実は狙いめなのは「ネット婚活サイト」って本当?

ネットで出会いを求めている男女はとても増えてきました。やっぱり安心して確実に出会うためには大手の出会い系サイトがおすすめですが、実は男性にとって最近狙い目なのは「ネット婚活サイト」だって知っていましたか?

ネット婚活サイトには、本気で出会いを求めている女性がたくさんいます。婚活と聞くと重く感じるかもしれませんが、使っている目的が軽めな女性もたくさんいます。結婚するからにはベッドの相性も確かめておかないとと言えば簡単に誘いに乗る子が多いです。

何よりも、ネット婚活サイトには出会い系サイトのようなサクラがほとんどいません。サイトの評判が落ちると会社が立ち行かなくなるため、悪評を防ぐためにサクラを用意しないサイトがほとんどです。

婚活サイトと言っても、やり取りの内容ややり方は出会い系サイトと何も変わりません。少しばかり口調は真面目そうにした方がいいかも、くらいです。

デメリットとしては、大抵のネット婚活サイトでは登録料がかかってしまうことです。けれど出会い系サイトでも大手では登録料がかかりますし、女性も同じだけ払っていると考えれば女性の必死さも伝わりますね。女性が無料で利用できる出会い系サイトだと、気楽に使っているためドタキャンが多いのが事実です。ネット婚活サイトでは、ドタキャンはほとんどありません。

また、本気で婚活をしている女性は最初からお固い結婚相談所に入るので、ネット婚活サイトを利用している女性はそこまで結婚に対してガツガツしていない人がほとんどです。こちらが遊びの気分だったとしても、ネット婚活だから仕方がない、と諦めて次への切り替えが早いです。婚活をしている人は前向きなので、一度くらいあなたに遊ばれても特に強く恨みを持ったりはしません。別れ際にきちんと「僕たちは合わないと思う」と伝えれば、彼女たちはすぐに次の相手を探し始めます。

ネット婚活サイトが狙い目だという理由は、分かってもらえたでしょうか?

使い方はほとんどが、出会い系サイトと変わりません。名前を変えた出会い系サイトだと言っても言い過ぎではないでしょう。またこれが重要な点ですが、大手の出会い系サイトでは埋もれてしまう男性でも、ネット婚活サイトにいけば目立てることもあります。メールのやり取りが苦手でもバカにされることはなく、「遊び慣れていない誠実な人だな」と好意的に解釈してもらえます。うまく使って、簡単に遊べる関係の女性を探してみてくださいね。

最速最短でセックスできたときの体験談

さて、本日は、わたしのこれまでの経験上、最速最短でセックスできたときの体験談を紹介します。もちろんこんなことがいつでも可能などどいうつもりはございません。でも最速最短でセックスをしようといつも考えているからこそ、こういう経験も可能なのだということを知っていただきたいと思います。

時は3年前、都内で外回りの営業中、先方が待ち合わせ時間を勘違いしていたようで3時間ほど空き時間が出来てしまいました。

営業のかたなら経験あると思いますが中途半端な空き時間が出来てしまう事は珍しくありません(まぁ、故意に空き時間作ってサボるひともいる訳ですが……)。

昼キャバとか行って時間潰すひともいるけど、わざわざ店を探すのもめんどいし、昼キャバはハズレが多いし…そんな時に出会い系サイトが超便利なわけです。

場所が近くて、今すぐ会える(しかも平日昼間)って条件に当てはまる条件の女性は多くはないが、それでもさすが東京!10歳のKちゃんという女の子が「癒やし系デートをしませんか?」とコメントを残しているのを発見したので早速連絡をとってみる事にしました。

「すぐにOK!」のお返事を頂きました。

移動時間を考えると時間はさほど多くないので漫画喫茶で待ち合わせをすることになりました。この時点でわたしは「すごいチャンス」と思いましたね。

指定された漫画喫茶に着くと黒髪ショートの大学生っぽい女の子発見!この子か?

声をかけてみると「Kでーす!待ってましたよ~」と明るい声が返ってきました。

Kちゃんは何て言うかボーイッシュってゆーの?そんな感じ。胸は残念ながらなさそうだがスラッと細長い感じの子でした。

とりあえず時間もないし、暑いので中に入ることに…フロントでカップルシートを選択して中に入る。

ジュースを飲んで一息つくと俺はKちゃんに「時間があんまりないから一時間位で癒やしてもらえると嬉しいんだけどな~」と話を振ってみた。

すると外回りで汗だっくだくだった俺を見てKちゃんが「じゃあシャワーで洗いっこしない?」と素敵な提案。

Kちゃん曰く、ここの漫画喫茶はチェックが甘いから二人でシャワーに入る事も出来るらしいんです。

フロントでタオルをレンタルしてシャワールームに直行。

周りに店員や他の客がいないのを確認してから、シャワールームの近くで立ち読みしていたKちゃんに目で合図をする。

俺がフロントで借りた鍵でシャワールームの扉を開けるとスッとKちゃんが入ってきた。

「へへ~この瞬間はちょっと緊張するんだよね~」といたずらっ子みたいに笑うKちゃんにちょっと癒やされました。

でも脱衣所で洋服を脱がせっこしている時の彼女はさっきの子供っぽい表情とは一転して色っぽい感じ。

早くも俺のあそこが臨戦態勢になってるのを見た彼女は「あはっもう限界って感じだね?」っとあそこにキス。

もう限界突破しそうな俺は残りの衣服を手早く脱がせるとすぐにシャワールーム入室。

さっそく彼女はボディーソープを泡立てて俺の体を上から順に手洗い。

俺のあそこにたどり着くと「洗いやすそー」と一言、だってギンギンにおったってますもん。

石鹸と俺の●●汁でヌルヌルになったあそこを手で丁寧に洗ってくれるもんだからあっという間にイってしまいましたよ。

お礼に…と言って今度は俺がKちゃんの中を綺麗にする番。

声が漏れないようにシャワーを出しながら、何度も何度もKちゃんの中をこすり洗い。

Kちゃん気持ち良すぎてお尻動いちゃってますw

もちろんそのあとはきっちり挿入もたのしみました。

シャワールームから出る時がまたドキドキでしたが充実した一時間を過ごせました。

割り切った出会い(援助交際)を成功させるコツ

一夜限りの割り切った出会いを求めて出会い系サイトを利用している方も多いかと思います。

ただなかなか割り切った出会いをオープンに募集している女性は少ないため、成功に繋げるためにはコツが必要になってきます。ここではそんな割り切った出会いを成功させるコツをご紹介します。いわゆる援助交際ですね。

割り切った出会いを求めている女性を探す

まず、「友達が欲しい」、「恋人が欲しい」、「結婚相手が欲しい」などあきらかに目的が違う女性は最初から対象からはずす事をおすすめします。こういったタイプの女性と割り切った出会いをするのは100%無理な訳ではないですが、かなり難しく高度なテクニックが必要です。

このため、「最近、欲求不満です」、「夜遊びしたい」、「夜さみしい」など、割り切った出会いを連想させるワードを発している女性の中から探す方が合理的です。まずはそういった軽そうな女性を探し、練習していく事をおすすめします。ただし、余りに不自然なほど積極的なワードを発してる女性はサクラの可能性が高いですので注意が必要です。

コミュニケーションをはかり、緊張をほぐす

いくら割り切った出会いを求めている女性であっても、メール1、2通して「はい直ぐに会いましょう」にはなかなかなりません。相手は最初あなたを警戒していますので、緊張をほぐす事が大切です。軽く自己紹介や雑談などをして相手の緊張をほぐしてください。硬くなりすぎず、ふざけすぎず、適度な感じのコミュニケーションを心掛けてください。

なお以下の様な話題は極力さけるのが懸命です。

  • 相手の容姿や年齢などをしつように問う
  • 相手のプライベートを執拗に問う
  • 自分の事しか話さない
  • いつ会うか? についてしか話さない

など。

なおメール文章よりも声があった方が緊張がほぐれやすく出会いに繋がりやすいため、できれば電話音声でも会話する事をおすすめします。

出会いを先延ばしにしない

相手の緊張をほぐす事は大切ですが、事前のコミュニケーションをダラダラと続け、いつになっても出会いの話を切り出さないのもNGです。割り切った出会いを求めている女性の場合は、相手も一夜の割り切った出会いを求めていますので、メル友のようなダラダラした会話を続けていると逆に嫌気され別の方に乗り換えられてしまう事があります。

ある程度緊張がほぐれてきたら、いつ会うかの具体的な話を切り出してください。

OKが出ても気を抜かず

「会ってもいいよ」のOKが出でもまだ成功ではありません。ここで下手を打つと全てが台無しになる事があります。

OKがでても「これから会おう」、「ここで何時で会おう」と自分の要望を押し付けていくのではなく、まずは女性側の要望(場所、日時など)を聞き極力相手の要望を優先してください。女性側が「特に要望はない」、「どこでもいい」と言い返してきた場合は、事前のコミュケーションで得た情報から出来る限りその女性が喜びそうな場所や日時を選び待ち合わせしてください。こうする事でより確実に割り切った出会いに発展させられるでしょう。

なお、援助交際に関しましては「援助交際の出会い「エンコーネット」」というサイトに非常によくまとまっていますので、あわせてごらんください。

インターネットでもっとも簡単に女性とセックスする方法は、婚活サイトの女性たちを食うことです!

断言しましょう。

インターネットでもっとも簡単に女性とセックスする方法は、婚活サイトの女性たちを食うことです!

あなたが婚活をしていようがしていまいが、独身だろうが既婚だろうが関係ありません。婚活目的で活動している女達ほど、簡単にセックスができる存在はいないのです。

だって、彼女たちは、男性と結婚するために男性に気に入られなくてはならないんです。セックスを拒否したら嫌われるかもしれないという強迫観念のもとに行動しているのです。

であれば、あなたは、さも婚活している風を装って、婚活サイトに入会し、かたっぱしからセックスしまくればいいのです。

女性に個人情報を教えなければ、あとで切るのも簡単です。

何度でも心ゆくまで色々なセックスを楽しんだあとに、音信不通にしてしまい、また次の婚活女とセックスをしていけばいいのです。

会えばやれる

アメリカの出会い系サイトは現在、新規に登録する会員で溢れかえっているそうです。その数、わずかこの1年で2倍に膨れ上がったといいますから、ブームというよりちょっとしたバブルですね。

しかし、バブルが起きているアメリカも、日本の出会い系から見ると、まだ可愛い感じがしなくもありません。翻って日本の出会い系の特殊さが見えて来ます。

出会い系がポルノ産業を衰退に追い込んでいる

アメリカの出会い系サイトの伸展ぶりは、あらぬところに影響をもたらしていて、ポルノ産業さえ衰退に導いているそうです。

出会い系を利用したアメリカ人女性の3人に一人が、ファーストデート、日本の出会い系で言うところの面接で、セックスにまで及んでいることが明るみに出たため、それを知ったアメリカ人男性が、そんなに簡単に出来るなら、ということでこぞって出会い系に登録した結果、見るだけのポルノが廃れてしまったというのです。

ポルノを「見る」か出会い系で「やる」かなら、やる方を取ると言うのも、いかにもアメリカ人らしい感じはしますね。

ただ、日本の出会い系の実態からすると、3人に一人という割合を聞いて、意外に少ないんだなぁと言うのが正直な感想ではないでしょうか。

何をいまさらといった感じでもあるわけですが、こう感じてしまうのは、それだけ日本の出会い系では面接をすればセックスが当たり前と化しているからですね。

いずれにせよ、遅まきながらアメリカでも出会い系の実力が、遺憾なく発揮され始めたといったところでしょうか。

日本でもAV不況は深刻

日本でも数年前からアダルトビデオが、めっきり売れなくなっているそうです。

最大の原因は、著作権を無視した動画投稿サイトにあるそうですが、しかし、アメリカ同様、出会い系サイトの影響がまるでないとも言えないと思います。

日本の場合は、出会い系サイトとの関係で言えば、出会い系とセックスは最初から切り離せない関係にありましたから、アメリカと事情は異なりますが、それでも出会い系の「やる」体験が、「見る」だけのAVを凌駕していることは論を待ちませんので、AVでは物足りなくなるのは時間の問題であったのかもしれません。

それだけ、出会い系の体験には強烈なものがあり、一度この世界を知ってしまうと、麻薬のような依存症状態に陥る人も出て来るわけですね。

そうなった人たちに、アダルトビデオを見て我慢しておけといったところで、何の効き目もありません。それはもう無理というものです。

AV不況の遠因を出会い系が作ってしまったような気がします。

メール一本で強姦も和姦になる

街で見かけた女とやりたくなって、実際に無理やりやってしまえば強姦ですね。

ところが、もしもその女が出会い系サイトに登録をしていたとして、事前にメールで会う約束を取り付けていれば、強姦は和姦に早変わりします。

極論かもしれませんが、女が出て来ればやるという点で、日本の出会い系サイトとは、やるためのもの以外何ものでもありません。

事前にメールをしているというだけで、やっていることは強姦に近いことのような気がする時もあります。

なにしろプロフを作った後は、好みの女にメールを打つだけです。たったこれだけのことで、女とコンタクトが取れて、実際にその女が出て来れば、その女を抱くことが出来ます。

メール交換をしてから会うといっても、メールを交換するまでは、まったく知らなかった赤の他人です。

メールをした以外ほとんど知らないと言ってもいい女です。その女を抱くことが出来ます。

こんな世界、他にないんじゃないでしょうか。

そして、これだけ出会いとセックスが結びついている日本の出会い系サイトは、世界的に見ると特殊な存在になるようです。

出会い系サイトは日本の専売特許ではなく世界中にあり、海外の出会い系サイトには上場している企業もあります。上場すれば、投資家はじめ監視の目は厳しくなります。

日本の出会い系では、傘下入りした企業が上場していた例はありますが、出会い系として設立された企業が上場した例はまだありません。

株式公開していないから出来ることもありますね。

ダーティだからやれる

日本では出会い系サイトというと、不倫、浮気、援助交際、売春、児童買春などが想起され、必ずしもいいイメージではありません。

各都道府県の警察は、公式ページでしきりと出会い系サイトの利用を自粛するよう、勧告を続けています。そこへ行ったら、何をされるか分かりませんよ、と警察は親心を見せているわけです。

まるで、あの男のところに行くと何されるか分からないので、あんなのと付き合っちゃ駄目よ、と親が娘を諭しているような感じですね。

しかし、そうした状況にありながら、累積であれ会員数は数百万を超える巨大コミュニティが形成されています。

ダーティでありながら、これだけの人間を惹き付けていることは驚異的です。

そして、このダーティな存在であることが、一種のフィルターとしての機能を果たしているとも言えます。

……にもかかわらず、それでも女は登録をする。

ということはつまり、会えばやれるということですね。

日本の出会い系の特殊性はここに尽きます。会えば、やれるのです。

出会い系というフィルターを通しているから、ここにいる女には、メール一本でやれるのです。

アダルトビデオ鑑賞よりも出会い系サイトですけべな女を探そう

アダルトビデオを見てばかりいる男性は晩婚化の傾向があるという調査結果が発表され、話題となりました。

つまりアダルトビデオばっかり見ていると本物の女性に目が向かなくなっていくんですね。

確かに、アダルトビデオを見てオナニーするのも気持ちのいいものですが、やはり生身の女性のあそこは比較にならないくらい気持ちがいいです。

しかも出会い系には、アダルトビデオに出てくるAV女優さんよりも、もっとスケベな女性がたくさん登録しています。

アダルトビデオの素人企画物などではよく、素人ほどスケベなものはないというキャッチコピーが常套句になっていますが、出会い系サイトに登録しているのはまさにそのスケベな素人なんです。

出会い系サイトで助平な素人と知り合うのはいたって簡単。登録をすれば半ば知り合えたようなものです。

アダルトビデオを見ている時間をすべて、出会い系サイトに割いてください、とは言いません。その半分の時間を出会い系に割くだけで、生身の女性とアダルトビデオよりエロい体験ができます。

この秋、見るから、やるへ、エロに対する嗜好を進化させてみてはいかがでしょうか。

無修正を見るなら出会い系で相手を探す方が安い

アダルトビデオと一口にいっても、さまざまなジャンルがあり、ソフトビデオに近いものから無修正まで、露出の程度にも段階があります。

中でも無修正が好きな男性には、性的な欲求不満の代替をアダルトビデオで済ます傾向が強くある、と言えるのではでしょうか。

それだけに、無修正を見ている男性は、性交渉の相手さえいれば、毎日でもセックスを飽かずにする、本来は肉食系のポジティブな人が多いように思います。

ネットの時代、絡みにモザイクをかける日本のアダルトビデオに違和感を感じたらすぐ、海外にサーバーを置く無修正サイトの作品を簡単に見れます。

また、著作権を無視した投稿も後を絶ちませんから、スパムなどのリスクさえ覚悟すれば、無料の動画掲示板で無修正作品をタダ見することも簡単に出来ます。

それでも無修正サイトが無くならないのは、それだけ撮り降ろし作品に需要があるためだと思いますが、それを見るには会費の支払いが必要になります。

無修正サイトの多くは月額制です。一月の料金は今のレートで4500円程度が相場になるでしょうか。

これを高いと見るか安いと見るかは価値観ですが、大手出会い系サイトの一般的な一月の利用料からすると、少し高いかなという感じがしないこともありません。

大雑把な言い方になりますが、出会い系サイトだと、だいたい女性一人と会うまでに要する費用(ポイント)は、3000円くらいです。つまり3000円あれば一人とはやれるのです。

しかも、無修正サイトに出てくる女優さんと寸分違わないか、もしくはそれ以上に助平な素人さんと、無修正サイトでしているような遊びがたったの3000円で出来てしまいます。

もちろん面接会場までの交通費ですとか、面接場所を喫茶店や居酒屋に指定したのであればその支払い、そしてラブホ代は別途かかりますが、それでもそれほど高額になるわけではありません。

また今現在、無修正サイトが見れるネット環境にあるのであれば、そのまま出会い系サイトを使える環境であるわけですから、手間もかかりません。

何事も、見るとやるとでは大違いです。無修正サイトを一月間見終えたら、次の一月は出会い系で実地に移してみるのも楽しいのではないでしょうか。

ビデオ鑑賞では得られない体験になるはずです。

晩婚時代にはアダルトビデオよりも出会い系がぴったり

晩婚だからアダルトビデオを見るのか、アダルトビデオを見ているから晩婚になってしまったのか、コロンブスの卵かもしれませんが、晩婚とアダルトビデオには相関関係があることは、先述の調査結果の教えるところです。

しかし、晩婚の理由として、アダルトビデオで性的欲求が満たされていることに加え、経済的理由が存在するとしたら、出会い系はアダルトビデオ以上に結婚していない男性にも女性にも最適です。

何らかの理由で結婚はしていないけれど、アダルトビデオを見るほどに性的なことへの関心が強く、事実性欲も強いのであれば、出会い系で知り合った異性との関係ほど、適合性の高いものはないと言えるからです。

なぜなら、出会い系サイトに登録をしている男女の多くは、結婚までは考えていないからです。それでいて、セックスは当然のことと認識しています。

結婚の義務を果たさずにセックスが伴った男女関係を持つことは、誰しもが一度は夢見る理想の関係であり、あればいいなと思える関係ですが、出会い系サイトではそうした関係を簡単に作ることが出来るのです。

晩婚化は進む一方

日本の晩婚化は男女共に進んでいます。

もはや結婚していないからといって、性欲処理はアダルトビデオで済ますなんて時代ではないのです。

それを反映してか、アダルトビデオは売れなくなってきています。

晩婚化の時代は、出会い系サイトに登録しておき、素敵な相手が見つかったらアバンチュールを楽しむことが男女とも、現代人のスマートな生き方になりつつあります。

出会い系でセフレを作る可能性を広げるには

本日は、まずは本当に初歩的なところから、セックスフレンドづくりを解説していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

セフレを探すには

まずセフレを探すなら、出会い系サイトを使うのが最も手っ取り早いです。

最近は Twitter などの SNS で仲良くなって誘う男性もいますが、実際には、女性は、セフレを求めて Twitter を始めているわけではないので、かなり難しいのが現実です。

最初の考え方として、「異性を求めている女性」をターゲットにするのが、やはり効率的です。

出会い系サイトは彼氏を探している女性、あるいは男友達、セフレを探している女性が多く集まる場。

セフレ作りの可能性を高めるには、出会い系サイトが一番の近道です。

出会い系サイトに登録している女性を仕訳しよう

出会い系サイトに登録している女性の中でも、プロフィールで「セフレとしての関係を保てるかどうか」が見えてきます。

チャンスがあるのは、下記のような女性です。

  • 飲み会が好き
  • 一人暮らし
  • 定職についてない
  • 彼氏がいる
  • 大学生
  • 主婦

上記に該当していると、チャンスがあります。

社会人の女性は、ある程度自分でも収入があるのでちょっとしたお金で誘惑しようとしても無駄です。

例えば、ご飯を誘ったり、映画に誘うぐらいでは気を許さない可能性が高いです。

一方、一人暮らしや定職についていない女性は普段から金欠気味。「奢ってもらえるなら行ってもいいかな」と考える女性が多く、誘いやすいです。

飲み会が好きな女性も狙い目です。

普段から出会いを求めていて、しかもお酒が好きなのですぐに気分が高揚し、距離が近くなるメリットがあります。

彼氏がいる女性も、実は狙い目。

一般的に彼氏がいる女性は狙いにくいですが、出会い系サイトに登録している女性は「二股になっても構わない」という気持ちが少なからずあります。彼氏とあまり良い関係になっていないようなら、誘ってみるのも良いでしょう。

そして現在の身分が「大学生」、あるいは「主婦」をターゲットとしましょう。大学生は時間を問わず会える人が多いので、チャンスが広がります。主婦はちやほやされる機会も減っているので、褒めると気分を良くする人妻が多く、狙いやすいというメリットがあります。

最初の2、3通のメールで即判断

セフレの関係になれるのは、ほんの一握り。それは最初のコンタクトで、セフレになれるかおおよそ判断できます。

最初に簡単なやりとりをして、下記のような返事がくるならきっぱりと諦めましょう。

  • 「なかなか時間が無くて、暇はない」
  • 「学校の授業が忙しくて、しばらく遊ぶのは無理そう」
  • 「日中は子供の世話をしている」
  • 「旦那の帰りが不定期」

上記のような女性は、セフレとしての付き合いが難しいです。リアルに出会うことを積極的に求めていないので時間がかかり、効率的ではありません。

長い時間をかけてやり取りすれば、可能性もなくはありませんが、出会い系サイトもタダではないので、そういった女性をターゲットとするのは得策ではありません。

普段の生活で時間が取れない、ということをすぐに伝えてくれる女性は辞めましょう。あらかじめ予防線を張って、すぐに会うことを望んでいないということを暗に伝えています。

同棲中の彼氏、あるいは旦那さんが毎回異なった時間に帰ってくるという女性も、辞めておきましょう。そういった女性をターゲットとすると、のちのちややこしいことに発展してしまう可能性があります。

最初の会話は敬語ではなく、フランクな言葉使い

最初に敬語で話してしまうと、距離を近づけるのに時間がかかってしまいます。フランクな言葉を使いながらも、相手を敬えたような言葉遣いがベストです。

逆にタメ口でちょっと下に見たような発言はNG。いくら年下だとしても、いきなり大柄なメールを送らないようにしましょう。

例えば、

「来週の土曜日、時間があるなら会おう!暇でしょ?」

という言い方よりも、

「来週の土曜日、時間あるかな?もし会えそうならどこかご飯でも行こっか?」

ちょっとしたニュアンスの違いで、柔らかさが全然違いますね。

無理に誘うのではなく、相手が強迫観念に駆られないような言い回しがベストです。

不安感を抱かせてしまうと、出会いの可能性も減ってしまいます。

感覚としては、「知り合いのお兄さんのような感じ」で、優しく接して相手に合わすような対応がベストです。

いきなり呼び捨てで名前を呼んだり、自分主導で物事を決定するような言い方はNGです。

例えば会話をしていて、「この女、ヤレそうだから多少強引に誘っても大丈夫だろう!」、と感じることもあるかもしれません。

しかし相手も、「この男は何か失礼な奴」、「馴れ馴れしくて信用できない」、などと分析する女性もいます。

軽そうな女性だと思っても、優しく、そして紳士に接した方がチャンスが広がります。

言葉使いはまろやかにしつつも、その中に誠実さを感じられるような内容なら女性もだんだんと好意を持ってくる可能性があります。

わたしは、休日には、女性のアポを目一杯詰め込んでいます

みなさん、お仕事、お忙しいですか?

だとしたら、休日は有効活用したいですよね。

わたしは、休日には、女性のアポを目一杯詰め込んでいます。

ブサイクが来たらバックレます(笑)

だからぜったいにコチラの個人情報は教えないようにしてください。

せっかくの休日をハズレの女性に費やすなんてばからしいですよね。

むこうだって、こちらが「ハズレだなあ」なんて思っていたら、一緒にいて楽しいはずないんだから、気にせず逃げ出してください。

最悪なのは、お互いが「楽しくない」と思いながら、だらだらと時間を消費してしまうことです。

人生は有限なのです。

アップルの創設者スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業祝賀スピーチで言いました。

私は17の時、こんなような言葉をどこかで読みました。確かこうです。
「来る日も来る日もこれが人生最後の日と思って生きるとしよう。そうすればいずれ必ず、間違いなくその通りになる日がくるだろう」。それは私にとって強烈な印象を与える言葉でした。そしてそれから現在に至るまで33年間、私は毎朝鏡を見て自分にこう問い掛けるのを日課としてきました。「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」。それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと、そろそろ何かを変える必要があるなと、そう悟るわけです。

直アドやLINEを聞き出す確実な方法

直アドやLINEを聞き出す確実な方法は下記の通り。

しばらくヤリトリを続けたあとに、下記のようなメールを送ってみてください。

こんにちは。こちらのアドレスをお送りしておきますね。

もしも、よろしければ、○○さんのアドレスも教えてくださいね。

もし、まだ抵抗があるなら、ここのサイトでメールを続けても大丈夫なので、気が向いたら教えて下さいね。

こんなかんじです。

つまり、直アドを教えるかどうかは、あなたに選択肢がありますよ。私は安全な人間ですよ、ということをアピールすることが大切なのです。

また、直アドを聞き出すときには、その内容だけのメールを送らないことが大切。直アドを聞き出すだけの内容のメールだと、女性は、それをプレッシャーに感じてしまいます。

また、このメールを送って3通以内くらいで直アドを教えてくれなかったら、そういう女性は切ってしまいましょう。

出会いは株式投資と一緒。損切りが大切なのです。

  • ○○通までに直アド交換。
  • ○○通までに会う。

みたいなタイミングを事前に決めておかないと、金と時間をいつまでも浪費する羽目になってしまいます。

その他、メールで気をつけるべきことは「メール返信で気をつけるべきこと」をごらんください。

セフレ作りに必要なメールテクニック

その他の細かい有効なテクニックです

  • 適当な長さ(相手と同じ長さ等)のメールにしてその中に相手の名前を2~3回入れる。そうすれば、あなたに送ったメールということをしっかりと女性のほうに意識させることが出来ます。名前がないと大量に送られたコピペメールのような印象を与えてしまいます。また、名前を呼ばれることによって親近感も沸くことでしょう。
  • ネガティブなことを書かない(どうしても書く必要がある時は表現を和らげてフォローを入れる)
    例1:背が低い→小柄ですけど元気いっぱいです
    例2:太っている→ちょっと大柄ですが、同じぐらい心も大きいです
  • 書いたメールをしばらく時間を置いてから再度、見直して送信する。
  • 相手の褒められたがっている点を見つけて、さりげなく褒める。
  • 目的が同じ相手の中で、掲示板の書き込みが最近に書かれた順に送信する。
  • 丁寧すぎる文章はNG 。「お願いいたします」「そうなのでしょうか?」など硬過ぎる文章は、つまらない男の印象を与えてしまうかもしれません。敬語を使う場合も「お願いします」や「そうなんですか?」程度にとどめましょう。
  • 質問をしておく。やはり質問をされたら「自分に興味をもってくれてる」と感じて嬉しいものですし、返信もその質問に対する答えなど書くことができるので返信しやすくなるものです。メールの最後は質問で終わらせるようにすればいいです。