女性の半数以上が、クリぼっちになるくらいなら「誰でもいいから会いたい」と思っている衝撃の事実

女性の半数以上が、クリぼっちになるくらいなら「誰でもいいから会いたい」と思っている衝撃の事実リア充爆発しろ!という言葉もすっかり古くなってしまいましたが、今でもその気持ちを忘れないオタクたちは多いことでしょう。クリスマスの時期はオタクにとってはまったく関係のないことであり、日常系アニメでクリスマスネタをやられてもどこか興ざめしてしまうからやめてほしい……そんなふうに考えていた時期が俺にもありました

クリスマスなんかよりもその後のコミケのほうが大事だから!と無理やりクリスマスを無視してきたアナタ。強がりはもう止めましょう。ぶっちゃけ、羨ましいことを認めましょう。

「彼女とラブラブでディズニーランドでイチャコラデートしてえ!!」

そんな心の叫びを、ぐっとこらえている兄弟たちよ。もう我慢することはないのです。クリスマスデートがしたかったら、すればいいんです!

なにせ、いまならクリスマス当日の出会いの確率がぐっと上がる、ボーナスタイムなのです。SSRの排出率が3%しかない通常状態から、その18.3倍の55%にまで上がる超絶レジェンドゴッドフェス祭のようなものです!

この、超絶レジェンドゴッドフェス祭の開催期間はおおよそ1ヶ月あります。11/25~12/25まで開催されているボーナスイベントだと思ってください。

つまり、今ならまだ間に合うんです!いそげ!!

とあるキツネのお話から学ぶこと

「ああ?クリスマス前にささっと彼女が作れたり、女と会えたら苦労しねーよ!」

と、思うでしょう。でも、ほんとに苦労したことってあります?言うだけ言って、妬むだけ妬んで、実際はなにもしていないんじゃないですか?

酸っぱいブドウという話があります。

むかしむかし、あるところにキツネがおりました。お腹をすかせたキツネは、たわわに実ったブドウの実を見つけます。

「おいしそうなブドウだ!きっとみずみずしくて甘いに違いない」

そう考えたキツネはブドウの実を食べようと跳び上がりますが、どうしてもブドウの実まで届きません。

届きそうなブドウがないか探し回り、何度も何度も跳び上がりますがかすりもせず、届く気配すらありません。やがて、怒りと悔しさにうちふるえたキツネは、こう思うようになりました。

「けっ。どうせこんなブドウは酸っぱくてまずいに決まってる。そんなブドウ、こっちから願い下げだ!」

このような捨て台詞を残して、キツネは去っていきました……。

というお話です。うーん、なんだか心当たりがありませんか?私は大いにあります。出会い系をはじめるまえの私は、まさにこの状態でした。

「カワイイ女の子だ!きっとおっぱいも大きくていい匂いがするに違いない」

そう考えたワタシは女の子を食べようと跳び上がりますが、それはあまりにも遠すぎました。キツネどころか、ノミが跳び跳ねているようなものです。きっと、その子からは認識すらされていなかったことでしょう……。

「けっ。どうせこんな女はビッチなクソ野郎に決まっている。そんな女、こっちから願い下げだ!」

と、思うことで心の平安を保つのです。

このように、本当は手に入れたくてたまらないのに、ルックスやコミュニケーション能力などに自信がなく、どうしても手の届かない対象がいた場合、その対象のことを「価値がないもの」や「自分にふさわしくない低俗なもの」と、おとしめることで諦めて納得させようとするのです。

とまあ、完全に負け犬の思考なのですが、知らず知らずにやってしまっている人は多いことでしょう……。人間の心理的な防衛機構でもありますので、なにも恥ずかしいことではありません。

しかし、本当はキツネも知っているんです。あんなにぷっくりと膨らんで、水滴もしたたるブドウの実が、酸っぱいはずがないことを。本当は甘くてみずみずしくてとてもおいしいことを知っているからこそ、おとしめてしまうのです。

あなたも知っているはずでしょう。「2次元サイコー!」なんて強がりでしかないことを。本当は生身の女性の体温を肌で感じたい。舌を絡ませ合うエロいキスをずっとしていたい。女性の体内のぬくもりを、おちんちんで感じ取りたい。でも、それが出来そうにないから「3次元の女はクソ!」と、おとしめてしまうのです。

そんなこと、もう止めませんか?だってクリスマス前の今なら、3次元の女が簡単に手に入るんですから。

クリスマス前は女性が「妥協」をしまくる!

クリスマスに予定のない女性はとても焦ります。「クリスマスに男と2人で過ごした」という事実が欲しくてたまらないのです。

女友達の間でクリスマスの話になったとき、周りが彼氏と過ごした思い出話を次々と話しはじめて「◯◯ちゃんはどうしてたの?」と話を振られたら……。

「家にひとりでいた」なんて答えようものなら、その瞬間に友達内でのヒエラルキーが決まってしまいます。カースト制でいえば最下層のアンタッチャブルにまで落とされてしまうのです。

「彼氏とデートしてたよ!」と嘘をついてもごまかせません。「どこにいったの?」「どんな食事したの?」と根掘り葉掘り聞かれてしまっては非常に困りますし「写メみせてよ!」と言われたらもうお手上げです。

友達に嘘をつく女として、最悪の場合はハブられてしまうことも考えられます。いまはSNSに食事やデート中の写メをアップするのが当たり前ですからね。

今時期の女友達グループというのは、SNSでお互いを監視しあっているのです。ディストピアのような監視社会が現代においてすでに成立しているわけですね。

ですから、嘘はいけません。たとえ妥協してでも、男といた事実がほしい。そう考える女性は少なくないのです。

なにせ、クリスマス当日に予定がない女性のうちの半数以上は「どんな男でもいいから一緒に過ごしたい」と考えているのですから。

クリスマスの夜は女性を誘いやすい?半数以上が「どんな男性でもOK」と回答

20~30代女性向けの婚活・恋愛情報サイト「愛カツ」の未婚女性ユーザーを対象に行われた「クリスマスに関する意識調査」で驚きの結果が発表された。

独身女性に「もし、クリスマスの夜に男性から誘われたら、どういうレベルの相手だったらクリスマスの夜を共に過ごしてもいいと思いますか?」と質問したところ、次のような結果に。

女性の半数以上が、クリぼっちになるくらいなら「誰でもいいから会いたい」と思っている衝撃の事実

「出展:愛カツ」

「タイプなら」「しっかり付き合えると思う相手じゃないと」「理想の王子様しかダメ」と答えた独身女性も30%いたが、最も多かったのが「どんな男性でもOK」という回答だった。

クリスマスの夜は女性を誘いやすい?半数以上が「どんな男性でもOK」と回答

独身女性の半数以上が「クリスマスの夜に男性から誘われたら、どんな男性でもOKする」と答えたという。 55%の女性が「どんな男性でもOK」と回答 20~30代女性向けの婚活・恋愛情報サイト「愛カツ」の未婚女性ユーザーを対象に行われた「クリスマスに関する意識調査」で驚きの結果が発表された。 独身女性に「もし、クリスマスの夜に男性から誘われたら、どういうレベルの相手だったらクリスマスの夜を共に過ごしてもいいと思いますか?」と質問したところ、次のような結果に。 「タイプなら」「しっかり付き合えると思う相手じゃないと」「理想の王子様しかダメ」と答えた独身女性も30%いたが、最も多かったのが「どんな男性でもOK」という回答だった。

クリスマスの夜は女性を誘いやすい?半数以上が「どんな男性でもOK」と回答

いいですか?「どんな男性でも」ですよ?「ハゲ」でも「デブ」でも「オタク」でも、なんでもいいって言ってるんです。55%の女性が「誰でもいいから付き合いたい」と言っているんです。

ざっくり言えば、クリスマスに予定のない女性2人にアタックすればそのうちの1人はオッケーしてくれるんです。

ガチャを引けば55%でレジェンドやらSSRやらレア6やらが出てくるようなものなんですよ。もし、あなたが熱心に遊んでいるソシャゲでそんな「超絶レジェンドゴッドフェス祭」が始まったらどうしますか。

ガチャを死ぬほどぶん回すと思いませんか?

こんなイベント、もう二度とあるかわかんねえ!なんちゃら石だの、なんとかオーブをあるだけ回して全部つかいきってやる!と意気込みますよね。

その意気込みを出会い系に費やせばいいのです。なにせ、2回に1回は当たるんですよ。こんなん楽勝でリセマラ終了じゃないですか。

えーっと……あえて言わせていただきますと……コホン……「いつやるの?今でしょ!!」というやつですよ(恥ずかしい)

出会い系にはクリスマスに出会いを求める女性であふれている

…………はっ。思わず、言いたいことを言って満足してしまうところでしたが、まだ続きがあります。

わかってますよ。「クリスマスに出会いを求めている女をどう探せばいいんだよ」ってことでしょ?わかってますよ。

でも、あなたも答えをわかっていることでしょう。そうです。出会い系で探すんですよ。簡単じゃないですか。

普段の時期の出会いよりもずっとやりやすいことは間違いありません。「クリスマスをひとりで過ごしたくない」という共通の目的を持った女性がたくさん集まっているんです。

それをピンポイントで狙えばいいだけです。たとえば、掲示板に書き込むときには

「クリぼっちになりたくない!誰か一緒に過ごしませんか……?助けてください!」

と言った具合に、クリぼっちという単語が今年はよく用いられている印象ですね。これを活用しない手はないでしょう。

クリスマス限定の相手を探す場合は、こちらがオタクであることを隠し通してもいいと思います。まずはクリスマスに会ってみて、長くお付き合いをしたいと思えたらその時に話しても遅くはありません。

それに、そもそも女性側は一夜限りの出会いを求めていることが多いです。なにせ最大の目的は「クリぼっち回避」でしかないのですから、まじめに長くお付き合いをする彼氏候補として会う女性は少ないことでしょう。

相性がよかったらセフレでもいいかな、くらいにしか考えていないと思われます。「クリぼっちを回避するために、男なら誰でもいいから会いたい」なんてアホみたいな考えをする女は、セフレという関係に抵抗なんてまったくないでしょうからね。

クリスマス当日のラブホは入れないと思っておきましょう

ただ、ひとつ気をつけておきたいことがあります。クリスマス当日のラブホはどこも満室になると思ってください。

事前に予約をする……なんて方法もありますが、クリスマスの時期は事前予約を受け付けていないラブホも多いですし、そもそもセックスできる保証がないのにヤル気満々で予約をしてしまい、空振った時の精神的ダメージを考えるとあまりオススメできません。

だからといってシティホテルを確保するのもお金がかかりますし、ネットカフェや公園で……なんてのもアリっちゃアリですが、あまり環境はよくありません。

でも、せっかくクリスマスにデートするならセックスしたいですよね?サンタのコスプレとかさせて、バックでハメ倒してやりたくないですか?僕はそうしてやりたいです!!

はい、安心してください!事前になにもせずとも当日にラブホテルをちゃっかり確保する方法があるのです!

オフィス街のラブホテルを利用する

テーマパークやきれいなイルミネーションのあるクリスマスデート定番スポット付近のラブホテルは間違いなく入れません。

新宿や池袋、渋谷といったラブホテルがわんさかある地域でも、空いているラブホを探すのは至難の業でしょう。

たまたまキャンセルがでたりタイミングよく入れたなんて幸運もあるかもしれませんが、あまりに運否天賦な行動は女性を不安にさせてしまいますし、高いヒールを履いているのにあちこち歩き回るのはとてもつらいものです。

そこで、定番のラブホスポットをさけて、クリスマスに人がいなくなるオフィス街のラブホテルを利用することをオススメします。

都内であれば品川や大手町といったところが穴場でしょうか。あるいは周りにおしゃれなデートスポットがほとんどない鶯谷なんかもいいでしょう。

こういった閑散としている地域のラブホは事前予約を受け付けているケースもありますので、下調べしておくといいかもしれませんね。

事前にひとりで入室し、部屋を確保しておく

クリスマス当日は常にラブホテルは満室……と思うかもしれませんが、それはちょっと違います。正確には日が暮れた午後5時ごろから続々とカップルが入室してくるのです。

クリスマスのデートや食事を済ませて、さてホテルにいこうか、という流れがクリスマスデートには必要なのです。いきなりラブホテルに直行するカップルは稀でしょう。せっかくのクリスマスが台無しになってしまいます。

5時でもだいぶ早いくらいなのですが、早めに動かないとラブホテルが埋まってしまうのですから仕方ありません。エリアによってはそんな早い時間ですらあっという間に埋まってしまうラブホテルもあるのですから。

逆に言えば、日が出ている日中はまだまだラブホテルはガラガラだということです。みんなその時間は普通にデートを楽しんでいますからね。その時間差を利用するのです!

その方法は簡単です。あらかじめ自分ひとりで目当てのホテルへ行き、休憩で入室しておくのです。そして、そのあとに宿泊プランに変更すればいいのです。

クリスマスのラブホテルは椅子取りゲームのようなものですから、早めに動いて椅子を隠してしまうのです。そうすれば、その椅子はあなた専用のものになり「椅子が取られるかもしれない!」という焦燥感に追われる必要はなくなります。

そんなスマートなラブホテルの確保をしていたら、女性だってきっと感嘆の声をあげることでしょう。「すごい!手際も要領もいいのね!素敵!抱いて!」となるに違いありません。

そもそもクリスマスにデートしておいて、ラブホテルも確保してあるとなれば、それはもうセックスするしかないのです。相手だって当然それを期待しているのです。

椅子取りゲームはラブホテルだけじゃありません

この早い者勝ちは出会い系にも同じことがいえます。クリスマスを一緒に過ごしてくれる男を探している女性は多いですが、女性を探している男だって多いのです。

そして、そのカップルはいとも簡単に成立していきます。普段であれば「ご趣味のほうは……?」「今度の週末は空いていますか……?」なんて堅苦しい挨拶から始まったりもしますが、この時期だけは例外です。

もうクリスマスのデートが確定しているのですから、自己紹介もそこそこに、あとは場所と時間を決めるだけなのです。実に手っ取り早い!

だからこそ、どんどんカップルが成立していきます。直前になって探しはじめるのんびり女子もいるので常に弾は補充されていきますが、それでも早い段階から動き始めたほうがお得なのは言うまでもありません。

いまこうしている間にもハッピーメールやワクワクメールでは次々とクリスマスデートの約束がかわされていることでしょう。

女性の半数以上が、クリぼっちになるくらいなら「誰でもいいから会いたい」と思っている衝撃の事実

乗るしかない!このビッグウェーブに!(満足)

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ