同じことを繰り返すだけでセフレがどんどん増えていく無限増殖技を紹介!

hqdefault

おめでとうございます。今の時代、誰でもセフレがつくれる時代になりました。ありがとうございます。

セフレは「いるか・いないか」ではなく「つくるか・つくらないか」の時代なのです。本気でセフレが欲しいと思うのなら、あとは行動を起こすのみですね。

セフレのつくり方はとても簡単です。同じことを繰り返すだけ。

え?同じことを繰り返すだけなの?

そう、同じことを繰り返すだけだよ!←こんな風にね!

出会い系における行動をすべてパターン化する

同じことを繰り返すだけで出会いが上手くいくの……?

そんな疑問を持つ人も多いでしょう。でも、考えてもみてください。同じことを繰り返すからこそ、上手くいくんです。

それこそ、アクションゲームなんかはまさにそうでしょう。最初は誰だって失敗し、その失敗から学んでどんどん上達していくのです。高難易度ゲームとして名を馳せたダークソウルでいえば、多くの人は最初のボスでさえ勝つまでに何度も死ぬことになります。

しかし、それでもくじけずに挑み続けることでだんだんと「コツ」がわかってきます。

  • ボスが大きく振りかぶったら真横に回避すればいいのか
  • この攻撃のあとは大きなスキが出来るから、3回殴って離脱しよう!
  • ボスが空を飛んだら攻撃は諦めて回避に専念したほうがよさそうだ
  • 地面が赤く光ったらすぐに移動しないとダメージを食らうみたいだ
  • ボスが分身したら、小さい方をおびき寄せて一気に倒せば楽だな

と言った具合に、どんどん行動が最適化されていき、結果としてパターン化していくのです。「開幕は必ず横払いの攻撃がくるから距離を取って、そのあとは縦斬りがくるからナナメ横に回避して一気にふところに……」と、自分なりの攻略法が刷り込まていき、いずれは無意識で出来るようになります。脳ではなく、体で覚えていくのです。これがダークソウルをはじめとした「死に覚えゲー」の特徴です。

初回クリアをしてまた最初からゲームをやり直す時、自分の上達っぷりに驚くものですよね。最初は何度も死んで次のセーブポイントまで3時間もかかった道も、2周目だと鼻歌交じりで一度も死なずにたった5分でつけた時なんかは「ああ、ゲームってたのしい!」と心から思えることでしょう。

それは出会い系だって同じことです。最初は何度もフラれて初めてセックスするまで30日かかるかもしれません。でも、経験を積みコツをつかんでパターン化することができたら、コピペのメールを送るだけで5時間後にはセックスしていることだってあるのです。

これは「死に覚えゲー」ならぬ「フラれ覚えゲー」とも言えるでしょう。

具体的なパターン化の例

例えば、わたしは出会い系でこんなパターン化をしています。

  • 女の子の目星をつける(検索でも掲示板でも相手からのメールでも)
  • その女の子に対してコピペ8割オリジナル2割のメールを送る
  • 返事が来たら予め用意しておいた自分のプロフィールをコピペして送る
  • お互いの自己紹介が済んだら2~3通くらいやりとりをして、LINEやメールなどの連絡先交換の提案をする
  • ここでNGならその子は捨てる。未練をもたない。OKなら続ける
  • 会話が面倒なら使い回しのきくテーマ(趣味や好きな食べ物・動物など)のコピペで適当につなぐ
  • オタトークや他愛もない話を1週間前後続けたら、具体的な会う段取りをする
  • ここで会うことを渋るなら優先度を落とす。会えるなら優先する

このように、完全にシステマチックにすることで余計な悩みやストレスを抱える必要がなくなります。自分なりの「縛りプレイ」をするのです。写メが自分好みの女性だった場合、連絡先の交換をしぶられても「もうちょっとでいけるかも……!」なんて具合にメールをダラダラ続けてしまった経験ありませんか?そんな風に引き際がわからなくなってしまうこともありますが、上記のようなルールがあれば迷うことはなくなります。

大事なのは流れ作業として事務的に淡々とこなすことです。でも、初心者にいきなり上記のパターンを実践しろといっても難しいですよね。最初はどうしたって緊張しますし、いきなりそんな冷徹な対応が出来る人はそうそういませんからね。

まずは出来る限り丁寧に、しっかりと時間をかけて返信することをおすすめします。いわばゲームにおけるチュートリアルステージのようなものです。基本的な操作やルールの理解はしっかりとしておきましょう。

結果を焦らず、まずは基礎を作ろう

上手い人のプレイ動画を見て、自分も上手くなった気になってしまったが、いざ実際にプレイしてみたら全然うまくいかなかった……。そんな経験があったりしませんか?初心者がいきなり上級者のマネをしても、そもそも基本操作ができていないのですから上手くいくはずがありません。

いきなり効率化やパターン化を目指すのはやめましょう。まずは、ブスでもいいので出会い系で会った人とセックスすることを目標にしてください。そしてその目標を達成できたら、2人目を狙いましょう。その時、1人目とセックスするまでに「もっとこうしておけばよかった」「あれはしないほうがよかった」と思ったことを改善していきましょう。

2人目とセックスが出来たなら、同じことを3人目にも……といった感じで経験の積み重ねをしていくことで、はじめてパターン化が出来るようになるのです。地道でしょう?でも、地道こそが近道なのです。

最初は苦労するかもしれません。なかなか会えない。なかなかセックスまでもっていけない。それは当たり前です。なにせ、わたしたちオタクは二次元の女の子を攻略するのには慣れていても、三次元となるとまったくの初心者なのですから。

学生時代に彼女が出来て、飽きるほどセックスをしてきたリア充たちであれば、出会い系にだってすぐに馴染んであれよあれよという間にセックスまで持ち込んでしまうことでしょう。それは、他のアクションゲームに精通した人が、これまでつちかってきたセンスと技術でダークソウルをすぐクリアしてしまうのと同じことです。

逆に、これまでセックスばかりしてきてアクションゲームなんかひとつもしたことがない超初心者にダークソウルをやらせても、上手くいくはずがないのです。死にすぎて、進めなさすぎて、「こんなの無理だよ!」と、諦めてゲームを止めてしまうことでしょう。

でも、あなたなら知っているはずです。ゲームはやればやるだけ上手くなり、諦めずに自力でクリアできた時の喜びは格別であることを。最初はまったく出せなかった波動拳や昇竜拳が、思うがままに出せるようになった時のこと、思い出してみてください。とっても嬉しかったですよね?その時の気持ちを、もう一度味わえることでしょう。

話題のテンプレートを複数用意しておく

さて、地道な努力が実を結び、セックスも何度か経験できたとしましょう。あなたはもう初心者ではありません。いよいよパターン化を実現させていく時です。

出会い系においてコピペを活用することはとっても大事です。「コピペなんてすぐバレる!真心が伝わらない!」と思う方もいるかもしれませんが、それはあくまでも100%コピペだけを貼り付けたメールを送った場合です。全文をコピペで済ますなんてのはチンパンのやることです。

私が推奨しているのは「コピペをベースにしつつ手打ちの文章を少しだけ付け加える」というものです。たとえば、自己紹介は書くことが決まっていますし、誰にだって同じことを書いても不思議はありません。

ここは完全にコピペで済ませましょう。「自己紹介のコピペ」を作り上げる時はじっくりと時間をかけて考えぬいて作ってください。ここにかける労力は惜しまないことです。なにせ、これからのあなたの出会い系生活を左右する名刺代わりになるのですし、何度も使いまわすことになるのですから。

そんな至極の自己紹介コピペをつくりあげたら、あとは女性のプロフィールをみて適当に話を合わせればいいんです。好きなアニメやマンガが書かれていたら必ず拾いに行きましょう。非オタクの女性を狙う場合でも、無理矢理でもいいですから趣味やコメントに絡んでいきましょう。

女性のプロフィールには「拾って欲しいポイント」が必ず隠されています。女性は誰しも自分のことを特別視してほしいのです。「個性的だね」「変わっているね」と言われたいのです。ですから、趣味の欄に珍しい物があったら必ず拾ってあげましょう。

フェルトアートやシルバーリング作りといったクリエイティブな趣味もあれば、登山のような硬派な趣味かもしれません。なんでもいいから、その趣味を肯定してあげましょう。

  • 「自分もモノをつくるのが好きなんです。といってもプラモデルなんですけどね(笑)」
  • 「これまでアクセサリーとかつけたことなかったんですけど、最近興味がわいてきて……」
  • 「最近、イッテQの登山シリーズをみてめっちゃ感動したんです!これまでどんな山を登ったんですか?」

……なんて具合に、薄っぺらい乗っかり方でいいんです。相手からすれば本当か嘘かはわかりませんし「自分の趣味に興味をもってくれた」というポジティブな印象が大事なのです。

とはいえ、そんなペラペラな話を続けてもボロが出てしまいますし、ある程度聞き出したあとは適当に話題をかえてしまいましょう。オタク同士であればひたすらオタトークをすればいいので楽なのですが、非オタクの女性だとしても、映画・ドラマ・読書・マンガ・音楽・ゲーム・食べ物・動物のどれかしらは好きなことでしょう。その辺のベタな話題に関しては予めコピペを用意しておくと楽ですよ。

映画であれば「自分の好きな作品はコレで、好きな監督はアレですね!最近だとナントカって映画見たんですけど良かったです!」といったコピペを用意しておき、最近見た映画の部分だけすり替えればいいのです。同じようなカタチで食べ物のコピペだって作れます。最後を「最近だとドコドコのコンビニスイーツが美味しかったですね!」とでもしておけば、相手もコピペとは感じません。

これも、一度つくってしまえばあとはコピペでいくらでも流用できる大きなメリットがあります。とくにメジャーな趣味の話題は会話がもたなそうなときに使えますし、お互いの共通点を探るときの安牌としても便利です。

趣味の話題の時は、とにかく女性の話に合わせてください。自分の好みとは違うものを好きだとアピールされたとしても、自分も好きだよと同調しておくことが無難です。「西野カナの曲が好き!」なんてクソみたいな答えが返ってきたとしても決して否定してはいけません。心を無にして、同意するのです。「いいね!」と。

やり取りを重ねるうちに、無意識で返信できるようになる

最初のうちは女性からメールが届くたびにドキドキしてしまいますし「何を返そうか、どういう話をしたらいいか」といちいち悩んでしまう手間がかかってしまいがちです。

慣れないうちは大変ながらも「見知らぬ女の子とメールをしている」という高揚感からその状況を楽しめるのですが、時間が経ったり複数人とやりとりをしていると、楽しかった返信がただの「作業」に感じるようになってしまいウンザリしてきます。だからといって返信に時間がかかりすぎたり、返信の内容が見当違いだったりすると、会う前から嫌われてしまいチャンスを逃してしまうことも。

さすがにこのあたりの世間話や雑談まではコピペで対応できません。しかし、やり取りを重ねるうちになんとなく返事を書く時のテンプレのようなものが出来上がっていき、そのうち「反射」で返信が書けるようになるのです。

たびたびダークソウルの話で申し訳ありませんが、はじめのうちは雑魚戦だって毎回真剣に取り組んでいたはずです。でも、何度も倒して回数をこなしていくと「なんとなく」で倒せるようになってきますよね。たまに油断して大勢の雑魚に囲まれて死にかけるときもありますが……(笑)それでも、何度も倒してきた雑魚なら流れ作業で処理できるようになってくるものです。

出会い系のメールだって同じこと。ぼーっとしながら「なんとなく」で返信を書いても、それなりの中身にはなっていたりするものなんです。

相手の話を拾って、同意をして、最後にちょっと質問をしておわる。

こんな適当なカタチのメールで十分なんです。なにせ、相手だって出会い系の目的はメール交換ではないのです。あくまでもメールは連絡手段であり、会ってセックスするまでの繋ぎなのですから。

食事に使える場所やホテルなども固定化していく

わたしは23区内に住んでいますので、待ち合わせをする時は新宿か池袋のどちらかに決めています。オタク同士であれば秋葉原もアリですが、基本的に23区の東側のエリアはあまり人気がありませんし、あまり手広くしても労力が増えるだけです。浅く広くではなく、狭く深くをモットーにしましょう。ちなみに、渋谷は怖いので行きません(笑)

新宿であればこの店、池袋であればこの店、といった「お気に入りのお店」をいくつか用意しておきます。出会い系の待ち合わせで、一度も行ったこともないお店にいきなり行くのはリスクがあります。いくら食べログなどで評価がよかったとしても、実際に見てみないとわからないことは多いです。

居酒屋系・カフェ系・イタリアン系の3つを押さえておけばだいたいはどうにかなります。出会い系のファーストデートにおいてはほどほどにカジュアルな場所が好まれます。いきなりフレンチの高級レストランだと相手も警戒しますし、息苦しくなりますからね。かといってファミレスではカジュアルすぎて「私はファミレス程度の女ってこと?」と悪印象を与えてしまいかねません。

ここは、安すぎず高すぎず……ふたりで飲食をして4000円前後くらいがちょうどいいラインだと思われます。出来ればお酒が飲めるお店だとなお良いですね。出会い系でのデートにおいてお酒のチカラは絶大です。確実にセックスの確率を高めてくれるお手軽チートアイテムなのですから、利用しない手はありません。

チェーン店の居酒屋であっても、個室席があれば十分にロマンチックな雰囲気になりえます。新宿や池袋では居酒屋の撤退と進出が目まぐるしく行われており「高級居酒屋が撤退したあと、内装をそのまま居抜きで引き継いだ格安居酒屋」というお店も珍しくありません。

料金はリーズナブルで内装は高級感ある個室つき……。そんな優良店を見つけることができたら必ずキープしておきましょう。ここで大事なことは、「お気に入りのお店」をリピートして使いまわすことで、いちいち食べログを調べたり、店舗までの道順を覚えたりする手間を省くことです。

私がもっともお気に入りの飲食店はすでに50回以上利用し、毎回違う女性を連れて行っています。私からしたら行き飽きたマンネリのお店でも、女性たちは全員「初めて訪れる新鮮な場所」なのですからなんの問題もありません。

まとめ

出会い系においてパターン化することは労力軽減に大きな効果を発揮します。出会い系は真面目にやろうとすれば面倒くさいものなのです。でも、真面目に出会い系に取り組まなければセックスできないしセフレも作れません。今回はその真面目な部分をいかに手抜きして少しでも面倒くささを解消する方法についてお伝えしてきました。

女性とのメールの内容なんて本質的にはつまらないものですし、同じような映画やマンガの話題を何度も手打ちでやるなんてかったるいです。でも、セックスするためには必要なことですから仕方ありません……。せめて普遍性のある話題はコピペで流用することができれば、やり取りにかかる手間は大幅に軽減されることでしょう。

きっと、最初はたくさんの女性にフラれることになります。出会い系は男も女も多人数と並行してやり取りをするのが当たり前なのです。女性にフラれるのは初心者にとってはつらくて、恥ずかしくて、悔しいことかもしれません。でも、そのうちなんとも思わなくなります(笑)

だって、何度でもコンティニュー出来るのですから。フラれたら、リスタートすればいいだけです。何度も続けていれば、そのうち必ず勝てます。必ず、会ってセックスできる女性と巡り会えます。もし会えなかった人がいるのなら、それは会える前に諦めてしまった人なのです。

「は?こんなん無理ゲーだろ!こんなクソゲーもうやらねー」と理不尽なまでの難易度に、一度は投げかけたゲームをクリアできた時の達成感はたまりませんよね。なぜ高難易度のゲームをクリアできたのか?それは諦めずに何度もトライ&エラーを重ねて、プレイヤー自身が成長したからこそです。

出会い系では、この達成感に加えてセックスによる肉体的な快楽を同時に味わうことが出来るのです。これはとてつもなく強烈な快感ですよ……!!

ゲームが好きなひとは、間違いなく出会い系でも成功しやすいです。なぜなら、ゲームにおける成長する喜びや成功体験を知っているからこそ、出会い系にも応用ができるのです。

出会い系をゲーム感覚で楽しんで、セックスをして、セフレまで出来る。あなたがゲームで得てきた体験を活かすことが出来れば、これらは決して夢物語ではないのです。

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ