セフレ化するための女の褒め方5パターン

セフレ化するための女の褒め方5パターン出会い系でアポが取れた!

うまくいけばセフレにしたい……なんて淡い期待を抱いて初めてのデートに行ったら、思いのほか当たりだった!

ついヤルことだけを考えてしまい、会話のキャッチボールができずせっかくのセフレチャンスを逃してしまうこともあります。

とくにわたしたちのようなオタクの場合、この「褒める」ということが苦手。

でも安心してください。褒めるパターンなんて決まっているんです。それを最初にインプットしてしまえばいいんです。

「褒めオタク」になってセフレ化攻略してください。

本日は、セフレにするための覚えておきたい褒めフレーズをご紹介!

「可愛い」「キレイ」だけを繰り返していては、女心をつかむことはできません。

ぜひ、女の特徴をキャッチして、彼女だけの言葉を用意しておきましょう。

セフレにするための覚えておきたい褒めフレーズ

ヘアスタイル

やはりパッと目について、褒めやすいのが髪形。

男にとっては色や長さくらいしか違いがわからないものの、月に1度、美容室へ通ってスタイリングしてもらうほど、女にとってはこだわりのポイントとも言えます。

とりあえず褒めるには絶好のポイントなので、ぜひ見極めてぴったりな言葉をかけてあげましょう。

長さ

女性の髪の長さは”長い・短い”だけではありません。

耳が見えるくらいのショート、いわゆるおかっぱ頭なボブ。毛先が顎下から鎖骨下あたりまでの長さのミディアム。そして胸元までのセミロング、さらに長いロング……と用語も色々。

ただし男から言わせてもらえば、その微妙な違いは難しいところ……。

「ショートな髪形が似合うね」と褒めたつもりが「これはボブ!」「ロングにするから伸ばしているのに!」なんて地雷を踏んでしまうこともあります…。

そのため髪の長さを直接褒めずに「顔が小さく見える」と言うのがベター。

間接的にヘアスタイルでよりキレイに見えると伝えるのがおすすめです。

セフレ化するための女の褒め方5パターン髪の毛の色も、こだわる女性なら”明るい”で片付けられると怒りだすくらい気合を入れていることも。

逆に、頭部の黒い部分が目立つプリン頭や、毛先がキンキンに痛んだ明るさのズボラ女性も少なくありません。

褒めていいのか、触れない方がいいのか難しいところですが、「さすがに手間かけてるね」「美容院ってお金かかるもんね」といった中途半端なフォローは、どちらの女性にも良い印象を与えません。

とりあえず頭の根元と毛先が同じ色の女性なら、「キレイな髪だね」「柔らかい雰囲気がする」とヘアスタイル全体を褒めるのがおすすめ。時間とお金をかけて染めた色が、さり気なく良い効果を与えていると思い女性も嬉しい気持ちになります。

逆に、染めているものの根元が黒かったり、毛先が明るすぎる女性なら、ストレートに「黒髪が似合うと思うな」とフックを効かせるのが有効。「でも私は、染めたいの!」と怒り出しそうな気もしますが、所詮は金か時間のどちらかがなく、ヘアケアが行き届いていない状態。そのため、どちらも必要ない黒髪をプッシュするのが良いのです。

太い髪質や多いボリュームに悩み「でも……」と言い訳をする女性なら「そんなことないよ!似合うよ」と押し切るのが良いでしょう。

メイク

セフレ化するための女の褒め方5パターン「化粧でここまで変わるのかよ……」なんて、詐欺ツールにも感じてしまうメイク。

中にはアイプチをして二重にしたり、ワントーン暗い影を出して鼻を高く見せたりフェイスラインをすっきりさせたり……と何時間もかけて大変身している女性もいます。

とは言え、セフレ扱いの女性ならすっぴんなんてどうでもイイのが本音。

いかにもなメイクでなければ、褒めてあげるとウケは良いです。

ただし、濃いメイクだと感じた場合でも、グッと堪えるのが吉。「メイクしなくても可愛いのに」といった褒め言葉は、時間と努力をディスることになるので、避けた方が無難です。その際は、横顔やうつむいた時といった、正面以外の表情を褒めるのが良し。鏡とにらめっこしている女性も、気付かなかった褒め言葉で素直に喜ぶことが多いです。

また、薄いメイクだと感じた場合は、そのまま「肌がキレイだからそれでいい」と褒めるのが無難。中には、本人がしっかりメイクをしているつもりでも化粧が下手なこともあるので、安心感を与える言葉となってくれます。

顔立ち

メイクとは違って顔立ちを褒めるのは、一気に女の心を掴むのに便利。持って生まれたものだからこそ、女性ウケも抜群です。

特に褒めポイントとして使えるのが目、肌、唇の3つ。

大きくてぱっちりした二重。ニキビや肌荒れがなく、毛穴が目立たない肌。カサついてなく潤いの感じる唇。

一般的にはこれが王道の美人・可愛いといわれる女性。

ですが、あえて小さくて地味な一重や奥二重。荒れたザラザラ感を必死で隠している肌。ガサガサとした手入れされていない唇。

これをそのまま褒めるのも、賢い戦略のひとつ。「わざわざ悪いところを褒めなくても、他を褒めればよいのに…」と思ってしまいそうですが、今まで同じような褒め方をされ触れられてこなかった部分だからこそ、女も喜んでくれるのです。

「男はメイクやスキンケアのことなんかわからない」といったノリでデメリットな部分も「可愛いよ」と褒めてあげましょう。

中でも気を付けたいのが、デメリットを避けようとしてまつげを褒めるのはNG行為。

美容業界では「褒めるところがない女性客はまつげを褒めろ」なんていう噂もあるくらいなので、疑われてしまいます。

ファッション

さらに褒めやすいものの、グッと好感度をアップしてくれるのが洋服やバッグ、靴といったファッション。

中にはぺらっぺらなトップスに、テロテロなスカートでも数万するような高級アイテムで揃えている女性もいれば、それこそユニクロやしまむらレベルのファストファッションで全身コーデをしている女性もいます。

上質な生地素材から違いがわかることもあれば、知らないブランドで見落とすことも。

とりあえずどんなファッションでもオールマイティーに使える褒め言葉としては「女性らしい」「品がある」といったのが無難。

また、他の女性と比べても違いが判らない”量産型コーデ”なら、トレンド重視タイプの女性なので「流行りのスタイルをキレイに着こなしている」「おしゃれに敏感」
と褒め称えるのがベター。

あまりにも安っぽい服装の場合は「似合っている」よりも「可愛らしい」と伝える方が、女性側に「本当はもっとおしゃれしたいんだけどね」と言い訳させることができます。

ただし、とくにファッションは女が見栄を張りたい部分。

それでも安っぽい服を着ているのは、生活が困窮している可能性が高いのでよりセフレとしてはオイシイ物件となってくれるでしょう。

会話

最後に、わたしのように女性の雰囲気や見た目の細かい違いがわからない男性。または、人には言えないけど正直、女性を褒めたりするのは緊張して苦手……。

そんな人でも、自然に実践できるのが会話を褒めるという方法です。

やはり一期一会の付き合いで終わらせず、セフレとして少しでも長く引っ張りたいならなんとしてでも女性とのコミュニケーションを高めていきたいところ。

会話は直接的に褒めるというよりも、頷いたり「それで、それで?」と合いの手を入れたり、基本的には面白そうに話を聞いていればOK。

男女の違いでよくある”女に正論はいらない。欲しいのは共感”といったように、やや受け身ながらも楽しそうにしていれば相手の女性も褒められた気分で、機嫌がよくなります。

「つまらない話なのに…」なんて思ってしまいそうですが、褒めるのが苦手な人でも簡単にでき、かつこんなことでセフレとの良好な関係が築けるなら儲けもの。

苦手意識がある人はぜひ、会話から入っていくのがおすすめです。

まとめ:褒めればセフレは作れる

慣れるまでは面倒に感じたり、失敗することもあるかもしれませんがちょっとコツを掴めればどれも簡単な方法ばかり。

しっかりセフレの心を掴んで長い付き合いにもっていくことは可能なので、ぜひ活用してみてください!

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ