女性と共感しセックスに持ち込むためのポイント

女性は共感の生き物です。

だから、会話をするときは常に共感しなければいけません。

さて、ひとくちに共感といっても、具体的にどのようなことに気をつければよいでしょうか。

今回は、女性と共感しセックスに持ち込むためのポイントをまとめてみました。

否定

女性が言っていることを否定してはいけません。

「○○って○○だと思わない?」

と女性が言ったとき

「ぼくはそうは思わないよ。だって○○だから」

というふうに正面から否定してはいけません。

そんなことを言われて不快に思わない女性はいないのです。あなたは女性から好かれるのが目的なのだから否定をしてはいけないのです。

論理

女性の話に論理で対抗してはいけません。

「○○っていうことがあって上司がちょーむかつく」

と女性がいったとき

「でもその上司だってこういうふうに考えて言ったんだと思うし君にも非があると思うよ」

と、論理を持ち出してはいけません。

女性は感情の生き物です。論理でものごとを考えるようにはできていないのです。

そういうときは

「それは大変だったねぇ」

と共感してあげればいいんです。それだけで女性のおまたはゆるくなっていくのです。

ツッコミ

女性の話にいちいちツッコミをいれてはいけません。

会話の途中で茶々をいれてはいけません。入れるのはチンコだけにしてください。

女性が話をしているときは、思慮深い顔で、「わたしはあなたの話を全身できいています」という態度で受け止めて上げてください。

この人はわたしの話をちゃんと聞いてくれると思われることほどモテることはないのです。

ネガティブ

ネガティブなことばかり言っていてはいけません。これはメールにもいえることですが、女性はポジティブな男性が大好きです。いつも愚痴を言っている男性に魅力を感じないのです。

せめて、セックスをしたいと思う女性の前では、ウソでもポジティブな自分を演じましょう。

共感意識

女性との会話は共感意識が大切です。

そして共感を利用すれば、出会い系サイトのメールで女性をデートに誘うのも簡単なのです。

たとえば、共感意識をこんな風に使います。

「ぼくの先輩夫婦が○○っていうお店に行ってとっても美味しかったって言ってたんだ。ぼくたちも今度行ってみようよ」

まだ会ってもいないのに、「ぼくたち」というワードをメールの中で使ってしまうのです。すでに二人は仲間になって共感意識を持っている既成事実を作り上げてしまうのです。彼女のなかで曖昧だった共感意識を明確にしていくのです。

そもそも女性は太古の昔から仲間を作って生き抜いていく生き物でした。女同士で力をあわせてものをつくり生活する。狩猟は男性にたよらなければいけないから男性と共感意識を持つ。

そういうふうに女性はできているのです。

つまり、共感意識をもっていない男性はいつまでたってもモテないまま、デートできないまま、セックスができないままなのです。

いかがだったでしょうか。女性と共感しセックスに持ち込むためのポイントのなかで、みなさんが普段できていないなと感じることを胸に刻んで女性との会話に挑んでくださいね。

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ