ホテルに誘いやすい女性の特徴と狙った女性をホテルに連れこむ方法

サイトを通じて出会ったはいいけれど、なかなかセックスまで持ち込めていない……そうお嘆きの方も多くいらっしゃるはずです。

それはもしかしたら、あなたの口説き方が悪いのではなく、狙う女性のタイプが間違っているのかもしれません。

ここで間違ってしまっては、時間とお金を無駄に浪費するだけです。

仮に、出会い系で出会ってセックスしまくっている男性は、「ホテルに誘いやすい女」に的を絞って狙っているんです。

では、どのような女性がホテルに誘いやすいのでしょうか?

本日は、ホテルに誘いやすい女性の特徴狙った女性をホテルに連れこむ方法をまとめました。

ホテルに誘いやすい女性の特徴

自分に自信のない女性

まず何よりも、「自分に自信のない女性」を狙うのが最善です。

出会うまで分からないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、自分に自信があるかどうかを判断するにはいくつか方法があります。

例えば、メールの文面で判断する方法です。メールはその人の性格がとても現れやすいものです。

絵文字や顔文字を多用する女性は自分に自信のない場合が多いです。特に、努めてかわいい感じの文面を作ろうとしている女性は狙い目です。

自信がないことから、メールくらいはかわいく装い、男性に好かれようと努力します。

このタイプの女性に効果的な方法は、ひたすら褒めることです。

普段、褒められ慣れていないので、少し褒めてあげれば良い気になり、一緒にいることをひとつのメリットとしてとらえてもらうことができます。

褒め方にもいくつかテクニックがありますが、「かわいい」「きれい」といったありきたりなものではなく、「●●がかわいい(きれい)」「●●な感じがすごいタイプ!」など、具体的に褒めるとより確率がアップします。

慣れてくればメールの文面を見れば自分に自信があるかどうかはすぐに判断できるようになります。

ちなみに、自分に自信のある女性はメールでも強気です。絵文字や顔文字はもちろん、句読点すら打ちません。このタイプだと、なかなか出会った初日にホテルに連れ込むのは難しい場合が多いです。これも一概には言えませんが、ひとつの目安にはできます。

甘えん坊の女性

甘えん坊の女性もホテルに誘えば、出会った初日でもOKしてもらえる確率が高いです。

誘うまでの男性の言動もポイントになりますが、特に難しいことではなく、例えばデート前にお店を予約しておく、会計をスマートに済ませておくなど、ただ男性として女性を引っ張っていってあげるだけでかまいません。

こうすることで、「甘えて良い男性なんだ」と捉えてもうらことができ、食事デートのみならず、ホテルまで誘導できるはずです。

食事デートの際にも少しでいいので、甘えさせてあげることができれば確率はより上がります。そのためにも、食事デートの際は女性にいろいろ質問してください。そこで相手の悩みや弱みを聞き出し、いろいろアドバイスをしてあげれば、自然にあなたに甘えてくるでしょう。

なお、末っ子の女性は甘えん坊な場合が多いのも確かです。兄弟構成であればメールで自然にヒアリングすることもできますよね?もし末っ子であれば、それだけで初日にホテルに誘ってOKしてもらえる確立はアップします。

少し話がそれますが、SとかMとか女性を表現することがありますよね? その場合は断然Mな女性を選ぶべきです。甘えん坊な女性とMな女性はほぼイコールで結びつけることができます。

つまり、Mな女性はSな女性よりも初日にホテルに誘った場合にOKしてもらえる確立はあがります。これも大きなポイントになりますので、出会う前段階でヒアリングしておいてください。

聞き方もある程度唐突でなければ、ストレートに聞いて構いません。

だらしない女性

だらしない女性は、性に関してもだらしないことがほとんどです。例えば、バッグの中身が汚い女性はだらしないことが多いです。その日履いている靴(ヒールやスニーカー)をよ〜く観察してみてください。ソールがすり減っていたり、汚れていたりする靴を履いている女性はだらしない性格の子が多いです。

靴以外にもバッグやその日着ている洋服など、だらしないか否かを判断する基準は様々です。

バッグの場合は、無駄に荷物が多いパターンがだらしない女性によくある傾向です。食事をするだけのデートのはずなのに、使いもしない化粧道具が大量に入っていたり、コテを常に所有している場合はだらしないか、もしくは既に泊まりを意識して荷物が多くなったりするものです。

最初の女性選びで出会ったその日にホテルに誘ってOKしてもらえるか否かは決まっているといっても過言ではありません。それだけ女性選びは重要です。

これを間違えてしまうと、時間もお金も無駄にしてしまいます。

そうならないためにも、今回ご紹介したような女性を選んで、最短かつ金銭的にも負担を掛けずにセックスまで持ち込みましょう。

もしメールをしてみて上記の女性に当てはまらないと分かったら、その時点で次の女性に切り替える勇気も必要です。

顔がタイプだから、メールの印象が良いからなどといってただメールをしていても、最終的にホテルに連れ込むことができなければ元も子もありません。

狙った女性をホテルに連れこむ方法

ホテルに誘いやすい女性がわかったら、次はホテルに連れこむ方法の紹介です。

出会い系で知り合った女性は、連れこむ段階で「ごめんなさい……」と断られることも少なくありません。

せっかくお金と時間をかけてここまできたのに、断られてはガックリきてしまいますよね?

ホテルor部屋に行く「理由」を与えてあげる

まず、女性に、ホテルや部屋にいく理由を与えてあげる必要があります。

「ホテルに行く理由?……そんなのセックスに決まってるじゃないですか?」と思う人もいると思います。

しかし、女性は基本的に「軽い女に見られたくない」というプライドがあります。

セックス目的でホテルや部屋に誘われると、たとえセックスしたいときであっても、「簡単にヤラせる女 と思われたくない」と思ってしまい、誘いを断ってしまうのです。

女性があなたとセックスしたいと思っていても、誘い方が間違っていると断られてしまうのです。

では、どんな誘い方をすればいいのでしょうか?

大切なのは「セックス以外にホテルor部屋に行く理由」を作ってあげること。

  • 「このホテル夜景が綺麗だから、今晩見ない?」
  • 「〇〇ちゃんが好きなオムライスをうちで作ってあげるよ」
  • 「〇〇ちゃんが見たいって言ってたDVDがうちにあるんだけど、見ていかない?」

といった感じで、セックス以外の理由を与えてあげましょう。

断る理由をあらかじめ解決しておく

女性をホテルや自宅に連れ込むには、「理由」を与えてあげるだけでは不十分です。「理由」に加えて、「断る理由をなくすこと」が重要。

たとえ理由を作っても、ホテルや部屋に行く、ということは「危険な目にあうかもしれない……」という恐怖は女性なら必ずあるものです。これを前もって解決してあげることがポイント。

ただし、

「〇〇ちゃんのこと襲うつもりないから」
「〇〇ちゃんが怖がること、嫌がることはしないよ」

などストレートにいうのはNGです。逆に女性が警戒してしまいます恐れもあります。それよりも、

「〇〇ちゃんと一緒に入れるだけで嬉しいな」
「〇〇ちゃんとは真剣にお付き合いしたいと思ってる」

など、「誠実さ」をアピールすることが大切です。

これにより女性の中で「安全な男」という印象になるので、恐怖心が和らぎます。その結果、「危険な目にあうのが怖い」という断る理由が解決して、あなたの誘いにのりやすくなるのです。

セフレ製造にオススメの出会い系サイト

セフレ製造におすすめの出会い系サイトを紹介しています。

セフレ製造にオススメの出会い系サイトはこちらからどうぞ