「セフレ製造テクニック」を使ってセフレをゲットした体験談

当サイトではセフレづくりの全手順を公開しています。

メールの書き方・ターゲットの見極め方・セックスに誘う会話のコツまで、セフレづくりのあらゆる情報を網羅しています。

当サイトの情報を利用することで、あなたはいつでもセックスできる素人のセフレを手に入れることが必ずできるようになります。

「何の手間もいらない」だの「完全無料で利用できます」だのといったインチキな言葉を並べ立てるつもりはありません。

目標に向かってきちんと誠実な努力を積み重ねれば、必ず複数のセフレを手に入れることができるということを証明します。

当サイトのノウハウを利用すれば、1日10分、出会い系サイトでメールを送るだけで、必ずセフレを作ることができることを約束しましょう。

そもそも女性のほうがネットで出会っている

株式会社マッチアラームが行った出会いに関する調査によると、20代から30代の独身女性の実に70.8%の人が、「ネットで知り合い、実際に会った経験がある」と回答しています。

ちなみに同様のアンケートを男性にも行っていますが、男性は63.0%。実は女性の方が多いことが判明しています。

sns

 

ただ、男女の出会いなのでそれぞれほぼ同じ確率にならないとおかしい気がしますが、これは独身者へのアンケートなので、男性の方が既婚にも関わらず出会っているケースが多いのかもしれませんね。

いずれにしても非常に高い確率でネットをきっかけに出会っていることがわかります。

実際会っても良いと判断する材料とは

出会っている女性が多いとは言え、身元がよくわからない人と出会っているわけではありません。幾つかの判断材料をチェックしてから出会っていることが判明しています。

その判断材料をいくつか挙げてみましょう。

  • プロフィールが細かい
  • 写真を掲載している
  • 趣味に没頭している様子が分かる
  • どんな仕事をしているかが分かる
  • 普段どんなところでご飯を食べたり、遊んでいるかが分かる

上記のように人となりが分かる人ほど安心感が生まれ、出会っても良いかなという気持ちになる傾向があります。

例えば音楽が好きな男性がいたとして、ギターの写真やライブ会場の写真、実際にステージに立った時の写真などを掲載していると、どんな人なのかだんだんとイメージが湧いてきますね。あるいはツーリングが趣味でバイクの写真や景色の写真、観光地で食べたお団子の写真なんか載っていると、とても人間味が出てきます。

つまり、「いかに安心感を与え、人間性を表せるか」がポイントです。

出会いを求めている人は相手のほうにばかり質問したり、写真を求めたりしていませんか?まずは自分のことをさらけ出すことから始めれば、相手も自分に興味を持ったり、安心感を持ってくれるでしょう。

「出会い」を意識するよりも、「自分のことを知ってもらう」という気持ちを重視すれば、自ずと出会える可能性も広がっていくはずです。

本日は、わたしが実際に「セフレ製造テクニック」を使ってセフレをゲットした体験談をご紹介します。

女子大生

先日は出会い系で女子大生をゲットしました。

はじめの内は何人かにコンタクトをとってみるも、どうも微妙な反応が多かったのですが、何とか現役女子大生と会う約束を取り付けることができました。

過去の経験から出会い系だし、軽い感じの子だろうなと正直あまり期待していなかったのですが、実際に彼女にあってみると、普通の女子大生というのが意外で印象的でした。どうやら彼女もあまり出会い系の経験がないとのことで、結構ガードが固い子で中々懐に入らせてくれない感じの子でしたが、そこは経験でじりじりと接近。

こうした女の子との距離をじっくりとつめていく感覚が久しくなかったので、逆に私には新鮮に感じられ、とても楽しい時間を過ごす事ができました。久々でしたが、最近は出会い系も中々侮れないなと感じました。

CAさんと会った体験談

今回はCAさんと会った体験談です。

彼女と初めて会ったのは、自宅近くにある駅前のカフェでした。彼女はちょうど仕事帰りだったようで、CAの制服もキャリングケースの中に入れていました。意気投合した私たちは、初対面であったにもかかわらず、ラブホテルへ直行することになったのです。

そして、たまたま彼女が持っていた制服を彼女に来てもらうようお願いしました。彼女は最初、とても恥ずかしがって、なかなかOKしてくれませんでしたが、頼み込んで何とか了承してくれました。

現役CAのコスプレエッチを体験することができてもう最高でした。職業柄、ルックスもスタイルも抜群でしたが、女性の職場ゆえ、なかなか出会いがないらしく、男性に飢えていたようです。私があそこを舐めてあげると大きな声をあげ、体を反り返らせて感じていました。

そのまま正常位、騎乗位、後背位と攻め、最後は正常位でフィニッシュしました。こんなに美人でしかも感度のいい女性とエッチを体験できてともて幸せでした。

出会い系初心者の人妻

「これって何をするサイトなのですか?」

この人妻との最初の話はそこから始まりました。

当時、彼女と別れたわたしは、その腹いせに出会い系サイトに手を出してみました。そのうち、気になった女性に対して数度アプローチしてみた。その中の一人が彼女でした。

わたしと年齢はそう変わらないので、気軽にアプローチしてみました。そうして、何度かやり取りしていた時に出てきたのが、「これって何をするサイトなのですか?」という切り出し方から、出会い系サイトやテレクラなどとは全く縁のない女性だろうと想像していたから。

これはもしかしてチャンスかもと思ったわたしは、さっさと会う約束にこぎつけることにし、アプローチをかけたら、見事に成功。

さて、会う当日、半分ドキドキしながらも彼女を待っていると、待ち合わせたしたちょうどの時間に、約束通りの服をきた女性が。声をかけてみるとまさしくその通り。

まずは、作戦通りにお茶をすることに。

「わたしこういうのは初めてで」

彼女は唐突にこう切り出しました。

もちろん、それはお見通しである。

「これって何をするサイトなのですか?」といったきりだし方から、出会い系サイトやテレクラなど、全く縁のない女性だろうかと想像していたから。だからこそ、速攻で会う約束にこぎつけるために頑張ったのです。

彼女は、近所の奥さん仲間から、出会い系サイトのことを聞いたそうです。

「面白いわよ」ということを鵜呑みにして、まずは登録して、そこにわたしがアプローチをかけたようでした。それもそのはず、年齢は30を超えているが、見た目はおぼこい少女みたいな感じである。きっと真面目に今まで生活してきたのでしょう。

わたしはとりあえず仲良くなるために彼女といろいろな話を聞きました。彼女は、24で見合い結婚。それまで男性と付き合ったことはなく、旦那もその系統だそうです。そして、30を超えた今までずっと真面目に暮らしていたのだそう。しかし、なかなか子供には恵まれず、暇をもて余していたところに、近所の奥さんの話を聞いたのでした。

出会い系サイトとは何のことかもわからず、たまたま出会ってしまったわたしに強引に押し切られた彼女。会ってわたしはその予想が的中していたことを再確認。徹底的に強引に押し込もうと考えました。

さて、喫茶店を出た駅までの道、そこにはラブホテル街が存在している。もちろん、これはうまく行った場合を想定して選んだ場所。ホテルの前で、ちょっと強引に誘いを掛けると彼女はすぐに落ちました。

まさしくお話と同様、清楚と言えば聞こえがいいが味気ない下着を着けていた彼女を脱がせると、綺麗な体が目に飛び込んできました。もうそれだけでも、まるで高校生の気分になり、一気に彼女を攻めたて事に及びました。

正直彼女もちょっとびっくりしていたらしい、会ったその日のうちにこういうことになるとは想像すらしていなかったようで。

「男の人のモノって、やっぱり人それぞれ違うのね。わたしは旦那のしか知らないから」

ということで、わたしは、彼女にとって人生の2番目の男になったのでした。

小雪似の人妻

出会い系ではそこそこに年齢の近い方に絞って攻めているのですが、アラフォーである私からすると30代がメインのターゲットになります。最近では30代でも独身という方は少なくないですが、それでも出会い系サイトというコミュニティの特性でしょうか。

人妻の方も多く登録されており、中でも出会いの場を得るにはサイトしかないという人妻は実に狙い目です。

さらに付け加えると当然のごとく既に他人のものなので、ソレに手を出す背徳感といいますか、タブーを犯している背景もまた興奮する要因になります。

その日も数名の候補から一人に的を絞り、リアルに対面する約束をこぎ着けました。サイトで得た情報では30歳の人妻で、子供なし、ちょいぽちゃ系ですが、顔は小雪風だという彼女。

30歳で子供なしということなので体のラインなどは綺麗なんだろうなーとか、小雪似かー!と興奮してネットで小雪さんの画像を見まくってイメージを膨らませます。しかも人妻ですからセックスがご無沙汰である可能性は高く、ちょっと火を付けてやれば爆発してくれるパターンが多く、期待ができます。

女性を待たせては失礼だという意識から私はだいたい約束の時間より少し早めに到着します。その日も約束の場所には先に到着しました。待ち合わせはだいたいが24時間営業の量販店の駐車場のスミ。

少し待って、それらしい車が約束の時間ちょうどくらいにやってきました。いよいよ小雪との対面ということで、心も股間も踊ります。私の車と2台分ほど間隔を置いて駐車した車から女性が降りてくるのが見えました。確かに小雪のテイスト漂う女性、なのですが30歳にしてはやや老けて見えるような…、そしてなによりドッシリしている。

いやいや、私が待ち合わせてるのは30歳の小雪だし、ちょいぽちゃとは言ってたけどアノ人は多分違う、と思いたいのですがメールで聞いていた車種と同種だし、色も一致している。そしてなにより今この瞬間ノシノシとこちらに向かって歩いてくる。笑いながら。

間違い無い、メールしていたのはこの小雪です。私も車種を伝えていた上に彼女をガン見していたので、彼女も確信をもってこちらに歩いてきています。なんだか異質な緊張感が漂ってきました。

ちょっとイメージとは違っていたとは言え、ここは大人の対応をしなければいけないし、失礼な態度をとるわけにはいきません。私も車から降りて笑顔で挨拶。さてどうしたものかと思いましたが、小雪(当社比250%)はいい体格をしてはいますが、胸元の大きく開いた色っぽい服をまとっており、おっぱい星人な私の心を掴むにはなかなかの良いおっぱいの持ち主でした。

挨拶をしている間はほんの短い間でしたが、私の視線は小雪の胸の谷間に釘付けとなりました。

何はともあれ、駐車場で初対面らしき雰囲気の二人が長居するのはどう考えてもリスクが高いので、私の車の助手席に彼女を乗せてしばらく走りながら話をする事に。

これまでの流れで彼女の体格についての特徴をあまりにもフューチャーしすぎましたが、性格はすごく良さそうなおっとりした女性。良いお母さんになりそうという表現がシックリくる女性です。

しかしおっとりした雰囲気とは裏腹に、話題をエロい方向へ持っていこうとしている積極性も垣間見えました。私の助手席のシートを埋め尽くさんばかりのダイナマイトボディに、これでもかと言わんばかりに露出しているおっぱいの谷間。このあたりからだんだんとスケール感が狂い始め、そのイヤラシイおっぱいの全貌ばかりが気になっていました。

雑談が一段落する頃にいつも私が使う手段に沿って、人通りのない場所で車を停めてみます。この時このおっぱいに手を出してイイモノかどうかという葛藤が一瞬あったのですが、車を停めて間近でマジマジと見るおっぱいは私の心をを掴んで離しませんでした。

小雪の表情は既に「早く来い」と言わんばかりにニヤついてこちらを見ています。このタイミングを逃したら行きにくいと感じた私は意を決して彼女に顔を近づけると、彼女も顔を寄せてきたのでイヤラシ過ぎるくらいのディープキス。同時に彼女が私に抱きついてきたのですが、想像以上の感触(スケール的な意味で)に一瞬驚きました。

しかし、もう頭の中はその巨乳をその手に掴むことのみ。ねっとりしたキスが好きなのか小雪とはしばらくクチュクチュやりながら、胸元から手を滑り込ませ、念願の巨乳をもみしだく瞬間を迎えました。

とにかくデカい、手にあまるサイズのおっぱいを揉みしだくのはコレが初めてだったと思いますが、異常にやわらかくデカいおっぱいの先にこじんまりと突いている乳首が異様にエロい。

気が付けば彼女の胸元を大きく広げて片乳を放り出させた状態で、チューチューモミモミ。乳首をいじると漏れる喘ぎ声がこれまた私の股間を刺激します。

この勢いならもう最後ま行ってしまわないと気が済まないと思ったのですが「ここから先はまた次に会ってくれたら」と彼女が言います。うーん、ここに来るまでの道中は今すぐにでもヤリたいオーラが出ていたような気がするんですが、微妙にカタい部分があったようです。

さすがに私もいい歳なのでそこは理解したと言うことにして、とにかくその場はおっぱいを楽しめるだけ楽しもうと揉んで吸ってしゃぶりまくるだけしゃぶってその日はお開きにしました。

その後、小雪から次のデートはいつにしますかというメールも貰ったのですが、それから時間が経過した私は、申し訳ない事に巨乳を堪能したことで既に何か納得した気持ちになっており、そこから先はもういいかという結論に達して今回はリリースすることにしました。

なかなかにエロい人妻だったので展開的には楽しめましたが、たまにはこんな事もあるということです。まあ、セフレはほかにもいるからいいや。

彼氏持ち女

大手出会い系サイトでは、当たり前の文面を送っていてはまずまともな返事は来ません。

女性のところには、それこそたくさんメールが来るわけで、タイトルを見ただけで内容などまったく見てもらえない場合が多いのです。

掲示板に書いてある内容をよく見れば、女性の趣味とか好きな食べ物とか、何かしらのヒントがあるものです。見逃してはいけません。タイトルに具体的な内容を書くようにします。 今回はスペイン料理に興味があると書いてあったので、「捜し求めてた極上のパエリアゲット!」とタイトルに書きました。

返信がありました。やり取りさえ始まれば、相手の言っていることに対して、短めの返事をしていけばいいのです。長いメールはいりません。くだけすぎない程度にユーモラスに書きます。

実際に会うコツは、相手の女性に会う目的をハッキリさせてあげることです。

今回は「パエリアを食べる」という目的があるので、きちんと会えました。

出会い系で知り合った人と漠然と会うのは、女性としてもためらうものです。しかしながら、出会い系サイトに登録している女性は「出会い」を求めているのも事実です。手順さえ間違えなければ、かならず会えるものです。 その夜は、食事だけのつもりでした。話の流れの感じで、今日いきなりはちょっと無理だと思ったからです。

駅まで送る途中、並んで歩いていたら手が触れたので、手を握ったら女性は笑いました。ちょっとした公園があったので、ベンチに腰掛けて肩に手を回しました。女性は少しためらいましたがすぐに頭をこちらに寄せてきました。かるくキスをしました。服の上から胸に手をあてても拒否しなかったのでホテルに誘いました。

ベッドに入ると女性は変わるものですね。奥ゆかしい感じの女性でしたがSEXは大胆でした。自分から上に乗ってきたり、しっかり咥えてきたり、久しぶりに情熱的にSEXを楽しめました。 一回戦が終わって少し話しをしました。本音で話してくれました。ワクワクメールに登録しているのは、やはりパートナーが欲しいからだそうです。

驚いたことに付き合っている彼氏がいるそうです。それでも、出会い系で会った男性とその場限りの体の関係を持つのが、たまらない快感なのだそうです。分かるような気がしました。私も今日、女性とはじめて会ってからここまで、とても楽しかったし、緊張感もあって普段感じない快感がありました。納得していると、女性の手が股間に伸びてきました。

やさしく口に含んでくれて二回戦が始まりました。

保険外交員の女性と昼間から不倫エッチ

派遣先の仕事が変わり夜勤になったことから、出会い系サイトもお昼にやり始めました。

とにかく主婦が多いのに驚かされましたが、この間会った「保険外交員」生命保険のセールスレディーですね。41歳の主婦だそうですが、セックスレスだそうです。それとやり取りが始まりました。10往復くらい送信と返信を繰り返し、LINEに移行し、お昼の2時に会いました。

外で人と接する仕事をしているためか41歳とは思えない容姿で、しかも僕好みでいい感じで「中年女性の」の色気もありました。

お金はあるようです。儲かるんですね、外交員って。ラブホ代出してくれました。最初にいったカフェの代金も。

彼女はお金はあるけど時間があまりないとのことで、ホテルに行くまでの道のりは今までのアポの中でも最速でした。彼女はかなりエロくてホテルでは凄かったです。ベッドのシーツがビショビショになってました。

バイオリンの先生

こんなにスケベな女性に出会ったことはありませんでした。30歳のバイオリンの講師をやっている人で出会った印象としては美人とまでは言えませんが一般男性の許容範囲には入ることが出来るほどの女性でした。

スタイルも普通ではありましたがバストに関しては洋服の上からでも分かるほどの膨らみを感じとることができました。また仕事帰りだということもあってバイオリンのケースを片手に持っていたのです。私の気持ちはサイト内のやり取りの中で既に伝えていたので出会って直ぐにホテルに直行しました。ホテルに到着するとお互いにシャワーを済ませて男女の行為に入ったのですが、行為が進むに連れて彼女の態度が豹変して行ってテーブルの上に置いてあったバイオリンのケースに手を伸ばして弓を取り出したのです。

すると私に弓を差し出して弓で叩いてほしいと言い出したのです。私にはそんな趣味が無いので始めは抵抗したのですが次第に興奮してきて三発ほどお尻を叩かせてもらいました。

主婦

エッチな関係を求めた時、一番捕まえやすいのは間違いなく主婦の方です。

それは専業であろうとOLさんであろうと変わりません。主婦であるだけで、出会いへの確率は格段にあがります。

理由はとても簡単です。出会い系サイトに登録している主婦の方は、ほぼ100%の確率で旦那さんに対して何らかの不満を持っており、そのことについて見知らぬ異性に話を聞いて欲しい癒やして欲しいと思っているからです。

それは若妻でも熟女妻でも同じです。

ですから、出会い系サイトで人妻を落としたいなら親身になって話を聞いてあげ、女性の立場や意見に同意してあげれば良いだけです。

相手から信頼を得て、癒やして欲しいと思わせれば彼女の心も体も手に入るというものです。

実際、私もその方法で結構な数の人妻と関係を持ちました。36歳の私と同年齢の方も入れば一回り以上も年下の女のコもいます。

もっとも最近出会ったのは24歳の人妻です。
かなり若く結婚してから3年程だそうですが、早くも旦那さんに不満を持って出会い系サイトを訪れたみたいです。

彼女は専業主婦で子供も保育園に預けているので、昼間はかなり暇そうで、掲示板の新着書き込みで彼女を見つけたのも真っ昼間でした。

私は仕事柄、暇も多くスマホをしょっちゅういじっているので書き込みを見つけてすぐにメッセージを送りました。
最初は気軽に自己紹介とかでしたが。

彼女からすぐに返事を貰え、メッセージを送り合うようになりましたが、彼女からのメッセージにはストレスが溜まっていることや旦那さんへの不満もちょくちょく書いてありました。

その度に、彼女の気持ちを理解して優しい言葉を送り、「こんなに可愛いのに」などどちょっと女心を揺さぶったりもしてみました。

そして、一週間ほどしてから「会いたい」と送りました。彼女はちょっと戸惑った様ですが、昼間に少しだけと約束して会うことになりました。

約束の当日、彼女の住んでいる場所から数駅離れた駅前で待ち合わせをしました。そこに来た彼女はさすがに若々しくて人妻とは言われなければわかりません。

メッセージではおとなしい雰囲気でしたが、実際にはエロさ満点の活発そうな雰囲気でした。

会ってからカフェで色々と話をして、1時間くらいして店を出ることになったのですが、「次どこ行く?」と聞くと、「どこでも良い」と言われました。
冗談っぽく「ホテルでも?」聞いてみると恥ずかしそうに頷いてくれたので、そこからは手をつないでホテルに行きました。

ホテルの部屋の入り口でキスをしてからは、無言で彼女の体を楽しみました。彼女は部屋を暗くしたがっていましたが、それは認めずじっくりと鑑賞させてもらいました。

感じやすいのかたっぷり喘ぎ声も聞かせてくれ、興奮した私の股間もしっかりと舐めてもらいました。ゴムでの挿入と発射、そして掃除フェラとしっかりと楽しませて貰い次のデートの約束までしてその日は終了しました。

若いエキスを吸収した出会い系体験談

出会い系サイトで仲良くなった二十歳の女の子と先日会ってきました。

サイト内で相手を探していたらイキのよさそうな女子を発見。ノリもかなりよかったので、とりあえず飯でもいこうや、という話になりアポがとれました。

とりあえずレストランに入り、楽しくお話をしていたら、お酒も入っていい感じになったのか、いきなり彼女からエッチのお誘いをしてきました。かなり積極的な女でしたね。

彼氏と別れて一年くらいらしく、セックスもかなりご無沙汰で我慢が限界とか(笑)おっぱいがかなりおっきくてタイプだったのでソッコーでオッケーをして、早々にホテルへ移動しました。

ホテルに入ってからは、向こうからいきなり激しいディープキス……そしてイチャイチャしながら抱き合っていると、既にオチンチンがカチカチになっているのが分かりました。僕もかなり興奮してしまっていたのです。

なのでシャワーも浴びずにベッドにいき、荒々しく彼女の服を脱がしました。網タイツをはいていたのですが、もうどうでもいいと思って破りつきてやりました。

そして貪るように彼女のグチョグチョおまんこを舐めまくりました。お返しにオチンチンを舐めてあげるよ、と僕のパンツを脱がせてきました。僕のはとても大きいオチンチンらしく、勢いよく上を向いていて、オチンチンの先からダラダラと液体が出てきていたので、無我夢中で舐めてくれました。そんな彼女のフェラチオのテクニックはかなりヤバいくらいに上手で、下から金たまを擦りながらサオをしたから尺八のように横なめし続け、さらにしこしことテコキしながら滑らかに舐めてくるのです。

もう5分もせずに我慢することができずに、大きなおちんぽから、大量の生温かい精液が口の中いっぱいに放出され、ちょっと噎せてしまいましたけど、愛おしく感じて全部飲んでくれました。

射精したあと休憩するのかと思いきや、スグにまたオチンチンが硬くなってしまい、そのまま二回戦に突入しました。

一回射精したからか、かなり時間をもつことができました。激しくピストンしながら合計で30分くらい頑張って精液をいっぱいおまんこに放出しました。どばどばとおマンコから出てくる精液を見てさらに興奮している彼女がいました。本当にスケベ女でしたね。

終わったあと、ヘトヘトになりながら、一緒にシャワーを浴びました。そしてまたベッドでゆっくりしていると、彼女にせがまれたので、もう一度してから帰りました。最後は騎乗位になり、最後まで腰を降り続け、それだけでは飽きたらず、バイブをクリトリスにあてながら、何度も潮吹きしながら中だしを懇願してきたので、大量の精子を放出してあげました。

それにしても、かなり肉食女子だったらしく、帰ってからもメールで次のお誘いはいつですか?と自分のオマンコの写メールつきで送ってくるなど、かなりの変態女だったのでビックリしちゃいました(笑)

また会う約束をしたので、次が楽しみです。次は夏祭りで浴衣プレイを希望しています。

専業主婦の知美

好みの相手検索で知り合い、金曜日の午後に会うことになった専業主婦の知美さん。

彼女とは人妻出会い系サイトで知り合いました。

人妻たちがこれでもかというくらい登録していて、当然、彼女もその一人。

「実際、女の子が出会い系サイトを利用するのって、すごく怖いんです。なかなか勇気がでなくて悩んでいたんですけど、お友達がこのサイトを利用していて、それで誘われるような形でこのサイトに登録したんです。

私がそこまでして出会い系サイトを利用する理由ですか?主人とのセックスレスが原因ですかね。実際、結婚するまでに2年付き合って、現在結婚5年目になるんですけど、ここ2年もセックスしていません」

彼女、ご主人と別れる気はない割り切りセックスタイプでした。

易者

私がE子と知り合ったのは大手出会い系サイトでした。E子の職業は変っていて、通常の私の交際範囲からは到底知り合うことは出来なかったでしょう。こうした体験をすると、ネットならではの出会いがあるんだなとつくづく思いました。

E子の職業は、易者です。易者とは「人間の将来や運命、物事の成り行きなどをそれぞれの理論に基づいた方法で予想するのを職業とする人」と辞書では定義されています。

なにやら難しそうなお仕事にも思えますが、易者になるために学校に行くようなことはせず、独学だったそうです。資格なども要らないそうです。ただ、E子自身そうしたお仕事に興味があり、授業料として随分方々の易者を訪ねて、生命占いなどをしてもらったようです。今はマンションを借りて開業しています。

前置きが長くなりましたが、便利な女です。私自身は易者に手相ひとつ見てもらったことすらありませんので、正直E子の職業がどうであっても構わないのですが、時間にとらわれない仕事をしているために、いつでも会える点が便利なのです。時にE子のマンションをこちらから訪ねることもあります。

E子の部屋はラベンダーがかった色の壁にペルシャ絨毯が敷かれ、窓を潰して薄暗くしてあります。明かりは水晶球だけです。この神秘的な部屋で、欲望の赴くまま何度もE子の豊潤なボディをむさぼったことがありました。