割り切り(援助交際)からセフレになるのは珍しい話ではない

出会い系サイトで相手探しをしている人にとって、サクラや業者はとっても迷惑。

いくら優良サイトでも、一般会員に化けて入りこんで来るこうした悪徳業者の登録をこばむ方法はありませんから、運営のパトロールが、見つければそのつど削除するにしても、実態はいたちごっこですね。

業者では永久に出会うことが出来ませんし、素人とやりたいから出会い系サイトを利用している人にとって、出てくるのが援デリというのもかなしいものです。

援助交際も悪くない

そして、人によっては出会い系で避けるものに援助交際を加える人もいるでしょう。

素人のセフレを探している人にとって、援交は邪魔なものです。

でも、援助交際は、セミプロ化している女性もいますが、お金とセックスの両方をもとめて、遊び相手を探している女性もいるんです。

出会い系サイトで援助交際の相手を探している女性にもいろいろな事情があります。援交は敬遠されがちですが、サクラや業者とは別のものとして考えてもよいのではないでしょうか。

割り切りの中にも出会いはある

援助交際のかつての主役は女子高生でした。それで援交といえば女子高生、JKといえば援助交際といったイメージで語られることも多かったのではないかと思いますが、現在の援交は裾野がかなり広がっています。

女子高生も、時間が経てば女子大生になり、OLになり主婦になるので、そのまま続けているだけではと思われるかもしれませんが、今の援交ブームはそれだけでは語れません。

出会い系サイトの掲示板を見て、初めて書きこみをする女性も少なくはないのです。どの掲示板も書き込みはとにかく活発です。

そして、そうした書き込みをしている女性の中には、必ずしもお小遣いを目的としていない女性もいるんです。

お金を絡ませることで、本気にはならなくて済む安心感と、その上さらにお小遣いがもらえて欲求不満を解消できるなら、まさに一石二鳥といった感じでしょうか。

結果として、身体の相性などがいいことが分かると、次からはホテル代だけ負担してくれればいいよといった感じで、女性の方から話を差し向けてきたりします。これがいわばセフレ化ですね。

こうして付き合いが続いていくなら、これも一つの出会いと言えるのではないでしょうか。

また、援交のメリットとして、出会いを見つけるのに、費用は発生しても、時間がかからない点が上げられます。

したくなったらすぐやれて、しかも相手は素人の女性であることに変わりはないのです。気になる費用も安くなる傾向にあります。

援交相場は下がりつつある

NHKのクローズアップ現代で「貧困による出会い系サイトを使用した売春がシングルマザーなどの間で多発」していることが報じられ、反響を呼んだことは記憶に新しいところです。

もっとも、出会い系サイトを利用して、援交相手を探すことはかなり前からあったことですから、何でいまさらといった感じでこの番組を見られた方も、多かったのではないかと思います。

さすがにNHKは公共放送ですから、「出会い系サイトを使えばシングルマザーが簡単に買えますよ」と教えたわけではなく、シングルマザーが売春する背後にある現在の格差社会、つまり貧困問題を取り上げていました。

難しい社会問題はさておき、こういうことが援交相場を引き下げる要因にもなっています。自分の身体を安売りするシングルマザーの出現が、援交相場全体を引き下げてしまったといわれています。

それはそうですよね。生活のためにする援助交際ですから、相手に値切られてもそう強く出ることは出来ません。NHKの取材にやらせがなければ、援助交際でその日暮らしをしている女性もいると言うことですから、なおさら安売りしていそうですね。

大雑把に言って、かつて援交の女子高生市場は3万以上がザラでしたが、現在の相場は1万5千円から2万5千円に下がって来ています。年増のおばさんなら本番1万、フェラなら3千円とも言われますから、ずいぶん安くなりました。

出会い系サイトで、相性のいい相手を探すのは、はっきり言えば難しいです。

特に、体の相性のいい人は、実際にセックスをしてみなければ分からないところがありますので、まずは援助交際でも気になる相手と予定を調整して、実際にセックスまで持ち込みましょう。

よく、出会い系サイト紹介マンガや体験談などでは金銭の取引に関する事柄は割愛されていますが、セックスを目的とする出会いをする時は、お金がかかることもありますね。出会う女性によってまちまちですが、セックスする相手=セフレを探している女性でも、男性側がセックスの対価としてお金を求める人は多いんですね。

中には、「お金はいりません」と積極的に募集をかけてくる女性もいますが、そういった女性は裏がある場合もあるので気をつけてください。「初回だけは信頼関係のためお金を払ってください」など、あの手この手でお金を出させて一回でドロンしたり、相手の連絡先を聞き出すだけの陽動だったりと、単純にセックスを楽しみたいという男性心を弄ぶようなプロや業者ばかりです。

そういった女性よりは、むしろ「セフレになって欲しいですが、毎回これだけの手当は欲しいです。ホテル代・交通費だけでも出してください」といった、お金に関しては一線を引いた目を持っている人の方が誠実に対応してくれる場合が多いです。

でも援助交際は違法では?

援助交際をするにあたっては、多少押さえておいた方がいい法律の知識がありますので、簡単に整理しておきます。

まず、相手が18歳未満ですと、児童買春になり、刑事罰が課せられることになります。さらに13歳未満ですと、合意のもとでの性行為でも強姦罪が適用されます。

大手の出会い系サイトは18歳未満の利用ができないようになっているので、このへんは安心ですね。もちろん、年齢認証などをかいくぐって登録しているJK、18歳未満が混じっている可能性はゼロではないので気をつけておきましょう。

もはや掲示板は援助交際の書き込みだらけといっていい状況ですが、それを可能にするのはこうした枠組みの中で行われているからです。出会い系サイトによっては、援助交際のための専用掲示板を売りにしているところさえあります。

援交には根強い需要があるんですね。出会い系サイトと不可避、不可分な関係にあるといえる援交、一度楽しんでみてはいかがでしょうか。こんな女性が援交をしているのかといった、思わぬ出会いがあるかもしれません。

なお、大手出会い系サイトでは、おおっぴらに援助交際を希望すると運営から削除されてしまいます。かならず最初は「困っているなら相談になります」というような書きこみをして、実際に交渉するときは直メでおこなうようにしましょう。

割り切りからセフレになるのは珍しい話ではない

デリヘル感覚で出会い系サイトを使うプロ・セミプロの女性でも、セフレになることは難しくありませんが、やはり出来ることなら素人の女性と知りあってセフレになる方をオススメします。

やっぱり、プロやセミプロの人は金銭にかんしてシビアですから値切り交渉にもなかなか応じてくれないし、その後のタダマンなんて難しいですよね。素人女性なら、金銭面で交渉がしやすいです。

女性からしたって、とりあえず特定の相手がいれば、一定の収入源を得られるようになりますし、女性からすれば一回あたりのお金が安くなっても、回数を重ねれば減額分を取り返すことは簡単なことです。セックスが楽しいからお金をうけとらなくてもセフレになりたいなんていうこともあるでしょう。

また、男性側からしても、タダマンの可能性があるんだからおいしいですよね。

このように、援助交際→セフレという流れは、男性側だけでなく女性側にとってもメリットが大きいと言えます。タダマンセフレに変更することができたら「セフレ関係を長く続けるために覚えておきたい5つのコツ」を読んでセフレ継続にはげんでくださいね。

こういう関係から最終的にお金の必要ないセフレに変更させたことがわたしには何度もあります。うまくいかなければ、どんどん別の人と交渉してみましょう。

割り切り(援助交際)からセフレ関係に移行するには最初が大事

一回限りでの割り切りエッチならお金を払えばなんとかなりますが、できればお金を使わず女性とエッチしたいと思うのが男性側の本音です。

割り切りの出会いの値段は安心料と言えばそうですが、時間が来れば終わるいわば使い捨てのカイロみたいなもの。相手との相性が悪ければ一回だけで良かったと思え るかもしれませんが、中には二回目・三回目と会いたい女性とも巡りあえるチャンスはあります。

よっぽど誰でもいいと思っている方ならともかく、女性にアタックをかけるときは「この子と、この人とエッチしたい!」と惹かれる何かがあって女性に連絡をとるはずです。

つまり、多くの男性は自然と相性の良さそうな女性を選んでいるということになります。となれば、気持ちのいいセックスができた相手とはできれば また会いたいと思うでしょう。

相手の感触もよければ、別苺(ホテル代別1.5万円)の人と別一(ホテル代別1.5万円)で会いたいと言ってスンナリ了承されることが多いです。そうやってなしくずしてきに金額を減らしていくようにしましょう。

2回目でも値段を下げてくれない人は、その先ずっと同じ値段を要求してくるので、セフレ関係を目指すなら早めに手を引いたほうがいいです。

また、感触の良かった女性は2回目を早めに誘いましょう。

感触が良いということは、相手もマンザラではないはずです。しかし、一ヶ月、二ヶ月と時間が過ぎてしまえば、次第にお互いの声や顔も忘れてしまうので、印象も薄くなり連絡してもぎこちなかったり最悪連絡をくれなくなったりします。

1週間ぐらいの空きが個人的にはベストだと思います。会った次の日や明後日に会いたいと言うと、引かれてしまうことが多いので、少しは間を空けたほうがいいです。

連絡をこまめに取る、まめに会おうとすることで、エッチだけじゃなく話も聞いてくれる・してくれる姿勢を見せれば女性も次第に心を開いてくれます。

ただし、割り切りにしか興味がない人・業者・セミプロさんとはセフレ関係は結びにくいので、セフレが欲しいならかならず素人の援交女を狙ってアタックをかけましょう。

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ