ブスの落とし方

今回のテーマはブスの落とし方

ブスといっても2種類タイプがあるので、そこを間違えないようにしてください。アプローチ方法がちがいますので。

  1. モテるブス
  2. 持てないブス

この2つはちゃんと区別しておかないといけません。外から見ただけでは全然区別つかないので(笑。

まずモテるブスの方、特徴はこんな感じです。

  • 明るい
  • 愛想が良い
  • 声が力強い
  • 謙虚
  • 包容力がある
  • 品がある

とまあ、こんな感じです。

モテないブスはこの逆ですね。暗い、愛想がない、声が弱弱しい、横柄もしくは無頓着、自分本位、品も無し。クッソブスですね、これは。

まあ、美人も同じです。ルックスもよくて中身のいいのは前者ですね。

まず、1.モテるブスのアプローチ方法。

美人と違うのは、こちらが背伸びする必要は全くないし、相手がそもそもブスだから、気後れすることもありません。緊張しないから、自然なアプローチができます。

相手はモテるし、自分でもそれがわかっています。しかし、根底には「自分はブス」という意識があります。本気で誘ってくる人はちゃんと見極めていますし、遊び目的の人もわかります。モテるブスに対しては、自然に、誠実に、です。

まずは食事、もしくはどこかへ一緒に出掛けるように仕向けましょう。自然にですね。それさえできればOK。基本的にモテるブスは人を受け入れるのが得意なので、一緒にいて楽しいという印象を与え続ければ、どんどん仲良くなれます。

そして頃合いを見計らって、ガツン!という効果音が鳴るイメージで本気で口説きます。これでOK。失敗してもブスだから大丈夫。別に後悔もしません。次のブスへ行けばいいだけのことです。

このアプローチの仕方になれていけば、つまりブスで練習を重ねれば、自然と美人でも同じことができるようになります。

欲のない人はモテるブスで満足しちゃいますけど、本当のヤリ手はモテる美人を狙います。それは場数、ブスを転がした回数で決まってきますから、やるしかありません。
くれぐれもモテる美人を最初から狙わないように。

魚釣りと同じです。最初から鯛を釣ることはできません。競馬もそう。最初から大穴狙っても当たるわけないですから。

あと、持てないブスをあえて狙う人。はっきり言って一番手ごわいかも。

まずは人間として、ちゃんとコミュニケーションのできるブスに育て上げるところがスタートです。うわ、めんどくせえ。しかしいったん信頼を得られれば、あとはとんとん拍子で進むはず…。というか、そんなブス狙ったことないですけど、そういうブスはコミュニケーションとるだけで慕われるので。
モテたくないけどブスにモテてた、って人結構多いんですよね。

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ