セフレの関係になるまでに必要な期間とは?1週間?それとも1ヶ月?

ここではセフレの関係になるまでの期間を検証します。

セフレの関係になるのが早い人だと1週間、遅い人だと1ヶ月くらいかかるケースがあります。

具体的にどんな関係になってくれば、互いにOKのサインを出し合っているといえるのか。

メールでどんな気持ちなのか、読み取ることができます。

1.まだまだ時間がかかるメールの例文

よそよそしい内容や距離感を感じさせるような言葉使いだと、セフレの関係になるにはまだ時間がかかります。その場合はまだ急激に距離を詰めずに、とりあえず親密度を徐々にアップさせることが必要。

下記のような文面が散りばめられている内容だと、まだまだセフレの関係になるには時間がかかるでしょう。

  • 「◯◯さんと話していると楽しいです」
  • 「今日は仕事で忙しかったので、またあとで連絡しますね」
  • 「最近は時間がなくて、あんまり遊びに行こうと思わないんですよ」

上記のような文面だと、まだまだセフレのチャンスはゼロ……。

厳しい理由として、

  • 相手を「さん付け」で呼ぶ
  • 忙しいとよく口にしている
  • 「会いたい」という言葉が出てこない

こういった状況では、急激に距離を詰めても嫌われてしまうだけです。

もうちょっと相手の様子を伺って、暇なときに話しかけたり、悩み相談に乗るなど心の距離を詰めていくことが必要です。

2.会うことに抵抗がなくなってきているメールの例文

数回メールやLINEのやりとりをして、徐々に相手との距離が詰まってくると、冗談を言ったり、くだけた文章を送ってくるときもあります。

具体的には下記のような内容です。

  • 「最近花火大会とかやっていて行きたいな!」
  • 「今年の夏はまだ全然楽しめていない」
  • 「最近、仕事終わりの時間の使い方に悩んでる」

こんな内容なら、そろそろ誘えるチャンスです。

直接、「誘ってほしい」という言葉を使わなくても、相手に誘える隙を与えているときは、「誘っても断らないよ」という心理が読み取れます。

  • 「今度の土曜日、花火大会があるんだけど行かない?」
  • 「最近は暑いし、カラオケでも行かない?」
  • 「俺がよく行く居酒屋はカクテルがたくさんあって、女の人は多分好きだと思うんだけど、一緒に行かない?」

上記のように、「何か楽しそうと思える内容」を盛り込んで誘うのがベスト! ただ会おうと言うより、「興味があるから行ってみたい」と思わせることが必要です。

3.積極的に会う意志を感じさせるメールの例文

メールの内容によって、積極的に女性のほうから会いたいという意識を感じさせるケースもあります。

その場合は回りくどい言い方ではなく、直球で勝負しましょう。具体的には下記のような内容を女性が送ってきたら、迷わず誘いましょう。

  • 「◯◯くんちは、家から結構近いからいつでも会えるね」
  • 「たまには時間も気にせず朝まで遊びたいな~」
  • 「ひとり暮らしだから、休みの日に1人で家にいるのは凹む……」
  • 「どっか美味しいご飯屋さんある?連れて行ってよ~」

あからさまに誘ってもらうことを前提としたメールが送られてくれば、99%誘ってOKでしょう。

メール内容で相手の出方を伺う

上記のメールのやり取りで、2、3日以内に3までの関係になっていれば、1週間以内にセフレになれるチャンスあり!
食事やご飯に行った帰り際にでも、誘ってみてはいかがでしょうか。

逆に1の段階から1週間以上変化がない場合は、セフレまで1ヶ月かかってしまうペース。まずはメールでお互いの距離が感じさせないような、くだけた話をすることが必要です。

相手に合わせて硬い感じになると、いつまで経っても歩み寄れないので、恋愛モードになるような質問をいくつかしてみましょう。

  • 「前の彼氏とは何で別れちゃったの?」
  • 「今好きな人はいないの?」
  • 「最近の生活で出会いのチャンスはあるの?」
  • 「休みの日とか何してるの?」

こういった質問をすることで相手が自分に興味を持っているんだなと女性は感じるので、前向きに話してくれる人が多いです。1の段階ではセフレという目標をまず捨てて、相手が警戒心をなくすようなメールを送ってくるまでチャンスをうかがいます。

女性は話を聞いてくれる男性が好きなので、女性を慰めながら話を聞く期間と割り切りましょう。

こんな場合はあきらめろ!

メールのやりとりをしてて、常にガードが固く、全く③の段階までたどり着けない場合もあります。

もし1ヶ月経っても状況が変わらなければ、その女性がセフレになる可能性は低いでしょう。あるいは、本能を隠し持っているだけで本当は会うことに積極的なタイプもいるかもしれませんので、ダメ元で誘ってみるのも一つの手段!

メールで3の段階まで引っ張ってから会ったほうが、セフレになる可能性は高いですが、1の段階でも返信速度が速かったり、メール頻度が多ければ、急に関係が進展することも珍しくありません。

もし歩み寄る雰囲気が無ければ、フェードアウトしてターゲットを変えましょう。

悪質サイトを見抜くテクニック

セフレを作るためには出会い系サイトを利用するのが最適です。

  • 仕事が忙しくて女性となかなか出会う機会がない
  • 合コンなどで女性と接するのが不得意
  • 身近に女性がまったくいない

なんていう人でも、出会い系サイトを利用すれば、ぜったいにセフレを作ることはできるものです。

しかしながら、利用者が増えれば増えるなほどに【悪質業者】も増えています。

せっかく楽しく出会い系サイトを利用しようと思っているのに、悪質業者に騙されてしまっては最悪ですよね?

出会い系サイトが優良でも利用者が悪徳業者というケースは多い。サイト側でも管理に努めているようですがすべて排除するのは物理的に難しいものです。

出会い系を楽しみたいのなら勧誘や詐欺に対する知識は必須です。ここではまずはどんな悪徳業者がいるのかをまとめました。

どんな悪徳業者がいるのか

メアド収集

「***@**.**にお返事ちょうだい!」といったように、いきなりメールアドレスを入れてくる女性からのメールは99.9パーセント業者からのメールです。そのアドレスに返事を出すと、スパムメールや架空請求が届くようになります。こういう方法でメールアドレスを集めて売る業者が多いのです。

他サイトへの勧誘

「ここに写メをアップしたから見てね!」「こっちでお話したいな」などと他の出会い系サイトへ誘導してくる。たんなる宣伝ならまたいいのですが、そこが悪質だったりするから厄介。使っているそのサイトが安全ならば、誘われるままに他の出会い系サイトへ登録しないでください。こういう宣伝をするような出会い系サイトが優良サイトであるわけがないのですから。

悪徳業者を見抜くテクニック

絶対に悪質出会い系サイト業者に引っ掛からないための【見抜くテクニック】をご紹介していきます。

 

完全無料なんて甘い話はない

「完全無料で可愛い女の子と出会えます!」「どんだけ利用しても無料」などと、甘い言葉に引っ掛かってはいけません。確かに女性が完全無料で利用できる優良出会い系サイトはありますが、男性が無料で利用できる優良サイトはありません。男性が、登録料やメールをやり取りするときのポイントにお金がかかるのは、当たり前のことです。

甘い言葉に引っ掛かることなく、堅実に利用できるサイトを選んでいきましょう。

ホームページをチェックしてみよう!

「この出会い系サイト、大丈夫なのかな?」「このサイト…悪質かもしれない」と少しでも疑問が浮かんだのなら、その会社のホームページを確認してみることをオススメします。正直、悪質業者のホームページは手抜きです!トップページだけは作り込んでありますが他は手抜きか、もしくはページすら存在しない場合も少なくありません。

会社概要や特定商取引法に関するページがない時点で、優良出会い系サイトとは言えませんので覚えておきましょう。安易に出会い系サイトを利用するのではなく、利用者であるあなたが綿密なリサーチをすることをオススメします。

NGワードが記載されている出会い系サイトはダメ!

悪質な出会い系サイト業者が必ずと言っていいほど明記するメッセージがあります。それは「メッセージデータの保管期間は、最終アクセス日より7日間です。ご了承下さい」という内容のメッセージです。
これは【サクラ】を利用しているという立派なサインです!

サクラを利用してやり取りをしているという形跡を消すためだけのルールです。注意しましょう。

いかがでしたか?

このように悪質出会い系サイトの業者を理解しておけば、アクションを起こす前に踏みとどまることができますよね。楽しく出会い系サイトを利用するためにも、悪質業者を見抜くテクニックを身に付けておくべきだと思います。

もしもサクラだと思ったら?

もしもサクラだと思ったら、それを見わけるすごく簡単な方法は「自分のニックネームに「くん・さん」をつける」ですね。

例えば、『ただし』という名前の人が『ただしさん』と登録したとする。

送られてきた自動メールに「ただしさんさん」と書かれていたら……サクラ確定です。以後はそのメールをムシ。別の女性を探しましょう。

もうひとつは、ローカルネタをメールに織り交ぜることです。

今メールしてる人、ホントに近所に居る?そんな時は、ローカルネタで仕掛け。天気でも良し。美味い店の話でも良し。天気だったら、晴れてんのにわざと「雨降ってる?」ってな感じで。

適当に話逸らされたらサクラの可能性が高いです。

セフレ製造のためのメール交換において重要なポイント

セフレ製造のためのメール交換において重要なポイントをまとめました。

順に見ていきましょう。

タイトル

いきなりですが、出会い系サイトメールでもっとも重要なことを教えます。なによりも重要なことは

本文を読まれること

なのです。

実は出会い系サイトでは、タイトルだけ読まれて本文を読まれないメールがほとんど。タイトルが駄目なら本文をいくら考えようとも無駄だということですね。

つまり、

相手の目的(希望)に沿った相手に興味のある話題をタイトルの一番頭にもってくる。

というのが正解です。

つづけて、

  • 相手のプロフィールや掲示板コメントに賛同し、「自分ならどんな風に貴方の目的・希望を達成するか」という視点で感想・提案を書きます。
  • プロフィールからもう一段階掘り下げて話題を広げることが可能な質問を必ず1つする。「最近彼氏と別れて…」などは「実は私も3ヶ月前に別れたんですけど」みたいに書いたり、趣味に料理とかいてあれば「どんな料理をつくるの?」なんて書いてあげるのがよいでしょう。
  • その後、「はじめまして」と挨拶をいれる
  • 最後に「年齢・住所・身長・体型・職業・趣味・外見」などの自己紹介

大切なのは、「相手がどういう話を一番したいんだろう?」という点を見つけることです。その点を見つけた後は、相手に気分良く饒舌にさせることができれば、その後の出会いがスムーズに進みます。

メールの長さ

次は、メールの長さの話です。

出会い系サイトで女性に送るメールの長さはどれくらいが適切なのか?

出会い系サイトを利用していると、

  • あんまりメールが長すぎるとうざい人だと思われないかな
  • 短いとそっけないと思われないかな
  • 普通の長さのメールってどれくらいなのかな

なんて不安に思うことはありませんか?

ちなみに、こういう細かいことを気にしない人は、ネットでの出会いはあんまり向いていません。逆に、そういうことに気を取られているあなたこそ、出会い系サイトで、勝ち組になる素質にあふれた人なのです。神は細部に宿るのです。

さて、肝心のメールの長さの決め方です。これは、

だいたい女性のメールと同じくらいの長さのメールを返信すべし!

というのが結論となります。この法則をつかえば、女性にウザイとかそっけないとか、思われる心配は一切不要なのです!

考えてみたらあたりまえの話です。長いメールを送る女性が、長いメールをウザイと思うわけないんです。短いメールを送る女性が短いメールをそっけないとおもうわけはないんです。

もちろん、中には例外はいますが、例外のことを考えるのは費用対効果が悪い。

基本的には、この原則に従ってメールをしていけば、成功がぐっと近づきます。

短いメールでポンポンやりとりして、すぐに出会えちゃったなんていう経験、ありますよね。そういう状況を自ら作り出していきましょう。

メールを送る曜日

メールを送る曜日を気にした事がありますか?

実は、メールを送る曜日によって、かなり返信数は変わって来るのです。 しかし一概に、「この曜日がもっともメールを送るのに適している」は言えません。

なぜでしょう?

狙うターゲットによって送るべき曜日は違ってくるからです。

狙いが大学生の場合

  • 朝から夕方まで不規則なので書き込む必要なし
  • 夕方から22時ぐらいまで、バイトや遊びやTVに気を取られている可能性大なので期待薄
  • 22時から2時ぐらいまでが一番の狙い目!
  • 曜日はオールマイティー。金曜・土曜の夜がダントツ

狙いがOLさんの場合

  • 朝の出勤時間は、何気に狙い目!電車で暇だから観る人が多いです
  • 12~13時の昼休みも狙い目!
  • 21~0時ぐらいが一番の狙い目。早く寝ちゃうので注意しましょう
  • 曜日はオールマイティー。木曜・金曜・土曜の夜がダントツ

狙いが人妻さんの場合

  • 働いている場合は、OLさん同様朝の出勤時間は狙い目。働いてない人の場合は午前10~14時が狙い目。ただし13時からの昼ドラの時間は微妙
  • 買い物・夕食時間は避けましょう
  • 21時から0時ぐらいが狙い目。ただし働いていない人の場合は1時過ぎまで
  • 土曜・日曜は家族サービスのタメ無理です

さて、逆に、自分が掲示板に書きこむ時の注意点も紹介します。

知っておかなければならないのは、書き込みをしたとしてもそれがずっとTOPページにあるわけではない、という事。

女性が『メル友』の板を見たとします。初めに現れた数人の書き込み、良い人がいないと思ったら次のページ。暇な時や暇な人以外は、せいぜい3~4ページぐらいしか見ません。

そこにアナタの書き込みが無かったら?? ターゲットの目に止まらずに埋もれて行くわけです。

だから掲示板での出会いを狙っている方は定期的に書き込みを続けるようにしてください。

実際に会うタイミング

メール交換から実際に会うタイミングはいつがいいでしょう。

これはもう早ければ早いほどいいんです。

といっても一通目から

会いましょう!

なんて送ってはいけません。

メールの交換は多ければ多いほど信頼感が上がっていきますし、会ってからの話題も豊富で会話がスムーズに進みます。

ただ、日程が先になればなるほど、向こうの熱も冷めてくるでしょうし、ライバルに女性を横取りされる可能性だって増えていきます。

ということはベストなのは

できるだけ短い期間にたくさんメールを交換して早い時期に会うことです。

私の場合は3日以内に30通以上のメール交換をしてから会うことを目標にしています。

もちろん、会話の盛り上がり方によって多少の変化は必要ですけれども。

盛り上がってる時に会うと、こちらのテンションも上がっているから、会話も自然と弾みます。

それから、メールは回数をこなさなければいけないので、メールを送ることを躊躇してはいけません。送りたいときは送りたいだけ送っちゃっていいんです。それで嫌がられるような女性は最初から無理だったと諦めて次へいきましょう。

なにせネットの向こう側にはほかにも数万の女性が待っているのですから。

メールを2~3度やりとりできれば、会える確率は80%

0017wakuwakumail出会い系サイトの場合、メールを2~3度やりとりできれば、会える確率は80%です。

女性の側も会うことを期待してメールをしているのだから当然といえば当然なんですが。

ところが、まず、出したメールの返事をもらうこと、実はこれが一番難しいことです。出会い系サイトの男女の比率を考えると、圧倒的に男性が多いのが常識です。

そうして、返事がもらえたからといって焦ってはいけません。まずは相手のことをじっくり知り、自分のことを知ってもらいましょう。

熱烈なアバンチュールではなくて、安らげる関係を探している人妻というのがとても多い。

彼女たちは、いざ会ってしまえばエッチに持ち込むのはそう難しいことではありません。

ただ、会うまでにあんまり下ネタ全開だとひかれてしまうし、エッチなことはぜんぜん言わないくらいで丁度いいです。

それでも、実際に会ったら、エッチに持ち込むのは簡単なので、じっくり攻めてください。

つまり最初の段階で、相手がどういうタイプなのか、見分けることが大切です。

会ったら、まずは、愚痴を聞く事が大切!ストレスが溜まっているのですから、 それを聞いてあげて相談相手に徹する事が、美味しく食べる近道です!

そうなれば、アポも簡単に取れます。

無料コンテンツ

メールだけでなく、無料コンテンツも利用しましょう。

メールはやっぱり1通そこそこポイントがかかります。やりとりしてるとあっという間に無くなってしまいます。

そこで活用したいのが、大手出会い系サイトに併設されてる無料コンテンツです。とくに掲示板は書き込みが1回まで無料になっています。

そこから声をかけて見るのもいいかも知れないです。

もちろん自分の武器になる車や趣味、財力をアピールするのもいいですね。上手く行けばそこから直接連絡交換なんてことも期待できます。目的は特に無いけど出会い系サイトを使ってるという女性も多いので、大人の世界を教えてあげるというちょっと危険な香りを漂わせるのも一つの手です。

しかし怪しい人になってしまわないように、スマートな文章作成を心がけましょう。けして焦ってはいけません。