として謝罪、「返金を前提に話し合いたい」と述べた。とのことです。

怖い女性会員にも注意

怖い女性会員にも注意してください。

今回は注意喚起の意味で、和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件という事件を紹介します。

原田亜矢子(24)は、とっても美人でモデル並みのルックスでした。若くして結婚し、二人の子供がいました。しかし、夫の浮気で離婚します。だけど、若いころに遊びまくったんでしょうね。子供はおばあちゃんに預けて出会い系サイトで男を探しまくります。

使っていた出会い系サイトはPCMAXだったそうです。

男を見つけたら、亜矢子はありとあらゆる理由を考えて、男から金を搾り取ります。そしてその男はあらゆる犯罪に手を染めていきます。

さらに亜矢子は、別の男を出会い系で見つけます。こっちはイケメンだったらしく、男が貢いだ金でこのイケメンと遊びまくったそうです。このイケメンには病弱な姉がいました。もしもイケメンと結婚したら病弱な姉が邪魔になると思い、この病弱な姉を殺すことを計画します。

亜矢子は自分に貢いでいた男に病弱な姉を殺させようとします。

さらに、この男は亜矢子に言われたとおり、金のための犯罪を繰り返し、窃盗・傷害・殺人などを繰り返していきます。

最終的に、この男は、もともと務めていた会社の社長を殺そうとし、殺害に失敗し、逮捕されてしまいます。

一番怖いのは、こんな罪を犯しても死刑にならず無期懲役という判決がでた日本の司法制度なのかもしれません。

強盗殺人の男女に無期懲役 和歌山地裁、求刑は死刑

出会い系サイトで知り合った男女が、交際費欲しさに顔見知りの女性らを殺傷した事件で、強盗殺人罪などに問われた会社員原田亜矢子被告(25)と無職安芸健太郎被告(34)に対し、和歌山地裁の樋口裕晃裁判長は22日、 いずれも無期懲役(求刑いずれも死刑)の判決を言い渡した。

起訴状などによると、2人は現金を奪う目的で大阪府茨木市の無職女性=当時(27)=の殺害を共謀。2002年7月7日未明、知人の原田被告が女性を呼び出し、安芸被告が和歌山市内でドライブ途中に女性の首を絞め殺害した。現金約3万5000円を奪い、遺体は和歌山県かつらぎ町の山中に運んで焼いた。

さらに安芸被告が以前勤めていた同市内のカー用品店店長(48)から売上金を奪うため、殺害を2人で計画。同月13日夜、安芸被告がサバイバルナイフで刺し、重傷を負わせた。

http://www.fukuishimbun.co.jp/nationaltopics.php?genre=national&newsitemid=2004032201000562&pack=CN

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ