主導権を握って女性を思い通りにする方法

「デートまで行ったのにセックスまで発展しない」とか「セフレがすぐ離れてしまう」など、せっかく女性と出会っても、その後が上手くいかなくて悩んでいる男性は多いものです。

女性があなたを手放さなくなるテクニックは色々ありますが、中でも、モテる男性のほとんどが無意識に使いこなしているのが「主導権を握る」というテクニックです。

「聞いたことあるけど、難しそう」と思うかもしれませんが、コツを掴めば簡単にマスターできるものなのでご安心ください。

では、早速お伝えしてきましょう。

恋愛で最も重要なのは「主導権を握ること」

女性は、どんな男性を求めていると思いますか?

  • 優しい
  • お金もち
  • イケメン
  • 高学歴
  • お洒落

でしょうか?

どれも女性にモテる要素ではありますが、もっと、本能的に惹かれる要素があります。

それは、リードしてくれる男性です。

「えっ?そうだったの?」と、拍子抜けした人もいるかもしれませんが、女性は、「男性に従いたい」という欲求をもっています。そのため、自分を引っ張ってくれる男性に、知らず知らずの内に惹かれていきます。

「でも、リードってどうすればいいの?」
と思う人も多いと思います。

一言でいえば、あなたが主導権を握ること、これが最も女性に効果的です。

では、主導権を握るには、具体的にどうしたらいいのでしょうか?

恋愛の主導権を握る具体的な方法

主導権を握るにはさまざまなアプローチがありますが、ここでは誰でも簡単にできる方法をご紹介します。

選択肢を与えて、女性に選ばせる

それは、女性と会話をするときは、選択肢を与えて女性に選んでもらうということ。

たとえば、こんな感じです。

デートのお店選び

◎良い例 「○○って和食と、××ってイタリアンのお店が美味しいみたいなんだけど、どっちか行ってみない?」

×悪い例 「〇〇って和食が美味しいみたいだから、そこに行こうよ!」

お酒選び

◎良い例 「ここのお店はオリジナルカクテルか日本酒が人気みたいだよ。〇〇ちゃんどれにする?」
×悪い例 「はじめはビールでいいよね?」

メニュー選び

◎良い例 「ここは〇〇と△△が美味しくておすすめだよ。どっちか食べてみる?」
×悪い例 「おつまみは〇〇と××でいいよね?」

といった具合です。

どうですか? 簡単ですよね?

簡単すぎて、「もっと凄いテクニックを教えてくれると思ったから読んだのに、残念です!」と怒りを感じる人もいるかもしれません。

ですが、意外とできている男性って少ないものです。

悪い例にあるように、
「〇〇にしようよ」
「××でいいよね?」
みたく、言い切っている男性が多いんです。

これをすると、女性に、
「自分勝手な人」
「強引な人」
というマイナスなイメージを与えてしまいます。
これでは、主導権を握るどころか、二度と連絡がこない可能性もあります。

このテクニックは、テレビで話題のお店、ぐるなびでも口コミレビューが高い、友人の女性からおすすめされたなど、リサーチして選んだお店であっても、同じことです。

あなたがどんなにいいと思っていても、最終的には女性に選ばせてあげてください。

女性に気づかれずに主導権を握る

「判断を女性に任せるなんて、女性に主導権があるような気がする」
と思った人もいるのではないでしょうか?

そのような方も、安心してください。
はじめはそのように感じるかもしれませんが、最終的には、あなたが主導権を握れるようになります。

その理由を少しお話ししますね。

少し考えてみてください。たしかに最終的な判断は女性がしますが、提案内容は男性が決めていますよね?

あなたが「A、B、Cどのプランがいい?」という提案をしたとして、
女性は「B(もしくはAorC)がいい」と、その中の1つを選ぶわけです。
大抵の女性は、EとかZの他のプランは言い出さないものです。

つまり、

『選択肢を与える ⇒ 女性がその中の1つを選ぶ』

ということを繰り返していると、女性は「あなたが提案した選択肢から選ぶ」ということが当たり前になり、そのことに抵抗感を持たなくなります。一種の洗脳ですね。

もっとわかりやすく言えば、女性はあなたが用意した選択肢からしか選べないとなるわけです。

一見、女性が判断しているように見えますが、実は、女性をあなたの望み通りに誘導できているわけです。つまり、主導権はあなたが持っている、ということになりますね。

ホテルの誘いも簡単に

最終的には、「ホテルと俺の家〇〇ちゃんはどっちがいい?」とセックスに誘ったとしても、女性は選択肢の「ホテル」と「家」のどちらかを答えようとしてしまうのです。

「そんなわけないじゃん!」

と思うでしょう。

しかし、人の心理は恐ろしいもので、主従関係が確立されていれば、たとえセックスの誘いであっても選択肢の中から返事をしてしまうものなんです。

いかがでしたか?

今回ご紹介した方法をマスターすれば、女性に気づかれずに主導権を握れ、あなたの進めたい方向へ女性を誘導できるようになります。

女性を誘う時は、必ず選択肢を与える必要がある、ということをしっかり覚えて実践していきましょう。

女性を恋愛モードに切り替えるポイントやおすすめの場所

せっかく女性とデートしても、「いい人どまりで終わった」という苦い経験はありませんか?

なぜ恋愛関係まで発展しなかったのでしょうか。

答えは簡単で、女性が恋愛モードにならなかったからです。

そこで今回は、女性を恋愛モードに切り替えるポイントやおすすめの場所をご紹介します。これらを実践すれば、デートの後に「ごめんなさい」ということはありえません。
できます。

一度恋愛モードに切り替わりセックスをしてしまえばセフレ化はすぐそこにあります。

恋愛モードに切り替えるポイント

女性を恋愛モードに切り替えるには、錯覚を起こさせる必要があります。あなたと2人でいるときに恋人といるような感覚に陥らせるのです。

  • 「恋人同士しか行かないような場所」に行く
  • 「恋人同士しかしないようなこと」をする
  • 「恋人同士しか言わないような言葉」を言う

など、彼氏彼女しかしないようなことをデート中にすれば、女性は疑似恋愛をしているような錯覚に陥り、恋愛モードのスイッチが入ってしまうのです。

これをデートに取り入れないと、「いい人」「いい友達」で終わってしまう恐れがあるので、これからご紹介することをしっかり頭に叩き込んでおきましょう。

密室の空間!『ネットカフェ』

デートで食事を終えてその後に時間がある場合は、ネットカフェに誘うのがお勧めです。

このとき、
「仕事で資料を作らないといけなくて、今日中に下調べの資料をプリントしたいから、少しネットカフェに寄ってもいい?」
というような誘い方がベストです。あくまでも、きちんとした用事があることを伝えましょう。

何もなくただ「時間余ったし、ネットカフェ行こうよ」と誘ったのでは、女性は警戒して帰ってしまう可能性もあります。

個室をとる

ネットカフェに入ったら、2人で使える個室を選んでください。時間は1時間。このとき「資料プリントしたら出ようか」と一言いっておくと、女性を安心させることができます。

個室に入ったら、まずはあなたの仕事をします。作業時間は15分前後を目安に終わらせましょう。あまり長いと、女性をイライラさせてしまいます。これが終わったら、この密室の空間を使って、恋愛モードに切り替えるワザを使っていきます。

パソコンで動画やブログを見る

Youtubeなどの動画サイトで面白い動画を見たり、芸能人のブログやツイッターを見るなど、まずは、2人で1つのパソコンを見ながら楽しみましょう。気づくと、かなり近寄った姿勢でパソコンを見ているはずです。これにより、あなたが近くにいることに抵抗感がなくなります。

また、1つのパソコンを2人で見ることで、女性は、あなたの家に来ているような錯覚に陥る効果も期待できます。

横になる

少し動画を見たら、「疲れた~」といって、寝っ転がってみましょう。女性は狭い空間の中で、横になっている男性を見ると、恋愛モードに入ってしまいます。

このとき、女性も一緒に横になったら、恋愛モードに入った証拠。「何かしてください」とアピールされているようなものです。女性の手を握ったり、頭に触れたりしてスキンシップしてみましょう。スキンシップを嫌がらないなら、キスまで進んでもOKです。

ネットカフェはキスまで

ここでムラムラしてきても、ネットカフェではセックスしないこと。イケそうな雰囲気になったとしても、服を脱がせる段階になって「ごめんなさい」と言われるのがオチです。

女性はネットカフェでのセックスを嫌います。「ホテル代をケチられてる」とか「ザツに扱われる」と感じるので、女性のプライドが許しません。女性にセックスする気があっても「ネットカフェなんかですまそうとしないでよ」という気持ちから断られてしまうのです。

セックスできそうなら、ネットカフェを出て、女性の気分が冷めないうちにホテルに直行すること。女性もホテルならセックスを断らないものです。ホテルで思う存分セックスを楽しみましょう。

定番のデートスポット『夜景』

恋人同士の定番のデートスポット「夜景」。夜景の見えるデートスポットは、暗くて目立たないためイチャイチャしてるカップルがほとんどです。その中に混じると、その雰囲気に流され、「恋人同士のような錯覚」を起こし、恋愛モードに即スイッチが入ります。

夜景を見る場所は、イチャイチャしているカップルのそばに行くことがポイント。隣のカップルが抱き合っていたり、キスをしたりしてると、自然とあなたと女性も「恋人モード」になっていくのです。

女性は暗いと大胆になる

また、夜景は周りの人の顏がハッキリ見えないことも重要なポイントです。

女性は誰しも、何かしらのコンプレックスを抱えています。例えば、目や鼻、歯などのパーツや体型など……。暗くて人の顏が見えないと、自分のコンプレックスを見られていない安心感から、女性は大胆になるものなんです。セックスのときに女性は電気を消したがりますが、それも同じ理由からきています。

また、周りに人がいる環境でキスしたり抱き合ったりするので、「淫らな状態を他人に見られている」という状況が女性を一層興奮させます。

面白い男にこそ、女は股を開くのだ!

男を大まかに分けると二種類に分類できます。面白い男と面白くない男です。今、家にいる人はテレビをつけてください。きっとお笑い芸人が映っているはずです。彼らが全員、イケメンですか? 答えは否です。ブサイクな顔面をイジられるような人たちが、びっくりするくらい美しい奥さんをゲットしているという事実があります。それはひとえに彼らの面白さがなせる業なのです。

容姿を言い訳にしていては永久にモテません。ブサイクだろうが普通だろうが、そんなことは関係ないのです。ルックスが気にならなくなるような、面白さを身につければいいのです。「そんなこと言っても、自分には笑わせる技術などないし……」と、お悩みの方もおられるかと思います。でもご安心ください。笑わせるのは話術のみにあらずです。

ファーストメールのインパクト

出会い系で重要なのは最初のメールです。

ここでどれだけライバルたちから、抜きん出ることができるかが問われます。こだわってほしいのがタイトルです。当たり障りのないことは、絶対に書いてはいけません。

「はじめまして」で始まるメールがどれだけあることでしょう。出会いを求める凡百の男たちを蹴落とすためにも、まずは相手の心を掴める出だしを書いてください。映画でも最初の15分で退屈だなと感じたら、その続きを見たいとは思わないはずです。

まずは相手のプロフィールをじっくり見てください。

例えば狙っている女性の趣味が料理作りだったとします。それを考慮した上で、少しユーモアを入れたメールを送るのです。「急募!今、俺は愛に飢えて餓死寸前です!誰か肉じゃがを作ってください!肉じゃがで助かる命もある!!」と切迫したメールを送信しましょう。忘れてほしくないのが、笑いのセンスというのは人それぞれだということです。全員がこういったメールに好印象を抱くわけではありません。ただし中には、かなりの興味を持って食いついてくる女性もいます。言わばそこを狙った一本釣り作戦というわけです。

出会ってからも笑わせる

無事、アポが取れて女性と会うことができたとします。ここまでくればかなり期待してもらって大丈夫です。あなたが面白いと思うことに、食いついてきたわけですから、笑いのセンスが近いことは、すでに確定しているわけです。

実際に会ってから、さらに面白いという印象を与えてください。人間はイメージに支配された生き物です。この人はこういう人に違いないと一度、思い込めばそういった思い込みは、ちょっとやそっとでは崩れません。アドリブトークで笑わせるのが苦手な人は、事前に備えておきましょう。空のお皿を鞄へ忍ばせておきます。近くの喫茶店や飲食店に入った際、おもむろにその皿を出して机におきましょう。恐らく彼女は「へ?これ何?」という反応を示すはずです。キョトンとしている彼女に、ドヤ顔でこう告げるのです。「今日はこの皿に君が肉じゃがを入れてくれるまで、俺帰らねえから」と。そこでプププとなれば、もう陥落したも同然です。フランクな女性でしたら、「じゃあ、肉じゃが作ってあげるから、うち来る?」と微笑んでくれるでしょう。

そうでなくても、あなたはやっぱり面白い人だったと相手は思うのでいずれにしても、プラスへと転じるのです。相手を笑わすということは警戒心を解くということでもあります。距離感が近づけば、女性はすぐに落とせます。ただし見切り発車では、失敗しかねませんので、作戦は入念に練って何パターンが考えておいてください。あなたの出会いが成就することを、心から願っています。

女性の母性本能に訴えかけるというテクニックのウソ

弱みを見せて、女性の母性本能をくすぐるというテクニックを聞いたことがありませんか?

あんなものは大嘘です。

もしも、母性本能が女性を口説くのに有効だとしたら、それはすでに女性から高い評価を受けている場合だけです。

何とも思っていない男性が、弱みを見せたりナヨナヨしたりしていては気持ち悪いだけです。

女性は自信にあふれた男性が好き

女性は自信にあふれた男性が好きなのです。

女性の目から見た、男性の判断基準は、この男性は自分や自分の子供を養っていけるような男気があるのかどうか、です。

そのルールが遺伝子のとても深いレベルに組み込まれてしまっているので、一夜のセックスの相手であっても、そういう基準でしか男性を見ることができないのです。

だから、女性の前では常に自信があるように振る舞ってください。

出会い系サイトのメール交換では、自信があり堂々としている人間であることをアピールし てください。

自分の弱みばかり見せる男性は嫌われます

自分の弱みばかり見せる男性は嫌われます。

自分を守るために自分の弱みばかりを見せる男性がいます。

  • 私はデブです
  • 私はモテません
  • 私は貧乏です

そんなことを自分から言う必要はありません。

自分の長所をアピールしてください。

自慢をしろということではありません。

例えば、明るいことが長所なら明るく振る舞ってください。顔が良いことが長所なら早い段階で写メの交換をしてください。

その際に、自分の欠点を同時にいう必要はありません。

自分の長所だけを伝えていけばいいんです。

自分の短所を言わなかったからといって「この人は嘘つきで不誠実な人」なんて思われたりはしないんです。

まずは、メールで長所をアピールして、会うところまで持っていくべき。

モテる男性は自分の長所をアピールすることが得意。弱みや短所は見せません。この法則を熟知しています。

だから、モテる男性は、仕事もできます。商品を売るときにわざわざ、「この商品の短所は~」なんて説明しませんよね。

あなたは、あなたという商品を売る最高のセールスマンになってください。

一度会ってしまえばセックスできます

一度会ってしまえば、ちょっとくらい印象が違うと思われてもセックスまではもっていけます。

そしてセックスまでもっていってしまえば、もうあとは、女性からは、その男性は魅力的に見えるものなのです。

女性は、セックスをした男性を「特別な人」と考えます。

そうなってしまえば、少しくらい欠点を披露したところで、影響は小さいのです。

ぜひとも、自分の短所を言うのは、セックスをしたあとにしてください。

セックスフレンドになってしまえば、アバタもエクボなんですから。