落語ブームに便乗して出会い系を攻略

rakugokaここ数年でじわじわと落語ブームが女性の間で広まっていることをご存知ですか?

落語にドハマリしている女性を『らくこ』と呼ぶのですが、このらくこは独身女性が多いことでも有名です。

かつては『タイガー&ドラゴン』などでも扱われた落語ですが、このブームは定期的に来るということがわかっています。つまり落語を勉強すれば、こういった女性と関係を結ぶことは実に簡単なのです。

落語というのは、さまざまなアニメ作品でもオマージュされていますから、わたしたちもちょっと勉強するだけで、よりいっそう作品を楽しむことができるようになります。

「落語って敷居が高いんじゃないの?」、「なんか古臭そうで聞く気がしない」なんてことを思われる方がいるかもしれませんが、本当に落語を好きになれと言っているわけではありません。もちろん好きになるに越したことはないのですが、ポイントさえ押さえておけば、何の問題もありません。他のライバルになりそうな男性たちが、積極的に聞こうとしない落語を少し知るだけで、抱ける女の数が一桁変わってくるのです。

男と女は二つの川のようなものです。近くで流れているけれど、なかなか交わらないとしたら何が必要になってくるでしょうか?そうですね。『橋』がないといけません。男が女を口説くときに、この「橋に当たるものを男側が用意してあげる」のがとても重要なのです。しかし案外そこがみんな抜け落ちているんですね。これは反対に言うとそこら中に、チャンスが転がっているわけです。今回は「落語で落とせる女がいる」ということを、わかりやすくお伝えしていきます。

落語漫画をきっかけに仲良くなる

出会い系をしている女性の中に、落語好きな人が本当にいるのか疑問に思うかもしれません。結論から言うと、確実にいます。何もディープな落語女子のみを狙う必要はないわけです。日本が世界に誇るお手軽に読めるエンタメと言えば漫画ですよね。女性向け漫画で、落語を題材にしているものがいくつかあります。

久米田康二の「じょしらく」や雲田はるこによる「昭和元禄落語心中」は女性たちがかなり購入したそうです。

つまりプロフィールや実際のやりとりで、漫画好きの女子さえ捕まえることができれば、そこから落語好き女子を探すことは難しくありません。「実は俺、最近、落語漫画にはまってるんだ」と言えば「じょしらく?」とか「落語心中?」という返しをしてくる女性がきっといるはずです!

そこですべきは「二人が出会ったことがいかに運命的であるか?」ということをいかに伝えるかなのです。まず「あなたの周りで落語好きな人っているの?」と尋ねてください。すると「それがいないんだ…」と寂しさを幾分含んだ返事があなたに届けられることでしょう。そうなればシメシメです。「実は俺もそうなんだ。だからこうして落語好きの人と会えたことが、奇跡だと思ってる。こんなの一生に一度あるかないかだよね?」と、真剣に語るのです。女性はとにかく『運命的な出会い』を待ち焦がれています。

ここでの注意点は、あまりボロを出さないことです。もっぱら聞き役に徹してあげてください。相手の「落語について語りたい」という気持ちを汲み取って、満たしてあげることで信頼関係を築くことができます。最初に「俺は桂枝雀や立川談志が好きなんだけど、あなたは誰が好き?」と聞きましょう。落語というのは拠点が東西にあります。つまり東の噺家、西の噺家と派閥が分かれているのです。落語好きな人はどちらかに偏っていることが多いのです。よって「片方にのみ詳しい」というスタンスさえ取っておけば、大丈夫だというわけです。桂枝雀が西の落語家、立川談志が東の落語家ということは頭に入れておきましょう。もし相手の女性が西の落語家について詳しければ、あなたは東のファンというスタンス。逆の場合は西のファンという立ち位置を確保すればいい、というわけですね。

待ちに待った落語デート

あなたのお住まいがどちらかはわかりませんが、東京や大阪には寄席小屋というものがあります。例えば天満天神繁昌亭という大阪の南森町にある寄席小屋は、いつ行っても落語を見ることができます。午前中から夜遅くまで、ずっと落語家たちが出演し続けているのです。これを『定席の寄席小屋』と言うのですが、東京は大阪よりも多くて上野の鈴本演芸場、浅草演芸ホール、新宿末広亭、池袋演芸場と四箇所に定席小屋があります。地方でも落語会をやっているところはたくさんありますので、あなたと女性がデートしやすい場所を調べましょう。

休日に会うとしたら昼間か夕方の寄席を見て、そのあとディナー、平日であれば仕事終わりに寄席を見に行って、それからディナーという流れになるかと思います。

テレビタレントとはまた違った臨場感のある芸を目の当たりすることで、あなたたちはきっとたくさん笑うことになると思います。これが二人の距離を縮めることに一役買うのです。一緒にお化け屋敷に入ったり、絶叫マシーンに乗ったりするのと似てますね。同じ空間で同じ喜怒哀楽の感情を体験することによって、急速に仲良くなれるという裏技です。

きっと小屋に入る前と後とでは、親しさが全く変わっているはずです。そうなれば、あとはもうワンプッシュ。ディナーをご馳走してどの演目が面白かったかを二人で語り、共感し合ったらラブホテルへレッツゴーしましょう。くれぐれも興奮しすぎてベッドから落下しないようにしてくださいね。『らくこ』を落として、自分も落ちるなんてオチをつけないようにご注意を。

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ