女性が強い男に惹かれる理由と、その対処法

女性は強い男性に惹かれます。

たとえば、動物は、オス同士が戦い、勝利したオスが、メスを総取りするというルールのもとに遺伝子の淘汰を繰り返しています。

この「強い男性を求める遺伝子」は人間の女性にも根深く浸透しているのです。

だから、悪い男や影のある男がモテるのです。一見、女性は安全を欲しているように見えて、遺伝子レベルでは「強い男性」を欲しているのです。

スポーツ選手がモテるのは、その肉体や経済力のせいだけではありません。彼らは、他の男性と勝負して勝つところを、女性に日常的に見せつけているからモテるのです。

ものすごく美人でお金に困っていない女性が、どうして相撲取りと結婚するのか不思議に思ったことはありませんか?

相撲取りがモテるのは、単純な話です。強さを何度も何度も繰り返し女性に見せることができるからなのです。

相撲のようなメジャーなスポーツではなくても、他者に勝利しているところを、テレビ放送されているスポーツ選手は、大抵が、素敵で綺麗で魅力的な女性と結婚しています。彼らは、自分の強さを女性に見せるという戦略を通して、より優秀な女性の遺伝子を手に入れているのです。

わたしたちが女性に強さを見せる方法

さて、それでは、スポーツ選手でもないわたしたちは、女性にどうやって「強さ」を見せればよいのでしょうか? 暴力的に振る舞う? 肩を怒らせてまちを歩く?

いいえ、違います。

以下に、どうやって男性が女性に強さを提示してモテるべきかをくわしく論じました。

仕事ができることをアピール

大人が「強さ」を女性にアピールできるのは仕事です。出世が早いと同僚の女性からモテますね。社内結婚が多いのは、現代社会に生きる男性の戦いの姿を女性に見せることができるからです。

そして、仕事とは、戦いであります。同僚との戦い。同業他社との戦い。

あらゆる戦いを勝ち上がるからこそ、出世し、収入が多くなるのです。金持ちがモテているのは、金を持っているからではありません。「現代社会で金を稼げる能力を身に着けていること」というのは、競争に勝つオスであることとイコールであるからです。

そんなこといっても急に仕事で出世することなんてできないし……。

安心してください。

あなたが勝負すべきなのは出会い系サイトなのです。実際のビジネスの現場ではありません。

いかにも仕事ができそうに振る舞えば良いのです。仕事ができる人間のように行動するのです。

もちろん自慢をしろということではありません。

いかにも仕事ができる、出世していると女性が思うように振る舞うのです。

さらに重要なのは、「仕事ができる人間のように振る舞うこと」が、あなたを仕事ができる人間へと変えていくということなのです。

人間は、先に意識があって行動するのではありません。行動するから意識が変わるのです。

試しに、あなたの最大限の笑顔を作ってバンザイしてみてください。悲観的なことを考えるのはすごく難しいはず。そうです。あなたの意識を形作っているのはあなたの行動なのです。

ぜひとも、仕事ができる自分を演じることで、女性を手に入れてなおかつ仕事もうまくいくという循環を信じてください。

遊びが上手なことをアピール

遊びが上手な男はモテます。

なぜか。

子供の頃に熱中した遊びを考えてみてください。

そのほとんどすべてが「勝負」だったはずです。

ドッヂボールだろうとテレビゲームだろうとサッカーだろうとベイブレードだろうとミニ四駆だろうと、かならずそのなかには他の男の子との「勝負」の要素が含まれていたはずです。そして、その遊びを楽しそうにし、なおかつ勝利している男の子のほうがモテるはずなのです。

遊びが上手な男性は、女性から見ると、競争に打ち勝つ男性に見えます。

余裕を持って、心から遊びを楽しむ男性。遊びが得意な男性。

そんなチャラチャラした男性がなぜモテるのかという理由が以上のことからわかると思います。

体力をつける

ボディビルダーのような体力を付ける必要はありませんが、最低限の体力を付ける必要があります。

スーツを着ていても、筋力・体感・脂肪は、すぐにわかってしまうものです。

サッカーの日本代表選手のスーツ姿を見てください。どれほど筋肉があることで人間の見栄えが良くなるか、強そうに見えるかを本当に実感すると思います。

もちろん、スポーツ選手のようなハードなトレーニングをする必要はありません。

  • これまでよりすこし多く歩く
  • ちょっとだけ食事を減らす
  • 電車は立って乗る

そういうひとつひとつの積み重ねは、あなたをモテる人間へと変えていく行為なのです。どうしたらモテるようになるかなんて考える必要ありません。あなたは、今よりもモテる方法を確実にものにしているということになります。

そう思えば、モチベーションが一気に湧き上がってきませんか?

恋愛経験が多いように見せる

恋愛経験が多いということは、恋愛競争を勝ち残ってきた男だということです。他の男性を蹴落として、より多くの恋愛を成就させている男に、女は惹かれるのです。

わたしたち男性は、恋愛経験が少なくて純粋な女性が好きですね。

しかし、女性が好きになるのは恋愛経験が多いけれど今は自分だけを愛してくれる純粋な男性なのです。

たくさんの男とヤりまくっている女性を男性が嫌うのとはまったく違います。

男性は、恋愛競争で勝ち上がってきた結果が大切なのです。

もちろんモテ自慢をしてはいけません。

しかし、自分はモテないということをアピールする男性は絶対にモテないのです。他の女性から相手にされない、恋愛競争を勝ち抜けない男性は、女性にとって価値がありません。

女性にはまったく困っていないけれど、それでも自分だけを見てくれる王子様を、女性は探しているのです。

モテるべき理由

モテる男性には、モテるための「知」がどんどん集結していきます。モテない男性は、ノウハウを得ることができません。かくして知は知を呼び、モテるものともモテないものの格差はどんどん大きくなっていきます。

これが恋愛資本主義です。

マルクスが、資本主義を、「資本が資本を生む社会の仕組み」だと喝破したように、恋愛資本主義もこうやって格差がどんどん生まれているのです。これは、日本が金銭的な格差社会へと変貌していくのと軌を一にして圧倒的な流れを形作っているのです。

わたしたちは「持たざる者」になるわけにはいきません。なんとかして「モテる側」にたどり着かなければ、その格差は広がるばかりなのです。

アンゾフの成長マトリックスを利用した恋愛戦略

出会い系サイトで長いあいだ活動を続けているのになかなか彼女ができない。一生懸命メールをして、デートも何度かしているけど、こちらが好みだと会ってもらえなくて、会ってもらえる子はあんまりタイプじゃない。

そんなときは、どうしたらいいでしょう。

そういうときは、まずは自分の基準をちょっと下げてみましょう。

そのことであなたの出会い成功率は一気にあげられるのです。

アンゾフの成長マトリックスを利用した恋愛戦略

アンゾフの成長マトリックスを利用した恋愛戦略

このことを「アンゾフの成長マトリックス」で説明しましょう。

イゴール・アンゾフ著「戦略経営論(Strategic Management)」では、企業経営の計画を以下のような成長マトリックスで説明されています。

市場浸透戦略

他社との競争に勝つことでマーケットシェアを高める戦略。これは簡単な例は安売り競争ですね。これまで300円だった牛丼を280円に値下げすることで、市場への浸透を狙う戦略です。あるいは、カレー市場が「朝カレー」という広告を編み出しました。あれも市場浸透戦略と言えるでしょう。

新製品開発戦略

新商品を開発することで成長をはかる戦略。既存市場に、あたらしい商品を投入する戦略ですね。

新市場開拓戦略

すでにある製品を新しい顧客へと広げることで成長をはかる戦略。海外進出が代表的な例でしょう。最近は、日傘を男性に向けて売るという動きが少しずつ目立ってきました。

多角化戦略

製品も市場も、あたらしい分野へを進出していく戦略。コストは大きくなりますが、大きなリターンを得られる可能性があります。

どの戦略を採用すべきか?

このうち、「新市場開拓戦略」というのはいわば、あなたの女性の好みを引き下げる戦略といえます。いままであなたが見ていなかった市場に、自分という商品を投入してみるのです。

もちろん、「新製品開発戦略」をとる。いわば、あなたのあたらしい長所を身に着けていくという戦略も有効でしょう。

しかし、まず最初にとるべきは、「新市場開拓戦略」なのです。あなたが「妥協」をすることは本当に簡単な戦略なのです。たったそれだけで、あなたの恋愛は大いに成長していくのです。

そして、その後は、「新市場開拓戦略」と、「新製品開発戦略」を両方同時におこなっていくのです。そのことで、恋愛を多角化していき、圧倒的な成功をおさめることができるのです。

曜日別のメール

曜日を気にした事ありますか?
曜日によってかなり返信数は変わってきます
しかし曜日といっても一概には言えません。
なぜでしょう?
狙うターゲットによるからです。

まず知っておかなければならないのが、書き込みをしたとしてもそれがずっとTOPページにあるわけではない、という事。
女性が『メル友』の板を見たとします。
初めに現れた数人の書き込み、良い人がいないと思ったら次のページ。
暇な時や暇な人以外は、せいぜい3~4ページぐらいしか見ません。
そこにアナタの書き込みが無かったら??
ターゲットの目に止まらずに埋もれて行くわけです。

狙いが大学生の場合。

  • 朝から夕方まで不規則なので書き込む必要なし。
  • 夕方から22時ぐらいまで、バイトや遊びやTVに気を取られている可能性大なので期待薄。
  • 22時から2時ぐらいまでが一番の狙い目!
  • 曜日はオールマイティー。金曜・土曜の夜がダントツ。

狙いがOLさんの場合。

  • 朝の出勤時間は、何気に狙い目!電車で暇だから観る人が多いです。
  • 12~13時の昼休みも狙い目!
  • 21~0時ぐらいが一番の狙い目。早く寝ちゃうので注意しましょう。
  • 曜日はオールマイティー。木曜・金曜・土曜の夜がダントツ。

狙いが人妻さんの場合。

  • 働いている場合は、OLさん同様朝の出勤時間は狙い目。働いてない人の場合は午前10~14時が狙い目。ただし13時からの昼ドラの時間は微妙。
  • 買い物・夕食時間は避けましょう。
  • 21時から0時ぐらいが狙い目。ただし働いていない人の場合は1時過ぎまで。
  • 土曜・日曜は家族サービスのタメ無理です。
  • 返事がなくても辛抱強く待つこと。あちらにも都合があります。

またまた出会い系サイトで人妻セフレをゲット

またまた出会い系サイトで人妻セフレをゲットしました。

28歳の人妻で、ご主人とは、結婚前は、週1回あるかどうかのエッチだったのが、結婚してからは、ドンドン回数が減り、今では、月1ペースだそうです。

これにとても不満を持っていた彼女は、出会い系サイトに登録して、男性を探していたようで、絵画鑑賞の趣味が私と同じだったので、私とメールのやり取りをするようになり、そのまま男女の関係になってしまったのです。

彼女は、エッチにすごく関心があるのですが、ご主人は、そうでもないので、溝ができたようなんですね。

そこで、私とエッチする時には、とても嬉しかったようで、メールで『色々楽しみましょうね。』と書くほどでした。

エッチをする当日、彼女は、ミニスカートで私の前に現れました。その姿に興奮する私。チラっとミニスカートから見えたパンティーは、ブルーでした。それにも大興奮する私。

さらに、彼女は、『今日は、主人は、出張でいないから、たっぷり楽しみましょうね。』と言ってきたのです。

まず、腹ごしらえに焼肉を食べ、その後、カラオケで、クンニ&フェラまでした私たちは、その流れで、
ラブホテルに行くことにしました。

部屋では、お互いに服を脱いで、シャワーを浴び、さっぱりしたら、ベッドへ。まずは、キスをして、その後私が彼女のおっぱいとお〇んこを舐めまくりました。

おっぱいとお〇んこを舐めると『アアア、イイイ!』と声を出して、感じる彼女。特にクリトリスが彼女の敏感部分らしく、クリトリスを舐めると『ヒイイイ!!』と言って、喘ぎ声が高くなり、絶頂感を体験したのです。

その後、彼女は、フェラをしてくれました。

丁寧に、ゆっくりしたフェラで、とても感じてしまいまい、このままだと出ちゃうと思い、急いで、ゴムを着け、正常位で、彼女のお〇んこの中に入れました。

『アアアア!イイ!』と喘ぎ声を出して喜ぶ彼女。

そして、騎乗位の体勢となり、私が下から突き上げると『奥まで当たる!!奥まで!!』と言って、感じまくる彼女。その時、彼女のEカップの胸が上下に揺れる様は、とても興奮してしまいました。その後、正常位に戻り、彼女の感じている顔を見ながら、ザーメンを彼女の顔に出しました。とっても沢山の量だったので、彼女の体中は、ザーメンまみれになってしまいました。

そのザーメンをテッシュで、拭いてあげると彼女は『ありがとう。とっても気持ち良かった。』と言ってくれました。

その後、彼女とは、定期的にエッチしています。

ご主人のエッチでは、もうダメのようです。

大人の出会いがしやすい時期

一年を通して最も大人の出会いがしやすい時期というのはいつだと思いますか?

真夏または真冬の時期が一番だと思います。

こういう時期って、特に何か目的がないと外に出たくない。

ぶらぶらと散歩するにも、夏だと汗をかいたり紫外線の強い日差しに出ることを女性は特に嫌いますし、冬ですと寒風に晒され手足がかじかむような寒さで動くのが億劫になります。なので、部屋の外ではなく内で過ごしたくなるもの。ということで、ホテルでHするがてら涼もう・暖まろうという思考になっていきます。

また、意外な理由として、この時期に会う女性はみんな本当に暇していることです。

暑すぎて何もする気が起きないけど、なんか寂しい。お正月終わって賑やかさが消えて寂しくなった。これらはお互い別々の女性と会って、ホテルで会話をしている時に本当に聞いた会話内容です。部屋にエアコンはついているけど、それが返って一人でいることの寂しさを際立たせるようです。

Hをする前のシャワータイムも、真夏なら待っている間にベトベトになった体の汗を流すために洗いっこ、真冬ならお風呂に一緒に入って暖まるなど、一緒に入ってもあまり違和感がないシチュエーションが生まれます。

一緒に入ることを嫌がる人はとことん嫌がりますが、暑がっているor寒がっていると、母性本能が働くのかこちらの体を気遣って心配してくれる人の割合が多かったです。

「手冷たいね。早くお風呂入って暖まろう」と、割り切りですがかじかんだ手を包んでくれたときは、ドキリとしました。

それに、夏でも冬でもソファーに密着して座る率が本当に高いです。夏だとじんわりとにじんだ汗が相手の肌と触れますし、冬だと寒いのでピタッと密着しあい服越しでも女性の柔肌の感触が伝わってきます。

そういうときは、思わず相手に恋愛感情を抱きそうになってしまいます。

僕はHの前のトークは正直に言えば苦手なので、こういうスキンシップの方が好きですね。それに、割り切りでH前提のお付き合いだからいつもより少し大胆になれます。

くどいようですが、割り切り=時間制サービスみたいな感じで考えている人は、こういうHをする前のちょっとした恋人気分を味わうことすら嫌う人もいるので(とにかくとっとと抜かせて終わらせたがっている人)、事前に時間が取れるかと恋人みたいな感じでイチャついてもいいですかとか、確認は取っておいたほうがいいです。

最低でも、会ってホテルに向かう道中までには確認しておきましょう。顔やスタイルは好みだけどホテルに入ってから、雰囲気が一変する人なんていくらでもいますからね。

「割り切りなんて仕事、仕事」と本当の意味で割り切っているデリ嬢さんやセミプロさんだと、質問をして不本意なら露骨に嫌な反応を返してくれるので、思っていた人と違っていたらさっさと別れてしまいましょう。

最後は愚痴っぽくなりましたが、言いたかったことは真夏と真冬の出会いは割り切りでもラブラブHができるチャンスだということです。

インスタントな恋ですがなかなかそれも良いもんですよ。