従来からあるものに新しさを取り入れることが、注目される早道

B to B(Business-to-Business)いわゆる企業間取引で売上が大きいものは、奇抜な新商品ではなく安定した性能が保証された定番品です。定番品の物の情報を買う側もよく知っているからです。

これは個人での買い物でも同じことが言えます。スーパーで新商品が売られていれば、一回は買ってみようとは思うかもしれませんが、次に買い物に行く時はもとのロングセラー商品のものを買う、といった経験はないでしょうか?

特に、化粧品や薬を買うときには、自分の体に直結するものですので、新商品が出たとしても簡単にそれを使用するのは怖いはずです。それでも、新成分が記載されていると『一回ぐらいなら』と思ってしまうこともありますよね? それで、試してみてから今まで使っていたものと比べてみる、ということをされた方も多いかと思います。

つまり、『新しいもの』が注目されるのは最初だけで、二回目からは定番品との天秤にかけられ、実績から安心や安定した値段のロングセラー商品に戻ってしまうケースが多いのです。

しかし、ロングセラー商品にも当然ながら欠点はあります。

それは、『知られすぎている』ということです。物の善し悪しが広く周知されすぎているため、新規の顧客の拡大に繋がりにくいという欠点があります。

新しいもの・従来からあるものの長所・短所を改めてまとめてみましょう。

新しいもの・従来からあるものの長所・短所

新しいもの

  • 長所:目新しさがある
  • 短所:未知の部分が多い、二回目からは従来にあるものと同じ目線で見られる

従来からあるもの

  • 長所:広く情報が知れ渡っているため安心感がある
  • 短所:目新しさに欠けるため、新しく人を呼び込む力に乏しい

見比べてみて、「あれ?」と思いませんか?

新しいものと従来からあるもの、それぞれの長所と短所は実はただ逆転しているだけのことなのです。

つまり、お互いを組み合わせることで、より大きなメリットに繋がる可能性が高いということなのです。この最たる例が、店舗のリニューアルオーブンや、ロングセラー商品の『値段据え置きで今だけ増量』といった謳い文句です。蛇の脱皮のように、古いものから新しいものへ変化することで、新規の顧客を獲得するマーケティングの開拓へと繋がるのです。

それでは、この考えを出会い系サイトでどう使えばいいかのヒントを箇条書きにしたいと思います。

  • プロフィール画像を変えてみる。プロフィール内容を数ヶ月に一回は更新する
  • 日記を定期的に書き、自分のことをアピールしてみる
  • ハンドルネームに『~@~』といった感じでひとことアピールしたいことを入れてみる

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ