ラブホで女性に言ってはいけない3つのセリフ

ラブホテルに行けたからといって安心してはいけません。

楽しくセックスができなければ、2度目に会ってもらえないかもしれません。そうなれば、セフレ化は遠ざかるばかり。

楽しくセックスするために、お互いに楽しくなるような会話を考えることが大切です。

でも、出会い系サイトでひっかけた相手なら、何を話していいものかと悩むし、中には緊張のために、言いたいことが口から出てこないとい状況も……。

本当はもっとお互いがドキドキするような話をしてみたいと気ばかりが焦るあまり、男性はいらぬ失態を起こしてしまうものです。

それが言葉となり、女性のプライドを傷つけてしまってはいけません!

相手のテンションが下がりすぎて、ヤる前に解散となっては台無しです。

ラブホで女性に言ってはいけない3つのセリフをご紹介しましょう。

「気を遣わなさそうでいいよね」

いくら「見た目は気にしない」なんて口にする女性でも、数日前からあれやこれやと頭の中で妄想し、どんなに楽しい出会いになるかと期待をしている女性は、胸を躍らせています。

そんな女性に対して、いきなり「君って気を遣わなさそうでいいよね」と言ってくる男性は、下に見ているなと思わせてしまうのです。

他の女性よりも劣っているし、男性に対して 従順そうで気を遣わなくていいと言っているようにも聞こえます。

こういう男性は、その女性の前で平気でオナラをしたり、汗臭くても平気だったり?!

緊張感もなく「楽しませてあげよう」なんていう心遣いもないのも、ますます女性の気分を下げるところ……。

いくら気を遣わなさそうな女性でも、わざわざ口に出すことなくグッと我慢するのが良いでしょう。

「男性経験、少ないでしょう?」

見た目がシャイで地味な女性というものは、ウブで男性経験が少ないと見えてしまいます。化粧っけもないし垢抜けないところが、ますます男性を寄せ付けない…なんて思わせるのかもしれません。

男にとっては褒めたつもりで口にする「男性経験、少ないでしょう?」という言葉。実はこれ、女性にとっては、まったく褒め言葉に感じられないのです……。

男性としては心に思ったことを言って、その場の緊張した空気をなんとかしようと思ったのでしょうが、女性にとっては「何でそんなこと言うの?!」とイライラしてしまう言葉。

男性経験が少ないのを気にしている人は多く、できればそれに触れては欲しくないと思っているので、言わない方が賢明です。

その気遣いが、ウブな女性を惚れさすポイントにも、なってくれますよ。

「俺って気が利く子が好きなんだよね」

二人の距離も近づき、いい雰囲気になったから、やっと本題のラブホへ……。

色々な話もできるようになると、ますます男性の調子も乗ってきます。でも、そこで言ってはいけないのが「俺って気が利く子が好きなんだよね」という言葉です。

密室で2人きりになれた開放感に包まれているのは男性だけで、女性はまだ緊張して大人しく座っている状態です。

それが気が利かないと言う男性は、まるで自分勝手な印象を与えてしまいます。

特にラブホ内で、お風呂のお湯を入れたり、鍵をかけるのをしっかりチェックしたり……。

また退出時間を気にしたり、コーヒーを入れたり…気が利く女はラブホに通い慣れている証。

せっかくプロではない素人女性を捕まえているのなら、その気が利かないところこそ魅力感じてあげるのが、男の優しさと言えるでしょう。

デートを台無しにする言葉を言わないことが大事

いかがでしたでしょうか?

少し慣れると男性ってヘラヘラ聞いてもいないことを喋りだすし、下品なことを言っては笑わせようとするところがあります。

でも、そういったところはできれば女性としては見たくないし、いつまでも謎に包まれているミステリアスな男性であって欲しいと思うものです。

思ったことを口に出さず、逆にそのマイナスな部分を褒めてあげられる男性になることが、モテる男性になるということなのです。

せっかく女性が好意を持ってくれて楽しいヒトトキになるはずが、本音をストレートに言ってしまっただけでその女性の気分を盛り下げ、デートも台無しとなってしまうのは残念なことです。

どうしていつも女性の方からお付き合いをお断りされてしまうのかと悩んだら、まずは自分が口にした言葉を思い出してみましょう。言いたくなったらグッと堪えられる男になることが大切ですよ!

悪質サイトを見抜くテクニック

セフレを作るためには出会い系サイトを利用するのが最適です。

  • 仕事が忙しくて女性となかなか出会う機会がない
  • 合コンなどで女性と接するのが不得意
  • 身近に女性がまったくいない

なんていう人でも、出会い系サイトを利用すれば、ぜったいにセフレを作ることはできるものです。

しかしながら、利用者が増えれば増えるなほどに【悪質業者】も増えています。

せっかく楽しく出会い系サイトを利用しようと思っているのに、悪質業者に騙されてしまっては最悪ですよね?

出会い系サイトが優良でも利用者が悪徳業者というケースは多い。サイト側でも管理に努めているようですがすべて排除するのは物理的に難しいものです。

出会い系を楽しみたいのなら勧誘や詐欺に対する知識は必須です。ここではまずはどんな悪徳業者がいるのかをまとめました。

どんな悪徳業者がいるのか

メアド収集

「***@**.**にお返事ちょうだい!」といったように、いきなりメールアドレスを入れてくる女性からのメールは99.9パーセント業者からのメールです。そのアドレスに返事を出すと、スパムメールや架空請求が届くようになります。こういう方法でメールアドレスを集めて売る業者が多いのです。

他サイトへの勧誘

「ここに写メをアップしたから見てね!」「こっちでお話したいな」などと他の出会い系サイトへ誘導してくる。たんなる宣伝ならまたいいのですが、そこが悪質だったりするから厄介。使っているそのサイトが安全ならば、誘われるままに他の出会い系サイトへ登録しないでください。こういう宣伝をするような出会い系サイトが優良サイトであるわけがないのですから。

悪徳業者を見抜くテクニック

絶対に悪質出会い系サイト業者に引っ掛からないための【見抜くテクニック】をご紹介していきます。

 

完全無料なんて甘い話はない

「完全無料で可愛い女の子と出会えます!」「どんだけ利用しても無料」などと、甘い言葉に引っ掛かってはいけません。確かに女性が完全無料で利用できる優良出会い系サイトはありますが、男性が無料で利用できる優良サイトはありません。男性が、登録料やメールをやり取りするときのポイントにお金がかかるのは、当たり前のことです。

甘い言葉に引っ掛かることなく、堅実に利用できるサイトを選んでいきましょう。

ホームページをチェックしてみよう!

「この出会い系サイト、大丈夫なのかな?」「このサイト…悪質かもしれない」と少しでも疑問が浮かんだのなら、その会社のホームページを確認してみることをオススメします。正直、悪質業者のホームページは手抜きです!トップページだけは作り込んでありますが他は手抜きか、もしくはページすら存在しない場合も少なくありません。

会社概要や特定商取引法に関するページがない時点で、優良出会い系サイトとは言えませんので覚えておきましょう。安易に出会い系サイトを利用するのではなく、利用者であるあなたが綿密なリサーチをすることをオススメします。

NGワードが記載されている出会い系サイトはダメ!

悪質な出会い系サイト業者が必ずと言っていいほど明記するメッセージがあります。それは「メッセージデータの保管期間は、最終アクセス日より7日間です。ご了承下さい」という内容のメッセージです。
これは【サクラ】を利用しているという立派なサインです!

サクラを利用してやり取りをしているという形跡を消すためだけのルールです。注意しましょう。

いかがでしたか?

このように悪質出会い系サイトの業者を理解しておけば、アクションを起こす前に踏みとどまることができますよね。楽しく出会い系サイトを利用するためにも、悪質業者を見抜くテクニックを身に付けておくべきだと思います。

もしもサクラだと思ったら?

もしもサクラだと思ったら、それを見わけるすごく簡単な方法は「自分のニックネームに「くん・さん」をつける」ですね。

例えば、『ただし』という名前の人が『ただしさん』と登録したとする。

送られてきた自動メールに「ただしさんさん」と書かれていたら……サクラ確定です。以後はそのメールをムシ。別の女性を探しましょう。

もうひとつは、ローカルネタをメールに織り交ぜることです。

今メールしてる人、ホントに近所に居る?そんな時は、ローカルネタで仕掛け。天気でも良し。美味い店の話でも良し。天気だったら、晴れてんのにわざと「雨降ってる?」ってな感じで。

適当に話逸らされたらサクラの可能性が高いです。

ヤリ目的の場合に気をつけるべき3つの注意点

本音としては、「ヤリたい」と思っていても、それを女性に直接的に伝えてしまうと引いてしまうケースが大半です。

出会い系サイト等を通じて、そういった関係を築くには注意したいポイントが3つあります。

本日は、ヤリ目的の場合に気をつけるべき3つの注意点をご紹介します。

エロ発言NG!

ヤリ目的の場合は、女性も多少なりともそういった気持ちがある人がいいと思って、下ネタを連発する男性がいます。

でも女性は直接的な表現や発言があまり好きではありません。

  • 「今晩エッチしない?」
  • 「ホテルに行かない?」
  • 「今日の夜、一緒に過ごさない?」

このような発言で、ノリノリになって返答してくる女性は少ないです。

もちろん中にはOKという人もいますが、最初は普通に出会い目的で探していったほうが、成功率は高まります。

何度かやりとりをしてから、「今度ご飯でも行かない?」と誘ったり、「どこか飲みに行かない?」などと誘うほうが、より自然な出会い方と思ってOKをする女性が多いです。

行き先や待ち合わせ場所に注意する

セフレの関係になろうと思っていない女性をターゲットとする場合は、いきなりホテルでの待ち合わせは厳禁です。
またホテル街だけでも、警戒されてしまうでしょう。

最初は普通にレストランや居酒屋などがお勧めです。ただし、ホテルへの距離も考えた店選びをしましょう。

そして、ちょっと駅から離れたところに待ち合わせを設定するのがポイント!

  • 「お酒は飲んで1人で返すのは危険」
  • 「駅まで一緒に帰ろう」
  • 「ちょっと休憩してから帰ろう」

など言い訳をして、一緒にホテルに行く口実になります。駅から近すぎる場所だと、そのまま帰ってしまうことがあるのでお勧めできません。

そして理想は飲み屋から駅に向かう途中に自然と、ホテルが並んでいるところだとベストです。

女性の発言をチェックする

相手の発言やニュアンスから、「セフレでも良い」と思っている女性を見極めることができます。
それを見逃さないことも大切です。

  • 「今日はこのあと全然予定はない」
  • 「最近ヒマで困ってる」
  • 「しばらく彼氏はいない」
  • 「刺激がなくて最近つまらない」
  • 「お酒を飲むとすぐに酔っぱらう」

このような発言をしてきているときはチャンスです。わざわざ相手を、その気にさせるような発言を普通はしません。

警戒心を示さないどころか、むしろ誘惑しているような言動が目立ってきたら、こちらからも積極的に話しかけたり、ボディタッチしていきましょう。

帰り際など手をつないだり、肩を抱いても全く嫌がるそぶりを見せなかったら、ホテルへ連れて行ける可能性大です。

ワガママ女をセフレにするメリットとコツ

現実の世界でも出会い系サイトでも、女は顔が可愛ければ可愛いほどモテます。

結果的にどういうことが起こると思いますか? 可愛い女は、どんどんワガママになっていくんです。ワガママな女なんてろくでもない、と思う男は多いはずです。じゃあどうして可愛い女はワガママになってしまうのか? それは今までに男で苦労したことがない、男に苦労ばかりさせてきたからです。

その女とセックスをしたいばかりに、その女の喜ぶことばかりした男が今までにたくさんいるんです。可愛いから、ずっと甘やかされてしまったんですね。

けれど逆に言えば苦労させられた男は、喜ばせることで他の男よりも優位に立ってセックスに持ち込めたわけです。

ワガママ女はセックスが簡単

つまりワガママ女こそ、ワガママを聞いてあげればセックスに持ち込むことが簡単だと言えます。

考えてみてください。特にワガママも言わずに要求もしてこない女は、何を考えているか分かりにくいですよね。出会い系サイトで「何を考えているか分からない女」は、とうてい実際に出会うことはできません。

何をすれば気に入られるのかがこちらからは分かりませんし、扱いにくいことこの上ないです。それに比べてワガママな女は、要求がはっきりしてます。分かりやすすぎてびっくりするほどです。

ワガママを叶えるために苦労することはあるかもしれませんが、何をしたらいいのかを迷って苦労することはありません。ノルマが決まっているゲームみたいなものです。ワガママな女はここまでレベルが上がれば、こういう装備をすることができますよ、というのを言葉にしてくれている分だけ、とても扱いやすいと言えるでしょう。それでいて顔は可愛いんですから、やり甲斐もあるというものです。

たまに特に可愛くないのにワガママな女もいますが、そういう子は単純に愛情に飢えているだけです。男が自分の言うことを聞いてくれる体験が実生活で少ないから、ネット上でのコミュニケーションで相手を試すようなことをしているんです。だからワガママさえ聞いてあげれば、すぐに落とせるという点では変わりがありません。結局、ワガママな女は扱いやすいということです。

一度セックスをしてしまえばいい

こっちは気楽なセフレを求めているんだから女のワガママなんて聞きたくもない、という男もいるでしょう。事前にデートをしたり面白くもない話に付き合ったりするのは、とても面倒です。

けれど考えてほしいのが、このワガママは長くは続かないということです。結局は出会い系サイトでの出会いなので、普通の彼氏彼女という関係にはなりません。一度セックスをしてしまえば、単純なセフレ関係に落ち着きます。

セフレになってまでワガママをいう女はいません。出会い系サイトでワガママを言う女は、単に自分のセックスの価値をつり上げたいと思っているだけです。

それに引き換えちゃんとした彼氏彼女の関係になってしまった時を、考えてみてください。付き合ってセックスをしても、普段の生活にワガママは忍び寄ってきます。いつだって彼女のワガママを聞いてあげないといけない状態になると、とても辛いですよね。けれどワガママを叶えてあげることが付き合う条件なので、途中でやめるなら別れるしかありません。

その点セフレであれば、セックスをすることが一つのゴールであることは男女ともに共通の認識です。ゴールに到達した相手に対して、更にワガママを重ねるのは「関係を続けるかどうか迷っている」時だけです。

ワガママを聞いてあげればセフレ関係は持続する

この場合のワガママは前回のセックスやデートで何か不満に思うことがあって、その改善を求めてきていると言えます。だから、またワガママを聞いてあげればセフレ関係は持続します。

ワガママを聞いたからといっていつでもセックスできるわけではない彼女という存在とは、ここが大きく違います。

それに特に要求をしてこずに勝手に関係を切られるより、ワガママを言ってまでこちらに合格点を出そうとしてくれていると考えれば可愛らしいものです。つまりワガママな女は、セフレになってからも扱いやすいんです。関係を長続きさせるのも簡単なので、セフレにするならワガママな女が一番てっとり早いです。

ワガママ女を口説くコツ

では、ワガママな女はどうやって口説けば落としやすいでしょうか? コツとしては、ワガママを聞いてあげることに尽きます。どうしても叶えられないワガママや、お金がかかるワガママは無視してもかまいません。あまりに難しいことを言う女は、他の男からも相手にされないのでいつの間にか要求を下げてくることが多いです。だから要求が下がるのを待っておいて、もっと可愛くて叶えやすいワガママを言う女を先に口説きましょう。

ここでは、相手がワガママであることを自覚させることが重要です。特に叶えるのが難しくないワガママでも、「◯◯ちゃんはワガママだな」と一度は言っておきましょう。

そして「可愛いからしょうがないけど」と付け加えておけば完璧です。ワガママを言うことで自分の価値が上がったと思って、女は喜びます。ただ、毎回毎回「ワガママだな」と言うのはNGです。女は貶されたと思って、気分を悪くしてしまします。ワガママを指摘するのは一度だけ、それだけでも女の気持ちの中に「自分はワガママなんだ」という意識が生まれます。

そうしておいてワガママを叶えてあげれば、「私はこの人にはワガママを言ったのに、聞いてもらった」という感情が芽生えます。ただ普通にワガママを聞いてあげるより、相手に自覚がある分だけありがたがられます。そうすれば今までにその女と関係した男と同じラインに立てるので、実際に会ってセックスをするのが簡単になります。

また、ワガママな女にはよくかまってあげることが大切です。「可愛い」と連呼してわかりやすく褒めても、「誰にでも言っているんでしょう」と言って疑わないで喜ぶのがワガママな女の特徴でもあります。自分が可愛いという自覚があるのでワガママを言うわけですし、可愛いと言われることが当たり前になっているからです。適当に褒めてまめに連絡を取っていれば、ワガママを言い出す確率も上がります。言い出しやすい相手だと思わせることができれば、叶えやすいワガママもどんどん出てきます。

会うことが簡単

そして、ワガママを叶えるために会うことが簡単になるのも特徴です。私をどこそこに連れて行って、あのレストランのあれが食べたい、なんていうワガママは、会わないと叶えることができません。

「分かった、じゃあいつにする?」なんていう風に日時を決めるだけで会うことは決定するので、出会い系サイトで男が苦労する過程をほとんど飛ばすことができます。ただ、こういうワガママは女の方が「実際に会ってもいい」と思わないと出てこないものです。

だからこういうワガママを出させるためには、それまでにメッセージのやり取りを頻繁にして心を開かせておくことが下準備になります。よくかまってあげる、というのはこういう意味です。それまでに安心させておくこと、この人ならまめだから実際に会ってもワガママを聞いてくれそうだと思わせておくことが大事です。

ワガママな女は出会い系サイトでは逆に扱いやすい、ということが分かってもらえたでしょうか?何かをしてあげるのは面倒くさいと思っても、実際にセフレになってしまえば終わることです。彼女よりも扱いやすいことに変わりはありません。最初のうちは我慢して、ぜひ可愛くてワガママな女をゲットしてくださいね。