アンゾフの成長マトリックスを利用した恋愛戦略

出会い系サイトで長いあいだ活動を続けているのになかなか彼女ができない。一生懸命メールをして、デートも何度かしているけど、こちらが好みだと会ってもらえなくて、会ってもらえる子はあんまりタイプじゃない。

そんなときは、どうしたらいいでしょう。

そういうときは、まずは自分の基準をちょっと下げてみましょう。

そのことであなたの出会い成功率は一気にあげられるのです。

アンゾフの成長マトリックスを利用した恋愛戦略

アンゾフの成長マトリックスを利用した恋愛戦略

このことを「アンゾフの成長マトリックス」で説明しましょう。

イゴール・アンゾフ著「戦略経営論(Strategic Management)」では、企業経営の計画を以下のような成長マトリックスで説明されています。

市場浸透戦略

他社との競争に勝つことでマーケットシェアを高める戦略。これは簡単な例は安売り競争ですね。これまで300円だった牛丼を280円に値下げすることで、市場への浸透を狙う戦略です。あるいは、カレー市場が「朝カレー」という広告を編み出しました。あれも市場浸透戦略と言えるでしょう。

新製品開発戦略

新商品を開発することで成長をはかる戦略。既存市場に、あたらしい商品を投入する戦略ですね。

新市場開拓戦略

すでにある製品を新しい顧客へと広げることで成長をはかる戦略。海外進出が代表的な例でしょう。最近は、日傘を男性に向けて売るという動きが少しずつ目立ってきました。

多角化戦略

製品も市場も、あたらしい分野へを進出していく戦略。コストは大きくなりますが、大きなリターンを得られる可能性があります。

どの戦略を採用すべきか?

このうち、「新市場開拓戦略」というのはいわば、あなたの女性の好みを引き下げる戦略といえます。いままであなたが見ていなかった市場に、自分という商品を投入してみるのです。

もちろん、「新製品開発戦略」をとる。いわば、あなたのあたらしい長所を身に着けていくという戦略も有効でしょう。

しかし、まず最初にとるべきは、「新市場開拓戦略」なのです。あなたが「妥協」をすることは本当に簡単な戦略なのです。たったそれだけで、あなたの恋愛は大いに成長していくのです。

そして、その後は、「新市場開拓戦略」と、「新製品開発戦略」を両方同時におこなっていくのです。そのことで、恋愛を多角化していき、圧倒的な成功をおさめることができるのです。

オタクが女性を口説く方法

われわれオタクとはどういう人間なのか。

オタクとは、クロスリファレンス能力の高い人のことを言います。

たとえば、小さな子供が何度も何度も「アナと雪の女王」を繰り返し鑑賞したとしても、彼(彼女)は、オタクになることはできません。

セリフを覚えても、キャラクターの似顔絵を書けるようになっても、それでもオタクに足りえません。なぜなら、彼女たちはクロスリファレンスをしないからです。

クロスリファレンスとは、他の文書をまたいで情報を参照することを言います。

例えば、アニメのオタクはこんなものいいをします。

映画『マトリックス』の弾丸を止めるシーンの元ネタは『Akira』だし、ところどころに『攻殻機動隊』の影響が見てとれるよね。
スターウォーズの元ネタは黒澤明の『隠し砦の三悪人』だね。ほかにもハリウッドの名作の多くは、クロサワ映画のリメイクと言ってもいいんじゃないかな。

わたしもちょくちょくこんなことを言ってしまいます。ウザイとおもわれようとも。

でも、わたしたちオタクにとって「クロスリファレンスこそがアイデンティティ」なのですから、しかたがないのです。私たちは、泳ぎ続けなければ死んでしまうマグロのように、クロスリファレンスをし続けるのです。会話の中でジャンルをクロスオーバさせることに快感を覚えるのです。さらに、そういうことをわかっていることを自己顕示し続けるのです。それがわたしたちに課せられた使命なのだから仕方ありません。

オタクが女性を口説く方法

それでは、わたしたちオタクが女性を口説くときはどうしたらいいのか。

そのクロスリファレンス能力で、女性の興味を引くようにすればいいのです。

女性が何に興味があるのかはわかりません。コスメ・映画・旅行・読書。しかしわたしたちオタクは、それらの趣味と自分の知識を重ねあわせてクロスオーバさせて、彼女たちが感心するような「物語」を紡ぎだすことができるはずです。

あるいは、出身地だろうと名前だろうと、わたしたちの知識を総動員して、共通点を探していくのです。

埼玉県秩父出身の女性と知り合ったことがありました。わたしにとって秩父とは「あの花」の街です。『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の舞台は埼玉県秩父市であることは、わたしたちには常識ですね。

hiniu

「旧秩父橋」や「定林寺」に、いわゆる聖地巡礼をした話をしたら、とても興味深く聞いてくれたし、また、自分の生まれ故郷にそこまで興味を持ってくれる人がいたら、悪い気はしないものです。

彼女はオタクではありませんでしたが、オタクは知的レベルが高く教養があると思ってもらえて、とっても好感を持ってもらえたのでした。

そもそもが、オタクというのは、実は一般男性にくらべて、女性に好かれやすいものなのです。

大塚英志の『仮想現実批評』には以下の様な調査結果が掲載されています。

「たとえば〈オタク〉は一般の人々に比べて異性の友人の数が多い。十代及び二十代の平均では2.8人であるのに対し〈オタク〉は6.9人と実に二倍以上である。」

どうでしょう。実はオタクというのは普通の男性よりもよほど異性の友人を作りやすい。あなたに異性の友人が少ないとしたら、それは出会っていないだけ。需要は大いにあるしあなたに興味を抱く女性は、この世にたくさんいるのです。

そもそも、一般男性よりも、オタク男性のほうがずっと魅力的であると私は思います。なぜなら、一般男性は、メディアに踊らされて服を買い、旅行に行き、自分にとって何が楽しいのかを見つけられないから、スノボが流行ればスノボをして、山登りが流行れば山登りをする。こういう男性がはたして魅力的なのでしょうか? こういういかにも無教養なマイルドヤンキー的気質が EXILE や西野カナをささえているのでしょうね(苦笑)

いっぽうで、わたしたちオタクは、「自分がたのしいもの」に対して、鋭敏な触覚(センス)を持っています。わたしたちは、着たいものを着ているのです。わたしたちは、自分たちがしたいことをして、見たいものを見るのです。メディアに踊らされて、流されていくだけの人生にはっきりとノーを突きつけているのです。

オタクの方がずっと健全で魅力的だということを再認識しましょう。

女性との出会いでもっとも大切なのは自信です。

「どうせ自分はオタクだから……」なんていうふうに自分を卑下しないで、自信を持ってください。自分の強みを活かしてください。

実は美人が多い隠れオタク

女オタクというとどんなイメージでしょうか?髪はぼさぼさの手入れがされていないロングで、牛乳瓶の底のような眼鏡をしていて、やぼったい黒のロングスカートに白のパーカー……。そんな古典的な女オタクのイメージをお持ちの方も多いでしょう。

しかし、それは過去のことです。

昔の女オタクというのはそれはもうオタクになるべくしてオタクになった人たちでした。現実世界の男に相手にされないから、二次元に逃げてきたような……そんなどちらかといえばネガティブな理由からオタクの世界に足を踏み入れた人たちでした。

ところが今のオタクというのは、オタクになりたくてなっている人たちがほとんどなんです。アニメや漫画を小学生時代に見て「おもしろい!」という純粋な感情からその作品にのめりこみ、また別の作品を読みふけるうちに立派なオタクに成長していた……といった塩梅です。

つまりモテるモテないといった異性に対する感情が芽生える前にオタクに芽生えてしまっているので、容姿のレベルは全く関係ないのです。中高生になるにつれ、男遊びのほうにハマってしまいオタクから抜け出す人も中にはいますが、オタクというのはやめたくてやめられるものではないのです。

なぜならなりたくてオタクになったわけではないのだから、やめたくてもやめられないものなんです。

なので超がつくほどの美人がマンガやアニメなどのオタク文化にハマっているケースは最近ですと多々あります。そういう人たちはうまく隠しているだけなのです。自分が美人であることに自覚はありますし、世間から求められる美人像としてオタク趣味がそれにふさわしくないこともわかっています。だからこそ徹底的にオタク趣味は隠します。いわゆる隠れオタクですね。

隠しているからこそ、ごく一般的な非オタクの男性ばかりが寄ってくるのです。しかし、当然ながらその関係はうまくいきません。オタクと非オタクカップルの末路は悲惨なものなのですから。あなたの周りにもいませんでしたか?誰から見ても美人なのに、浮いた噂がひとつもない。話せば常識もあって仕事もできるのに、なぜ彼氏ができないんだろう……?と。

そういう人たちの多くはオタク女子なんです。理想がものすごく高いがゆえに彼氏ができないという人もいますが、そういうひとは1割にも満たないでしょう。もしくはレズビアンの可能性もなくはないですね(笑)

そんな美人オタク女子だってほんとは彼氏が欲しいんです。でも異性に対してはオタク趣味な一面を微塵も見せようとしません。なのでオタク男子との出会いもまったくないんです。その矛盾を解決してくれるのが出会い系というわけですね。

つまり、自分の本性をさらけ出せないでいる美人オタク女子がたくさんいるんです。そして、オタク男子を求めているんです!!現実社会で美人女子としてすでに通ってしまっている私はオタク趣味をいまから打ち明けることはできないけど、最初からオタク女子としての私を受け入れてくれる人がいるのであれば……と考えているんです。

オタク男子からしたら最高ですよね。自分のオタク趣味を認めてくれるどころか、一緒になって楽しんでくれる。そして美人!そして美人オタク女子からしてもずっと今まで隠しててつらかったことを受け入れてくれる理想の彼氏がいる。まさに幸せすぎる二人なのです。

オタク趣味は自分は美人彼女どころか、彼女そのものが夢のまた夢……と思って最初から出会いを諦めていませんか?事実はその真逆なんです。行動を起こしたオタク男子はすでに美人なオタク女子を捕まえて、一緒にゲームやアニメをたのしみ、その夜は濃厚なセックスをして楽しんでいるんです。

そんなのずるい!!と思うなら、あなたも始めればいいんです。世の中には今まさに出会いを探している、オタク男子を探している美人オタク女子がいるんですから。あとは行動するだけです。彼女ができるオタクと出来ないオタクは、その差でしかないのです。

いま、出会いを求める女オタクが急増しています

いま、出会いを求める女オタクが急増していますオタクな皆さん、今が出会いのチャンスです。これはなにも男性に限った話ではありません。女性だってチャンスです。意外と……というよりは当たり前の話かもしれませんが、趣味に没頭するだけでなくリアルでも繋がり合える相手を探している人が目立つようになりました。

ゲームやアニメ・マンガ・コスプレなどいわゆる一般人がイメージするオタク趣味なものから、鉄道オタクや廃墟オタク・アイドルオタクにいたるまで様々なオタクが存在しています。

いろんなジャンルのオタクがいますが、ひとつ共通していることがあります。それはこの知識を語り合ったり、褒めあったり、時にはぶつかりあったり……そんなアツく語り合えるオタク仲間がほしい!と。

これは全オタク共通の願いなのです。多くのオタクたちはそういった仲間を見つけていますが、どうしても同性同士のコミュニティになりがち。そういった仲間と過ごす時間は楽しいけれど、やっぱり人間として生まれてきたからには恋人がほしい……。そんな密かな悩みを抱えるオタクはとても多いのです。

おれは恋人なんていらない!!なぜなら〇〇が恋人だからだ!!!と言い切れるような筋金入りのオタクもいるにはいますが、かなり特殊な例といえるでしょう。そういっている人たちは強がりであることが多いです。おれはモテないわけじゃない。ただ恋人なんかにかまってる暇はないのだ、と。そんな時間があったらもっと趣味に費やしたいのだ、と。

でも、実際問題としてそう断言してやまない人だって堀北真希に告白されたら恋人になりますよね? 目をうるませながらもじもじしつつ「好きです……」なんて告白してくる堀北真希を突き飛ばして、それでも二次元キャラを選ぶことが出来る人がいたとしたら、それはもはや人ではないナニカなんでしょう。もしくはホモです。つまり状況と相手次第によってはそんな決意など吹き飛んでしまうものなのです。そんな強がりで虚勢を張るのはもう終わりにしましょう。というより、そんな考えはもう時代遅れになっているのです。

オタク同士のカップルというのは最高にして完璧な恋人

皆さんうすうす気づいているかもしれませんが、オタクにとっての最高の恋人というのは同じオタク同士なのです。オタクが恋人を作らない(作れない)理由としてもっとも多いのが「自分の趣味を理解してくれない・やめさせられるかもしれないから」というものがあります。これは杞憂ではなく、本当に起こり得る事態です。

週末にしか休みがとれないけど、週末はイベントがあるからそっちにいきたい……。彼女は遊園地にいきたいらしいけど、そんなところに行ってもつまらないだけ。買い物だって服を選ぶのに無駄に何時間も付き合わされるのは退屈なだけ。それならこっちがアニメイトにいくときも何時間も付き合ってくれるのか!?くれないでしょ!

というように、致命的にやりたいことや一緒に過ごしたい形がすれ違ってしまうのです。これでは長続きするわけがありません。せっかくできた彼女だし手放したくはないから……とあれだけ好きだった趣味を手放して彼女の趣味に合わせたはいいものの、やっぱりどうしてもなじめない。そんな楽しくなさそうな貴方をみて、彼女だって楽しい気分ではなくなり、結果としては結局うまくいかずに別れてしまう……そんなのがオタクと非オタクカップルのあるある話です。

ところが、オタク同士のカップルならどうでしょう。行きたいイベントやショップも同じ。時間の過ごし方の理想だって同じ。お互いの家にこもりっきりでお互いに好きなゲームをしたり、マンガを読んだり、アニメを見たりしてるだけでとても楽しいです。この、気をつかい合わなくていい空間というのはほんとに居心地がいいんです。お互いに好きなことをしているけど、同じ空間を共有している。これだけで満足できますし、心の充足感が違います。

もちろん趣味が同じであれば、一緒に見たり遊んだりすればもっと楽しいですからね。ゲームオタクであれば協力プレイや対戦プレイをしたり、アニメオタクであれば一緒に鑑賞して感想を言い合ったり、コスプレオタクであれば男性は衣装をつくったりカメラを構えたりして、女性はそれを着たり撮られたりといった役割分担をするのもたのしいものです。

そして恋人同士であればもちろんセックスもします。そして、オタク同士のセックスというのはとてもアツいです。オタクというのはなにかに熱中することが得意な人ですからね。それこそ没頭してトランスしてしまうかのような濃厚なセックスを楽しめます。

もはやメリットしかないオタク同士のカップル。つくるとつくらないとでは人生における満足度が段違いです。始めるならオタク出会いブームが巻き起こっている今しかありません!!

出会い系サイト利用のFAQ

本日は、出会い系サイト利用のFAQを紹介します。

いったいどんな部分に注目すればいいの?
出会い系というのは無法地帯なわけではなく、きちんとした法整備がされています。大前提として、その法に則っていないサイトは非常に危険なサイトです。警察から注意を受けて閉鎖をするまでのわずかな間だけでも稼げればいい、という計画倒産のような出会い系サイトも多くあります。

まず、安全な出会い系サイトには五大要素として以下の項目があります。

  • 異性紹介業の届出(出会い系サイト規制法案)
  • 特定商取引に基づく表記(特定商取引法)
  • 電気通信事業者の届出(総務省への届け出)
  • 年齢確認義務(出会い系サイト規制法案)
  • 退会方法に関する記述

こう書かれても難しくてわかりにくいかもしれませんが、要はトップページの下部やサイド部分に「利用規約」や「会社情報・特定商取引法」といったリンクがすぐ見つかるかどうかです。きちんと会社の住所や電話番号、届出番号や認可番号などが載っているかどうかは必ずチェックをしてください。

いきなり見に覚えのない金額を請求されたりしませんか?
実際に、そういうトラブルはよく起きています。無料でポイントが使えていると思ったら実は後払い制度で多額の請求をされたり、初回のポイント購入のみ安い価格で、それ以降は法外な利用金額が設定されていたりと、その手口は様々です。

金銭トラブルというのは最も怖い被害です。必ず利用料金の項目は確認するようにしてください。1ポイントあたりの金額はいくらなのか?1通送信するたびにいくらかかるのか?女性のプロフィールを見る度にポイントがかかったりするのか?その設定はサイトごとに様々です。知らずに利用していると、あっという間にポイントが尽きることもあります。

退会できないサイトがあるって本当ですか?
退会そのものが出来ないサイトも一部ありますが、ほとんどのサイトは「退会方法がわかりづらい」サイトであることが多いです。

ログインして最初のページから1クリック以内に退会という文字が見当たらないサイトは注意したほうがいいでしょう。「設定」や「オプション」といった項目の内部にあることがほとんどです。

実際にサイト利用を始める前に、退会の手順だけは確認しておきましょう。そこですんなり退会ページに辿りつけなかった場合は、他のサイトを利用したほうが良いかもしれません。

出会い系誘導業社はありますか?
出会い系サイトのサクラも悪質ですが、予防は簡単。サクラのいる出会い系サイトを使わないだけです。

しかし、出会い系誘導業社の存在はなかなか面倒。

他の出会い系サイトに紛れ込んで自社サイトに誘導する悪徳出会い系業社がたくさんいるんです。

業社はどんな出会い系サイトにも必ずいます。女性会員として紛れ込んでくるので予防法がないんですね。

具体的な手口は以下の2つ。

  • メールアドレスを収集する目的で、「アドレス教えて下さい」と言ってくる
  • 他のサイトのURLを送って、「こちらでやりとりしましょう」と誘導してくる

例えば、女性のプロフィールにメールアドレスが書かれていたら、それは確実に業社です。なぜなら、女性がプロフィールにアドレスを載せるなんてありえませんから。

また、一通目でメールアドレスをいきなり書いてくるなんていうのも業社の可能性大です。

これまでの被害例はどんなものがありますか?

出会い系サイトで被害に遭わないようにするには、出会い系サイトを利用する前に、実際に騙された人にどんなポイントで引っかかってしまったのかを聞くのが1番です。

出会い系サイトで被害にあった人は金銭に絡んだものが多くなっています。

  • 「出会い系サイトから別のサイトに誘導され、高額なサイトに登録させられてしまった」
  • 「SNSをきっかけに出会い系サイトに誘導された」
  • 「間違いメールが届き、それに返信したら出会い系サイトに誘導された」
  • 「芸能人と名乗る人からメールが届いた。プライバシーが守られた空間で話がしたいと言われ、特定の出会い系サイトに誘導された」
  • 「出会い系サイトがきっかけだ ったが、実はキャバクラの女性ということが判明。もともと恋愛の目的ではなく、お店の勧誘だった」

上記のように実は出会い系サイト以外から勧誘されて、被害に遭っている例が目立ちます。

特に最近はTwitterなどのSNSを通じて勧誘や誘惑のメッセージを送りつけ、そこから出会い系サイトへの登録を促すというケースが目立っています。

こういった悪質な出会い系サイトは、受動的に待っているだけでは登録者が少ないため、SNSなどを通じて勧誘を不特定多数にしているのが現状です。

出会い系サイトは、評判の良いサイトを使うのが基本。ハッピーメールやワクワクメールなど大手の出会い系サイトを選んだ方が無難です。

大手の出会い系サイトは不特定多数の人にメールで勧誘したり、SNSを通じて勧誘することはありません。知名度のある出会い系サイトがこういう手段を用いては、あっという間に悪い噂が広まって運営中止になってしまいますからね。

知らない人からの紹介による出会い系サイトの利用は控えましょう。第三者を通じて出会い系サイトに登録するのではなく、能動的に自分から登録する意識を持ちましょう。

また出会い系サイトを通じて、「働いているお店に来てほしい」などと違った事情が少しでも垣間見れたら、その人とのやりとりは中止しましょう。

出会いではなく、単純に客引きです。出会いを目的にやっていないので、その人とのやりとりは無駄になる可能性が高いです。これは最悪の場合、出会いサイト全体でグルになっているケースもあるので注意しましょう。

サイトを利用する前に、のまとめ

  • 出会い系にもきちんとした法律とルールがある
  • 最初から短期間で潰す気で開設している悪質なサイトもある
  • 会社案内や届出番号などがすぐに見つからない場合は要注意
  • 利用料金の案内は必ずチェック。1ポイントあたりの値段や消費数も確認
  • 利用を始める前に、まずは退会する際の手順を探しておくこと

出会い系サイトにひそむ悪徳業者とその犯罪行為まとめ

出会い系での被害というとサクラを連想するかたが多いと思いますが、実はそれだけではありません。もっと凶悪で恐ろしい、直接的な犯罪に巻き込まれることもあるのです。

出会い系サイトにどんな犯罪が存在するか知っておくことによって、危険を回避することが大切です。知識をそなえておけば、それほど恐れることもありません。

本日は出会い系サイトにひそむ悪徳業者とその犯罪行為まとめについてご紹介します。

マッチングアプリに潜む悪質業者

 

Facebook連動型アプリやその他のSNSなどを通じて出会う男女も増えてきていますよね。

一昔前までは「出会い系サイト」という言葉が一般的に使われており、非常に危険なイメージが定着していました。しかしこうしたイメージを払拭するマッチングアプリなるものが登場したことによって女性ユーザーの支持率も急速に高まっています。

マッチングアプリは出会い系サイトのような「割り切り」「セフレ募集」といった要素は一切なく、清潔感のある健全な出会いを売りにしているところが最大の特徴だと思います。

しかしこのマッチングアプリを利用した悪質業者がここ最近急増しているのをご存知でしょうか?

悪質業者というのは簡単に言えば詐欺グループのような集団を指しますが、こういった業者が女性アカウントを使用して紛れ込んでいるのです。

出会い系だけが危険というわけではありません。注意してください。

LINEに潜む悪質業者

いまや日本国民にとってのインフラツールとして定着しつつあるLINEですが、こんな経験ありませんか?見知らぬ女性からのメッセージで「ひさしぶり!」や「はじめまして!」なんて親しげに始まる文章を。

例えばこんなメッセージです。迷惑メッセージ迷惑スパムとよばれていますが、無作為に電話番号で勝手に登録してくるので、初期設定のままではこれを防ぐことは出来ません。設定を変えれば防ぐことは出来ますが、そうすると本当の知り合いまでブロックしてしまうことにもなりかねないので実に厄介……と思うかもしれませんが、こんなのバレバレすぎてまずひっかかりません。

それにこの画面の右上にもあるように、不審なユーザーは即座に通報できるようになっているため、ものの数時間でLINEからその存在を消されていることがほとんど。無視しておけば実害はまずありません。

興味本位で書かれているアドレスをクリックしたりしないでくださいね。出会い系サイトに誘導されたとしても100%悪質なサイトですし、ワンクリック詐欺のサイトであったり、ひどい時にはウィルスが仕込まれているサイトであったりします。絶対に踏まないようにしてください!

このように、自社の利益になるように男を誘導する存在もサクラや業者の一部であるといえます。いかにも怪しく、わかりやすいのでまず大丈夫と思うかもしれませんが、引っかかる人がいるからこそこういう手口が絶えないのです。決してそのようなことにならないようにしましょう。

ネットワークビジネス

ネットワークビジネスにも注意してください。

目的はシンプルにお金ですが、それを悟られないように巧妙な手口で近づいてくるので非常に厄介です。

出会い系サイトが流行した時に話題となった「美人局」「サクラ」などの類とは異なり、素人女性と判断がつかないことも特徴の1つです。これまでの詐欺手口は、ポイントを稼ぐためにメールを引き延ばす、可愛い女の子が待ち合わせ場所に現れてラッキーと思っていたら実は美人局だった、トントン拍子に会うことになって行ってみたらデリヘル業者だった、などなど。

こういった内容がほとんどだったわけですが、近年、ネットワークビジネスを仕掛けてくる業者が増えてきました。

マルチ商法などと呼ばれることもありますが内容的には立派な詐欺の1種です。このネットワークビジネス、仕組みとしては対象となる商品を販売している販売員がマッチングアプリに登録、男性との出会いを探している素振りを見せつつも上手く男性会員を誘導、最終的に待ち合わせ場所に来た男性に商品を売りつける、という流れです。

また勧誘する女性は待ち合わせ場所に1人で訪れることが多いのですが、これは男性を安心させるのが狙いなので要注意。女性と食事をして仲良くなったところで、突然見知らぬ男性が数人現れて商品を購入するように促してきます。

半分美人局のようにも思える手口ですが、はっきりと意志表示をして断ることが大切です。また「密室で会いましょう」「すぐに会いたい」「いい健康食品があるの」などの言動が女性側から見られた場合は会うことを避けられた方がよいでしょう。

女性の出会い系サイト被害

なにも男性だけがサクラの被害にあっているわけじゃないんです。女性だって、悪質な出会い系サイトに騙されて何百万……時には何千万円と被害を被った事例も多くあります。

でも、これって男性からしたらちょっと信じられないですよね。だって、女性側が出会い系にかかる費用って何もかも無料じゃないの?と思う方も多いと思います。事実、一般的な出会い系サイトにおいて女性が料金を請求されることはほとんどありません。しかし、とあるサイトでは女性が出会い系に多くお金をつぎ込んでしまうシステムがあるのです。

それはどんなサイトかというと…ずばり、高収入の男性が登録しているという触れ込みの出会い系サイト。医者や弁護士、会社経営者など社会的地位も収入もどちらも認められた人だけが登録できる高級出会い系サイト!という謳い文句なのです。

この場合、そういった男性たちの利用は無料で、逆に一般女性たちがポイントを使ってやりとりをしていくことになります。しかし…もうお気づきの方も多いでしょうが、この男性たちというのはほとんどがサクラです。

「玉の輿を狙ってやる!もし捕まえられたらここで使ったお金も何倍にもなって戻ってくるはず!」と女性が意気揚々と課金をするわけですね。そんな見え見えの嘘にバカだなぁ…と思ってしまいますが、女性側もサクラに騙される男に対して全く同じことを思っているかもしれませんね。

その他にも、女性も十分に注意しなければならない項目はたくさんあります。

とくにいざトラブルとなった場合、体格的に劣りがちな女性は危機にさらされやすいです。

最初から女性を利用する目的で会おうとする輩も居ます。

出会い系で知り合う「犯罪カップル急増」か…警察関係者は「新たな社会問題の芽に」

 鹿児島県警鹿児島中央署は15日、男性に暴行を加えて現金を奪ったとして、強盗容疑で鹿児島市の無職の男(24)と住所不定の無職少女(17)を 逮捕した。2人は12日正午ごろ、同市の男性(21)宅に押し入って、男性を殴る蹴るなどしたうえ、部屋にあった財布から現金8000円を奪った疑い。容 疑を認めている。

同署によると、男と少女は、携帯電話の出会い系アプリを使って知り合った。少女と肉体関係を持たせた相手を脅迫する「美人局(つつもたせ)かどうかは捜査中」(同署)だという。少女は昨年12月に関東からやって来て容疑者と同居していた。
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/224717/

家出少女など、選択肢の少ない女性が狙われる傾向にあるようです。俺は男だから関係ないなと思うかもしれませんが、一概に無関係とはいえません。

そういったヒモのような悪い男の言われるがままに、美人局をやらされてしまう女性もいるのですから。強引だったり唐突すぎる出会いの話には注意しましょう。

ワンクリック詐欺

サクラの行為そのものというのは法律に照らして合わせてみると実にグレーな部分で留まっており、犯罪として断定することは難しいものがありますが、明らかな犯罪行為を行っている出会い系も中にはあります。

その中でも有名なのは、ワンクリック詐欺というものです。これはワンクリックしただけで、こちらの意思確認などをすっ飛ばして勝手に登録させ、なおかつ自動的にポイント購入や年会費等、料金が発生する行為を強制的に行い、利用料金を請求するというものです。

ただ、こうした請求に対しては当然ながら支払う義務はなく、こちらの個人情報を与えなければ全くの無害です。逆にメールアドレスや電話番号などを教えてしまうのは絶対にNGです。「この請求について問い合わせたい方はこちらまで」という風にしてなんとかして連絡させようとしてきますが、一切無視してください。

もし連絡してしまった場合はしつこいメールや電話などに悩まされるかもしれません。しかし、そういった場合になっても落ち着いて冷静に対処することを忘れずにいてください。追い詰められてパニックになり、支払うのを相手は待ち望んでいるのですから。

児童買春

出会い系がらみの事件で、一番多い犯罪をご存知でしょうか?それは前述した詐欺ではなく、実は児童買春罪なのです。

出会い系の大前提として、18歳未満は利用禁止となっていますが、実際は18歳未満の女子高生や女子中学生が利用しているケースが多々あります。これの恐ろしいところは、たとえ男性側が女性から自分は19歳と偽られていたとしても、実際に18歳未満であれば犯罪者になってしまう可能性があることです。

事前に免許書や学生書を確認し、そこで18歳以上と確認したにもかかわらず、その身分証が偽造だった場合などは全面無罪となりますが、実際にそのようなケースは稀です。メールや口頭で年齢を告げられる程度であることがほとんどでしょう。

嘘をつかれていたんだから自分は無実だ、と証言しても警察側の言い分は確認義務を怠った、ということになってしまい、罪に問われてしまうことがあります。

もし、若い女性と会う時に少しでも怪しいなと思った場合は、きちんと身分証を見せてもらうか、電話やメールなどでしつこく年齢確認をした証拠を残しておきましょう。そんなの野暮だし、嫌がられるからしたくないという気持ちもわかりますが、実際に児童買春罪で逮捕されている男性は大勢います。自分を守れるのは自分しかいないのです。

不貞行為

やはり出会い系なのですから、女性トラブルがとても多いです。始めから恐喝目的での美人局などもありますし、割り切りという名の援助交際もごく当たり前に行われています。(美人局については「美人局(つつもたせ)の傾向と対策まとめ」をごらんください)。

そして気をつけたいのは、人妻に手を出すこと。人妻とわかっていながら手を出した場合は、不貞行為として裁判沙汰になってしまいます。相手方の夫から慰謝料請求などをされた場合は、支払わなければならないことになります。

このケースについても知っていたか、知らなかったか、故意過失が焦点になります。トラブルを避けたければ、最初から人妻と名乗っている女性には手を出さないでおくべきです。たとえ人妻だったとしても、独身と偽っていたことが明白であれば、責任を問われる可能性は低いです。どちらにせよ、相手の状況をきちんと確認しておいて損はありません。

女性と出会い系サイトで知り合いセックスフレンドになるために絶対必要な最低限度の知識

これからお話するのは女性と出会い系サイトで知り合いセックスフレンドになるために絶対必要な最低限度の知識です。

世の多くの男性は、最低限度のことがまったくできていません。

逆に、この最低限度のことをこなしていくだけで、この出会い系サイト市場で、わたしたちは圧倒的に有利にゲームを進めることができます。

ぜひとも、このすべてに注意を払って、出会い系サイトを楽しんでください。

プロフィール

登録したからには早く会いたい!どんな女性が居るかみてみたい!っていう逸る気持ちを抑えきれないのはよくわかるのですが、それはNG。

まずはしっかりとプロフィールを書いてください。これが最初にして一番大事なポイントなんです。

初対面で誰かと会った時に、まずどこを見るかといえば顔ですよね。何か無精髭がボウボウだなとか、化粧が濃すぎだろとか、いろんなことを思いますよね。出会い系でそれにあたるのがプロフィールなんです。

なにも面白いことやカッコいいことを書く必要はありません。ただ、きちんとしたプロフィールであればそれでいいのです。
裏を返せばきちんとしたプロフィールを書いていない男性の何と多いことか。

はじめまして。よろしくお願いします。

だけしか書かれていないプロフィールなど、ゴミ以下です。

きちんと自分の身長・体型・年齢・趣味・目的、などを書くだけですでに他の男性陣よりも何十歩もリードした状態で進められることが出来るんです。

メールを書く

出会い系サイトは、たくさんの女性が登録しているからきっと誰か見つかるだろうと思い込んでいませんか?

たくさんの女性が登録していることは事実ですが、あなたのお気に入りの女性があなたに振り向いてくれるかどうかは全くの別問題です!

それなりの女性をゲットするためには、努力あるのみです。

周りの男性と差をつける「ワンランク上のメールテクニック」をご紹介していきます。

このテクニックを身に付けておけば、セフレ製造においては、向かうところ敵なしです。早速、ご紹介していきますね。

よりリアルを求めて!具体性のあるメールがモテる

出会い系サイトを利用する女性は、比較的メールでのやり取りになれています。

「あー、この人手抜きしている感じだな」「この人は結構真剣に私と向き合ってくれてるな」など、女性はかなり敏感なのです。

ですから、男性が女性に送った社交辞令満載のメールはすぐにばれてしまいます。

例えば「いいお店あるから、今度一緒にいかない?」「今度ご飯でも行こうよ」などというメールを送っても、イマイチ行く気になれないのは、あなたの本気度が伝わって来ないからだと思いますよ。

そこで他の人と差をつけて、ワンランク上のメールを送りたいなら、もっと具体的な内容で送ってみましょう。

例えば

「この前テレビで本場イタリア仕込みのピザを出すお店が特集されていて、すごく美味しそうだったんだ。もし、◯◯ちゃんがピザを好きなら一緒にどうかな?最寄り駅が渋谷だから、帰りの電車の乗り換えも楽だと思ってさ。」

と送ってみるのです。

このメールには、3つ魅力的なポイントがあります。みなさん、分かりますか?

ポイント1、お店が具体的

ただ食事に誘うだけではなく、どんなお店なのか?どうして自分が行きたいと思ったのか? をきちんと明記しています。
他の女の子と一緒に行った場所ではないことを、きちんとアピールしておきましょう。

ポイント2、質問をしている

「一緒にどうかな?」と相手にYesとNoを委ねるような聞き方が大切です。謙虚な聞き方をすれば、きっと相手が気分を害すことはありません。

ポイント3、相手の帰りの心配をしている

出会い系サイトを利用して初めて会うとき、多くの女性が「何か良からぬことがあったらどうしよう……」と不安になります。しかしながら、会う前から女性の帰りの電車のことを心配してあげれば、きっと女性のあなたに対する信用も高まります。

メールの誤字脱字をしない

メールの内容云々以前に、メールに誤字脱字、言い間違いのある男性が多すぎます。

不注意で、落ち着きのない男性に見えてしまいます。

無礼なメールを送らない

いきなりのタメ口・直アド要求など、とにかく無礼なことばかり言っている人がいます。もちろん仲良くなってからフランクになるのは良いことですが、最初は最低限の礼儀をわきまえてください。

初デートで嫌われてしまう男性の行動

出合い系で知り合った女性との初デート。当然のことながらHは確実としても、何だったら2回目3回目……セフレ関係までもっていけたら御の字…と思う男性が多いのではないでしょうか?

とは言え、いくらヤル気満々でも、相手の女性から初デートで嫌われてしまったら次はおろか、今回だって途中解散の恐れもあります。

初デートで嫌われてしまう男性の行動を覚えておき、余計な悪印象を残さないように気をつけましょう。セフレ化はその先にあります。

デートまでのやりとりが曖昧

男性のみなさん、デート当日だけが勝負と思っていませんか?

まずはその考えを改めるべきです。

女性は、デートまでのプロセスを重要視しています。

それまでのやりとりが、当日のテンションを大きく左右するものなのです。日程からお店の決め方まで、こちらが主導権を握りつつも相手の意見をちゃんと聞くようにしているでしょうか?

ポイントは「選択権を与えること」です。

「どこのお店にしようか?」でなく「A店とB店ではどちらが好み?」といった具合です。

相手が当日楽しみで仕方ない!というプロセスを踏めばこっちのもの。逆を言うと、マイナスのスタートになってしまいます。女性の返信に対して早すぎるということはありませんので、レスポンスよく対応していきましょう。

待ち合わせに遅れる

社会人であれば時間厳守が当然。もちろん、女性が時間に遅れても責めてはいけません。わたしたちは、自分が我慢する代わりにセックスを要求しているのですから。

食事のマナーが悪い

女性と会うと、最初は食事でしょう。そのときにくちゃくちゃ音を立てて食べてはいけません。皿の上に食べ物を汚く残してはいけません。店員への態度が横柄ではいけません。

清潔感に欠けている

会った時の第一印象で、女性は「清潔感のあるなし」を瞬時に察知します。古くから清潔感のある人はモテる、そうでない人はモテないと言われるほどの最重要ポイントです

しかし「清潔」と「清潔感」は違います。例えるなら、前者は「洗濯してあるシワシワのシャツ」、後者は「洗濯してないがパリッとアイロンされたシャツ」です。

悲しいことですが、後者が圧倒的に見栄え良く、モテます……これが現実です。

第一印象で「清潔感に欠ける人」と思われてしまうと、全ての仕草や行動がそう見えてしまうのは損!

貧乏くさい、器が小さい男…などマイナス要素ばかり連想されてしまい、次があるはずなどありません。まずは「清潔感」にはこだわりましょう。

年相応の服装でない

ファッションセンスに関して、悩む男性は多いと思います。

これは女性にも同じことが言えますが、こと男性については「センスが悪い」ことに対しては非常に風当たりが強いです。

このセンスの悪さはズバリ「年相応の服装をしていない」ことに原因があります。

例えば、体型が変わらないからと、学生時代の服をそのまま着ていたりしませんか? また、それなりに収入はあって小物は高価なものを身につけているのに、服は無頓着すぎませんか? 初デートで相手の服装を見て「帰りたくなった」また「スーツは格好いいのに私服はがっかり」などはよく聞く話です。

「美魔女」という言葉がありますが、受け入れない男性も多いですよね? あれも年相応でないからゾッとするのです。

それと同じと思えば、気を付けなくてはなりません。

お店選びがズレている

いきなりラブホに行く前に…まずはレストランやカフェでワンクッション置く男性も多いはず。とは言え、その「お店選び」も次があるかないかを大きく左右するポイントです。

相手の好みなんかわからないよ、トレンドのお店なんて知らないし……という声が聞こえてきそうですが、女性が求めているものはそういうことではありません。「身分相応で安心して食事が楽しめる店」であればどこでも良いのです。

前述したように、お店を決めるにあたってレスポンスよくやりとりしていれば、難しいことではないはずです。初デートだからといって気合を入れすぎて場違いな高級店ではボロが出ますし、逆に自分が行きつけの定食屋などは言語道断です。

女性は「お任せします」という言葉をよく使いますが、それには「こちらの意見も汲んだ上で」という前置きがあることをお忘れなく。

自分の話ばかりしている

さて、いよいよリアルな対面なわけですが、とにかく盛り上げようと一所懸命話したのに、相手が全く楽しそうでなかった……と言う経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そうです、相手はあなたの話を聞きに来たのではありません。2人の時間を楽しむために来たのです。「清潔感」同様、女性にモテる大きな要素が「話を聞くこと」です。

うんうんと相づちを打ちつつ、共感されることを女性は求めています。「女性が悩みを相談するのは、解決して欲しいからではなく聞いて共有して欲しいから」という言葉がありますが、正にこれです。聞くだけ、で良いのです。

女性が話に夢中になり料理に手をつけず「あったかいうちに食べよう」なんて会話が展開されるのがベストですね。

支払いがスマートでない

ホテル代は当たり前にしても、食事やお茶でも、まずは男性が全額支払う意志を見せましょう。その後女性がどういう行動に出るかは別ですが、まずは奢る…という姿勢を見せることが大切です。

いきなり「割り勘でいいよ」「2000円で良いから」などと言ったことはありませんか?

いくらホテル代を出してもらうとは言え、正直女性はドン引きです。そしてもちろん次などありません。

心の中では「何様だよ?」「セコイ」などと思われ、翌日は女友達の間でネタになっていることがオチです。

また、支払いのタイミングも重要です。「今日は全部奢るから」などのセリフがかっこいいと思っていませんか?女性にとっては頼み辛いだけですよ。最初は会計時にさらっと「支払いはこちらでするよ」だけで良いのです。

ラブホでグダる

やっと本番のセックスに持ち込むとき、気をつけたいのが恥ずかしさからグダる行動。正直、出会い系でデートをする女性だって、ぶっちゃけてしまうと”ソノ気”です。しっかりお風呂にはいって、お気に入りの下着をつけて、準備完了の臨戦態勢で挑んでいます。

そこで、恥ずかしがっていつまでもラブホに入ろうとしなかったり、部屋選びにまごついたり、満室や他のカップルと鉢合わせしてオロオロしたり……。

このような行動を見て、女性は一発で「器の小さい男だ」と感じてしまいます。

ましてや部屋に入ってから、どうしていいかわからずDVDやカラオケ、マッサージに関心を抱くのはNG行為。ここまで来たら、本能の赴くままに行動していくほうが男らしさをアピールできます。

「次の展開」を意識しすぎ

意外に多いのがHが終わった後「また会える?いつ会える?」などと展開を 焦ること。このような方はいませんか?

やんわり断られてさらにがっかり、なんて方も多いはずです。それもそのはず、まだ1回目のデートであって、セフレができたわけではありません。

誘われた女性にしてみれば「ガツガツしている」「自分が安っぽく見られたのでは」のマイナス要素しか残りません。まだ始まったばかり、最初はサラッと解散して、次回の展開に策を練ったりドキドキしたりするのが恋愛の醍醐味です。

女性によっては一期一会なワンナイトを求めていることもあります。

とは言え、帰ったらお礼の連絡をまず行いましょう。相手が前向きな気持ちなら、スムーズに2回目の約束へとつながるはずです。

良い話はテンポ良く進みますし、次がなければいつまでたっても進まないものなのです。急がば回れ、という言葉があるように、最初はさっと切り上げるのが賢明です。

ぜんぜんリードしてくれない

草食系といえど、食われっぱなしなのもつまりません。それに、たまにはこちらがリードすることで「草食系のくせに生意気…!でも感じちゃう…!」といったシチュエーションを与えることになり、よりこちらにハマってくれたりもしますからね。

リードするのはどのタイミングでもかまいません。それがデートであろうと、食事中であろうと、セックスであろうとです。

食事を注文するときに女性任せにしているのであればたまには自分でスタッフを呼び、さらさらと注文をしてみましょう。それだけで女性は「今日はなんか違う」と思ってしまうんです。

いつもと違うことをする。というのが女性を楽しませるコツです。そういう意味では、こちらがリードしてばかりだとちょっと退屈に思えてしまうのが乙女心というもの。

そこで、あえてセックスの時にはリード権を女性に譲ってみたりするのもオススメです。男たるもの、セックスの時にこそリードしないでどうする!という声が聞こえてきそうですが、なかなかいいものですよ?

特に、騎乗位は気持ちよくないから嫌いという男性がたまにいますが確実に間違っています。それは本当の騎乗位を知らないだけなんです。

フェラについても同じことが言えますね。口だけのフェラじゃイケない、なんてことはありません。

そういった「されること」についての本質を教えてくれるのが、 肉食系女子の誰しもが内に秘めて持つ精神ですね。

セフレ扱いをする

さらにその後、もしもセフレ関係になったとしてもセフレ扱いしてはいけません。

女性はセフレという関係には憧れていたりしますが、セフレとして扱われることは嫌がるものです。

完全な矛盾ではあるのですが、多くの女性はこう思っています。

セフレは欲しいけどセフレ扱いはされたくない

じゃあ実際どうなるとセフレ扱いになるの? といえば、単刀直入に「きみとはセフレの関係だから」と告げてしまうのは絶対にNGです。

たしかにセフレっぽい関係……っていうかまんまセフレの関係なんだけど、面と向かってセフレと言われるとすごく冷めてしまう。女性というのはそういうものなのです。いざ探している段階で「おれとセフレにならない?」なんてのは論外です。

男が言うセフレというのは「男にとって都合のいいセックス相手」であって、女性が求める「友達だけどエッチもしちゃう関係」とは違うのです。

だから、セフレと長続きさせたい場合はたまにはデートなどもしてみるといいでしょう。そうすることで君とはセックスだけの関係ではないんだよ、というメッセージを込めることが出来ます。逆にいえば、とりあえずキープはしてるけど特別そこまで大事でもない相手でしたらデートする必要はありません。基本的にセフレとのデートって面倒ですからね(笑)でも、長続きさせたいと思わせてくれるほど魅力的な女性でしたらきっと楽しいデートになることでしょう。

そんなお気に入りの女性とのデートのあとはあえてセックスしないという手も有効です。セックスはせず、最後にキスをしてお別れ。そんなまるで恋人同士のような1日だった、というデートは女性の胸をキュンとさせるものなんです。女性というのはいくつになってもいつになってもトキメキを欲しがるものですからね。そういう普段と違うことをするというのが長続きさせるコツだったりします。

でも、そういう面倒な恋人同士の関係が嫌でセフレを探しているのに……それじゃ本末転倒じゃないか、という人もいるでしょう。そういう場合は、たとえば、人妻セフレを狙うといいですね。人妻セフレなら、何も言わなくてもセックスだけの関係であることが事実としてなりたつわけですから。まさに男にとって理想の都合のいいセフレとして付き合ってくれるでしょう。見つかる確率は低くても、見つかりさえすればほぼ確実に都合のいいセフレになってくれるというのは大きなメリットですよね。

たくさんいるふつうの女の子をだましだましセフレとして扱っていくか、人妻セフレとセックスをたのしむか。あるいはその2タイプを同時に平行するというのが一番いいかもしれませんね(笑)

 

セフレをゲットするために必要なこと

セフレは最高ですけど、探すのは難しいですよね。

でもいまや、インターネット、携帯電話からのネット接続の普及によって自然と出会い系サイトが生まれ、もはや、若い世代で「出会い系サイト」という言葉を知らない人がいないほど認知されるようになりました。

このチャンスを生かさない手はありません。

実生活で、「セフレになってくれませんか?」なんていきなり言うわけにはいきませんからね。ぜひ出会い系サイトを利用してセフレをゲットしてください。

もしあなたがセフレを作りたいと思っているなら、これから教えるテクニックを役立ててください。成功すること間違いなしです。

セフレ希望の女性の考えていること

セフレ希望の女性は何を考えているんでしょうか?

体と心の隙間を埋めたい。

それが答えです。

綺麗事かもしれませんが、本当に体だけという女性は少ない。

やっぱり女性は愚痴を聞いて欲しい。その上で抱いて欲しいんです。

そのことを念頭に置いて親身になって相手の話を聞いてあげてください。

出会いに必要なのは「

出会いを求めているみなさまに一つ、アドバイスします。

出会いに必要なのは「」。

これ覚えておいてください。

心?

なんだそれ?

  1. んなもん必要ないわ、テクニックでいかにオトすかだろうが!
  2. テクニックも心も必要ない!必要なのは金だけ
  3. 俺くらいイケメンだったら、テクニックも金もいらないさ
  4. 地位も名誉もある。それだけで女はついてくる
  5. デートスポットもたくさん知っている、飽きさせない自信がある

どれかに当てはまりますか?

いやあ、それで通用する人もいますよ、それは。でもね、出会い系で自分の強みを出したところで、それアピールする前に終わっちゃうんです。1も2もそう。女性は出会い系でイケメンなんて求めてないし、エラそうなオヤジもいらない。

自分の手が触れる範囲まで女性を引っ張り出す。そこまでが勝負です。まずは現実に出会わなければ話になんない

そのために必要なのは金や地位でもないし、テクニックでもない。

大切なのは相手を思う心です。

なぜかっていうと、相手は結局心ある人間だし、社会に生きているから。

信頼関係を作るのが一番大事。相手はまず信頼できる人間か、そうでないかを吟味しますから。

金や地位は信頼につながりますけど、出会う前にそれどうやって相手に伝えるのって話になりますし、もし出会う前にそんなもん見せびらかしたら悪用されますね笑。

そもそもネットを使ってやり取りしているってことは、まずは相手の心をつかまなきゃ話になりません。

心を満足させてあげて、気持ちよくさせてあげるしかない

まずは話を聞いてあげてあげる。

求められてないのに自分の話したり、自慢したり、愚痴言ったり、悪口ったりしたらアウトですね。後味が悪くなるので。

  • 相手の興味のあること、好きなことを聞く
  • 自分のエゴを捨て、相手を褒める、感心する、正当化する

正当化するってのはポイントで、自分の中でいくら「無いな」と思っていても、まずは否定せず、正当化します。

結局ネットはでのやり取りは、相手の心とやり取りするしかありませんからね。心がつながらないと会おうって気持ちにはならないので、セックスまで絶対行かない。

まずは練習するしかないでしょう。生身の女性で。近くにいるはずです。学校、職場。習い事をするのもいい。

女性の心を気持ちよくさせてあげる練習をしましょう。

  • 話を聞いてあげてあげる
  • 相手の興味のあること、好きなことを聞く
  • 相手を褒める、感心する、正当化する

最初は気持ち悪がられちゃうかもしれないですけど、それは慣れてないから不自然なだけ。違和感なく、自然とできるようになればいい。そん時は出会い系を使うまでもなく、モテ男になれます。

心をつかむのは結局、テクニックじゃない。心です。

カラダの関係になるために、まずはココロでつながりましょう!

世の中には大人の出会いを希望している女性がたくさんいる

世の中には、大人の出会いを求める多くの女性がいるのです。

出会いのためにはとりあえず、いろいろな出会いサイトに登録してみる必要があります。

必ず、捨てアドで登録無料のサイトに登録してください。

特に人妻系の出会いサイトがお勧めです。

出会い系なら人妻が最高です

体の関係を希望しているなら、人妻が最高です。

人妻が出会い系サイトを利用する というのは、目的がエッチ以外にはないわけですからね。

さらに、人妻の中には夫とのセックスレスが理由で、サイト登録している人が少なくありません。夫婦間での性生活に不満を持っていて、セックスがしたくて出会い系サイトを利用していますから、人妻にとっても出会ってからすぐにエッチするのは、むしろ願ったり叶ったりなわけです。

家庭のある人妻ですから、リスクを嫌います。出会い系サイトを通じて知り合った男性とは大人の割り切った関係であり、後腐れがありませんから、人妻にもベストな選択になるのです。

実際人妻女性が望むセックスとは?

これは相手の経験がカギになります。経験豊富な人妻なら、欲望を出し合い、お互いが満足するセックスをすれば良いのですが、重要なのは、経験のない人妻の場合。遊んだ経験も少ない人妻の場合は、あなたに身を任せています。つまり、あなたが思うように調教ができるのです。MかSか…それもあなたが決めればよいのです。

あなたの思うままに調教したら、人妻とお互いに秘密を増やしていくことによって、人妻の楽しさというものがどんどん理解できます!そのあとは、欲望のままに楽しんでください。人妻との出会いは簡単なので、即ハメも夢じゃありません。

せっかくセフレという関係なのですから、それを活かさないともったいないです。

たとえば、夫婦だったり恋人同士だったりすると、その関係を壊してしまうのではないか……という思いから、なかなか言い出せないことってありますよね。

それはこういうプレイをしてみたい、されてみたい、という性的な欲求ですね。

ちょっとしたソフトSM程度であれば配偶者を誘うこともできますがおしっこを飲んでみたい、アニメキャラのコスプレをしてほしい、というのはちょっとハードルが高いですからね。そういう場合でも気軽に相談出来るのが、セフレのいいところです。

これは相手の経験がカギになります。経験豊富な人妻なら、欲望を出し合い、お互いが満足するセックスをすれば良いのですが、重要なのは、経験のない人妻の場合。遊んだ経験も少ない人妻の場合は、あなたに身を任せています。つまり、あなたが思うように調教ができるのです。MかSか…それもあなたが決めればよいのです。

あなたの思うままに調教したら、人妻とお互いに秘密を増やしていくことによって、人妻の楽しさというものがどんどん理解できます!そのあとは、欲望のままに楽しんでください。人妻との出会いは簡単なので、即ハメも夢じゃありません。

せっかくセフレという関係なのですから、それを活かさないともったいないです。

たとえば、夫婦だったり恋人同士だったりすると、その関係を壊してしまうのではないか……という思いから、なかなか言い出せないことってありますよね。

それはこういうプレイをしてみたい、されてみたい、という性的な欲求ですね。

ちょっとしたソフトSM程度であれば配偶者を誘うこともできますがおしっこを飲んでみたい、アニメキャラのコスプレをしてほしい、というのはちょっとハードルが高いですからね。そういう場合でも気軽に相談出来るのが、セフレのいいところです。

セフレならではのトラブル

ただ、セフレならではのトラブルというものもあります。

それは……どちらか片方が、恋人であると認識してしまう場合です。

こっちとしてはあくまでセフレであり、正式な恋人同士になるつもりはないにもかかわらず相手方は恋人同士だと思っており、デートや旅行、プレゼントを要求してくるパターンですね。

出会い系で知り合った女性とこうなってしまうと…かなり厄介です。
そういった女性はしつこい場合が多いですからね。

出来れば事前にはっきりと、恋人関係になるつもりはないと伝えておくのがベターでしょう。