出会い系で好まれるトークのテクニック

言葉に詰まったらオウム返し

出会い系で出会った女性とデートをするようになっても、何を話していいのかわからなくて困る方が多いのではないでしょうか。

もちろん、その年代の女性が好む話題を仕込んでおくのもテクニックの1つですが、そんな時間もないと言う方には、オウム返しをお勧めします。「仕事が大変」と言われたら、「そうか、大変なんだね」、そして「何度なく調子が悪い」と言われたら「調子が悪いんだね。大丈夫?」と少し言葉を足してオウム返しをすると、多くの女性は「私を分かってくれる人」と思う傾向があるからです。

考えることが少ない分、次の言葉を考える余裕が出来るのもメリットです。

察するのが無理ならテンプレで対応

女性は察してもらうことに心地よさを感じる方が多いと言われています。

しかし、微妙な女性の心の変化を察しようと思うと、疲れ切ってしまう男性が多いのも実情です。

「察するのは無理だ!」と思ったら、対応パターンをテンプレ化することをお勧めします。

もちろん、相手によって、どう接して欲しいのかは好みが違いますが、「こういう女性が割と多い」と傾向を考えて、「こういわれたらこうする」、「こんな顔をしたときはこうしよう」と頭の中にストックしておくと、不用意に相手の地雷を踏むことは激減します。

もし、怒りを買うようなことを言ったり、メールに書いたら謝るのが最善策です。

「そういうつもりじゃなかった」という一言は、火に油を注ぐだけのワーストワン言い訳なので使わないようにするのが賢明です。

考えるのも楽になるので、出会い系でお相手を見つけるのも気楽になるでしょう。

形容詞を増やす!

出会い系から恋が実った!でもデートが苦痛……。そんなことを考える男性は、女性の買い物に困っていることが多いでしょう。かわいい、似合う、キレイとワンパターンな形容詞だけを並べても、喜ばない女性が増えています。

大事に思ってくれているなら、「何かもっと特別ないい方をしてくれてもいいはず!」と言うのが、女性の心理だと言われています。「自分だけが特別」と思うことに価値を置く人もいますので、褒め言葉ラインナップになる形容詞を増やすのも出会い系のコツです。

これは実際に会ってから使うだけでなく、メール交換から使えるテクニックでもあります。

褒められて気分の悪い女性は1人もいません。

ただ、完全にストライクゾーンから外れた褒め言葉は、嫌みに取られて不機嫌を誘うことにもなりかねません。危険球にならない褒め方をマスターして、出会い系を楽しんでみましょう。

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ