恋愛市場におけるオタクの状況を分析してセフレ作りに活かす方法

この国の貴重な文化のひとつである「オタク」。

オタクが市民権を得て、はや30年が経とうとしていますが、いまだにオタクは「キモイ」「暗い」「恋ができない」「多分童貞」というイメージを払しょくできていません。

なぜオタクはこう言われてしまうのでしょうか?

本日は、オタクの現在置かれている状況を、主に恋愛市場から分析し、それをどのようにセフレ作りに活かすべきかを論じていこうと思います。

1.オタクとは

オタクとは特定のカルチャーに対し、並々ならぬ関心と執着をもつ人で、その関心と執着が特定領域にかたよるがゆえに、ほかの文化また一般的な社会関係に若干の障害をきたしている人です。

2.オタクの世界観

オタクはあらゆる分野に生息していますが、一般的なところでは「アニメ」「アイドル」などがあります。

オタクは自身の専門分野に対するこだわりが強く、それ以外の分野に対しては無関心もしくは排他的です。特に相手が何者か分からないあいだは積極的な接触は避け、「様子見」の姿勢を崩しません。

その「様子見」の段階から一歩踏み出す際にも、相手に対する警戒や畏怖の念があるため、とりあえず失礼にならないように、相手のことを「あなた」「きみ」ではなく「オタク」と呼びかけます。

このように、オタクの世界観は「こだわり」「排他的」「警戒」で成り立っています。

3.オタクの恋愛観

恋愛においてもオタクは「こだわり」「排他的」「警戒」に包まれています。

自分の好みのタイプにこだわり、そうではない対象には無関心です。また恋愛対象にすら「警戒心」を抱いています。「こだわり」「排他的」「警戒」の3点セットは、相手に対してだけではありません。

オタクは恋愛のシチュエーションにおいてもこの考えを捨てることはできません。自分の好みの出会い方にこだわり、そうではないものを排除し、自分自身が傷つくことはないかを常に警戒しています。

このように考えると、オタクは「出会い系サイト」で出会いを探さなければならないということがわかります。

自分のこだわりに応じて慎重に相手と接触できる「出会い系サイト」は、オタクにとっては願ってもない相手探しの場となります。

4.オタクが恋愛勝者になるためには

A.オタクの良さをなくさない

オタクの持つ「こだわり」「排他的」「警戒」は、オタクの欠点や弱点ではありません。

独自の分野への「こだわり」や「排他的」は探求心や専門志向であり、「警戒心」を持つことは、現代社会においては、備えておくべき安全機能です。恋愛は得体のしれない「キラキラ感」をもって、その「こだわり」や「警戒心」を崩そうとしてきます。

恋がしたい、セックスがしたい、セフレを作るために、オタクがオタクたるべきものを失ってしまっては、何も残るものはありません。

あくまでも「オタク」として恋愛市場に参入しましょう。

B.相手の「こだわり」も受け入れる

オタクの良さをなくさないと同時に、相手にも「こだわり」があることを理解しましょう。

オタクでなくても、人は何かしらの好みがあります。オタクは言うなれば、「こだわりのプロ」なので、なぜ自分がそれが好きかを論理的に説明することもできるでしょう。しかし普通の人の単純な「好み」には理屈はありません。

「こだわりのプロ」として「この人はなぜそれが好きなの?」と考えても無駄です。

相手のこだわりも素直に受け入れましょう。

C.うかつに「警戒」を解かない

オタクが世間を「警戒」する反面、世間もオタクを「警戒」しています。

なぜなら、オタクが「警戒」を解いた時の行動が怖いからです。「警戒」を解いたオタクはもはや好奇心と探求心の塊です。グイグイきます。

オタクにとっては親愛の証であっても、相手がそう受け取るとは限りません。お互いに安全に接触するためには、うかつに「警戒」を解かないようにしましょう。

5.オタクと恋愛するメリット デメリット

次に、オタク側からではなく「非オタク」がオタクと恋愛する場合の、メリットとデメリットを考えてみましょう。オタクのメリットを理解すれば、オタクがセフレづくりで何をアピールすればいいのかが明確になります。

オタクと恋愛するメリット

独自の世界観を体験できる

オタクの世界観に触れ「こだわり」の醍醐味を体験することができます。何のこだわりもなく「広く浅く」生きてきた人にとっては、未知の世界に喜びを感じるかもしれません。

自分の世界を守ることができる

オタクは基本的には自分の興味がないものには無関心です。オタクと付き合っても自分の世界を守ることができ、適度な距離間に安心感を覚えます。

オタクと恋愛するデメリット

世間の人に自分も「オタク」と思われる

見るからにオタクの彼、ちょっと話せばオタクとバレてしまう彼は、友達や周りの人の反応が気になってしまいます。

そのため付き合いをオープンにできず、閉塞感や劣等感を感じてしまうかもしれません。彼氏がオタクとバレたくないと考える以上は、オタク彼との関係は上手くいきません。

「オタクだけど好き」「オタクだから好き」と思える人を選びましょう。

「警戒」が解かれたときに危険がおよぶこともある

オタクが「警戒」を解いた時にやりがちな、思い込みの強い行動は脅威です。

まだ「警戒心」を持っているうちに、どの程度「こだわり」や思い込みが強い性格かを見極めておきましょう。

恋愛市場におけるオタクの状況を分析してセフレ作りに活かす方法まとめ

オタクは「こだわり」「排他的」「警戒心」で成り立っています。それがオタクの良さであり、ここを分かってくれる相手こそが、オタクが選ぶべき恋愛対象です。
そういう観点から、出会い系サイトで相手を選びながら自分に合ったセフレを見つけましょう。

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ