オタク女子はセフレに対する抵抗感が薄いのをご存知でしたか?

いまは女性が少年漫画を読むことは珍しくない……どころか、むしろメインストリームとして少年漫画なのに読み手の多くは女性であるという漫画のほうが多いくらいになっています。たとえば「黒子のバスケ」や「弱虫ペダル」などは、男が読んでも面白いスポーツ漫画として成立しているのですが、どうしても腐女子漫画のイメージがついてしまって損?をしている部分も多いですよね。

このようにいまや少年漫画は女性向けに作られているほうがメジャーになりつつありますが、少女漫画が男性向けにつくられているかといえば、まったくそんなことはなく今でも女性向けにつくられています。男性で少女漫画が好き!という人は今の時代もなかなかいないですからね。

では、いまの少女漫画というのはいったいどのようになっているのか?古くは「ガラスの仮面」や「王家の紋章」のような、重厚なストーリーが魅力的な作品があったり、「セーラームーン」や「赤ずきんチャチャ」などはアニメ化されて小さい子に人気だったものですが、今の少女漫画というのはそのころとはまるっきり変わってきています。

ジャンプといえば少年漫画の代名詞のような存在ですが、そのジャンプに載せる漫画として必要な三大要素として「勝利」「努力」「友情」というものがあります。ジャンプに載るためには、必ずその3つのテーマを含んでいないとだめなわけですね。古くはラッキーマンという漫画がありましたが、登場人物として勝利マン、努力マン、友情マンというキャラクターを登場させてむりやりその条件を満たす、という力技もありましたね(笑)

オタク女子がよむ漫画の多くは、セフレがオシャレなものとして登場している事実

いまの少女漫画における三大要素をあげるとすれば……「セックス」「ドラッグ」「バイオレンス」といったまるで一昔前のロックンロールやパンクのようなワードが並んできてしまうんですね。なにせ登場人物がレイプされるのは当たり前。そしてレイプされた人物はほぼ間違いなく妊娠してしまい、中絶するなんてのがお決まりのストーリーになっています。

彼氏が出来たとしたら必ずと言っていいほどDV(ドメスティック・バイオレンス)の問題をかかえていたり、あるいはドラッグに溺れていたりと、実に過激な内容だったりするんです。これをいまの女子中高生が読んでいるかと思うと……正しいオトナとしては、はやく規制しろ!と思いたくなるものですが、男としては「若い頃からそんな英才教育をほどこしているのか!」とちょっとありがたくもあったりしますよね。

実際に、女子中学生向けとして売られている漫画のワンシーンがこちら

47dfc73a

こんなのただのエロ漫画のワンシーンに思えますよね?でもこれ成年コミックじゃないんですよ……少女コミックなんです。これをみて女子中学生や女子高生は、こんなことしてみたい!されてみたい!なんてふうに刷り込まれていくわけです。

オタク女子はセフレに対する抵抗感が薄いのをご存知でしたか?

こんな倫理観が欠如しまくったシーンだってごくごく普通に出てくるんですから。これを当たり前だと思って読んで育った今のオタク女子たちがどのような貞操観念をもっているかといえば……想像に難くないですよね。

彼女たちが読んでいた・あるいは今もなお読んでいる少女漫画にはセフレだったり浮気だったり寝取られだったり不倫だったりといった関係がごく当たり前にでてくるどころか、なんならオシャレでカッコイイ関係とすら描写されていたりします。

なのでオタク女子の中にはセフレという関係をそのままオシャレでカッコイイものとして憧れている子も多いんです。これ、本当なんですよ!?事実、わたしが付き合ってきた中でもこういう考えの人は半分以上いましたから。わたしたちだってかめはめ波や舞空術をみてカッコイイとか憧れたりしましたよね。案外そういうものなのかもしれません(笑)

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ