実際会ってがっかり? 理由は外見だけではなかった

出会い系サイトでメール交換をしていた相手と実際に会って、外見と想像が違って「なんだか急に冷めてしまった」という話はよく聞きます。それと同じように相手の内面が想像と違ったと感じた出会い系サイトの会員も多いようです。では、なぜそのようなことになるのでしょうか。今回はなぜそうなるのかを紹介していきましょう。

プロフィールが嘘だったケース

出会い系サイトに登録している男女は、気軽に出会いを楽しんでいる人も居れば、寂しさから早く一緒に居られるパートナーを見つけたいと思う方まで様々です。

後者の場合、切羽詰まった人の中には、多くの異性を対象に入れたい気持ちから大風呂敷を広げる人も少なくありません。ここまでは見に覚えのある人もいるのではないでしょうか。多少のプロフィールの盛りは仕方がないですね。その方がヒット率も上がるのでテクニックとしては問題ありません。しかし度を超えた、プロフィールの嘘で実際会っている人も稀にいるようですね。

出会い系サイト内では、出会う相手の情報の多くをプロフィールで収集します。それを信頼して好意を抱いてメールを始めた相手からすると、嘘の内容によっては出会う対象ではなかった可能性も大きいと言えます。それを実際に会ってから知ると余計にショックでしょうね。

むやみに信じない!自称はあくまで自称

プロフィールはあくまで自称です。客観視ができる人はいないですし、ジャッジをするものさしもありません。「優しい温厚な性格と言われます。」「真面目で清楚系です。」「少しエッチな感じ、セクシー系です!」プロフィールにはそう書いてあっても本人がそう思っているだけ可能性もあります。

メールでは言葉を選んで返信することも可能ですが、実際に会って話をすると表情や行動などでまた印象は大きく変わるでしょう。また、意外とキレやすかったり、メンヘラ系の女性などもいるかもしれません。自称は、主観で見た自分という意味です。それを客観視するのは貴方の仕事ですよね。出会い系では貴方の目利きがとても大切になってくるのです。

はなっから騙して出会う目的も!

先に挙げたものは真剣に出会いたい女性や、割り切りなどで結果的に失敗してしまう例です。これは正直かわいいものと言えるでしょう。中には最初から相手を騙すつもりで、本人と全くの別キャラを作り上げている可能性もあります。悪質な会員、風俗などの勧誘もあります。トントン拍子に会うまでが早いのも考えものですよね。男性は特に注意しておくべきです。

家族や昔からの友人ですら、こんな一面があったのかと思うことは誰でもあります。それくらい人の心の内の全てを知り得るのは難しいと言えるでしょう。出会い系サイトでの出会いは尚更です。理解したつもりでも相手の一部でしかないことは当たり前ですよね。外見だけを見るのではなく、内面もみるのは当たり前です。しかし、その内面こそが会っても分からない難しい一面なんです。また、実際に会って違うなと思う事は多くの男女が経験することです。そこでめげないで新しい出会いに挑み続けましょう!

「メールを送る時間」「メールの中身」

優良出会い系サイトを利用し、サイト内でのやり取りはしっかり続いている……それなのに、アポ取りができない!と悩んでいる男性も多いのではないでしょうか。出会えないのはサイトのせいですか? そんな責任転嫁は間違っていると思いませんか? だって、まだ自分のメールには改良の余地があるからです。具体的にじっくり考えてみましょう。

実際に優良出会い系サイトを使っていて、写メもそこそこのものを載せている。プロフィールもしっかり埋めている上、ケチケチと直接連絡先を聞こうともしない、なのにどうしてアポまで発展しないのかと思っている男性会員の方はいませんか? なぜ、サイト内ではメールが続くのに、アポが取れないのだろうと嘆いている男性会員のあなたです。そんな方は「メールを送る時間」「メールの中身」このどちらかを見返してみましょう。完璧なら今頃出会っていると思いますよね。

メールを送る時間に問題がある場合

メールを送る時間と言われてもイマイチピンと来ないのではないでしょうか。そういう方は、まだまだメール初心者と言えますね。少し考えれば、女性から見て、メールの時間の重要性は十分な判断材料になることがわかります。中でも「送信のタイミング」と「返信までの時間」はとても大切です。

特にファーストメールでのポイントです。長く続いているメールでも使えるものです。しかし、「何曜日の何時に送る」のような具体的かつ、絶対的なものではありません。要は相手の職業などでメールの送信のタイミングは確かに分かれるということです。

分かりやすい例で、人妻に対して、平日の夜や土日にメールを送るのは危険ですし、そんな男性と直接のやり取りを行おうと思わないでしょう。そこは安全な平日の昼間のみに時間を固定して、送信をするようにするだけで女性の信頼をものにできます。

今やり取りしている女性に対しての想像力をフル回転させてみましょう。少し難易度が高いかもしれませんが、かなりできる男に見えますよね。

返信までの時間はどのくらいがベスト?

出会い系サイトだけに限ったことっではなく、人間としての高さも出る部分です。会社などの大事な取引などでもこういった空気を読むことは活かされます。

メールの間隔を合わせるというと早いのではないでしょうか。メールの返信が5分以内の女性に1日後の返信はどうでしょう? その逆もあります。ゆっくりの返信の女性にはそのペースを、1時間なら1時間、1日なら1日を目安にメールを送り返すようにしましょう。ここで女性はこのメールのやりとりの中に「居心地のいい場所」というイメージを持ちます。同調性は、心理テクニックでもあります。安心感と親近感を持たせることができるんですね。

メールの長さで考えてみよう

メールの長さと文字数は一緒と考えてみましょう。上述の返信までの時間とも似た部分がありますが、基本的に短文には短文を、長文には長文をが基本です。短文の女性に長文で返すと重いですし、長文をの女性に短文で返すと興味がないと思われます。この辺りを気にしていなかった方は、少し分の長さを合わせてみましょう。

メールの内容に問題がある場合

メールの内容に何か問題がある場合は、「単純につまらない」「会話のラリーが下手」「ただただ性欲しか見えてこない」が考えられます。まず「単純につまらない」の場合、相手ははなから興味がないでしょうから返信はなくなります。返信前にメールを見返し、単調な内容ではないかなどをチェックしましょう。

「会話のラリーが下手」の場合、相手の話しかしない場合と自分の話しかしない場合の2パターンがあります。どちらもキツイですが、自分大好きのような印象を持たれる前者と、まるで自分がない印象で少し怖い後者は極端であればあるほどNGです。質問と答えは半々がバランスのいい会話のメールだと言えますね。

「ただただ性欲しか見えてこない」の場合ですが、本来出会い系サイトはこういった女性も多いのも事実です。しかし、それを隠そうとしながらメールをしているものだと思います。ここで、出てしまうのが男性の性なのでしょう。女性は敏感にこういった返信に反応します。なんと言ってもこれがアポが取れない一番の原因と言ってもいいでしょう。

好奇心旺盛な若者か、超ビッチ、淫乱熟女などのクセのある女性くらいしか好感を持ちませんよね。一般的な女性は、この滲み出る性欲に引いてしまうようですね。体目的オンリーの女性もいるでしょうが、不本意な結果でしょう。

実際に、メールを長く続けるのは長く付き合いたいからです。出会い系サイトでホテルに誘うことは簡単です。しかし、ホテルに行った女性と何回も会うことはほぼないでしょう。出会い系サイトでは現実と非現実が反対です。アポでカラオケなどに誘える男性は出会い系サイトでは不利なんですね。紳士的に見える、カフェや個室のないちょっとした飲み屋などもアポ取りがしやすいポイントです。その後の事は、そこでチャンスを掴めばいいんです。まずは会わないと意味がないからです。そして第一印象は絶対です。安心感と親近感をうまく使い、アポ取りをできるメールをマスターして、素敵な出会いをしましょう。

出会い系サイトを活用するために重要な「3つの能力」とは?

リアルの生活では女っけがあまりになくて寂しい……出会いもない……そういう人こそ、出会い系サイトを使ってデート相手やセフレをゲットしましょう!

リアルでモテないのにネット上でなんてもっと無理、そう思う人がいるかもしれません。けれどそれは間違いです。リアルではモテなくても、出会い系サイトだからこそ使えるテクニックによって女性を落とすことが可能です。

このテクニックは誰にでもできるものですが、言ってしまえば日常生活や仕事でのコミュニケーションの応用でもあります。けれどリアルだと、これらの手法を女性に対してあまり使わない男性が多いです。やっぱり見た目の好みに惑わされてしまうんですね。けれど見た目が好みだからといって女性を好きになっていると、あなただって見た目がよくないと好きになってはもらえません。

出会い系サイトを使う女性は、すごく美人というわけではないかもしれません。本当に美人ならリアルで男に不自由しておらず、ネットでまで探そうとはしないでしょう。

けれど「普通よりちょっと可愛い」くらいの女性はゴロゴロいます。そういう女性を出会い系サイトで落とすには、リアルでは使わない手法を使うことが必要です。普段され慣れていないことをされることで、女性の気分は盛り上がって特別な関係になりやすいです。

マーケティング能力

まずは、相手を知ることから始めましょう。ここでマーケティングするべきなのは、登録している女性全体です。ここでは一旦、自分の好みの顔かどうかは置いておきましょう。どちらにせよ、出会い系サイトでは写真はあまりあてにならないものです。

最初に考えるべきなのは、あなたがどのような層の女性に好まれるか? ということです。全然需要がないところに売り込みに行っても、営業は成立しません。それと同じです。確実に需要のあるところを見つけて、求められるところで自分をアピールしましょう。

例えば自分の売りはなんなのかを考えてみます。誠実なところ?それとも軽い気分で楽しく遊べるところ?その違いで、どのタイプの女性にメッセージを送るべきなのかが大きく変わります。例えばあなたが誠実さをアピールできるネタに強いなら、プロフィールでは似たように誠実そう・地味そうな女性の方がいいでしょう。反対に遊ぶだけの後腐れない関係(セフレ)を探しているなら、プロフィールがチャラそうというか、正直言って頭が良さそうに見えない女性にアプローチしてみましょう。あなたの要求が通りそうでアピールが通用しそうな層を開拓できれば、メッセージが返ってくる率はかなり上がります。

自分の好みを優先して生きているから、リアルでは出会いがないのです。出会い系サイトでは逆に、相手の好みに合致するような自分像を作り上げてみてください。

観察力

実際にメッセージをやり取りし始めても、最初のうちはお互い様子見をしています。この時に「この女性はサクラじゃないか?実際に会う意志があるのか?」ということをしっかり観察しておかないと、いつまでたっても会えないままになります。サクラに踊らされていては出会えないので、早目に気づいて切ってしまいましょう。

女性の言い分に不自然な点はないか?以前と違うことを言い出さないか?そういう点がチェックポイントです。

楽しくメッセージをやり取りすることが目的ではなく、出会うことが目的だということを忘れないで。いつだって気を抜かずに相手を観察しましょう。おだてられて舞い上がってしまっては、観察力を発揮することができないので気をつけてください。むしろ舞い上がっている自分を観察して、サクラの口車に乗せられているんじゃないかと疑うくらいの冷静さでいきましょう。

リサーチ力

メッセージをやり取りしているうちに女性から気に入ってもらえたら、後が楽です。ここではリサーチ力を発揮して、相手の女性がどんな話題の時に話が弾むのかを調べあげましょう。一つのことで盛り上がれば、似たネタを振ってみます。盛り上がれば続けて、盛り下がれば他の話題に移ります。それを繰り返していけば、相手の好みを調べあげることができます。そして話しているうちに影響されちゃった演出で、あなたもそのことに興味があるふりをしましょう。共通の話題で盛り上がれる土壌を作れば、自然と好感を持たれます。

このリサーチ力は、実際に会う時にも重要です。出会い系サイトで知り合った女性にストレートに「会いたい」と言うと、警戒されてしまうのがオチです。けれど事前にその女性の好みを知っていれば「この◯◯のお店が良さそうだから、見に行こう」など相手の趣味にあった提案ができます。会うことが重要なのではなくてお店に興味があるふうにすれば、女性の警戒心は下がります。

よく女性を「パスタが美味しいイタリアンのお店」に誘う男性がいますが、これだとありふれすぎていてマニュアル感が強いと女性は感じます。誰にでもそういう誘い方をしているんだろう、と思われてしまうと女性は機嫌を損ねます。オリジナルかつ、その女性にしか届かないようなアピールができるようになることが必要です。それには、リサーチ力が必須です。

いかがだったでしょうか? リアルで女性が実際に目の前にいる状況が苦手でも、画面越しの出会い系サイトでならこれくらい冷静に話を運ぶことは決して難しくはありません。その中から実際に会える女性だけが、あなたにとってのリアルになります。その他の女性の反応は気にしすぎず、たくさんメッセージを送って経験を積んでください。

どうも反応が悪い、次のステップに勧めないと感じたら、マーケティングからやり直してみましょう。やり直す時にはターゲットが悪かったのだと考えればいいだけで、あなたは何も悪くありません。
観察力やリサーチ力も、場数を踏むことでより強くなります。どんどん慣れてくるので、やり取りのコツやサクラの見分け方だって分かってきます。

リアルではできないこういった手法を惜しみなく使えば、出会い系サイトを活用することができます。あなたのマーケティング能力・観察力・リサーチ力を発揮して、ぜひいい出会いを見つけてくださいね!

【テクニック伝授!】出会い系サイトでセフレをゲット。女子のマル秘事情とは?

奥様との関係がうまくいっていない人、彼女がいなくて悶々としている人、寂しさを感じている人、手軽に身体の関係を持ちたい人など、理由はさまざまだと思いますが【出会い系サイトでセフレを欲しい】と思っている男性はたくさんいます。それほど、珍しいことではありません。

恋愛って相手との駆け引きをしたり、相手の喜ぶことをしたりと、なにかと面倒くさいことも多いのです。誰かとお付き合いするということは楽しいことばかりではなく、自分の時間を割かなければならないなど苦痛に感じることも少なくないのです。

そこで男性なら、ふと思ったことはないでしょうか?「恋愛に全力を尽くすのはちょっと疲れた。身体の関係だけ、サクッとできる女性がいればいいのにな」って。

そこで今回は、出会い系サイトを通してセフレをゲットするテクニックをご紹介していきます。大きな声で周りに聞けないことだからこそ、ここでこっそりチェックしていきましょう。

はじめに…男性だけではない!女性もセフレを欲しがる時代

出会い系サイトを通してセフレをゲットしたいと考えているのは、男性だけだと思い込んでいませんか?寂しさから身体の関係を持ちたいと心の中で思っているのは男性だけではないのです!

女性も、色々なフラストレーションを抱えて生きています。旦那が女としてみてくれない、彼氏ができない、欲求不満など理由はさまざま。しかしながら、男性と同じようにセフレを欲しがっている女性がいることを忘れてはなりません。出会い系サイトは直接顔を会わせたことがない関係だからこそ、色々な出会いがありますし、気に入った人としか会わなくてよい訳ですから、実に効率的な手段です。

職場や合コンなどの表だった場所でセフレ探しをするなんて、男女共にあまりできないことですから、是非出会い系サイトを利用してセフレ探しをはじめてみてはいかがでしょうか?

テクニック1、「君もセフレ欲しいんでしょ?」は禁句!

出会い系サイトを通してセフレをゲットしたいと意気込んでいる男性の皆さん、欲しいからこそあまり【セフレ】という言葉を使わないようにしましょう。例えば「君ってセフレを欲しいんでしょ?」「俺たち、セフレにならない?」などの超ストレートな表現です。確かに女性もセフレを求めて出会い系サイトを利用しているのかもしれませんが、いざ相手から直接的に言われると興ざめしてしまう傾向があります。

一番いいのは、女性に「この人ってセフレ探しているんだよね…全然そんな雰囲気してこないけど」などと思わせることです。プロフィールにセフレ希望と書いていても、実際には全然普通の会話を楽しんでいれば、女性は少しずつあなたに気を許してくれるでしょう。お互いにセフレ希望と分かっていても、敢えて確信には触れずにきちんと出会いを楽しむことが、あとであなたに素敵な効果をもたらすはずです。

また「君もセフレ欲しいんでしょ?」は非常に上目線の表現となっているので、ほとんどの女性はよい気分にはなりません。どうせ言うなら「僕のセフレになってくれませんか?」と下手に出るべきですが、セフレはあまりにも直接的な表現なので、最初から当たり前のように使うのはおすすめできません。

テクニック2、情熱的なセフレをゲットしたいなら30代後半女性を狙え!

出会い系サイトでセフレ探しをはじめると、10代~50代まで本当にさまざまな年代の女性たちがセフレ探しをおこなっていることに気がつくはずです。

早くバージンを卒業したい・セックスレスの夫婦関係にイライラしている・性欲が増したなど年代別の動機があるのです。その中でも、出会い系サイトを利用して真剣にセフレをゲットしたいなら【30代後半~の女性】をおすすめします。その理由は、女性は年齢を重ねるごとに性欲が増していく傾向があるからです。

また30代後半~の女性は家庭を持っていることが多いので、セフレという割りきった関係をきちんと理解して面倒な私情を挟まない、セフレという関係をすんなり受けとめることができるのです。

出会い系サイトでのセフレ選びを失敗しないためには、年令もある程度絞って探してみることをおすすめします。若い独身女性は割りと私情を挟みやすい傾向にあり、身体の関係だけを求める男性には重たく感じるかもしれません。特にバージンを卒業したいと熱い思いを抱える女性には、安易に手をつけない方がいいかもしれませんね。

テクニック3、会ってすぐに身体を求めない

出会い系サイトを利用して見つかったセフレ候補と直接会う機会が訪れたときも、焦らず最善の対応をして行くことが後々の良好なセフレ関係につながります。

お互いにセフレ希望と分かっていても、最初に出会った時は【お互いの中身を知る】という行動に全力を注いでください。いくら身体の関係だけとはいえ、相手がどのような女性か知らないでそのような関係になるよりも、人となりをきちんと理解した上でセフレ関係を結んだ方が絶対に良いはずです。

極端な話、初めて出会ったその日は、喫茶店やカフェ、公園でお互いの自己紹介をする程度でも良いと思います。最初からホテルで「こんにちは」だと、セフレに慣れていない女性はいたたまれない気持ちになってしまうかもしれません。セフレとの会話を楽しんで、お互いにある程度どんな人物か分かってから身体の関係を結んだ方が気持ちよさも倍になります。

もしかしたら、男性が思っている以上に、女性は「セフレ」という関係性を割りきって考えていないのかもしれませんね。どっかで恋愛に発展するかも?身体がこの人を求めてしまうかもと心のどこかでドキドキしながら、セフレとの関係を楽しむのが女性なのかもしれません。

さて、これで今回ご紹介するテクニックは全てです。

出会い系サイトを利用してセフレをお探しの男性の皆さん、いかがでしたか?今回は、女性の事情に迫りながら、出会い系サイトでセフレをゲットするテクニックをご紹介しました。身体の関係だけだとお互いに割りきった方がうまくいくのが、セフレという関係性です。自分と同じような感覚で、セフレを探している女性を見つけるためにプロフィール閲覧無料サイトなどで見極める力を身に付けましょう!
あなたが1度に何人もの女性と、セフレ関係を結ぶことができる日もそう遠くはないはずです。

即レスしつつ「暇」だと思われないテクニック!

出会い系サイトで知り合った女性をセフレにすべく、メールのやりとりで距離を縮める方法についてお伝えしていきましょう!

まず、彼女からメールやLINEでメッセージが届いた場合、好印象を抱かせたいのなら、必ず10分以内に返事をするようにしてください! つまり、誰かがアナタの射程圏内に入って来て、狩りモード(!?)に入ったのなら、常にケータイの電源を入れ、着信の入ったことがわかるような状態にして、日々の生活を送るべきなのです。

面倒臭いから後回し…なんて考え方はもっての他ですし、着信に気づかないまま半日以上放置…なんてことがあってもいけません。ただ、仕事中の場合は、さすがにノータイムでレスポンスなんて不可能だ!とお思いのことでしょう。しかし、それでも、返事はできるだけ10分以内に返すべきなのです。

デスクの下や物陰で、ササッと文字を打つことくらいは頑張ればできそうですし、トイレ休憩をとるフリなどすれば、一言くらいは返せるでしょう。そして「ごめんね!今ちょっと手が離せないんだけど、◯時くらいから時間できるから。そしたらちゃんと返事するね!」といった内容の返事をしてあげてください。大事なのは、今すぐに相手をすることではなく、今は相手ができないけれど、時間ができたら必ず相手をするという意志を伝えることなのです。

文字を打つのにどうしても時間が掛かってしまいそうであれば、予め定型文をいくつか作っておくと良いでしょう。こうすれば、数秒でメッセージを送ることができるようになります。そんな面倒なことできるかい!なんて、思っているようでは、なかなか女性を振り向かせることはできませんよ!

「この人、暇なの?」という誤解

さて、ポイントはここからです。10分以内に返事をすることが原則とお伝えはしましたが、なんの説明もなく、毎度毎度10分以内に即レスを行っていると、相手にある誤解を与えてしまうことになります。それは「この人、暇なの?」という誤解、そして「そんなに必死なの?」という誤解です。

女性は、とても複雑な心を持っていて、返事が遅いとイライラするのに、毎回返事が速過ぎると、それはそれで「この人、大丈夫?」と思ってしまうようなところがあるのです。では、この問題を回避するためには、どうすれば良いのでしょうか?

「いつも返事速いね!」と言ってくれた場合

一番ラッキーなのは、やりとり開始後、しばらくした頃に、相手がアナタに対して「いつも返事速いね!」と言ってくれた場合です。もし、彼女がアナタのレスポンスの速さを褒めたり、そこに対してツッコミを入れてくれたりしたら、このような内容の返事をしてください。「なんか、メールにすぐ返事書くのってカッコ悪いかなと思って、昔はあえてちょっと待ってから出したりしてたんだよね」と。そして「でも、よくよく考えたら、あえて時間置いてからメールするのって、なんかその方が面倒クサイな…と思って。だからもう、メールにはすぐ返事出そう!って決めたんだ」と、フォローの言葉を付け加えましょう。

アナタの返事が何故速いのか、その理由とポリシーがわかれば、相手は「暇だから返事が速い」とも「必死だから返事が速い」とも思わなくなります。そして、たとえ忙しくても、それほど興味がなくても、必ずすぐに返事を送ってくれるアナタを、やがて心の拠り所にしてくれるようになります。

あえて時間を空けてから返事をする…ということへの抵抗心を伝えることができたら、それに加えて「それに、もちろん◯◯ちゃんと話すのは楽しいしね!」と、相手を褒める言葉も忘れずに、さりげなく伝えてあげましょう。

ツッコミを彼女が入れてくれない場合

ところで、「いつも返事速いね!」といったツッコミを、彼女が全く入れてくれない場合は、どうしたら良いでしょうか?自分から「なぜメールの返事を速く出そうとするのか」というポリシーを突然語り始めるのも、なんだか気が引けますし、ちょっと押しつけがましい感じがしますよね?

そういった場合には、あえて1回ほど、いつもより少しだけ返事を遅らせてみましょう。遅らせるといっても、半日以内に返事をすることが前提です。そして、「ごめん、うっかりケータイの電源切ったままにしてた!いつもすぐ返事出そうと思ってるのに…」と、返事の速さがテーマになるような話のキッカケをアナタから作るのです。

「えー?謝らなくていいよ、全然遅くないし!私なんて、3日くらい放置することもあるよ」と、相手が自分のレスポンスの悪さをネタにしてきたら、チャンスです。話題がそちらの方向に進んだと思ったら、アナタからさりげなく「実は俺も昔そうだった」「あえて返事を遅く出していたこともある」と前置きをした上で、先程伝えたようなフレーズに、つなげていってください。

以上、即レスで相手からの好感度をアゲつつ、不審がられない方法についてお伝えしてきました。恋愛には「駆け引き」が重要などと言いますが、駆け引きで返事を遅らせてしまった結果、彼女の機嫌を損ねてしまっては、元も子もありませんよね?一口に駆け引きといっても、色々あるのです。このように、あらかじめ前置きをした上で即レスを徹底する!というのも、1つの「駆け引き」として使えるので、是非覚えておいてくださいね。