モテるよりも、口説くほうがはるかに簡単

モテたいと思うのは楽をしたいからなんですよね。

女性の方から好きになってくれたら、こちらは口説く労力もいらないし、振られるかもしれないリスクを負う必要もない。

だから、とにかくモテたいモテたいと、念じながら日々を過ごすようになります。

たとえば、甲子園に出場してプロ野球選手になったらモテるようになるかもしれません。M-1で優勝して売れている漫才師になったらモテるようになるのかもしれません。

しかし、わたしたちのような普通の人間がある日「モテるようになる」ことはありえません。

「モテる」のは状態だからです。

状態を想像しながら、そうなりたいと思っても、そうなることは不可能なのです。

以上のことを踏まえて見えてくることがあります。

モテるよりも、口説くほうがはるかに簡単なのです。

たしかに、モテるようになったら、何もアクションを起こさなくても、どんどんいろいろな女性と恋愛をできるようになるのかもしれません。でも、モテるようにはならないのです。ありえないことをいくら考えてもしかたがありません。

そんなことよりも、一人でも多くの女性をデートに誘って口説いてください。

繰り返しになりますが、モテるようになるより、口説くことのほうがはるかに簡単なんです。そして、口説けば口説くほど、口説く能力は増していきます。その都度、口説くことは、たとえ断られたとしても練習になっていくのです。

続けて「モテるようになってセフレを作りたい→モテるために自分を変えるのは欺瞞であるという錯覚」というエントリも読んでみてください。モテるために自分を変えることは正義なのです。そのことがしっかり解説されています。

コンプレックスを解消する方法

セックスフレンド量産を成功させるためには、コンプレックスでウジウジしないことが大切です。

コンプレックスを解消する方法なんてあるんでしょうか。

コンプレックスにもいろいろありますね。

  • デブ
  • ガリ
  • ノッポ
  • チビ
  • ニキビ
  • ハゲ
  • 口ベタ
  • ダサイ
  • 包茎
  • 貧乏
  • バカ
  • ワキガ
  • 短足
  • 顔がでかい
  • 酒が飲めない
  • 声が高い
  • 病弱
  • 童貞
  • 毛深い
  • 歯並び
  • ブサイク

などなど。世の中の男性はとにかく多くのコンプレックスを抱えがちです。もちろん私にもたくさんのコンプレックスがあります。

それでは、出会い系を利用するにあたってコンプレックスにどう向き合っていけばいいでしょうか。

コンプレックスの克服方法

コンプレックスの克服方法。それは分類です。

まずは克服することができるもの・克服することができないものに分類します。

たとえば、デブや貧乏は努力次第で克服することができるでしょう。また、歯並びは歯医者で直せるし毛深いのもエステで治せるかもしれません。ハゲは飲み薬や植毛で克服している人もいるようですね。ブサイクは美容整形をすればいいでしょう。

いっぽうで、チビや短足は克服が難しいでしょう。

しかし、こう考えると、ぜったいに克服できないコンプレックスというのは意外に少ないようにも思います。

克服することができないことがわかっているコンプレックスは忘れる

さて、この「克服することができないと明確にきまっているコンプレックス」に関しては、忘れてください。もう考えるだけ無駄なのです。忘れることができないだの何だのと言っている時間さえ無駄。どうにもならないんです。

さらなるコンプレックスの分類

さて、次に「克服することができるかもしれないコンプレックス」を、あなたが克服するつもりがあるものとないものに分類してください。たとえば、美味しいものをお腹いっぱい食べたいからデブを克服するつもりがないということなら、止めません。美味しいものを食べることのほうがモテることよりも優先するなら、それで人生の価値(クオリティオブライフ)が向上するのでしょう。最終的には、それが目的なのですから、気にせずお腹いっぱい食べてください。

さて、以上の2つを完全に忘れた上で「克服することができてなおかつ克服する気があるコンプレックス」にあなたは全精力をそそぐべきなのです。

まとめ

もう一度まとめます。

  • 「克服することができないと明確にきまっているコンプレックス」
  • 「克服することができるかもしれないけれど克服するつもりがないコンプレックス」
  • 「克服することができてなおかつ克服する気があるコンプレックス」

コンプレックスをこの3つにきっちりと分類し、3つ目だけに自分の能力をそそぐのです。もちろん、そんなことは当たり前のことなのかもしれませんが、じっさいには、この分類が曖昧になっている人を多くみかけます。

「ぼくなんてチビでデブだし……」と悩んでいる人が多いのです。この2つのコンプレックスはまったく次元が違います。チビなことを悩む必要なんてないので。ただただ痩せる努力をすればいいのです。

自分が、何に影響を与えることができるのかだけを考えて行動してください。

そして、コンプレックスを克服しながら、セフレづくりをしてください。

最後の注意点

ただ、最後にひとつだけ注意点を言わせてください。世の中の広告・メディアは、男性のコンプレックスを執拗に叩いてきます。そのほうが儲かるからですよね。

デブは痩せないとモテない。毛深いのは抜かないとモテない。ハゲは植毛しないとモテない。

そんな風に、徹底的にコンプレックスで金を稼ごうと日夜努力をしているのです。あなたのコンプレックスは、あなたが思っているよりも確実に女性にとっては気にならないものだということも、覚えておいてくださいね。

出会い系サイトで知り合った女性と会うためのポイント

出会い系サイトで、自分のタイプの女性と出会いたいと思ったらどうしますか?

出会い系サイトで知り合った女性と会うための以外と知られていないポイントについてお伝えします。

常に新鮮さと初心者感を出しておこう!

出会い系サイトで最も対象外になってしまうのが、サイトに依存してしまっている人です。

もしあなたが同じように出会い系サイトで出会った人と会いたいと思ったときに、出会い系サイトに書き込みまくっている人がいたら、敬遠しませんか? それは相手も同じです。

では、どうしたら疑われないのでしょうか。

それは、サイトの中には掲示板や日記を書き込むスペースがあるのですが、それらをまめに更新しながら、以前の記事は非表示、もしくは消去していきましょう!

そうすることで、常に「出会い系始めたばかり感」や「新鮮さ」をアピールすることができます。オススメは記事を消去するまえにどこかにコピーさせておいて、定期的にその記事を復活させることです。

そうすれば毎回新しい掲示板のネタや日記を書かなくてすむので面倒な方はぜひやってみるべきでしょう。

理系男子になろう!

出会い系サイトではやはり下心がある人が多く登録をされています。その中で「自分は本当に出会いがない」ことをシンプルに伝えるには「理系男子」が一番です。

例えば男子校だった、共学だったけど理系で女子がいなかった、会社がSEの会社で女性がいない…などといった、「明らかに女子がいなくて始めた」となれば、真剣に相手を探しているのでは?と女性は思います。

ただし、理系男子は物事を理詰めで考えたり話がおもしろくなかったり、と女性からは敬遠されがちなタイプともなりますので、外見は理系だけど中身は違うということはしっかりとアピールしなくてはいけません。

誘われたら一回断ろう!

出会い系サイトで何度かメッセージをすると、いよいよデートや食事に誘ったり誘われたりしますが、もし相手から誘われたら一度断りましょう。千載一遇のチャンスを逃し勝ちですが、断りの理由を伝えましょう。

例えば、「せっかくのお誘いですが、その日は大切な会議が入ってて遅くなりそうです。もしよかったら、○日の夜にその埋め合わせさせてください」といった具合です。

人は誘われた時に断れた場合、断られた側からの提案がないと「この人は気がないな」と思います。反対に新たな日程の提案をされることで、本当にこの日は都合が悪くてしかも会いたいと思ってくれているんだと実感されます。なので必ず別日程をその場で送らないとチャンスもピンチに変えてしまいます。

逆に、別日程を提案したにも関わらず相手の都合が悪く新たな日程の提案がない場合は期待薄だと思った方がよさそうです…(笑)

まとめ

最後に出会い系サイトで恋愛成就の必勝法をまとめます。

  • 常に新鮮さと初心者感を出しておこう!
  • 理系男子になろう!
  • 誘われたら一回断ろう!

これができれば、あなたにピッタリの女性とのお付き合いも可能になります。出会う方法が多岐にわたるいま、出会い系サイトも使い方によっては自分の理想の女性に会えるチャンスなので、有効的に利用していきましょう!

【プロフィールのススメ】出会い系サイトで人気男性になるためには?

出会い系サイトで素敵な女性をゲットしたい!と思ったら、まずは素敵な女性と出会わなければいけません。

合コンなら直接顔を見合わせて、話をしながら恋愛への発展を望むことができますが、出会い系サイトの場合はそうはいきません。

出会いは、サイトのプロフィールが全てとなっているのです。

そこで出会い系サイトを利用していく上で、人気男性になるためには【プロフィールで引き寄せる】ことが重要です!

さぁ、いったいどのようなテクニックを散りばめればよいのでしょうか?

早速、ご紹介していきますね。

テクニック1:自撮りプロフィール写真はあまりウケない

光を駆使して、バッチリ目線を合わせた自撮り写真。「何だか普段の俺よりかっこいいな」と思える写真を載せたい気持ちは分かりますが、実はあんまりモテないのです。かっこつけすぎているとナルシストを疑われて、女子はあまり魅力を感じません。プロフィール写真は、出来れば自分以外の人に撮影してもらったものをオススメします。目線を少しそらした写真の方が自然で、女性の心を掴むかもしれませんよ。

ペットや好きなアニメキャラの写真は、絶対にダメです!

テクニック2:連絡しやすい時間帯を明記しておく

出会い系サイトは、メールや電話でのコミュニケーションが基本となります。

ですから、相手の女性は少し返信がないだけで不安に思ってしまうこともあるのです。そこで、最初から相手の女性を不安にさせないために【平日は18時~連絡が取りやすいです。休日はいつでも大丈夫】などと、具体的に示してあげるとよいでしょう。そうすることで、相手の女性もあなたに連絡しやすくなるはずです。

テクニック3:趣味は一般的なものと、オリジナル性の高いものを組み合わせて

趣味の欄はとても大切です。ここでのポイントは、趣味は一般的なものと、オリジナル性の高いものを組み合わせて載せるということです。一般的な趣味としては、映画観賞、スポーツ観戦、ランニング、美味しいものを食べる、音楽観賞などが良いでしょう。オリジナル性の高いものとしては、スイーツ作り、ガンダムグッズを集めるなど、思わず突っ込みたくなるような要素を詰め込みましょう!

いかがでしたか? 今回は、出会い系サイトのプロフィール欄で素敵な女性を引き寄せるテクニックをまとめてみました。

出会い系サイトで素敵な女性と巡り合うためには、ファーストインプレッションが大切です。是非、参考にしてくださいね。

基本的なメールの書き方

出会い系の基本はメールのやりとりです。

ここでどんなメールを送るかによって、実際に会えるかどうかが決まってきます。

とにかく、相手の話を聞く。こちらからどんどんアクションを起こさなければいけないような気がしてしまいますが、聞き上手が嫌がられることはけっしてありません。

出会い系じゃなくたってモテますからね。早いとこ会う約束をとりつけたい気持ちはわかりますが、女子が一生懸命いろんな話をしているのに、自分のポイントが残りわずかだからって、ことを急いではいけません。

まずは女性の言葉に耳を傾け、じっくり相手の話を聞いてあげたあとに「もっとゆっくり話聞いてあげたいから、よかったら今週末会わない?」と持っていく。

数打ちゃ当たる戦法じゃなかなか女性は振り向いてくれません。そこで、相手のことをよく考えた丁寧なメールを送ることで、返事獲得率をあげること。文章が 苦手な人でも「多くの掲示板があるなかで、なぜその人にメールを送っているのか」ということを相手に伝えようと思いながら、メールを書くとうまくいくで しょう。

さらにメールをするときは、以下のことに気をつけてください。

メールの内容はできるだけ具体的に

ファーストメールで「はじめまして!」だけではなく、「はじめまして!○○在住です!一度お食事でもして、気があえばお付き合いください!趣味は○○です。あなたは?」と、会話が続くようにメールをしてみましょう。

具体的に書けない女はサクラ。地元スポットなどの話題を振って反応を見る

サクラの特徴として、あまり地理に詳しくないことが挙げられます。わざと地元の話を振ってみたり、カマをかけてみましょう。ただし、本当に地理に詳しくない本物の女性がいることも忘れずに。

メールの返事が遅い場合は、自分から催促することを忘れずに

様々な理由でメールが遅れることもありますが、そのまませっかく決まりかけた話が流れてしまう可能性もあります。かならずメールの催促をするようにしましょう。

逆に催促された場合は、本物の可能性が大。

上記の理由で、催促された場合は本物の女性の可能性が大。サクラはメールのしてこない男性に興味はありませんので、すぐに次の相手を探しはじめます。貴方に固執するということは、本物ということなのです。

すぐにサクラと断定しない。相手にも色々な事情がある。相手本位で話を進める

サクラとむやみに断定することで、たとえ相手が本物でも全て終わってしまいます。また、相手に与える痛みは計り知れないものになるでしょう。電波の向こう側には、人間がいることを忘れないようにしてください。

器の大きさを見せる。何でも許す・受け入れる

何でも許しましょう。何でも受け入れましょう。器の大きな人間は、それだけ魅力的なのです。

予定を決めたからといって、メールをしなくなるなどの行為は厳禁

予定を決めて「また前日か当日にお話しましょう」なんていうのは最低の行為だと頭に入れておいてください。会う話を決めてからが本番。ドタキャンされることが多いと出会い系使用者の多くは語りますが、ほとんどがこういった態度が原因でお断りされているようです。

また、メールするときには、「ビジネス用語」や「隠語」や「流行り言葉」「若者言葉」を使わないように注意してください。

ビジネス用語や隠語や2ch用語が多いメールは、アウト!!」をごらんください。細かくまとまっていますよ。

メールでのやり取りが盛り上がった女性と確実に実際会う方法

出会い系サイトをやっているけど、実際に会うところまではなかなかたどり着けない……と悩んでいる男性が多いようです。

けれどそういった人でも、メールではすごく気が合った女性はいたという場合があります。それなのに、いつのまにかフェードアウトしてしまったという状況です。

では、どうして盛り上がったメールの延長として実際に会うことができなかったのでしょうか?

もしかしたら気が付かないうちに、女性から嫌われてしまうNG行為をしてしまったのかもしれません。

ここでは、メールで話の糸口をつかんだ後に印象をうなぎ登りにさせ、女性の方から「あなたに会いたい」と言ってくれるようなメールのやり取りについて考えてみましょう!

メールでのやり取りが盛り上がった女性と確実に実際会う方法をまとめました。

「そんなこといっても盛り上がるのが大変なんだよ!」という方は「メールやLINEで文章によるコミュニケーションを盛り上げるコツ」を一緒に読めば知識が深まります。

趣味の話題はとことんやり取りする

メールの会話が盛り上がるのは、共通の話題がある場合が多いようです。趣味が同じだったり、いつかやってみたいと思っていることを相手が既にやっていたり。すると、そのことについて話しているうちに自然と相手に対して親しみを感じます。

実はこの趣味についてのやり取りは、長ければ長いほどいいのです。よく男性が思ってしまうのが、「ずっと文字でやり取りするよりも話したほうが早いのに」ということです。メールが苦手な人は、特にこう思いがちです。そして、ここまで話が合っているんだからもう会ってもいいだろう、女性もそう思っているだろうと考えるのが、男性の悪い癖だと言えます。

メールで趣味について盛り上がっているとき、女性は擬似的な友人関係を楽しんでいます。そこに「そろそろ会いたい」と早いタイミングで言ってしまうと、女性は「そうだ、ここは出会い系サイトだった」と冷水を浴びせられたような気分を味わってしまいます。そのことが「私は趣味について楽しく話していたのに、この人は会いたいから話を合わせていただけかもしれない」という疑いにつながってしまいます。こうなると、女性は一気に警戒してメールの返事をくれなくなることがあります。あからさまに返信が途絶えることはなくても、気分は確実に盛り下がっています。

冷水を浴びせたあなたのことをある意味逆恨みして、話していて楽しい相手だとは思えなくなっているのです。こうなると、決して進んで会おうとはしなくなるでしょう。

だからこそ趣味の話題で盛り上がっているときは、あえて会う話は封印しておきましょう。メールのやり取りをまだるっこしく感じてしまうかもしれませんが、それは女性と距離を詰めるために必要なプロセスです。ではいつまで封印すればいいのかですが、これは相手にもよるのですが比較的短い期間ですみます。女性側だって、ここが出会い系サイトであることを一時期忘れているだけです。理性が戻れば、出会いを求めている男女がメールをやり取りしていることに気が付いてくれます。

これは一晩眠れば気がつくかもしれませんし、週末にゆっくりできる時間があれば気がつくかもしれません。何週間も忘れたまま、ということはありえませんし、それくらいなら本気で出会いを求めてはいないということなので、そもそも実際に会おうとは考えていない女性だと言えます。

そして女性の方が「そういえばここは出会い系サイトなんだから、メールをこんなにやり取りしたからには会いたいと思ってもらっているのかも」と気が付いたときに、同時に「でも向こうから会いたいとは言いにくいのかもしれない、気を使ってくれているのかも。優しい紳士的な人なのね」とあなたへの評価が一気に上がります。

男性側は、そういった女性の心の変化を待つことが一番の近道です。

女性からの「会ってもいい」というサインを待つ

長くメールをやり取りしていると、女性の方でも必ず「私たちはいつか会ったりするのかも。それはいつなんだろう」と意識し始めます。けれど女性からそれを言い出すのはためらってしまうので、分かりやすく誘うことはあまりしたがりません。そういうときに女性は、かすかなサインを出すようになります。

例えば休日の話をしたり、流行りの場所について話題を出したり、というサインです。趣味の話をしていたなら、その流れでとにかく「場所」についての言及が増えてきます。そういった具体的な「場所」や「時間」の話題が出ること、それが女性側からの「会ってもいい」というサインです。

具体的には「あそこでサーフィンするなら朝がいいって聞いたことがある」、「スイーツの美味しいお店が渋谷にできたんだって」、こういった内容です。後者については場所なので、分かりやすいですね。前者は時間の話です。この場合も女性は、「じゃあ朝に行ってみようか」などの話の流れを待っています。これにぜひ気がつくようにしてください。

まとめると、出会い系サイトでは男性側は受け身でいる方がうまくいきやすいということです。ガツガツしている男性は嫌われると心得て、ぜひゆったりとやり取りを楽しむところから始めてください。そして女性からのサインを見逃さずに誘うことができれば、メールで盛り上がった雰囲気そのままに実際に会うことができます。

セフレ作りのメールでもっとも重要なのはタイトルです。

出会い系サイトでは、他の男性ユーザをいかに出し抜くかが重要になります。もっとも大切なのは、メールのタイトルです。

なにせ、ほとんどのメールは本文を読まずに捨てられてしまうのですから。

女性は一日に何通ものメールを受け取ります。タイトルをずらずらと読んでいって、目についたものだけを開封するのです。

だから、内容がコピペであっても、タイトルだけはかならず女性の情報に関連した文にしてください。

たとえば、女性のプロフィールに野球観戦が趣味と書いてあれば、「昨年のマー君の試合をアメリカまで見に行きました」なんて書いておいたら、開封される確率は格段に上がります。

返事が来ないと悩んでいる男性のほとんどは、本文を一生懸命変更しては悩んでいるのです。

しかし、実際には開封さえさせてしまえば、返信の確率はかなり高いのです。

ためしに、出会い系サイトで女性として入会してみてください。

メールのタイトルが「はじめまして」だとしたら、いかにメールを見る気にならないかがよーくわかると思いますよ。

セフレ作り初心者にありがちなミスは、相手との距離感を間違えること

セフレ作り初心者にありがちなミスは、相手との距離感を間違えることです。

最初は誰だって他人同士。その他人同士、何も知らないもの同士が相手とセックスをするところまでこぎつけるには何が必要なのでしょうか。

それは、相手と自分の立ち位置を把握し、、そこからキャッチボールする感覚です。一般の人はこの行為を「心の距離を縮める」と言いますが、本当にそうでしょうか? あなたも今頷いていたのなら、ちょっと待ってください。私には違うように思えるのです。私が考える相手との良いコミュニケーションは、心の距離感を「保つ」ことだと想うのです。

距離は「縮める」のではなく「保つ」

自分が迫られる側になって考えてみましょう。もうすでにこの言い方に違和感を覚える方もいるのではないでしょうか? そうです。まだ相手との関係が確立されていないときに自分に相手が近づいてくるとき、自分は「迫られている」という感覚を覚えるのです。それはさながらホラー映画で幽霊に襲われる主人公のようです。

それを思い浮かべると、決して嬉しいことではない。そうなんです。自分が迫られている時、人は不快なのです。それはセフレ作り初心者にありがちなパターンで、「何とか近づいてやろう」という気持ちが見透かされて、逆に責められているような感覚を覚えるのです。自分がそう責められることを想像してみましょう。ちょっと気が重くありませんか?人間は、心理的に相手に寄りかかられるとそこから距離を置きたがる傾向があります。よほど好印象を持っている相手なら別ですが……。

ですので、心の距離は「保つ」方が良いのです。まずはそこからなのです。

初対面が肝心

さて、そのような人付き合いのなんたるかを考えたところで、ではどうすれば良いのか。という疑問が湧くと思います。

セフレ作り初心者の方は特に、玉砕覚悟で異性にアタックすることが多いと思います。それに比べて人付き合いの上手な人のなんと余裕のあることか。それは羨ましくなってしまうほどなのですが、初心者は逆に正面突破でアタックすることが良い、と勘違いしている人が多い。私が見たところほとんどそうです。

一般にオタクっていますよね。彼らの特徴を思い浮かべてみてください。「早口」だと思いませんか?そうなんです。コミュニケーション力の少ないとされるオタクは、早口で人とのコミュニケーションの敷居を上げているのです。話の内容も相まって、付いてこられる人はごく少数。ですから逆に、その敷居をまたいでこられる同じ趣味の人とは「ものすごくウマが合う」。ですがそれ以外の多くの人とは適切な距離がとれず、うまく距離を保てずに関係が長続きしないのです。

そんな風になっていないでしょうか? 自分を考えてみてください。もしそうならば変えた方が良いでしょう。恋愛上手に限らず、友達の多い人には共通して「敷居の低さ」があります。あなたもそうなってみたらいかがでしょうか? 心の敷居の低さは、自分の努力で変えられます。

その一番大切な場面こそが、初対面での印象なのです。

初対面で気を付けること

あなたが自分に興味をもってもらいたい時に、どういうことをすればよいのか。

それは、「あなたがしてもらいたいこと」を相手にすれば良いのです。

まず最初は笑顔。数ある動物たちの中でも、自然に笑顔を出せる、またはそれを笑顔と認識できるのは人間だけだと言われています。その特権を活かし、笑顔で接してみましょう。「自分はそういうキャラじゃないから」そう深く考えずにいきましょう。相手はあなたの「そういうキャラ」は求めていません。

そして仲良くなりたい相手の「求めるキャラ」になってみましょう。そうすることで、相手も「あなたの求めるキャラ」になってくれるのです。人間には相手を鑑みて自分を設定する心理要素があります。

あなたが不快な言動をすれば相手もそうする。逆もまた然りなのです。そこを間違えないようにしましょう。それは恋愛に限らず人間関係でも同じことなのです。つかず離れずの関係が一番心地よいのです。

そして、その心地よい関係に、人は安住したがるのです。相手の安住の地になれるように、自分をリセットして変えていきましょう。少しの意識で変わります。セフレ作りも、人間関係も。

女性に好かれるために最低限クリアしなければならないこと

女性がどんな男性を好きなのかはわかりません。

おもしろい男性が好きな女性もいれば、無口な男性が好きな女性もいます。オシャレな男性が好きな女性もいれば、着飾らない男性が好きな女性もいます。

女性の好みは千差万別。女性の好みに合わせて自分を変えていくのは難しい。

しかし、女性が「絶対に嫌う要因」を排除していくことは誰にでもできて簡単なことなのです。

女性がぜったいに嫌う要因
  1. 不潔
  2. 危険

不潔な男性と危険な男性は、どんな女性もぜったいに嫌う要因なのです。好かれる要素を見つけるよりも、まずは最初に、この2つの要因をクリアしていってください。

HACCP (ハサップ)

厚生労働省は、食品の安全基準を守るために、HACCP (ハサップ)という衛生管理手法を定めています。HACCP とは、Hazard Analysis and Critical Control Point の略で、危害をあらかじめ分析( Hazard Analysis ) し、重要管理点( Critical Control Point ) を定めることです。「危害要因分析(に基づく)必須管理点」と訳されます。

つまり、日本の食品メーカーは、消費者に求められる美味しいものを作るという努力以前に、この HACCP をクリアする必要があるのです。

恋愛市場における HACCP (ハサップ)

恋愛市場でも、この構図はまったく同じ。女性にモテるための要因を考える前に、ぜったいにクリアしておかなければならない重要管理点( Critical Control Point ) を定めなければならないのです。

その2つが、最初に挙げた「不潔」と「危険」なのです。この2つの要因をクリアして初めて恋愛市場に自分という商品を売り出すことができるのです。

不潔

不潔な男性はモテません。フケがある。歯が汚れている。爪が伸びている。靴が汚れている。そういうことに徹底的に敏感になってください。それらひとつひとつをクリアしていないのに、モテる方法を考えることは完全なる無駄であることを知ってください。

清潔でないのに、流行のファッションをとりいれても、女性には見向きもされません。まずは、不潔でないことを証明して初めて、あなたは女性から好みかどうかを判断してもらえるのです。

危険

出会い系サイトを利用している女性はとくに「その男性が危険であるかどうか」に敏感です。

女性が、男性を危険だと思う要因には2種類あります。

ひとつは、すぐに個人情報を聞き出そうとするとか、メールを返さないと何をしているか執拗に聞き出そうとするなど、一歩間違えばストーカーになりかねないという心理的な危険。

もうひとつは、物理的に暴力を振るわれるのではないかという危険。たとえば、店員への態度が横柄であったり、他人に道を譲らなかったりといった、男性の暴力性を感じさせる要因を徹底的に排除してください。

この2つの要因をクリアしてもモテない

不潔ではないから、危険ではないからという理由だけで、女性からモテるということはぜったいにありません。これらは、単なる最低限クリアしなければならない要因だからです。

しかし、この2つをクリアせずに、他の施策を講じたところで意味がないのです。まずは、この2つの重要管理点( Critical Control Point ) をクリアしてから、女性に選んでもらうための努力をしましょう。

出会い系サイトでめぐり合えた素敵な出会い

今から6年前くらいの事。当時地元から仕事の関係で上京してきたばかりで、職場の方しか知り合いが出来ず友達も一人もいないという寂しい東京生活から、自宅では携帯依存になっていました。はじめの頃はSNSで友達と連絡を取ったりして気持ちを紛らわせていたのですが、本当に心の内を話せる素敵な女性と毎日連絡が取れたら、この寂しさが紛れのではないかと思うようになりました。

そんな時、ネットサーフィンで見つけたのがデジカフェです。いわゆる出会い系です。出会い系サイトは金額が高い、騙されるといったマイナスなイメージがあり、今まで関わらないようにしようと思っていたのですが、寂しさと孤独感が限界に達していた私は、人生で初めてこちらのサイトをクリックしてみました。利用規約を読んでみると、無料で利用出来るサービスも多く、登録者数もかなりの人数。またネット口コミによれば、安全安心に使えるサイトという事で、後から膨大な請求がきたり、トラブルに巻き込まれたという話はほとんど無く、利用する事を決意しました。

出会い系なので、アダルト的な内容も多々散見されましたが、本当に素敵な出会いを求めている方も掲示板に思った以上に書き込みがあり嬉しくなりました。また、こちらのサイトは日記をつけることが出来て、日記の内容から話が合いそうな方を見つけることが出来るのも嬉しいサービスでした。

連絡が取れる素敵な方と今すぐ出会いたい!と思っていながらも、やはりネットの出会いなので、文面だけではありますがかなり慎重に相手を吟味しながら探しました。そして、こちらのサイトを見始めてから1ヶ月、1人の素敵な女性を発見しました。日記の内容によると、日々仕事に追われていてなかなか良い出会いがないという事が記載されていて、また転勤したばかりで友達がいないという自分と同じ状況な事が解りました。また、仕事が忙しいながらも自炊もしっかりしていたり、アロマが趣味だったりととにかく女性らしさが伝わってくる日記にどんどん惹かれました。その方も本当に心から分かり合える異性の方と出会いたいという記載があったので、早速連絡をしてみる事にしました。

女性にアピールした事は、本当の事ですが自分も仕事の都合での転勤で友達がいない土地で頑張っているという事。また初めての一人暮らしで料理を今まではしなかったけれど、これを機にチャレンジしはじめているという事。その女性と同じような状況で日々頑張っているという事を伝えました。するとすぐ女性から返信があり、お互い励ましあうような形で連絡を取り合うようになりました。

その方と連絡を取り始めてからは、仕事に張り合いが出て、また日々友人がいない環境でも頑張っていこうという気持ちがどんどん芽生えるようになりました。

そして、連絡を取り合い始めてから3ヶ月後、お互い仕事でいっぱいいっぱいになっていたので、綺麗な景色や物を見て癒されたいねという話しで盛り上がり、女性が『水族館とかお魚いっぱい見れて癒されそうだよね』という連絡がきたので、これはチャンスだ!と思い、思い切って『水族館一緒に行っちゃう!?』とお誘いしてみました。すると『前から実はお会いしたいと思ってたんです!是非一緒に行きましょう!』とOKの返事が!そして実際にお会いする事が出来たんです。

初めてお会いした場所が水族館というロマンチックな場所という事が良かったのか、私も思っていた通りの素敵な女性という印象だったし、女性の方も私に好印象を持ってくれたようで、その後本当にお付き合いする事が出来ました。まさか出会い系サイトからこんな素敵な出会いに発展出来るなんて、自分でもビックリでした。

勇気を出して登録して本当に良かったと心から思っています。