出会い系のターゲット設定

一人の具体的な人を思い浮かべてその人に「商品」や「サービス」の良さを届ける。

これをペルソナ設定といいます。

マーケティングの世界やWeb業界でよく使われる用語ですが、出会い系にも効果的な手法です。

簡単に例えを上げると

あなたが既婚者で40代前半・家庭は円満だけどセックスレスなのが不満だという場合。

ゲットすると危険なのは……

  • 結婚したい女性
  • 子供を産みたい女性
  • 頻繁に会いたい女性

ということは、おのずとこんな女性が対象になってきます。

  1. 既婚者で別れるつもりはないこと
  2. 子供がいるか子供は必要ないと考えている
  3. 夫とのセックスで満たされず、誰かに性欲を満たしてほしい

上の3つの条件を満たす具体的な特徴は、家庭は円満な主婦で子どもは幼稚園児以上、趣味はなくはないものの性的な欲求が高まっている。

なんとなくイメージが沸いてきましたか?

そこで、もっと具体的にイメージを深掘りするために、実際の知り合いやSNS上でわかる女性一人をイメージしましょう。

SNSでターゲット像に似た人を、なるべく毎日チェックする

実際に、身近にイメージできる女性がいればいいですが、あんまり考えているとその人が気になってしょうがないもの。

でもSNS上であれば、その人の行動や考え、つぶやき、興味のあることがわかってきます。

これは、さきほどあげた「家庭は円満な主婦で子どもは幼稚園児以上、趣味はなくはないものの性的な欲求が高まっている」という特徴さえ満たしていれば、だれでもOKです。

このとき一人ではなく、3人くらい候補がいるといいでしょう。理由はのちほど。そのひとりをスカウトするつもりで、メールを書きましょう。

ターゲットは何が好きなのか推測する

SNSをみていれば、だいたい何に反応しているかわかります。

「これが好き!」っといっていたり、「オイシイ!」ということを発信していたら、趣味嗜好パターンもわかりますし出会い系で会うためのネタ作りや話題に困りません。

メールを沢山もらう女性にとって、単文で「会えますか?」などコピペのなかでも一番だめなパターンとは対照的に具体的で返したくなるメールのネタにもってこいです。

どんびしゃターゲットだったら、どれだけ頑張るか決めておく

出会い系で運良く、ちょうどいい感じの女性が現れたら数人、メールを送りましょう。

ただし、深追い禁物です。プロフやメールでいいなっと思っても10通やりとりして、直接メールができないならそれはあきらめたほうがいいかもしれません。

ただ単に男性から興味をもたれるということだけで満足する女性や、換金性の高いポイントをゲットするための女性もなかにはいますので、要注意です。

そして、簡単な自己紹介と、その人のプロフの「どこ」に惹かれてメールをしたのか、自分と会うと「どんな」デートができるのか軽く匂わすと効果的です。

間違ってもいきなり「舐めるのが大好きなので、何時間でも舐めていられるので満足させます」などと性的な条件は言わないほうが、90%の確率で正解です。よっぽど文章がコピーライティングなみにうまければ話は別ですが!

ターゲットから少しずれていても、会う

ここからが重要なのですが、ターゲットを絞ることが大事。

「一人響かないメールは誰の心もごかさない」と言いましたが……所詮ネット上のプロフの少ない人数に送るメールです。

誰かに添削してもらえればいいですが、出会い系のメールを添削してもらうのも忍びないですよね。

それに、メールとプロフで「ぴったり」なターゲットだったとしても、会ったら全然タイプじゃないなんて話はよくあることです。

それを避けるためにも、敢えてターゲットの最低限条件以外は、ノリと雰囲気で一度会ってみることをおすすめします。

絞りこみすぎると、なかなか会ってくれないないなんてことが発生してしまうので、兎に角もったいないですよ。

できることなら、ターゲット像を二つくらいもっておくのもいいかもしれません。

それだけ守備範囲が拡がるので、出会える確率が高くなります。

たとえば、さきほどは主婦に限定しましたが……

セフレ関係を望んでいるのは、

  1. いまのセックスに満足していない
  2. めちゃくちゃ性欲が強い
  3. いろんな人とセックスしたい
  4. 仕事が忙しいバリキャリで、風俗にイク感覚で後腐れない人が欲しい
  5. セックスをスポーツと考えている肉食系女子
  6. とにかく寂しがり

この6パターンがあり、3 は性病に気をつけなければいけないし、6 は依存してくるのでやめておいたほうがいいでしょう。

結構最近女友達に増えているのが 4 です。「仕事が忙しいバリキャリで、風俗にイク感覚で後腐れない人が欲しい」子。女性用の風俗ってすごく少ないんですね。だから男性が利用するくらい気軽な感じのサービスって殆どないと聞いています。

そういう女子をターゲットにいれるのも手だと思いますが、ただ出会い系に生息している率は低く目なので見つけたら速攻行動に移しましょう!

女子の年代別攻略テクニック

ただ闇雲に時間とお金を使って女性を探すのは、出会い系では賢いやり方とは言えません。

スマートに女性を探すのであればまず知ることが大切で、この情報分析こそが出会い系サイトという戦場を生き抜くために欠かせない戦略です。

そこで、効率良く成功率を上げるのに役立つ女子の年代別攻略テクニックを紹介していきます!

出会い系ではフィーリングとノリが大事!

出会い系女子の大半は顔や性格、収入、学歴など、そういった部分にこだわっていません。

当然、本気の恋人や結婚相手を探すならしっかり吟味しますが、軽く遊ぶ、定期的にセックスできる男性を出会い系に求める程度であれば、必要なのはフィーリングやノリです!

「会話のペースや内容が合う」「ノリが良くて楽しい!」と思わせるのが大切で、遠回しのお硬いやり取りでは出会い系女子は飽きてしまい早い段階で切られることも……。

なので、出会い系女子とのやり取りではフィーリングやノリはとても重要なのです。

でも、女性は年齢によって求めるフィーリングやノリが違ってくるので、相手の歳でやり取りの内容や雰囲気を変えるのが賢く出会うためには大切。

それには年齢ごとに特徴を知り、相手の好みに合わせたやり取りを心がけましょう!

1.ノリが超軽くてピチピチの10代

18歳から20歳にかけての女の子は超ノリが軽く、楽しいことや流行り物が大好きな年頃。

なので、やり取りには最近のトレンドやユーモアのある話題を盛り込み、学生の返信スピードに合わせつつ常に相手を退屈させないようにするのが大切です。

また、このくらいの年頃の女の子は人生経験が乏しく、学生が多いため経済力もありません。

行ったことない場所や高くて手が出せない店、高価なプレゼントなど、普段は味わえないスペシャルな話題で釣ればデートに繋げることは容易いでしょう。

ノリが超軽く、デートやセックスは男性がリードする必要があるため難易度は結構高め。

でも、若くてピチピチの女の子をセフレや恋人にできるのは魅力的なので、出会い系で見つけたら頑張ってチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

2.まだまだフレッシュの20代前半

20歳~25歳くらいの女性は学校も卒業し、社会に出たことで若干落ち着きがあるお年頃。

10代の女の子に比べればやり取りの頻度は少ないですが、相変わらず最近のトレンドや楽しさを重視した話題が欠かせず、相手に興味を持たせるようなトークが重要になります。

また、相手のフィーリングやノリに合わせるのではなく、大人でワイルドな落ち着いた雰囲気を演出し、相手を惹きつけるというのもこの年代の女性には効果的です。

豊富な人生経験から会話やデート、セックスなどをリードし、女性に頼れる大人という安心感を抱かせるのもテクニックの1つ。

一緒になって盛り上がる、大人な雰囲気で引っ張るなど、相手のタイプによって柔軟に対応していくのが、この年頃の出会い系女子を落とすためには良いでしょう。

3.効率重視の出会いを求める20代後半

26歳~30歳くらいの女性は働き盛りで忙しく、中には結婚して家庭に入っている人妻も。

このくらいの年齢になると落ち着いた雰囲気があり、若すぎるノリには「ウザい、ついていけない…」と切られる可能性があるため、会話のトーンは低く相手に合わせましょう。

相手は仕事が忙しい時期なので、事前のやり取りはダラダラ続けず効率重視で端的に。

でも、出会い系の男性に癒しを求めている一面もあるので、少ないやり取りの中に相手を労う優しくて甘い言葉を投げかけてあげるのが効果的です。

相手が人妻だった場合も同様で、育児の疲れやストレスを忘れさせる男を演出しましょう。

大人な年齢でもやはり女の子、辛い日々を忘れさせてくれる優しい雰囲気や連れ出してくれる多少強引なノリが、この年齢の出会い系女子には有効なのです。

4.セックスできればOKな30代全般

30代全般の出会い系女性は人妻が大半で、会話のフィーリングやノリは逆に重視しません。

旦那との性生活の不満や暇な昼下がりを満たしてくれる相手なら誰でもOK、事前のやり取りの内容よりもセックスのスキルやテクニックを求める人が多いもの。

独身の場合も同様で、溜まった性欲を処理させてくれる相手を出会い系に求めています。

そのため、30代全般の女性はセックスでのフィーリングやノリが大切なのです!

セックスの場合のフィーリングとはお互いのカラダの相性であり、ノリとは自分興味がある様々な体位やプレイに付き合ってくれる対応力のこと。

自分と都合が合いやすく、セックスで満足させてくれる男性こそが求めているものであり、その条件さえ満たしてしまえば事前のやり取りすら不要になるのです。

このタイプの女性は簡単にセックスできる手軽さが魅力なので、出会い系初心者やとりあえずヤりたい人は狙うことをオススメします。

合う相手を探すより、合わせていけば勝率アップ?!

出会い系で安全に成功率を上げるためには、女性を合わせたやり取りが必要不可欠。

そのためには年齢ごとに出会い系女性の特徴を知り、相手が求めるフィーリングやノリに対応していくのが賢い立ち回りと言えるでしょう。

こういった情報分析やテクニックは、出会い系では欠かせない戦略の1つなのです。

ワガママ女をセフレにするメリットとコツ

現実の世界でも出会い系サイトでも、女は顔が可愛ければ可愛いほどモテます。

結果的にどういうことが起こると思いますか? 可愛い女は、どんどんワガママになっていくんです。ワガママな女なんてろくでもない、と思う男は多いはずです。じゃあどうして可愛い女はワガママになってしまうのか? それは今までに男で苦労したことがない、男に苦労ばかりさせてきたからです。

その女とセックスをしたいばかりに、その女の喜ぶことばかりした男が今までにたくさんいるんです。可愛いから、ずっと甘やかされてしまったんですね。

けれど逆に言えば苦労させられた男は、喜ばせることで他の男よりも優位に立ってセックスに持ち込めたわけです。

ワガママ女はセックスが簡単

つまりワガママ女こそ、ワガママを聞いてあげればセックスに持ち込むことが簡単だと言えます。

考えてみてください。特にワガママも言わずに要求もしてこない女は、何を考えているか分かりにくいですよね。出会い系サイトで「何を考えているか分からない女」は、とうてい実際に出会うことはできません。

何をすれば気に入られるのかがこちらからは分かりませんし、扱いにくいことこの上ないです。それに比べてワガママな女は、要求がはっきりしてます。分かりやすすぎてびっくりするほどです。

ワガママを叶えるために苦労することはあるかもしれませんが、何をしたらいいのかを迷って苦労することはありません。ノルマが決まっているゲームみたいなものです。ワガママな女はここまでレベルが上がれば、こういう装備をすることができますよ、というのを言葉にしてくれている分だけ、とても扱いやすいと言えるでしょう。それでいて顔は可愛いんですから、やり甲斐もあるというものです。

たまに特に可愛くないのにワガママな女もいますが、そういう子は単純に愛情に飢えているだけです。男が自分の言うことを聞いてくれる体験が実生活で少ないから、ネット上でのコミュニケーションで相手を試すようなことをしているんです。だからワガママさえ聞いてあげれば、すぐに落とせるという点では変わりがありません。結局、ワガママな女は扱いやすいということです。

一度セックスをしてしまえばいい

こっちは気楽なセフレを求めているんだから女のワガママなんて聞きたくもない、という男もいるでしょう。事前にデートをしたり面白くもない話に付き合ったりするのは、とても面倒です。

けれど考えてほしいのが、このワガママは長くは続かないということです。結局は出会い系サイトでの出会いなので、普通の彼氏彼女という関係にはなりません。一度セックスをしてしまえば、単純なセフレ関係に落ち着きます。

セフレになってまでワガママをいう女はいません。出会い系サイトでワガママを言う女は、単に自分のセックスの価値をつり上げたいと思っているだけです。

それに引き換えちゃんとした彼氏彼女の関係になってしまった時を、考えてみてください。付き合ってセックスをしても、普段の生活にワガママは忍び寄ってきます。いつだって彼女のワガママを聞いてあげないといけない状態になると、とても辛いですよね。けれどワガママを叶えてあげることが付き合う条件なので、途中でやめるなら別れるしかありません。

その点セフレであれば、セックスをすることが一つのゴールであることは男女ともに共通の認識です。ゴールに到達した相手に対して、更にワガママを重ねるのは「関係を続けるかどうか迷っている」時だけです。

ワガママを聞いてあげればセフレ関係は持続する

この場合のワガママは前回のセックスやデートで何か不満に思うことがあって、その改善を求めてきていると言えます。だから、またワガママを聞いてあげればセフレ関係は持続します。

ワガママを聞いたからといっていつでもセックスできるわけではない彼女という存在とは、ここが大きく違います。

それに特に要求をしてこずに勝手に関係を切られるより、ワガママを言ってまでこちらに合格点を出そうとしてくれていると考えれば可愛らしいものです。つまりワガママな女は、セフレになってからも扱いやすいんです。関係を長続きさせるのも簡単なので、セフレにするならワガママな女が一番てっとり早いです。

ワガママ女を口説くコツ

では、ワガママな女はどうやって口説けば落としやすいでしょうか? コツとしては、ワガママを聞いてあげることに尽きます。どうしても叶えられないワガママや、お金がかかるワガママは無視してもかまいません。あまりに難しいことを言う女は、他の男からも相手にされないのでいつの間にか要求を下げてくることが多いです。だから要求が下がるのを待っておいて、もっと可愛くて叶えやすいワガママを言う女を先に口説きましょう。

ここでは、相手がワガママであることを自覚させることが重要です。特に叶えるのが難しくないワガママでも、「◯◯ちゃんはワガママだな」と一度は言っておきましょう。

そして「可愛いからしょうがないけど」と付け加えておけば完璧です。ワガママを言うことで自分の価値が上がったと思って、女は喜びます。ただ、毎回毎回「ワガママだな」と言うのはNGです。女は貶されたと思って、気分を悪くしてしまします。ワガママを指摘するのは一度だけ、それだけでも女の気持ちの中に「自分はワガママなんだ」という意識が生まれます。

そうしておいてワガママを叶えてあげれば、「私はこの人にはワガママを言ったのに、聞いてもらった」という感情が芽生えます。ただ普通にワガママを聞いてあげるより、相手に自覚がある分だけありがたがられます。そうすれば今までにその女と関係した男と同じラインに立てるので、実際に会ってセックスをするのが簡単になります。

また、ワガママな女にはよくかまってあげることが大切です。「可愛い」と連呼してわかりやすく褒めても、「誰にでも言っているんでしょう」と言って疑わないで喜ぶのがワガママな女の特徴でもあります。自分が可愛いという自覚があるのでワガママを言うわけですし、可愛いと言われることが当たり前になっているからです。適当に褒めてまめに連絡を取っていれば、ワガママを言い出す確率も上がります。言い出しやすい相手だと思わせることができれば、叶えやすいワガママもどんどん出てきます。

会うことが簡単

そして、ワガママを叶えるために会うことが簡単になるのも特徴です。私をどこそこに連れて行って、あのレストランのあれが食べたい、なんていうワガママは、会わないと叶えることができません。

「分かった、じゃあいつにする?」なんていう風に日時を決めるだけで会うことは決定するので、出会い系サイトで男が苦労する過程をほとんど飛ばすことができます。ただ、こういうワガママは女の方が「実際に会ってもいい」と思わないと出てこないものです。

だからこういうワガママを出させるためには、それまでにメッセージのやり取りを頻繁にして心を開かせておくことが下準備になります。よくかまってあげる、というのはこういう意味です。それまでに安心させておくこと、この人ならまめだから実際に会ってもワガママを聞いてくれそうだと思わせておくことが大事です。

ワガママな女は出会い系サイトでは逆に扱いやすい、ということが分かってもらえたでしょうか?何かをしてあげるのは面倒くさいと思っても、実際にセフレになってしまえば終わることです。彼女よりも扱いやすいことに変わりはありません。最初のうちは我慢して、ぜひ可愛くてワガママな女をゲットしてくださいね。

まずはブスのセフレをつくるところから始めましょう

みなさん!セフレを作るためには、まずはセフレを作ることが大事です!

……なにいってんだこいつ?と思うかもしれませんが、実際そうなのです。わたしは初めてのセフレを作るのにとても苦労しました。なにしろ、右も左も分からない状態でのスタートでしたからね。

当時の私はこういったブログを調べるなんて発想がなかったのでとにかく無駄なことばかりをしていました。セフレを作る方法を調べにこのブログを見に来てくださったかたもいるかもしれませんが、もしあなたがそうであればその行動は大正解かつとても賢いことです!すでに実践している人の意見を聞いて方法を真似る、というのは最短コースでもっとも効率がいいですからね。

昔のわたしも今これを読んでくださっている人くらいの効率的な発想ができればよかったのですが……それが出来ず、実に3ヶ月位はただただ時間とお金を無駄にしてしまった日々でした。

やり始めてから1ヶ月後くらいには「こんなに会えないし、セフレもできないんじゃきっと俺はダメな男なんだ」と日々自信をなくしてしまい、それが負のスパイラルとなってしまいますますドツボにはまる……といった感じでしたね。

しかし、そんな私にもようやくセフレができる時が来ました。正直、あまりかわいい子ではありませんでしたが、私にとって初めてのセフレで今も覚えている特別な存在です。

結果からいうと、その子とは2ヶ月ももたなかった短い関係でしたが、それでもいろんなことを学びましたし、なにより私に自信をくれました。こんな自分でもちゃんとセフレが作れたんだ!という自信です。

実はこの自信が、最大の特効薬だったのです。それからというもの、女性にアプローチをする方法や勢いは出会い系を始めたばかりのころとは全然違うものになり、女性の食いつきかたも何倍……いえ、何十倍も良い反応が返ってくるようになりました。

女性は、自信を持っている男が魅力的に感じる

よく言われることではありますが、出会い系でも現実社会でも同じです。自分に自信を持つ男ほど、モテます。なんというか、一度成功すると迷いがなくなるんですよね。これでうまくいったんだから今回もうまくいくはず、という経験に基づいた根拠ができてくると、自信にもその裏付けが発生します。

今じゃ偉そうにブログを開設するくらいの自信を持ってしまったくらいですから(笑)そうした迷いのない言動は「男らしい」として女性の目にはうつるようでして、ただそれだけで魅力が増して感じるそうなんですね。

なので、まずはブスでもデブでもいいので出会い系で会った女とセックスしてください。気に入れば続けてもいいですし、気に入らなければその1回で終わらせても構いません。

「おれは出会い系であった女とセックスをした」という事実が大事なのです。これがあるとないとでは、出会い系での振る舞いに大きな差がでます。

現実社会ではイケメンやお金持ちが世の多くの女性を自分のモノとしていますが、出会い系ではルックスや年収よりも自信を持って積極的にアプローチができる男性のほうがよっぽどモテます。

なにしろ現実社会のイケメンやお金持ちは自分からいかなくても勝手に女性のほうから寄ってきますが、出会い系は基本的に女性からアプローチしてくることは稀です。なにせ、女性であれば自分から送ることをしなくてもアプローチがどんどん来るのですから。美人でかわいい写メを載せているような当たりの子であればなおさらです。

いい女とセックスをしたかったら待っているだけじゃ絶対にダメです。いい女ほど自分からメールをする必要はないのですから。やっぱりいい女をセフレにすると自信の度合いが違いますよ。そうなるとまさに良いことだらけのスパイラルに入ることができ、一気に自分のレベルを上げることが出来ます。

まずはブスでいいんです。ブスのセフレをつくって、そこで自信と経験を積み重ねて、美人のセフレをもつことを目標にしましょう!

狙うならちょうどいいブスを狙おう!

ブスとセックスしようと言われても、さすがに「許容できる範囲のブス」というものが人それぞれにあると思います。いくら練習……あるいは修行なのだからと割り切ろうとしても、勃起にすら至らなそうなドブスにまで無理に手を出す必要はありません。

以前、ちょうどいいブスという言葉が流行ったことがありました。男性であればなんとなくニュアンスでわかるかもしれませんし、「あー、◯◯さんみたいな人のことかな……」なんて具合に、身近な人の顔が浮かぶことがあるかもしれませんね。

人によってちょうどいいブスの範囲は様々でしょうが、定義付けをするとしたら……それは「酔ったらヤレる女性のこと」という認識が私個人の中ではベストアンサーでした。

つまり、シラフでは性的対象にならないけど、酔っている時であればヤリたくなってしまう、まさにボーダーラインぎりぎりのちょうどいい位置にいるブスのことですね。

出会い系においてはこのくらいのなんともきわどい微妙なブスが実にたくさんいます。残念ながら、世の中全体と出会い系の中だけの「美人とブスの比率」を比べるとしたら、出会い系の中のほうがブスの比率が高いといえると思われます。

なにしろ、黙っていても男が寄ってくるような芸能人やモデルクラスの美女はよっぽどのワケアリでなければ出会い系を利用する機会がそもそも無いですからね。

もっとも、たまにびっくりするくらいの美人がワケアリで潜んでいるのもまた出会い系の面白いところではあるのですが、めったにお目にかかることは出来ません。

出会い系とソシャゲのガチャは似ている!

出会い系で10人と会ったとすれば「美人だな、かわいいな」と素直に思える女性はおそらく1~2人くらいに落ち着くことでしょう。私はこれを「出会い系10連ガチャ」と呼んでいます。

ソーシャルゲームをやったことがある人なら通じると思いますが、ほとんどのガチャはハズレで構成されており、10回に1回くらいは当たりのスーパーレア(SR)が手に入る……といった具合です。

もちろん、そのレアの中でもさらに激レアなスペシャルスーパーレア(SSR)は100回に1回引ければいい方といった具合なのですから、ソシャゲのガチャと出会い系の出会いってすごく似ていると思います。

運が良い人ならそのSSRを1発目で引いてしまうこともあるでしょう。逆に、運が悪ければ20回引いても1回も当たりが出なかった……という人もいるかもしれません。

どちらも共通しているのは、一度ガチャ(セックス)の味を知ってしまうと、どんどん回したくなる(ヤリたくなる)という点です。

当たりを引いた人であれば、もう一度当たりを引いていい思いをしたい!ハズレを引いた人であれば、今度こそ当たりを引きたい!

……といった感じで、のめり込んでいってしまうのです。まさに底なし沼にハマるような状況から、「ガチャの闇」だとか「沼ガチャ」だのと呼ばれていますが、出会い系でも同じことが言えるでしょう。

ただ、確実に言えるのはガチャを回さなければ(出会いを探さなければ)当たりは出ない(セックスはできない)ということです。

ガチャを回してハズレが出たからといってその場で捨てるのはもったないないですよね。多くのソシャゲではハズレキャラを合成なり素材にして経験値に換える使い道があります。

出会い系のブスだって同じこと。その場で捨てたり逃げたりするのではなく、いつか引くであろう美人の時のために経験値を積んでおくのです。

いまソシャゲのガチャはだいたい1回300円~500円くらいが相場だといわれています。ワクワクメールであれば1通50円で送信できますので、実に10通も送ることが出来るわけです。

それだけあれば十分に仲良くなれますし、LINEやフリーメールアドレスの連絡先の交換だって容易でしょう。ソシャゲのガチャ1回と出会い系で1回会うことは同じ値段で楽しめるとも言えます。

今の時代、ソシャゲを楽しむ人は多いでしょう。もしかしたらこれを読んでいる貴方も何かしらのゲームを遊んでいるかもしれませんし、なんなら課金してガチャを回しているかもしれません。

たしかにレアなキャラクターや武器を当てて強いモンスターを倒すのも楽しいと思います。わたしもモンスターストライクやグランブルーファンタジーを楽しんでいるので、よくわかります。

でも、同じ値段で出会い系でセックスを楽しめると思えば、そっちのほうがいいと思いませんか?

ガチャを引くときのドキドキ感と、出会い系で待ち合わせ場所に向かう時のドキドキ感は実に似ていると思います。当たりを引くのか、それともハズレを引くのか……。なんとも言えぬ高揚感ですよね。

ゲーム感覚で出会い系を始めてみて、ガチャを引くような感覚で誰かと会ってみるのも、すごく楽しいと思いますよ!

ソフレ(添い寝フレンド)のメリットとデメリット

近年、出会い系サイトでソフレ(添い寝フレンド)を求める男性が増えています。セックスをしないで添い寝だけをしてほしいと思うなんて不思議な感じがしますね?

若い世代からオジサン世代まで、ソフレ需要は確実に高まってきています。

なぜ男性たちは、わざわざ出会い系サイトで添い寝を求めるのでしょうか?

ソフレのメリットとデメリットをまとめてみました。

ソフレ(添い寝フレンド)のメリットとデメリット

ソフレとは?

ソフレとは「添い寝フレンド」の略で、異性と添い寝をするだけの関係をいいます。セックスをすることはなく、男友達以上セフレ未満という関係が一般的。

  • 「男女が同じベッドに入って寝るだけって…」
  • 「ソフレとかいっても、最後はやらせてくれるんだよね?」

という疑問はあまりにもナンセンス。

セックスをせずに抱き合って寝るという、微妙な清廉さが女性にウケているのです。

そして、実は最近の出会い系サイトでは「ソフレ」というジャンルを設けていたり、ソフレを探す男性も多いのです。

ソフレのメリット

ソフレを探す男性は一体どんなメリットがあって人気を集めているのでしょうか?

理由1.女性の反応が良い

出会い系サイトを使う女性とは言え、いきなりセフレやセックス目的のデートはハードルが高く感じてしまうもの。

特に、素人や出会い系サイトで遊び慣れていない女性ほど、男性への警戒心が高いものです。そのため、場に慣れるまではソフレに絞って募集をしている女性が多い!

そこで、あえて返信の反応が良い女性を狙う男性陣は、ソフレ募集をしたり応募するのです。

「当たらない矢を放つくらいなら、まずは矢に当てて女の子のリアクションを見たい!」と考える男性なら、セフレ募集よりもソフレ募集で女性を探す方が、良い反応が得られるでしょう。

理由2.サクラが少ない

また、ソフレで募集してる女性ならサクラや業者が少ないというのも見逃せないポイント。

特に悪質なサクラや業者は、いかにエロい雰囲気を醸しだして男の反応をひきだすか……ということに命をかけています。

そのため、セックスよりエロ目的の低いソフレは、男も少ないだろうとサクラは判断。また援デリ業者は、ソフレではお金をもらえないとわかっているから、ソフレ募集男は無視する傾向にあります。

だから、確実に出会える可能性のある素人を狙い撃ちできるのです。

「よりサクラや業者が少ないジャンルで攻めたい!」という男性からが、ソフレというニッチなカテゴリーで探している事が多いのです。

理由3.セフレに昇格することも

そして何と言っても嬉しいのが、ソフレからセフレに昇格する可能性が高い点。

もともと「会っていきなりHをする」というのに抵抗がある女性でも、結局は出会い系サイトの利用者。それなりに接点をもち、人柄がわかればあっさりHもOKになる事が多いのです。

「数打っても当たらないセフレ募集よりも、ソフレからの方が楽ちん」と考える男性にとっては、ソフレが人気というのも頷けます。

もちろん、純粋にソフレだけを求めている女性もいるので、見極めるのは大切。何度か同じベッドで添い寝をしても、明らかな拒絶反応を出すようなら次のソフレ探しをする方が懸命です。

理由4.自分の悩みが解決できる

意外にデリケートな問題なのが、男性側の中折、勃起不全(ED)、トラウマなど。

女性とのセックスをするのが恐怖に感じる男性や、セックスに自信をなくしかけた男性があえてソフレから時間をかけて改善させていこうと頑張っている人が多いのです!

「まだ20代なのに、1回やったらもう勃たないんだ…」
「小さいと笑われて依頼、女性が怖い…」

このような男性が抱えるデリケートな悩みをこっそり克服するのに、ソフレを求める男性もいます。

ソフレのデメリット

このようにソフレが人気の理由を覗いてみると、男性側にもメリットが大きいことがわかりました。とは言え、やっぱりセフレではなくソフレ。メリットだけでなく、デメリットも存在しています。

ソフレのデメリット1:お金がかかる

いくらセフレの可能性を秘めているとはいえ、ソフレは添い寝をする女性。入浴まではOKという女性はいるかもしれませんが、いきなりセックスまで持ち込むのは難しいでしょう。

そのため、費用対効果で考えれば「添い寝をするだけ=ラブホ代・食事代・ドリンク代など」となりセックスで考えれば、セフレに比べるとソフレはお金がかかると言えます。

ソフレのデメリット2:考えがすれ違うと絶望的

出会い系でのソフレ女子はセフレ女子になる可能性が高いものの、確実にセフレになるとは言えません。また、男性側がソフレで女性慣れしたいと思っているにもかかわらず、女性がソノ気になったら……。

いずれにせよ考えがすれ違うと絶望的な状況に陥ってしまうでしょう。

些細な言葉から気まずい雰囲気になったり、ケンカをしたり……。最終的には音信不通や関係が終わることとなってしまいます。

もちろん次を探せば良い話ですが、思わずソフレに本気になった時や、ソフレに惚れられたといった時はプチ修羅場が起こる危険性も覚えておきましょう。

出会い系サイトでソフレと遊んでみては?

ソフレも男性にとってはメリットもデメリットもありますが、せっかくなら出会い系サイトで好奇心を優先した、一期一会も楽しんでみてはいかがでしょうか?

ソフレを体験した男性の中には「意外に楽しめた。いやし効果がでかい」「本当の恋人気分が満喫できる」といった高評価な感想もあります。

ソフレを楽しむか、ソフレから一歩を踏み出すかはアナタ次第ですよ!

ターゲットを明確にすることが大切

出会い系サイトで成功する人には共通点があると思います。

それは「良い流れが来たら一気に行く」ということです。

肝心要の出会う段階までに、時間をかけないということです。

もちろん中にはジックリと仲を深めてから実際に会う段取りをつける人もいると思います。しかし、そんなにゆっくり進んでいたらその女性がいつのまにか他の男性とくっついていた、なんてことがあるのも事実です。そして一気に話を進めるためには第一印象で好感を持ってもらうのが一番効果的です。

ですので、掲示板にメッセージを書き込むときには「これが自分の印象を決めるんだ」という気持ちを持ってするというのが基本です。

また、その際にも「誰がターゲットなのか」を明確にすることが肝要です。なぜならば、おとなしい女性に発信する場合とイケイケのノリの良い女性に発信する場合とでは、当然アプローチの方法が違ってくるからです。どちらにも受けが良いような中途半端なメッセージを掲示板に残しても、他の書き込みに埋没するだけです。女性たちからの最初の印象は文字からでしか判断できないため、ここが大変重要になってきます。

使ってはいけない言葉づかいをチェックする

ターゲットの女性のタイプを決めたら、あとはその女性像を想像しながら掲示板に書き込んでいくわけですが、意外と忘れがちなのが「書いてはいけない言葉」です。

これはどういうことかと言いますと、私はタイプ別に書いてはいけない言葉があると感じています。

おとなしめの控えめな女性には「パーティー系(酒呑んで、とか夜通し、とか)の言葉、またはラフな言葉づかい」

イケイケな女性には「フックの無い言葉(落ち着いた、や 公園で、ほのぼの、など)」

以上の言葉は逆効果です。引いてしまうので気を付けましょう。もちろん逆ならば効果ありです。要するに自分の狙いどころにあった言葉選びをしましょう。

また、共通のNGワードとしては、誰かを蔑んだり、下に見るような発言・書き込みは、ほとんどの場合ダメです。常識の範囲内でフランクな言葉づかいをして、なおかつお互い楽しめるようなきっかけになる書き込みを考えて投稿しましょう。

おすすめのターゲットは人妻

もっとも効果的なセフレ攻略術は人妻を狙うことです。

人妻を狙ってメールを送りまくれば、セフレづくりは本当に簡単。

むしろ切るタイミングのほうが難しいくらいですね。

人妻というだけでセックスに飢えているのは確定ですし、お互いに妥協できるラインであればセフレ関係になれるのもほぼ確定です。

そこで相性が合えばいいですが、合わなかった時の切り時がむずかしいんですよねぇ。

ヘタにストーカー化されるとこわいですからね。そのあたりは慎重にいきたいものです。

そういうことに注意しながら、たまにはセフレとデートなんてのも気分転換になっていいですよ。秋の頃でしたら紅葉を見に山登りなんてのもオツです。もちろん帰りのホテルは抑えておきましょうね。

そんな感じでデートしてきて、また新しい女性とセックスをしていたのですが改めてセックスっていいなと思いました。

最近はちょっと心にゆとりがもてるようになってきたので、セックス中にも表情をよく観察するようになったんです。そうしてみるとほんとに女性の表情というのはダイレクトに反映されるし、なにより興奮しますね。

こんな顔、旦那にはもう見せてないんだろうな……と思うと、さらに盛り上がってしまいます。