女性をゲットするために、『暗示』の力を使ってみよう

女の子の考えていることが、手に取るように分かってしまえば、どんなに簡単だろうって思うことはありませんか?

  • 「メッセージを送ったけど、なかなか返信が来ない」
  • 「返信は来たけど、なんだか素っ気ない」
  • 「自分に興味を持ってくれていないのかな?だったらこのままやり取りを続けても……。」

そんなときに、初対面の人の考えていることをズバズバと言い当ててしまう「メンタリスト」を見ると、「自分にこの能力があれば!」と思う人は少なくないはずです。

「メンタリスト」は、超能力を使っているのではありません。

人の心理を読むために、細かな観察をしていると同時に、自分が意図する方向に相手の行動を誘導する「暗示」の力を使っているのです。

女性と上手く出会い、充実した付き合いを続けていくためにも、この「暗示」の力、使えそうだと思いませんか?

深層心理は身体に出ている

「目は口ほどにものを言う」と言いますが、目に限らず、身振りや姿勢など身体のあらゆるところからメッセージは発せられています。

コミュンケーションで有名な、「メラビアンの法則」では、あるメッセージの印象を左右するのは、「表情や身体の動き」がもっとも大きく(55%)、次に「声の大きさやトーン」(38%)、「話の内容」に至っては、わずか(7%)と言われています。

つまり、「何を語っているか」ではなく、語っているときの表情や身体の動き、声の調子を細かく読み取ることで、話の内容とは異なる深層心理を見抜くことができるのです。

また、心のありようが身体に出てしまう一方、身体の動きが心を変えていくことも分かっています。

ためしに、わざと怒った気分の時や不愉快な思いをした時の表情を作ってみましょう。だんだんイヤな気分になりませんか? 爽やかな気分ではないですよね。

一流のスポーツ選手が、「ツラい時ほど笑顔で!」と言いますが、これは心理的に非常に理にかなった行動なのです。

笑顔を作ることで筋肉の緊張がほぐれ、心にも余裕が生まれ、本来の力を発揮することができます。

これは身体が心を変える一例で、メンタルトレーニングとして多くの競技や仕事、学業の場でも取り入れられています。

このメンタルトレーニングは、一種の「暗示」です。無理やりそう思い込ませるのではなく、人間の持つ心と身体の仕組みをうまく利用しているのです。

「暗示」は、メンタルトレーニングのほかにも、催眠術や自律訓練法など、心の病の治療にも多く取り入れられています。

自分に暗示をかける

「暗示」の力で、相手をコロッとさせてしまいたいものですが、まずは自己暗示です。

具体的にイメージする

「多分うまくいかないだろうな……」と思うことが、案の定上手くいかない、なんてことはよくあることです。

自分自身では漠然と「上手くいかない」と思っているつもりですが、ここには、過去に上手くいかなかった具体的なイメージが深層心理に植え付けられているのです。

ですから、上手くいくイメージも具体的に持つことが必要です。

「痩せたい、痩せたい」と思うよりも、「痩せたイメージ」を具体的に持つほうが、実際に減量の効果があると言われています。

ただ「痩せた」ではなく、具体的な「痩せたイメージ」です。痩せた身体でどのような服を着て、どのような生活を送っているのか、痩せたときの気持ちも「今」とは違うはずです。

女性との出会いにおいても、「出会いがない、出会いがない」と思うのではなく、「理想の女性と出会い」「どんなやり取りをして」「どんな付き合いをしているか」を具体的にイメージすることです。

関連づけたイメージを持つ

ただ、やみくもにいいイメージを持とうとしてもうまくいかないでしょう。

その場合には「○○だから、こうなる」「△△すれば、こうなる」というように、関連づけてイメージするようにしましょう。

そして、その関連づけには必然性があることが重要です。「町でネコを見かけたから、今日は彼女からメッセージが来る」とイメージしても、「町でネコを見かけたこと」と「彼女からメッセージが来ることには、何の関連づけもないのでイメージとしての効力がありません。
「昨夜はしっかり眠れたから、今日は楽しい会話ができる」というように、前向きに関連づけたイメージをしっかりと持ちましょう。

暗示にかかりにくい人もいる

どうしてもいいイメージが持てず、自己暗示をかけようとしても「とは言っても、実際は……」と気持ちが醒めてしまう人がいます。

これは、「とは言っても」という気持ちになることが習慣化されているからです。

その習慣を変えることは容易なことではありませんが、できることはあります。

そこで気持ちが醒めて、イヤな表情をしたり、「うまくいかないよ」と言葉にしてしまうと、「上手くいかない暗示」が強化されてしまいます。

そうならないように、表情と言動だけは「上手くいくイメージ」向けに変えていきましょう。

相手に暗示をかけ、思いを成就する

いよいよ、ここからが相手に暗示をかけて、思いを成就する方法です。
アメリカの催眠術師、オーモンド・マッギルは、暗示にかけるための4つの方法として、

  1. 思い込みを植え付ける
  2. 確信をもって、堂々と伝える
  3. 相手が無批判に受け入れるよう、言葉を選ぶ
  4. 信憑性・現実味を持たせる

をあげています。

思い込みを植え付ける

もし女性が、出会い系サイトの男性との付き合いに不安や危険を感じていたら、なかなかいい方向に進んでいくことはできませんよね。

まず、これを「出会い系サイトでもいい付き合いができる」と思い込ませることです。

そのためには、あなた自身が、出会い系サイトへの不満や不信感を「自己暗示」で払拭し、「上手くいくイメージ」を具体的に持つことです。

確信をもって、堂々と伝える

そしてそれを疑いようのないくらい、堂々と伝えることです。

ただ、やみくもに「上手くいく」「上手くいく」「上手くいく」を連発しても、かえって気味悪く思われるだけですので、「自分とは〇〇な付き合いができる」「自分はこんなデートがしたい」と、具体的に堂々と伝えることです。

相手が無批判に受け入れるよう、言葉を選ぶ

あなたが伝えようとする気持ちのなかに、相手が受け入れがたいことや警戒してしまう言動があっては、相手は暗示にはかからないでしょう。

「多分~だよ」や「みんながそう言ってた」「いつもこうだから」などの言葉は、暗示の力を失わせます。

信憑性・現実味を持たせる

あなたの話に信憑性や現実味がなければ、相手の心をひくことはできません。

「毎月ディズニーランドでお泊りデート」とか「奥さんには絶対にバレない」というような話は、信憑性も現実味もありません。

もし、こうした話を本気でしているとしたら、それは「自己暗示」ではなく「妄想」です。

メールより電話、電話より会う方が効果は高い

出会い系サイトでの付き合いは、メールのやり取りで始めます。

しかし、メールは文字だけの情報です。

メラビアンの法則でいうところの、重要な表情や身体から発せられるメッセージや、声の調子は分かりません。すべては、そこに書かれている文字だけになります。

この段階では相手がどういう気持ちなのか、どういう付き合いが出来そうなのかをはかり知ることは難しいでしょう。

一歩進んで、電話でのやり取りを始めると、相手の声の調子で気持ちを量ることができます。

さらに進んで、直接会って話ができるようになると、表情や身体の動きで相手の気持ちが手に取るように分かるはずです。

しっかりと「上手くいくイメージ」をもって、距離を縮めていきましょう。

出会い系のターゲット設定

一人の具体的な人を思い浮かべてその人に「商品」や「サービス」の良さを届ける。

これをペルソナ設定といいます。

マーケティングの世界やWeb業界でよく使われる用語ですが、出会い系にも効果的な手法です。

簡単に例えを上げると

あなたが既婚者で40代前半・家庭は円満だけどセックスレスなのが不満だという場合。

ゲットすると危険なのは……

  • 結婚したい女性
  • 子供を産みたい女性
  • 頻繁に会いたい女性

ということは、おのずとこんな女性が対象になってきます。

  1. 既婚者で別れるつもりはないこと
  2. 子供がいるか子供は必要ないと考えている
  3. 夫とのセックスで満たされず、誰かに性欲を満たしてほしい

上の3つの条件を満たす具体的な特徴は、家庭は円満な主婦で子どもは幼稚園児以上、趣味はなくはないものの性的な欲求が高まっている。

なんとなくイメージが沸いてきましたか?

そこで、もっと具体的にイメージを深掘りするために、実際の知り合いやSNS上でわかる女性一人をイメージしましょう。

SNSでターゲット像に似た人を、なるべく毎日チェックする

実際に、身近にイメージできる女性がいればいいですが、あんまり考えているとその人が気になってしょうがないもの。

でもSNS上であれば、その人の行動や考え、つぶやき、興味のあることがわかってきます。

これは、さきほどあげた「家庭は円満な主婦で子どもは幼稚園児以上、趣味はなくはないものの性的な欲求が高まっている」という特徴さえ満たしていれば、だれでもOKです。

このとき一人ではなく、3人くらい候補がいるといいでしょう。理由はのちほど。そのひとりをスカウトするつもりで、メールを書きましょう。

ターゲットは何が好きなのか推測する

SNSをみていれば、だいたい何に反応しているかわかります。

「これが好き!」っといっていたり、「オイシイ!」ということを発信していたら、趣味嗜好パターンもわかりますし出会い系で会うためのネタ作りや話題に困りません。

メールを沢山もらう女性にとって、単文で「会えますか?」などコピペのなかでも一番だめなパターンとは対照的に具体的で返したくなるメールのネタにもってこいです。

どんびしゃターゲットだったら、どれだけ頑張るか決めておく

出会い系で運良く、ちょうどいい感じの女性が現れたら数人、メールを送りましょう。

ただし、深追い禁物です。プロフやメールでいいなっと思っても10通やりとりして、直接メールができないならそれはあきらめたほうがいいかもしれません。

ただ単に男性から興味をもたれるということだけで満足する女性や、換金性の高いポイントをゲットするための女性もなかにはいますので、要注意です。

そして、簡単な自己紹介と、その人のプロフの「どこ」に惹かれてメールをしたのか、自分と会うと「どんな」デートができるのか軽く匂わすと効果的です。

間違ってもいきなり「舐めるのが大好きなので、何時間でも舐めていられるので満足させます」などと性的な条件は言わないほうが、90%の確率で正解です。よっぽど文章がコピーライティングなみにうまければ話は別ですが!

ターゲットから少しずれていても、会う

ここからが重要なのですが、ターゲットを絞ることが大事。

「一人響かないメールは誰の心もごかさない」と言いましたが……所詮ネット上のプロフの少ない人数に送るメールです。

誰かに添削してもらえればいいですが、出会い系のメールを添削してもらうのも忍びないですよね。

それに、メールとプロフで「ぴったり」なターゲットだったとしても、会ったら全然タイプじゃないなんて話はよくあることです。

それを避けるためにも、敢えてターゲットの最低限条件以外は、ノリと雰囲気で一度会ってみることをおすすめします。

絞りこみすぎると、なかなか会ってくれないないなんてことが発生してしまうので、兎に角もったいないですよ。

できることなら、ターゲット像を二つくらいもっておくのもいいかもしれません。

それだけ守備範囲が拡がるので、出会える確率が高くなります。

たとえば、さきほどは主婦に限定しましたが……

セフレ関係を望んでいるのは、

  1. いまのセックスに満足していない
  2. めちゃくちゃ性欲が強い
  3. いろんな人とセックスしたい
  4. 仕事が忙しいバリキャリで、風俗にイク感覚で後腐れない人が欲しい
  5. セックスをスポーツと考えている肉食系女子
  6. とにかく寂しがり

この6パターンがあり、3 は性病に気をつけなければいけないし、6 は依存してくるのでやめておいたほうがいいでしょう。

結構最近女友達に増えているのが 4 です。「仕事が忙しいバリキャリで、風俗にイク感覚で後腐れない人が欲しい」子。女性用の風俗ってすごく少ないんですね。だから男性が利用するくらい気軽な感じのサービスって殆どないと聞いています。

そういう女子をターゲットにいれるのも手だと思いますが、ただ出会い系に生息している率は低く目なので見つけたら速攻行動に移しましょう!

セフレから恋人関係になる方法

みなさん、セフレは作れましたか?

当サイトのテクニックを利用してセフレを作っていると、なかには「セフレから恋人に昇格させたい……」なんていう人もいるかもしれません。(わたしのばあいは、恋人からセフレに降格させたいと思うことのほうが多いですが)。

さて、どうしても恋人という関係になりたいのであれば、セックス以外の関係を構築しなければなりません。

本日は、セフレから恋人関係になる方法を紹介します。

セフレから恋人になる相手の条件

相手が既婚者の場合は、セフレのままでいるほうが無難です。

実際は夫との関係がマンネリ化や、刺激が欲しいといった理由から、セフレを選ぶ傾向があるからです。人妻はセフレに対し、自分の家庭に踏みこんでほしくはないと考えるのが普通です。たとえデートが自宅でも、夫との関係を壊したくないと考えています。

バレた時に面倒なことになるリスクも高め。セフレから恋人になる最低限の条件は、相手が独身女かシングルマザーに限ります。

なぜセフレに選ばれているのか考えてみる

友達からセフレになった、出会い系でセフレになった等、さまざまなケースの出会いがあると思います。なぜ自分をセフレに選んでくれたのかということを、身体の相性以外のことで考えてみましょう。

最初は、セックスしか思いつかなくて、ガッカリするかもしれませんね。でも、女の立場で考えると生理的に嫌いな男とは、関係を持ちたくないと考えるのが一般的。自分にしかない特徴があるから、自分とセフレを続けているのではないかというポイントがあるはず。

一番確実なのは、会った時にセフレになぜ選んでくれたのかを聞いてみること。くれぐれも軽いノリで聞くのが大切ですよ。

基本的に、セフレに深刻な話は向いていません。重い相手と思われると、次回会ってくれなくなるということもあるからです。

努力をしないと恋人になれる率はゼロ

さて、彼女たちから自分を恋人だと思ってもらうには、彼氏にしたい男になることが先決です。身体以外の条件でよくあるものだと、会話が上手、話を聞いてくれる、ひとり暮らし、年上といったものがあります。

年上って男からすると嬉しい条件ですよね。若い子と付き合うなら、セフレから恋人というルートもアリです。また興味深いのは、現在の彼氏とは正反対の性格だからという理由も。今の彼氏になくて、自分にはあるものがある。これは勝利へのチャンスともいえます。

関係性構築には長期戦を覚悟

セフレの彼女が理想とする男性像を聞きだしたら、いよいよ関係構築といきたいところですが、焦ってはダメです。

恋人になるのであれば、長期戦ではないと相手をオトすことが難しいでしょう。セフレがいる人は、会ってシテ終わりという短期決戦には慣れています。一方で恋愛や結婚といった、時間を要する関係が苦手な傾向が。女は本命の男と付き合う時、どんな人間であるかということを見極めます。セフレなら対象が幅広くなるものの、恋人にするとしたら条件を絞ってくるようになるでしょう。

たとえば告白したい時期がやってきて、女にコクったとします。でも最初はフラれるのを覚悟しておいてください。やっぱりセフレとして相手を見てしまう習慣から相手が卒業できない限り、彼氏としては受け入れがたいからです。最初は、こっちに意識を振り向かせるための素振り。だから失敗してもいいのです。そしてダメなら2回目、3回目を計画してみましょう。

仕事や趣味など人間的に惹きつけるものを持つ

セックス以外の話題がどれくらい豊富かによって、人間的に惹きつけられるものが増える場合もあれば逆もしかり。

仕事の話、オフの日の話、話題のお店といったトークで女を楽しませられるかということにもなりますね。女性が喜ぶ話題は、容姿を褒める、仕事の悩み、オフの日にどうしているかの話などもあります。これまでは女をセックス対象にしか見ていませんので、身体や顔の特徴に興味があったと思います。

これからは、リアルな彼女を知る方向に意識を向けましょう。相手との共通点があれば、「同じだね」と言うだけで親近感がわくでしょう。セフレだったとしても、人間的に会いたいと思われるようになれば、恋人への昇格が近いでしょう。

ありのままの自分で接することを意識する

セフレは月に数回くらいしか会わないことも多く、ありのままの自分ではなく、ちょっと違う自分を演じてしまってもバレません。

しかし、恋人として付き合いたいと思ったら、偽りの自分ではいずれ自分を苦しめることになってしまいます。もしも偽りの自分で会い続けてきたとしたら、徐々に自分を出しながら接するようにします。最初は、受け入れてもらえないかもという恐怖があるかもしれません。

それでも、壁を乗り越えることが昇格するための努力に。人には慣れという習性があるため、徐々に変化したことには気が付きにくい特徴があります。性格面、話し方、雰囲気など、本来の自分を好きになってもらわないと、本当の恋愛ができません。

今までの雰囲気は維持することも鍵

セフレとの関係は、深刻にならず軽いノリで。そのため告白する時も、重くならないように気をつけます。セフレをたくさん作って遊んでいる女も、いずれは本命が欲しいと思うことだってあるでしょう。

また、今彼氏がいる女だって、彼氏といつ別れるかもわかりません。仕事で悩んだ時に、同僚以外に相談したい相手が欲しい。そんな時に、女が「あの人に会いたいなあ」と漠然と思い出すような男になるコトを意識してみて下さいね。

セックス以外でも呼ばれたら、コクってOKの率が高めです。

女性に好かれるために最低限クリアしなければならないこと

女性がどんな男性を好きなのかはわかりません。

おもしろい男性が好きな女性もいれば、無口な男性が好きな女性もいます。オシャレな男性が好きな女性もいれば、着飾らない男性が好きな女性もいます。

女性の好みは千差万別。女性の好みに合わせて自分を変えていくのは難しい。

しかし、女性が「絶対に嫌う要因」を排除していくことは誰にでもできて簡単なことなのです。

女性がぜったいに嫌う要因
  1. 不潔
  2. 危険

不潔な男性と危険な男性は、どんな女性もぜったいに嫌う要因なのです。好かれる要素を見つけるよりも、まずは最初に、この2つの要因をクリアしていってください。

HACCP (ハサップ)

厚生労働省は、食品の安全基準を守るために、HACCP (ハサップ)という衛生管理手法を定めています。HACCP とは、Hazard Analysis and Critical Control Point の略で、危害をあらかじめ分析( Hazard Analysis ) し、重要管理点( Critical Control Point ) を定めることです。「危害要因分析(に基づく)必須管理点」と訳されます。

つまり、日本の食品メーカーは、消費者に求められる美味しいものを作るという努力以前に、この HACCP をクリアする必要があるのです。

恋愛市場における HACCP (ハサップ)

恋愛市場でも、この構図はまったく同じ。女性にモテるための要因を考える前に、ぜったいにクリアしておかなければならない重要管理点( Critical Control Point ) を定めなければならないのです。

その2つが、最初に挙げた「不潔」と「危険」なのです。この2つの要因をクリアして初めて恋愛市場に自分という商品を売り出すことができるのです。

不潔

不潔な男性はモテません。フケがある。歯が汚れている。爪が伸びている。靴が汚れている。そういうことに徹底的に敏感になってください。それらひとつひとつをクリアしていないのに、モテる方法を考えることは完全なる無駄であることを知ってください。

清潔でないのに、流行のファッションをとりいれても、女性には見向きもされません。まずは、不潔でないことを証明して初めて、あなたは女性から好みかどうかを判断してもらえるのです。

危険

出会い系サイトを利用している女性はとくに「その男性が危険であるかどうか」に敏感です。

女性が、男性を危険だと思う要因には2種類あります。

ひとつは、すぐに個人情報を聞き出そうとするとか、メールを返さないと何をしているか執拗に聞き出そうとするなど、一歩間違えばストーカーになりかねないという心理的な危険。

もうひとつは、物理的に暴力を振るわれるのではないかという危険。たとえば、店員への態度が横柄であったり、他人に道を譲らなかったりといった、男性の暴力性を感じさせる要因を徹底的に排除してください。

この2つの要因をクリアしてもモテない

不潔ではないから、危険ではないからという理由だけで、女性からモテるということはぜったいにありません。これらは、単なる最低限クリアしなければならない要因だからです。

しかし、この2つをクリアせずに、他の施策を講じたところで意味がないのです。まずは、この2つの重要管理点( Critical Control Point ) をクリアしてから、女性に選んでもらうための努力をしましょう。

女子の年代別攻略テクニック

ただ闇雲に時間とお金を使って女性を探すのは、出会い系では賢いやり方とは言えません。

スマートに女性を探すのであればまず知ることが大切で、この情報分析こそが出会い系サイトという戦場を生き抜くために欠かせない戦略です。

そこで、効率良く成功率を上げるのに役立つ女子の年代別攻略テクニックを紹介していきます!

出会い系ではフィーリングとノリが大事!

出会い系女子の大半は顔や性格、収入、学歴など、そういった部分にこだわっていません。

当然、本気の恋人や結婚相手を探すならしっかり吟味しますが、軽く遊ぶ、定期的にセックスできる男性を出会い系に求める程度であれば、必要なのはフィーリングやノリです!

「会話のペースや内容が合う」「ノリが良くて楽しい!」と思わせるのが大切で、遠回しのお硬いやり取りでは出会い系女子は飽きてしまい早い段階で切られることも……。

なので、出会い系女子とのやり取りではフィーリングやノリはとても重要なのです。

でも、女性は年齢によって求めるフィーリングやノリが違ってくるので、相手の歳でやり取りの内容や雰囲気を変えるのが賢く出会うためには大切。

それには年齢ごとに特徴を知り、相手の好みに合わせたやり取りを心がけましょう!

1.ノリが超軽くてピチピチの10代

18歳から20歳にかけての女の子は超ノリが軽く、楽しいことや流行り物が大好きな年頃。

なので、やり取りには最近のトレンドやユーモアのある話題を盛り込み、学生の返信スピードに合わせつつ常に相手を退屈させないようにするのが大切です。

また、このくらいの年頃の女の子は人生経験が乏しく、学生が多いため経済力もありません。

行ったことない場所や高くて手が出せない店、高価なプレゼントなど、普段は味わえないスペシャルな話題で釣ればデートに繋げることは容易いでしょう。

ノリが超軽く、デートやセックスは男性がリードする必要があるため難易度は結構高め。

でも、若くてピチピチの女の子をセフレや恋人にできるのは魅力的なので、出会い系で見つけたら頑張ってチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

2.まだまだフレッシュの20代前半

20歳~25歳くらいの女性は学校も卒業し、社会に出たことで若干落ち着きがあるお年頃。

10代の女の子に比べればやり取りの頻度は少ないですが、相変わらず最近のトレンドや楽しさを重視した話題が欠かせず、相手に興味を持たせるようなトークが重要になります。

また、相手のフィーリングやノリに合わせるのではなく、大人でワイルドな落ち着いた雰囲気を演出し、相手を惹きつけるというのもこの年代の女性には効果的です。

豊富な人生経験から会話やデート、セックスなどをリードし、女性に頼れる大人という安心感を抱かせるのもテクニックの1つ。

一緒になって盛り上がる、大人な雰囲気で引っ張るなど、相手のタイプによって柔軟に対応していくのが、この年頃の出会い系女子を落とすためには良いでしょう。

3.効率重視の出会いを求める20代後半

26歳~30歳くらいの女性は働き盛りで忙しく、中には結婚して家庭に入っている人妻も。

このくらいの年齢になると落ち着いた雰囲気があり、若すぎるノリには「ウザい、ついていけない…」と切られる可能性があるため、会話のトーンは低く相手に合わせましょう。

相手は仕事が忙しい時期なので、事前のやり取りはダラダラ続けず効率重視で端的に。

でも、出会い系の男性に癒しを求めている一面もあるので、少ないやり取りの中に相手を労う優しくて甘い言葉を投げかけてあげるのが効果的です。

相手が人妻だった場合も同様で、育児の疲れやストレスを忘れさせる男を演出しましょう。

大人な年齢でもやはり女の子、辛い日々を忘れさせてくれる優しい雰囲気や連れ出してくれる多少強引なノリが、この年齢の出会い系女子には有効なのです。

4.セックスできればOKな30代全般

30代全般の出会い系女性は人妻が大半で、会話のフィーリングやノリは逆に重視しません。

旦那との性生活の不満や暇な昼下がりを満たしてくれる相手なら誰でもOK、事前のやり取りの内容よりもセックスのスキルやテクニックを求める人が多いもの。

独身の場合も同様で、溜まった性欲を処理させてくれる相手を出会い系に求めています。

そのため、30代全般の女性はセックスでのフィーリングやノリが大切なのです!

セックスの場合のフィーリングとはお互いのカラダの相性であり、ノリとは自分興味がある様々な体位やプレイに付き合ってくれる対応力のこと。

自分と都合が合いやすく、セックスで満足させてくれる男性こそが求めているものであり、その条件さえ満たしてしまえば事前のやり取りすら不要になるのです。

このタイプの女性は簡単にセックスできる手軽さが魅力なので、出会い系初心者やとりあえずヤりたい人は狙うことをオススメします。

合う相手を探すより、合わせていけば勝率アップ?!

出会い系で安全に成功率を上げるためには、女性を合わせたやり取りが必要不可欠。

そのためには年齢ごとに出会い系女性の特徴を知り、相手が求めるフィーリングやノリに対応していくのが賢い立ち回りと言えるでしょう。

こういった情報分析やテクニックは、出会い系では欠かせない戦略の1つなのです。

出会い系サイトのメール攻略法 語りかけ過ぎにご用心 

出会い系サイトで女性とメールの交換としているけど、「なかなか進展しない」とお悩みではありませんか?

原因は、あなたのそのメールにあるのかもしれません。

「出会い系 メール 好感度」などで検索して、好感度が上がるメール手法を参考にしていませんか?

そういう汎用的手法の一つとして、「語りかけ」を多用する弊害を考えてみましょう。

1.出会い系サイトで好感度が高いと言われるメール手法

一般的に好感度の高いメールとは、相手に合わせた文章です。

ビジネスメールであれば、ビジネスパートナーとしての立場を、ご無沙汰している恩師であれば、恩師の立場を考えて、文体や内容を考えなければなりません。

出会い系サイトでも同じです。

「出会いを求めている女性」という立場に合わせたメールにすること、つまり、ちゃんとコミュニケーションがとれるメールにすることが、もっとも重要なのです。

「出会い系 メール 好感度」の検索結果からは、より具体的な方法がたくさん紹介されます。

  • 相手のことを思い、語りかけるようにする
  • 明るい口調を心がける
  • 単純に「飲みに行きませんか?」ではなく、「〇〇のおいしい食事と一緒にワインなんでどうでしょう?」と具体的に提示する

などがあります。

これらのメールは、たしかに嫌な気はしませんし、「気が合いそうだな」「会ってみようかな」と思えてきます。

しかし、ハッキリ言って平凡です。

こうした好感度メールにピンとこない女性も増えているのです。なぜなら……。

2.好感度が上がる手法は、女性はすでにリサーチ済み

好感度メールの手法は、女性も分かっています。

女性も女性なりの好感度メールの手法があり、お互いにそれを分かったうえで「好感度」のやり取りをしているだけなのです。

もはや「好感度手法」は、標準装備していなければならないメールのマナーとなっているのです。

これだけをやっていれば、ほかの男性に差をつけられるわけではなく、むしろやっていなければ、差をつけられてしまうものです。

3.好感度を意識した「語りかけ」はほどほどに

では、さらなる好感度アップを狙うにはどうすればよいのでしょうか?

より相手のことを思い、語りかけ口調を強めた例をご紹介します。

こんばんは! あっ今日は仕事が忙しかったですか? だったら「!」はきつかったですかね。あらためまして、こんばんは。

このあいだ会社の同僚と行った居酒屋で食べた「ぶり大根」が、すごくおいしかったです。

〇〇さんは料理が得意と言われていましたが、「ぶり大根」は好きですか?

  • 「ぶり大根」は作りますか?
  • 「ぶり大根」に合うお酒は何だと思いますか?
  • 「ぶり大根」は週に何回食べますか?
  • 「ぶり大根」は誰と食べたいですか?
  • 「ぶり……」

あ、ごめんなさい。そんなに「ぶり大根」は好きではなかったですかね。

〇〇さんのことを思っていたら、つい「ぶり大根」を連呼してしまいました。

そういうことってありませんか? ありますよね?

『ねーよ!どんだけ「ぶり大根」推しやねん!』

おそらく普通の女性の反応は、こうでしょう。

何ごともやり過ぎは禁物です。

相手のことを思って語りかけを強くすると、多くは「ウザい」「めんどくさい」方向に進んでいきます。

いっそ「ぶり大根メール」のように、突き抜けてしまった方が、奇跡的好反応を生むかもしれませんが……。

そして、好感度を意識しすぎて、何でも語りかけてしまうと、ついには自分にまで語りかけてしまうようになります。

女性とのメールでこれをやってしまうと……。

こんばんは。えーっと今何時かな? あ、11時半ですね。何してますか?

何を話そうと思ったんだっけ……、あ、そうそう、このあいだ会社の同僚と行った居酒屋で食べた「ぶり大根」がすごくおいしかったんで、○○さんはどうかな?と思いました。

「なんでぶり大根?」って声が聞こえてきそうですね。

僕はもともとあまり「ぶり大根」は好きではなかったんですが、この居酒屋の「ぶり大根」は絶品でした。

「どこがどう絶品なの?」という声が聞こえてきそうですね。

ぶりがやわらかくで、大根にはしっかり味が染みていて・・・。

「じゃぁ、今度連れて行ってください!」って声が聞こえてきそうですね。

『耳鼻科に行け! 幻聴の検査をしてこい!』

普通の女性の反応はこうです。

4.もはや「語りかけ」は飽和状態

女性とのメールのやり取りのなかで「語りかけ」は有用な手法です。

「断言」するよりも「語りかけ」のほうが、やわらかい印象があり、語りかけられたら「返答」しなければならなくなり、自然と会話(メールのやり取り)がつながるというメリットがあります。

しかし、好感度アップのために、あまりにも「語りかけ」が多用されたために、「語りかけ」は飽和状態にあります。

もう「語りかけ」はいらないのではないでしょうか?

いや、もう「語りかけ」はやめたほうがいいと思いませんか?

女性に媚びを売るような「語りかけ」は撲滅すべきですよね?

と、語りかけてみましたが、いかがでしたか?

出会い系サイトで厄介な女性にハマらないための方法

出会い系サイトには、いろいろなタイプの女性がいます。

サクッと割り切った付き合いを求める女性や、真剣に長く付き合える人を求めている女性もいれば、ポイント稼ぎのキャッシュバッカーも……。

キャッシュバッカーのように、出会えない女性も問題ですが、なかには出会ってしまうと、ちょっと厄介で面倒な女性もいます。

出会い系サイトで厄介な女性にハマらないためのその対処法をご紹介します。

1.女性は基本的に面倒くさい

女性の勘は鋭い

女性は男性よりも勘が鋭い生き物です。

男性が論理的に話を進めても、「なんか違う」「なんかおかしい」など、論理性を理解することなく、自身の勘を信じるのが女です。しかも厄介なことに、女の勘はたいてい当たります。

男性のとっさの誤魔化しや、巧妙についた嘘でさえも、いとも簡単に見破ります。

女性は本心を言わない

女性はなかなか本心を言うことはありません。感情的になってぶちまけた言葉でさえ、何らかの意図があることが多いのです。そして自分は本心は言わないのに、男性には「本心で語ること」を求めてきます。

女性は優劣をつけたがる

「自分よりもいい服を着ている」「自分よりもいい部屋に住んでいる」「自分よりもいい男を捕まえている」こういうことで、自分の価値を決めてしまう女性が多いのも事実です。

男性には理解しがたい心理かもしれません。

2.女性は、出会い系サイトにいる男性を警戒している

出会系サイトに登録している女性の多くは、そこにいる男性を警戒しています。自分自身も登録しておきながら、という矛盾もありますが、出会い系サイトの男性のプロフ情報を疑わない女性はいません。

直接会うことをもちかけられても、「ヤリ逃げされるのかもしれない」「変なことに巻き込まれるのかもしれない」などの不安を抱きながら、どう対応すべきかを考えています。

これは、お互い様のような気もしますが、体力的に負けてしまう女性が、よく知らない男性を警戒するのは仕方のないことでしょう。

3.こういうタイプの女性は厄介!

出会い系サイトの女性は、男性との不安を抱いています。

はじめから自分の情報をオープンにする女性は少なく、付き合ってみて「え、これってヤバいかも……」となってしまうこともあります。

そんな出会ってしまったら厄介なタイプとその対処法を上げてみましょう。

メンヘラな女

プロフィールの文章がやたらと長い、話の中に「悩みネタ」が多い、と思ったら、突然ハイテンション、などの特徴がある女性は、メンタルの不調を抱えている恐れがあります。

正しく診断を受け、治療を受けている女性であれば問題ありませんが、厄介なのは「自称メンヘラ」の女性です。

芸能人や自分には関係のない人の話に感情移入しすぎたり、「トラウマ」「PTSD」などの言葉が多く聞かれたり、過食や過度の飲酒、喫煙などを「ストレスのせい」と決めつけている女性は厄介なタイプです。

男性への依存度が高く、自分に関心を持ってくれないと行動がエスカレートします。こうした女性との付き合いは、近づき過ぎないことが鉄則です。

また、離れたいと思うときは気持ちではなく、「物理的に無理になった」という口実を作って連絡を絶ちましょう。

意識高い系の女

高学歴で一流企業やベンチャー企業で仕事もこなす女性、友人やSNSでの知り合いも多い、自称「リア充」の女性も面倒なタイプです。

「そんなヤツが出会い系にいるかよ!」と言いたくなりますが、キャラ偽装し、そうだと思い込んでいる女性もいます。

「デキる自分」を崩すことができず、常に上から話をしてきます。またやたらと「努力」や「充実感」「達成感」を強要します。

本人は「自分がやりたいように生きているだけ!」などと豪語しますが、こういう女性とは出会い系では付き合いたくないですよね。

ただし、このタイプの女性は確かに顔やスタイルも良く、キラキラとして魅力的に見えます。付き合うときは、いっそ割り切って「M男」になり、精神的にいたぶってもらいましょう。

結婚願望が強すぎる女

出会い系サイトもマッチングサイトのひとつ。結婚相談所よりも安価に男性と知り合える機会に利用する女性もいます。

付き合った結果、自然に結婚を意識するのは良いことですが、男性側の気持ちや事情を考えず「結婚」や「家庭」を求める言葉の多い女性は嫌なものです。

こうした女性に、結婚する気がないことや、既婚者であることを隠して近づくと、あとあと面倒なことになります。

女性に「結婚願望の匂い」を感じたら、こちらも「その気はない」ことをしっかりと匂わせておきましょう。

お金に汚い女

デートやSEXで会うときに一切お金を払う気がなく、あわよくば「お金をもらおう」とする女性や、返す気がないのに「お金を貸して」という女性は要注意です。

「SEXできるならいいか……」と思いがちですが、こういうタイプの女性は、人間関係全体がルーズで、約束を破ったりモラルのない行動をしがちです。
こうした女性との付き合いは、あなた自身の格を下げてしまいます。

このタイプの女性は、お金を出す気はない男性と分かると、執着することはありませんので、ハッキリとNO!を伝えましょう。

出会い系サイトにはこうした厄介な女性だけでなく、魅力的な女性もいます。厄介な女性につかまって出会いのチャンスを逃さないようにしましょう。

優良な出会い系サイトを探すのに大切な4つのポイント

セフレ作りの成功率を上げるために大切なのは、良質な出会い系サイトを見つけること。

それには出会い系サイトについて入念に調査し、マーケティングにおける市場調査をしっかりと行うことが大切です。

そこで、良質な出会い系サイトを見つけるために欠かせないポイントをご紹介します。

サイト選びにも市場調査は欠かせない

商品を多く売るためには、市場調査は欠かせません。これは商売だけでなく、出会い系コンテンツでも同じことが言えるのです。

この場合の市場とは出会い系コンテンツ自体であり、それを徹底的に調べることで“自分に合ったサイト”が見つかりやすいというメリットが生まれます。

また、出会い系コンテンツを知れば“どんな女性がいるのか”が分かるようになるので、いちいち登録して中を覗く手間もなくなるのです。サイト選びは出会いやすさだけでなく、使用感やコストなどにも大きな影響を与えます。

そのため、出会い系サイトで損をしないためにも事前の市場調査をしっかりし、自分に合った“優良サイト”を選んでいきましょう。

サイトコンセプトから女性の傾向を把握する

出会い系には多くの女性が登録していますが、その年齢や職業はコンテンツによって様々。自分好みの女性が登録しているのかは、中を覗いてみないと分からないところ……。

しかし、各出会い系サイトにはコンセプトがあり、女性達は“自分の目的”に合ったものを選んで利用している傾向があります。

  1. 恋も遊びもみんなで楽しく!気軽に使える出会い系コンテンツ
  2. エッチな若者集まれ~☆高確率で出会えるマッチングサイト
  3. 婚活女子必見。素敵な出会いが待っている婚活アプリ

例えば、こんな感じのキャッチコピーの出会い系サイトがあったとします。

3つとも男女が出会いを求めるためのコンテンツですが、キャッチコピーやフレーズにそれぞれ特徴があるのが分かります。女性は『軽く遊べる相手やセフレを探すなら1と2、本気で婚活するなら3』と、サイトのコンセプトに合わせた選び方をするのです。

サイト側もキャッチコピーだけでなくコンテンツ全体のデザインや仕組みも、そういった女性が使いやすいように工夫しています。そのため、各出会い系サイトで“登録している女性の傾向”は違うのです。

また、出会い系サイトの規模によって利用人口もバラバラで、大手であれば登録者は多いですし、できたばかりや人気がないところは少ないのが特徴。自分の理想の女性との“出会いやすさ”を重視し、サイトのコンセプトや利用人口の傾向や数を知ることは出会い系選びで大切です。

サクラ対策は万全か?

出会い系サイトに潜む、数多くの悪徳業者のサクラ。

男性を騙してお金や個人情報の入手、個人の利益のために出会い系を利用している憎むべき存在です。運営による対応で数は少なくなっているものの、残念ながら出会い系サイトからそれらが撲滅されることはないでしょう。

しかし、悪徳業者のサクラが非常に少ないサイトは存在します。

例えば、Facebookと連動した出会い系サイト。Facebookは実名登録を義務付けるなど、個人情報には厳しいSNSで有名です。それと連動した出会い系コンテンツは登録条件が厳しく、身分書の提示やSNS内での友人人数など、悪徳業者が簡単に利用できないような仕組みになっています。

また、出会い系の運営側がしっかりと対策を講じているかも重要なポイント。コンテンツ内のサクラを野放しにするのではなく、『サイトパトロールを実施して常にサクラの動向をチェックする』など、運営の取り組みについてもチェックしましょう。

「自分が利用するときに面倒」と思うかもしれませんが、それくらい面倒な方が悪徳業者のサクラが少なく安全性が高いということ。

出会い系サイトでの“騙されるリスク”を減らすためには、こういった登録条件や運営の取り組みについても、詳しく調べる必要があるのです。

出会い系の費用はコスパを重視

出会い系サイトは有料なものだけでなく、無料で楽しめるものも多くあります。しかし、無料で利用できる機能は少なく、結局は課金しなければ満足に出会えないというのがコンテンツの現状です。

理想の女性と出会うためには多少の出費は仕方ないですが、お金がかかり過ぎるのは問題。

出会い系コンテンツでは男性からのアプローチ(メール送信、プロフ閲覧など)にはポイントという名の料金が発生します。大手サイトでは1回のメール送信やプロフ画像の閲覧に50円程度ですが、ぼったくりのサイトだとメールの送信に500円以上かかることも……。

この様に、知らずに利用していると大損してしまうコンテンツも多いのです。なので、自分に合った優良サイトを見つけるためには、料金体系を知ることが重要。出会い系コンテンツの料金体系には種類があり、定額制やポイント制など、各コンテンツでバラバラなので、しっかり調べてお財布と相談しましょう。

また、使用料金とは別に月額の登録料金を取られるサイトなどもあるので、どういった部分で費用がかかるのかは把握しておくのが良いです。安ければ良いというものでもなく、価格とサービス内容やサイトクオリティが合致しているサイトがおすすめ。

自分が“出会いにかけられる予算”を事前に決めておき、コスパに優れたコンテンツを選ぶのがサイト選びには重要なのです。

操作性や機能性も忘れずに

出会い系コンテンツは一定期間使い続けるものなので、操作性や機能性はとても重要。また、自分好みの女性を探しやすいようにフィルター機能や目的別の掲示板など、サイト内のコンテンツが充実しているかも大切です。

  • UI(ユーザーインターフェース)が使いやすい
  • プロフの設定項目が多く、相手について知りやすい
  • 有料機能だけでなく、日記などの無料機能もある

UIとは操作画面や操作方法のことで、これが複雑で分かりにくいとイライラ。

コンテンツ内でよく使う機能は簡略化され、ユーザーが使いやすいように配慮さているサイトの方がストレスなく使用できます。プロフは相手を知るために欠かせない機能ですが、サイトによっては名前や年齢、趣味くらいしか情報がないところも……。

なので、プロフは細かく設定できるサイトを選び、画像と合わせて全体が見やすいように工夫されているサイトがおすすめです。

出会い系コンテンツ内の機能が充実しているのは魅力ですが、すべてが有料ではお金をかけたくない人には意味がありません。いいね!や日記など、無料で女性にアプローチできる機能が揃っているのも、メール以外のアピール手段として活用できるので大切なポイントです。

出会いやすさなどに比べれば、操作性や機能性は重視しない人が多いですが、こういった部分もサイト選びの基準にすれば、“ユーザーに配慮した使いやすいサイト”を見つけられるでしょう。

優良な出会い系サイトを探すのに大切な4つのポイントまとめ

現在では数多くの出会い系サイトがあり、スマホの普及によって外部のSNSなどと連携したサービスも登場しています。数が多いのは、ユーザーにとって“選べる自由”があるので嬉しいこと。

ですが、中には質の悪いサイトも混ざっているので、ユーザー自体が見極める術を持ち、自分に合った優良サイトを見つけ出す必要があります。セフレ作りの成功率を上げるためには、巧みな話術やテクニック、サクラの判別方法などを身につけるのも大切ですが、良質なサイトを選ぶのも大事です。

使ってみないと気づかない点もありますが、事前の調査でサイト内容は大体把握できます。

セフレ作りの成功率を高め、サイト選びに後悔しないためにも、出会い系コンテンツにおける市場調査は入念に行っていきましょう。

セフレとのセックス相性を見極める5つの方法

お互いが満足するセックスをするためには、テクニックだけでなく自分とのセックスの相性が重要。

セフレとのセックスに違和感を抱いている人もいるのではないでしょうか? その正体こそ、セックスの相性だったです。

いつも言っていることですが、わたしたちは、つねに複数のセフレを抱えるように努力すべきです。そしてそのなかで、セックスの相性が悪いセフレを切り、新しいセフレを作るのです。そして、「セフレ関係を長く続けるために覚えておきたい5つのコツ」を利用して相性が良いセフレとの関係を全力で続けるのです。

その判断のためには、セフレとのセックスの相性をみきわめなければならないのです。

本日は、セフレとのセックス相性を見極める5つの方法をご紹介します。

セックスの相性は3回目までに判断する

自分との相性に違和感を抱くとすれば、やはり1回目のセックス。

ここで問題なく満足したセックスができれば、自分にとっては相性の良い相手です。

しかし、「もしかして合わない?」と1回目で思った場合、その感覚だけで判断してはいけません。

大切なのは、確認作業にもなる2回目のセックス。

1回目に抱いた違和感が本物なのか? それを確かめるための2回目はとても大事です。

シチュエーションや内容を変えるのも良いですし、同じことで再確認するのもOK。それでも違和感を抱くのであれば、その人とはセックスの相性が悪い可能性が高い……。

しかし、「次なら大丈夫かもしれない」と淡い期待を抱いてしまうのが男というもの。

自分との相性を最終確認するのが、3回目のセックスです。

ここまですると、「合わないかも?」という不安が「合わない!」という確信に変わります。

4回目、5回目……、それ以降も結果は変わらないので、3回目のセックスを目処に相性を見極めるのが良いでしょう。

自分のカラダとの相性

カラダの相性は重要であり、セフレであれば特に意識する部分です。

例えば、身長差がある男女の場合、セックスで困ってしまうことがありますね。

  • 「後背位するときに高さが合わない」
  • 「シックスナインが届かない」
  • 「騎乗位のときに苦しい……」

このような場面があるため、体位や前戯が限定されてしまいます。

無理な態勢ですると気持ち良くないだけでなく、一方に負担がかかり疲れてしまうのです。

また、カラダの相性で忘れてはいけないのが膣との相性。男性器が人によって形が違うように、女性器の形も様々です。

膣内の広さや締り具合は、個人差や経験人数によってバラバラなので、自分の息子との相性をはかる必要があります。男性側は締りと膣の形を重視し、女性側は男性器の大きさを重視する。

相性というよりも好みに近いかもしれませんが、挿入したときに他の女性にはない感覚があれば相性が良い証拠です。

恋人関係なら「そんなの愛でカバー」なんてセリフが出てきそうですが、こちらはセックスを目的とした肉体だけの関係。

最大限セックスを楽しみたいのであれば、カラダの相性もしっかり確認しましょう。

セックスに対する温度差

燃え上がる情熱的なセックスをしたくても、相手は冷たく素っ気ない……。

セックスで相手と温度差があるのは、ちょっとした萎えポイントですよね?

セックスに対する姿勢も相性の一種なので、同じくらいのモチベーションを保っている相手が良いでしょう。

セフレ関係はマンネリ化してはいけません。それを防ぐためにも、セフレとのセックスには情熱を注ぎ、常にお互いが満足するように努力することが大事。

しかし、一方的に頑張っているだけでは意味がありませんし、それに応えてくれないと気持ちは冷めてしまいます。気持ち良いセックスをするためにも、互いのセックスへの温度差は少ないのが良いのです。

イクときのタイミング

男性に遅漏と早漏があるように、女性にもイキやすい人とそうでない人がいます。

セックスは、お互いが気持ち良くなれる魅力的な行為。自分だけが気持ち良くなるのではなく、相手も満足して終わる必要があるのです。

例えば、「早漏男がたいした前戯もせず挿入し、ソッコーでイって終了」。男性側は気持ち良くなれたので満足ですが、これでは女性は不満爆発です。

女性は男性と違って、1回のセックスで複数回イクことがあります。しっかり前戯や手マンをして、女性にオーガニズムを感じせるのがベスト。

挿入~Finishまでの間にも女性がイき、お互いが満足できるタイミングでセックスを終了できるのが理想のパターンです。

これを意識せずにできる人であれば、セックスの相性は良いと言えるでしょう。

ピロートークの必要性

家に帰るまでが遠足という言葉があるように、ピロートークをするまでがセックス。

ここでの相性は、ピロートーク必要性の一致がポイントとなります。

ピロートークは、その日のセックスの内容や感想、要望を話せる貴重な場面です。

話したことを次のセックスに活かすのも、お互いが気持ち良くなるためには必要不可欠。ピロートークはセックスに関する情報交換の場でもあるのです。

しかし、セフレ関係の場合は余計な感情を芽生えさせないためや、会っている時間を少なくしたいという思いから、ピロートークをしない人も多いです。

するかしないかは個人の自由ですが、「自分がしたいのに、してくれない」のは相性が良いとは言えません。

ピロートークもしっかり踏まえて、セックスの相性をはかっていきましょう。

セフレとのセックス相性を見極める5つの方法まとめ

セフレとのセックスの相性は、気持ち良いセックスをするためだけでなく、その女性と長く関係を保つためにも役立ちます。

特定のセフレと長く付き合うためにもセックスの相性を知り、自分に合った女性をセフレにするのが一番良いのです。

出会い系コンテンツには沢山の女性が登録しているので、自分と相性が良い女性が見つけやすいというメリットがあります。

そんな出会い系コンテンツを活用し、自分とセックスの相性抜群の素敵なセフレを作っていきましょう。

恋愛工学でモテる! 基本的な考え方とテクニック

悪いことをしているわけではないのになぜかモテない……。

そういった悩みを抱えている男性には、「恋愛工学」をおすすめしたいと思います。

恋愛工学とは、作家藤沢数希氏が著書「ぼくは愛を証明しようと思う。」に書いた恋愛を成功させるメソッドです。男性がいかにして女性を恋愛的に攻略するかを研究しています。

なぜかというと、実践することがとても簡単だから。「モテるためには内面から!」というようなあやふやな理論ではなく、具体的に何をすればいいのかを教えてくれるのが恋愛工学です。

非モテ、コミュ障の男性にこそ試してほしいし、普通の男性がレベルアップするために使うこともできます。

恋愛工学の代表的な考え方

まずは、恋愛工学の基本的な考え方から紹介します。

「女性に慣れていない男性はモテない」

女性に慣れていなかったら、少し話しかけられただけでドキドキしたり自分のことを特別に思っているのか? と舞い上がったりしがちです。

そういう点は、女性側から見ると「キモイ」の一言。すぐに勘違いされちゃうから優しくしないでおこう……なんて女性の防衛本能が働くと、話しかけられることさえなくなってしまいます。少しの交流くらいでは舞い上がらない男、つまり女性に慣れている男性がモテるのです。

女性側から見ると、女性に慣れている男性はとてもスマートに見えます。遊んでいると思われるのでは? と心配になるかもしれませんが、そう思われるのはあくまでキザな男。女性に慣れていることは、男性の身だしなみの一つと言っていいくらいです。

そうは言っても、姉妹がいないで今まで非モテだった人には不利ですよね。そういう場合は客商売の女性から始めることが推奨されています。女性と話すというシチュエーションそのものに慣れれば、女友達と話す時にも緊張しなくなるので効果的です。

恋愛工学における「モテ」とは

恋愛工学では、モテることの定義を「モノにした女の数が多い」こととしています。これも始めて聞くと難しいし当たり前すぎるように聞こえるかもしれません。できるならやっているよ!と起こりたくなる男性もいるでしょう。

けれど恋愛工学で特徴的なのは、「ものにした数を増やすために、アタックする回数を増やす」ことです。3人に声をかけて3人をモノにするのではなく、10人に声をかけて3人引っかかればOK、ということ。これなら難易度はグッと下がり、イケメンでなくても可能性が出てきますよね。

必要なのは声を書ける勇気と、断られても凹まないメンタルです。それは考え方を変えることで手に入れることができます。だって声をかけ続けることがモノにする唯一の手段なのですから、本当に彼女やセフレがほしいと思っていたらやらない理由はありません。声をかけなければ傷つくことは0ですが、女性とのふれあいも0です。どちらを選ぶか?ということですね。

モテスパイラル現象

女性が男性を選ぶ基準は顔やお金だと思われがちですが、実は「他の女性にモテている男性」がモテるという現象があります。他の女性も選んでいるからきっといい男なんだろう、恋愛の地位が高い男性と付き合いたい、といった女性の心理が分かりやすく表れていますね。つまり、恋愛工学の「モテ」は女性にもしっかり通用するということです。

3人に声をかけて全部断られたら獲得女性は0ですが、10人に声をかけて3人獲得すれば3になります。そうすれば女性からは、3人もモノにした男だと見られます。女性側からは、何人に声をかけた結果なのかは分からないからです。

これが100人に声をかけて10人をモノにした男になると、女性から見ると完全にモテる男です。この人がそんなにモテるならさぞ男としての価値があるんだろう、と周囲に流されがちなのが女性の習性。恋愛工学的には、モテればモテるほどもっと女性が寄ってきます。女に不自由していない感じが、余裕を感じさせる点にも注目です。これを「モテスパイラル現象」と呼びます。この状態に入ることが恋愛工学の目的です。

恋愛工学では、女性に優しくしすぎない

優しい男がモテる、と思いこんでいる男性は多いようです。けれど恋愛工学では、女性をもっと心理的に揺さぶることでこちらの印象を高めます。害のない優しい人だと思われるより、話していてスリルがある人の方が女性の心には残りやすいんです。だから恋愛工学では、普通に会話ができるようになった女性のことを軽くディスることが推奨されています。

昔から女性は少しワルかったり、クールな男性が好きなもの。嫌われるのを怖がって女性の顔色をうかがい続けては、いつまでもこちらが不利な立場のままです。それをひっくり返して優位に立つには、軽くディスることで「お前をありがたがっているわけではない」というメッセージを伝えましょう。いつもちやほやされているモテ系女性にこそ、このテクニックは効きます。この男は他の男と違うかも? と思わせることで、他の誰よりも彼女の心に残ることができるというわけです。

恋愛工学の基本的な考え方、テクニックはこういうものです。思っていたよりも簡単ではないですか?客商売女を相手に女性に慣れ、声をかける数そのものを増やし、仲良くなれても優しくしすぎない。こうすればいい循環に入ることができるので、非モテもコミュ障も関係なくなります。彼女やセフレができなくて悩んでいる男性は、一度恋愛工学を実践してみてください!