インターネットの出会いで、ドタキャンを避ける方法

インターネットの出会いで、ドタキャンを避けるには、かならず一度電話することが大切です。

声を聞かせることで安心感を与えることができますし、一度声を聞いた人の約束を破るのは気がひけるものです。

ただ、会う約束もしていないのに、早い段階で電話をするなんていうのは避けたほうがいいでしょう。そこでメールのヤリトリも終わってしまっては本末転倒ですから。

また、明日会うことになっているのに電話をしてもらえないのなら、それはどうせ冷やかしかサクラなので無視してください。

待ち合わせ場所に行っても、ドタキャンされる可能性が高いでしょう。

電話した時の話のないようは、翌日のことをはなしましょう。

だんだん盛り上がってきて当日のデートも上手く行きますよ。

「明日のご飯の場所考えてるんだけど、何かキライな食べ物とかある?」

とかですね。

そんな感じで会う日のことを話したり、
もし話せるようであれば、メールで盛り上がったことに関して
話をしてみたり。

電話に関しては、いくら長くなってもかまわないと思います。
ただ、自信がない人は、明日のことをちょっと話して、
じゃ、明日ね!って感じがいいと思いますよ。

単純接触効果で好意を持たれる方法

男性は女性にすぐに好感を持ちますが、女性はそうではありません。

それでは、どうしたら女性は男性に好感を持つのでしょうか。

まずは、何度も繰り返して会うことが大事なのです。何度も会うことによって徐々に好感を持つようになっていきます。

何度も繰り返して会うことによって、人が徐々に好感を持つようになることを心理学用語で「単純接触効果」といいます。

だから、女性との会話を面倒だと思わないでください。何度か会うことで確実に女性に近づいて行っているのですから。

たとえば、CMで何度も見たことがある商品をなんとなく買ってしまうというのも、この単純接触効果によるものといえるでしょう。

ただ、徐々に仲良くなるはずという幻想のもとに口説くのを忘れないようにしてください。

きちんと口説くことは大切です。自分が相手に好意があることを伝えておくことで単純接触効果の威力はさらに高まっていくのですから。

割り切った交際は、旦那公認の彼氏ということ

「割り切った交際をできる人」

この投稿を出会い系サイトで見た時援交かと思いました。

しかし、年齢を見たら30歳の後半。

この年齢で援交というのもちょっと変かなとは思ったんですが、冷やかし半分で、アプローチしたのが最初でした。

アプローチしてすぐに返信が来て、たわいのないやり取りが始まりました。

最初はお互いに自己紹介みたいなことから始まり、質問に答えるような形で進行していきました。

たまたま、音楽の趣味があったのか、長続きして実際に会おうということになりました。

さて、当日待ち合わせ場所で声をかけてきたのは彼女の方。

そこで、ちょっと驚いたことがある。それは横には旦那と思しき人が立っていました。

もしかして、美人局に引っかかってしまたのか?と思ったが、ここまでエッチな話もしていないし初対面。そういった心配は多少ふっとんだ。

旦那も丁寧に挨拶をしてきたので、ちょっと変だとは思ったが、誘われるままに食事に行くことになりました。

そこで彼女たちの提案は、ちょっと変わったもの。

「公認彼氏になりませんか?」

という提案である。もちろん、彼女は旦那持ち。その旦那の公認の彼氏ということ。

そのため、割り切ったおつきあいということ。

彼女たちカップルは期限を決めて、こういった遊びをしているらしく、旦那も彼氏と面接してこういった大人のお遊びをしているらしい。

彼女の容姿は申し分ない。これで美人局の可能性もなくなったし、彼女たちがデート代は負担してくれるというありがたい申し出もあり、こちらとしては願ったりかなったり。

二つ返事で申しでを受けることとなりました。

そしてその日は解散して、後日という話になりました。

後日、待ち合わせ場所には彼女一人でした。

彼女のプランニングで食事に行って、そのままホテルへ。

旦那公認の彼氏という立場もちょっと変かなぁと思いながらも、まぁ、いいかと考え直す私だった。

ホテルへ入ってわかったことが、この夫婦、変態プレイの一環でした。

彼女は、大人のおもちゃを持参。荷物にはカメラまで。

脱がせてみればパイパンと、徹底している。

彼女はかなり調教されたのだろう。しっかりとご奉仕してもらい、バイブ遊びをして、しっかりと絞り取ってもらいました。

彼女は私とホテルへ行った後に、旦那に事細かく報告し、旦那とまたセックスするそうです。

旦那も変態で、他の男性に抱かれた後の彼女に興奮するのらしい。

その後、彼女とは、野外プレイやアナルセックス、野外露出も含めいろいろ楽しませてもらいました。

彼女たちの要望で、投稿雑誌にも掲載してもらい、私も変態さんの仲間入りさせてもらいました。

期間限定ではあるが、こちらも楽しく遊ばせてもらったし、非常に良き思い出となりました。

正直、期限が到達したときにはちょっと残念。

最後に会う日には、別れを惜しみ、朝から晩まで徹底的に、彼女の体を堪能させてもらったほどでした。

また、同じようなことがないかと出会い系で探しています。

出会い系サイトで実際にアポ取りをして、会うときに気をつけること

出会い系サイトに登録し、相手も見つかったところで一番の難関は、出会う段取りをつけることだと思います。

意外や意外、実際に会えることが一番の難関だと思います。

その理由は、「相手があまり慣れていなく、実際に会うことに戸惑いを感じるから」これに尽きます。

しかしそのコツがわかれば、あとはスムーズです。(なにしろ相手も出会うために登録しているわけですから)

そのコツとは「自分を良く見せすぎないこと」と「素朴な感じは意外とウケが良い」ということです。

どういうことかと言いますと、出会い系サイトでは、自分を良く見せたいという意識が働き、意外と本当の自分を出せていなかったりします。これは男女問わずに言えることです。これは心理学でも研究されてわかっていることなのですが、最初のイメージを良くしようという意識が働くと、普段の自分とは違う、ある種誇張された自分と言うキャラクターを演じるようになってしまいます。

そして、そのような「自分でないキャラクター」を演じることには、自分も、そしてそれを見ている他人にすらも「ちょっとした違和感」という副次的な作用が働くのです。そしてそのように違和感を覚える人に対して、少し距離を置きたくなってしまうのです。ですから、普段から「いつもの自分でいること」が、出会いのアポ取りの要諦なのです。

実際に会う時に気を付ける2つのポイント

さて、実際に会う際に気を付けるポイントは、おおまかに言って2つあります。

それは「清潔感」と「素朴」です。

相手の立場に立って考えてみるとわかることですが、基本的に女性は清潔なものが好きです。ましてや男性との出逢いを求めているのならなおさら、その求めるレベルは高いと言えます。身だしなみをきちんと整えて、普段の自分をアピールしましょう。

また、性格の素朴さも相手に安心感を与えます。これは先の清潔感とも関連しますが、相手にとって安心できるキャラであることが、信頼されるコツです。何をするかわからない突飛な人よりも、優しく、素朴なタイプの方が相手が安心し、心を開くのも早いと思います。

以上のコツ・ポイントに気を付けて、良い出逢いを探していきましょう。

ラブホで女性に言ってはいけない3つのセリフ

ラブホテルに行けたからといって安心してはいけません。

楽しくセックスができなければ、2度目に会ってもらえないかもしれません。そうなれば、セフレ化は遠ざかるばかり。

楽しくセックスするために、お互いに楽しくなるような会話を考えることが大切です。

でも、出会い系サイトでひっかけた相手なら、何を話していいものかと悩むし、中には緊張のために、言いたいことが口から出てこないとい状況も……。

本当はもっとお互いがドキドキするような話をしてみたいと気ばかりが焦るあまり、男性はいらぬ失態を起こしてしまうものです。

それが言葉となり、女性のプライドを傷つけてしまってはいけません!

相手のテンションが下がりすぎて、ヤる前に解散となっては台無しです。

ラブホで女性に言ってはいけない3つのセリフをご紹介しましょう。

「気を遣わなさそうでいいよね」

いくら「見た目は気にしない」なんて口にする女性でも、数日前からあれやこれやと頭の中で妄想し、どんなに楽しい出会いになるかと期待をしている女性は、胸を躍らせています。

そんな女性に対して、いきなり「君って気を遣わなさそうでいいよね」と言ってくる男性は、下に見ているなと思わせてしまうのです。

他の女性よりも劣っているし、男性に対して 従順そうで気を遣わなくていいと言っているようにも聞こえます。

こういう男性は、その女性の前で平気でオナラをしたり、汗臭くても平気だったり?!

緊張感もなく「楽しませてあげよう」なんていう心遣いもないのも、ますます女性の気分を下げるところ……。

いくら気を遣わなさそうな女性でも、わざわざ口に出すことなくグッと我慢するのが良いでしょう。

「男性経験、少ないでしょう?」

見た目がシャイで地味な女性というものは、ウブで男性経験が少ないと見えてしまいます。化粧っけもないし垢抜けないところが、ますます男性を寄せ付けない…なんて思わせるのかもしれません。

男にとっては褒めたつもりで口にする「男性経験、少ないでしょう?」という言葉。実はこれ、女性にとっては、まったく褒め言葉に感じられないのです……。

男性としては心に思ったことを言って、その場の緊張した空気をなんとかしようと思ったのでしょうが、女性にとっては「何でそんなこと言うの?!」とイライラしてしまう言葉。

男性経験が少ないのを気にしている人は多く、できればそれに触れては欲しくないと思っているので、言わない方が賢明です。

その気遣いが、ウブな女性を惚れさすポイントにも、なってくれますよ。

「俺って気が利く子が好きなんだよね」

二人の距離も近づき、いい雰囲気になったから、やっと本題のラブホへ……。

色々な話もできるようになると、ますます男性の調子も乗ってきます。でも、そこで言ってはいけないのが「俺って気が利く子が好きなんだよね」という言葉です。

密室で2人きりになれた開放感に包まれているのは男性だけで、女性はまだ緊張して大人しく座っている状態です。

それが気が利かないと言う男性は、まるで自分勝手な印象を与えてしまいます。

特にラブホ内で、お風呂のお湯を入れたり、鍵をかけるのをしっかりチェックしたり……。

また退出時間を気にしたり、コーヒーを入れたり…気が利く女はラブホに通い慣れている証。

せっかくプロではない素人女性を捕まえているのなら、その気が利かないところこそ魅力感じてあげるのが、男の優しさと言えるでしょう。

デートを台無しにする言葉を言わないことが大事

いかがでしたでしょうか?

少し慣れると男性ってヘラヘラ聞いてもいないことを喋りだすし、下品なことを言っては笑わせようとするところがあります。

でも、そういったところはできれば女性としては見たくないし、いつまでも謎に包まれているミステリアスな男性であって欲しいと思うものです。

思ったことを口に出さず、逆にそのマイナスな部分を褒めてあげられる男性になることが、モテる男性になるということなのです。

せっかく女性が好意を持ってくれて楽しいヒトトキになるはずが、本音をストレートに言ってしまっただけでその女性の気分を盛り下げ、デートも台無しとなってしまうのは残念なことです。

どうしていつも女性の方からお付き合いをお断りされてしまうのかと悩んだら、まずは自分が口にした言葉を思い出してみましょう。言いたくなったらグッと堪えられる男になることが大切ですよ!

気をつけて!思っている以上に女から嫌われる3つの行動

いい感じだった女性に突然そっぽ向かれた経験はありませんか?

何だかいい感じになっていたハズなのに、ある日を境に女性の態度がそっけなくなったり連絡もろくに帰ってこなくなった経験はありませんか?

そんな男性は自分が意図していなくても、女性からすると

「そんな男の人って嫌だー」
「それってありえない」

と思われる事を、知らず知らずのうちにやって女性を幻滅させている可能性があります!

男性からすると「そんな事で女性って嫌がるの?」と不思議に思うようなことでも、デリケートで繊細な女性にとってはNG行動というのが結構あるのです。

そんな女性に嫌われる男性の思わずしてしまっている行動を3選にまとめてみました。

女性にいきなり嫌われたのかな?と思ったことがある男性必見ですよ!

何でもいいよと優しい男性を演出している

優しい男性は女性に人気があるものです。

確かに女性の意見を尊重して、あれもしたいこれもしたいという女性の要望を答えてくれる男性には女性のワガママな欲求を満たすことが出来るのも事実。

ですが、いつも男性が[君の好きなようにしていいよ」というスタンスだと女性も疲れます。

例えば「今日のデートどこに行く?」と女性に聞かれても、男性が「君の好きなところに行こうよ」と相手に回答をいつもゆだねていると

「この男って自分から何も提案してこないから疲れる!」
「私とのデートどうでもいいの?」

なんて思われがちです。たまには

「この夜景が綺麗なビルに行こうか」
「君が好きそうな美味しいレストランがあるから行こう」

と男性がリードして、頼もしい男性を意識しましょう。

馴れ馴れしい

ぶっきらぼうであまり話さない男性は「この人とっつきにくいな…」と思われがちですが、だからといってあまりにフレンドリーすぎるのも女性としてはドン引きです。

例えば出会って少ししか経っていないのにいきなり下の名前を呼び捨てにしたり、肩を触ったりなどのボディタッチも

「この人って馴れ馴れしくて何か嫌だな」
「チャラ男なんじゃ…」

と思われてしまう可能性大!

なのでまず相手の名前を呼ぶときは苗字にさん付けしたり、下の名前を呼ぶときは「○○ちゃんって呼んでもいいかな?」と断りを入れましょう。

さらにボディタッチもある程度親密になってから、ポンと肩を叩いたり、ボーリングなどでストライクを出したときなど、自然と出来る間柄やシチュエーションになったときにするのがベターです。

メールやLINEの内容が簡素、返信が遅い

男性ではメールやLINEに絵文字を使わなかったり、用件だけを書いて無駄なことは書かない、また短文を送るのは当たり前。

でも女性のメールやLINEの文って顔文字や絵文字を多用し、基本的に何行もおくるというのが普通なのです。

なので素っ気無い1行しかないメールやLINEが来ると

女性は「この人って私の事、嫌いなのかな?」なんて思う可能性が大!

女性に連絡をする際はいつもよりも絵文字や顔文字を多用し

「今日は暑いけど疲れていない?」
「最近仕事忙しい見たいだけれども体調大丈夫?」

など相手を気遣う気の利いた文を書くと、女性からの印象もアップします。

またメールやLINEのレスポンスが遅い人も悪い印象を与えがち。

忙しくて中々返信できないときは「落ち着いたらまた改めて連絡するね!」などと一言でも送っておくとその後関係もスムーズにいきますよ。

ちょっといつもの行動を変えるだけで女性からの印象もアップ

男性側からすると「こんなこと普通じゃん」と思うような事でも、女性にとってはNG行動になってしまうことが色々あるものなのですね。

優しさだけではない男らしい押しやリードが出来る男性に、ついつい女性はうっとり男性らしさを感じるものです。

さらに女性に対する心地よい距離感を作れる男性、メールやラインに絵文字や顔文字を多用して明るい感じがしつつ気遣いが見られる男性は女性に好印象を与えることが出来るでしょう。

女性へは男友達や同棲の知り合いとは異なる少し丁寧な対応が不可欠!

この3選は普段から気をつけようと思えば簡単に改善することも可能です。

今までに「俺って女性から嫌われている?」と感じたことがある男性は、ぜひこれらを見直してみましょうね。

悪質サイトを見抜くテクニック

セフレを作るためには出会い系サイトを利用するのが最適です。

  • 仕事が忙しくて女性となかなか出会う機会がない
  • 合コンなどで女性と接するのが不得意
  • 身近に女性がまったくいない

なんていう人でも、出会い系サイトを利用すれば、ぜったいにセフレを作ることはできるものです。

しかしながら、利用者が増えれば増えるなほどに【悪質業者】も増えています。

せっかく楽しく出会い系サイトを利用しようと思っているのに、悪質業者に騙されてしまっては最悪ですよね?

出会い系サイトが優良でも利用者が悪徳業者というケースは多い。サイト側でも管理に努めているようですがすべて排除するのは物理的に難しいものです。

出会い系を楽しみたいのなら勧誘や詐欺に対する知識は必須です。ここではまずはどんな悪徳業者がいるのかをまとめました。

どんな悪徳業者がいるのか

メアド収集

「***@**.**にお返事ちょうだい!」といったように、いきなりメールアドレスを入れてくる女性からのメールは99.9パーセント業者からのメールです。そのアドレスに返事を出すと、スパムメールや架空請求が届くようになります。こういう方法でメールアドレスを集めて売る業者が多いのです。

他サイトへの勧誘

「ここに写メをアップしたから見てね!」「こっちでお話したいな」などと他の出会い系サイトへ誘導してくる。たんなる宣伝ならまたいいのですが、そこが悪質だったりするから厄介。使っているそのサイトが安全ならば、誘われるままに他の出会い系サイトへ登録しないでください。こういう宣伝をするような出会い系サイトが優良サイトであるわけがないのですから。

悪徳業者を見抜くテクニック

絶対に悪質出会い系サイト業者に引っ掛からないための【見抜くテクニック】をご紹介していきます。

 

完全無料なんて甘い話はない

「完全無料で可愛い女の子と出会えます!」「どんだけ利用しても無料」などと、甘い言葉に引っ掛かってはいけません。確かに女性が完全無料で利用できる優良出会い系サイトはありますが、男性が無料で利用できる優良サイトはありません。男性が、登録料やメールをやり取りするときのポイントにお金がかかるのは、当たり前のことです。

甘い言葉に引っ掛かることなく、堅実に利用できるサイトを選んでいきましょう。

ホームページをチェックしてみよう!

「この出会い系サイト、大丈夫なのかな?」「このサイト…悪質かもしれない」と少しでも疑問が浮かんだのなら、その会社のホームページを確認してみることをオススメします。正直、悪質業者のホームページは手抜きです!トップページだけは作り込んでありますが他は手抜きか、もしくはページすら存在しない場合も少なくありません。

会社概要や特定商取引法に関するページがない時点で、優良出会い系サイトとは言えませんので覚えておきましょう。安易に出会い系サイトを利用するのではなく、利用者であるあなたが綿密なリサーチをすることをオススメします。

NGワードが記載されている出会い系サイトはダメ!

悪質な出会い系サイト業者が必ずと言っていいほど明記するメッセージがあります。それは「メッセージデータの保管期間は、最終アクセス日より7日間です。ご了承下さい」という内容のメッセージです。
これは【サクラ】を利用しているという立派なサインです!

サクラを利用してやり取りをしているという形跡を消すためだけのルールです。注意しましょう。

いかがでしたか?

このように悪質出会い系サイトの業者を理解しておけば、アクションを起こす前に踏みとどまることができますよね。楽しく出会い系サイトを利用するためにも、悪質業者を見抜くテクニックを身に付けておくべきだと思います。

もしもサクラだと思ったら?

もしもサクラだと思ったら、それを見わけるすごく簡単な方法は「自分のニックネームに「くん・さん」をつける」ですね。

例えば、『ただし』という名前の人が『ただしさん』と登録したとする。

送られてきた自動メールに「ただしさんさん」と書かれていたら……サクラ確定です。以後はそのメールをムシ。別の女性を探しましょう。

もうひとつは、ローカルネタをメールに織り交ぜることです。

今メールしてる人、ホントに近所に居る?そんな時は、ローカルネタで仕掛け。天気でも良し。美味い店の話でも良し。天気だったら、晴れてんのにわざと「雨降ってる?」ってな感じで。

適当に話逸らされたらサクラの可能性が高いです。

ヤリ目的の場合に気をつけるべき3つの注意点

本音としては、「ヤリたい」と思っていても、それを女性に直接的に伝えてしまうと引いてしまうケースが大半です。

出会い系サイト等を通じて、そういった関係を築くには注意したいポイントが3つあります。

本日は、ヤリ目的の場合に気をつけるべき3つの注意点をご紹介します。

エロ発言NG!

ヤリ目的の場合は、女性も多少なりともそういった気持ちがある人がいいと思って、下ネタを連発する男性がいます。

でも女性は直接的な表現や発言があまり好きではありません。

  • 「今晩エッチしない?」
  • 「ホテルに行かない?」
  • 「今日の夜、一緒に過ごさない?」

このような発言で、ノリノリになって返答してくる女性は少ないです。

もちろん中にはOKという人もいますが、最初は普通に出会い目的で探していったほうが、成功率は高まります。

何度かやりとりをしてから、「今度ご飯でも行かない?」と誘ったり、「どこか飲みに行かない?」などと誘うほうが、より自然な出会い方と思ってOKをする女性が多いです。

行き先や待ち合わせ場所に注意する

セフレの関係になろうと思っていない女性をターゲットとする場合は、いきなりホテルでの待ち合わせは厳禁です。
またホテル街だけでも、警戒されてしまうでしょう。

最初は普通にレストランや居酒屋などがお勧めです。ただし、ホテルへの距離も考えた店選びをしましょう。

そして、ちょっと駅から離れたところに待ち合わせを設定するのがポイント!

  • 「お酒は飲んで1人で返すのは危険」
  • 「駅まで一緒に帰ろう」
  • 「ちょっと休憩してから帰ろう」

など言い訳をして、一緒にホテルに行く口実になります。駅から近すぎる場所だと、そのまま帰ってしまうことがあるのでお勧めできません。

そして理想は飲み屋から駅に向かう途中に自然と、ホテルが並んでいるところだとベストです。

女性の発言をチェックする

相手の発言やニュアンスから、「セフレでも良い」と思っている女性を見極めることができます。
それを見逃さないことも大切です。

  • 「今日はこのあと全然予定はない」
  • 「最近ヒマで困ってる」
  • 「しばらく彼氏はいない」
  • 「刺激がなくて最近つまらない」
  • 「お酒を飲むとすぐに酔っぱらう」

このような発言をしてきているときはチャンスです。わざわざ相手を、その気にさせるような発言を普通はしません。

警戒心を示さないどころか、むしろ誘惑しているような言動が目立ってきたら、こちらからも積極的に話しかけたり、ボディタッチしていきましょう。

帰り際など手をつないだり、肩を抱いても全く嫌がるそぶりを見せなかったら、ホテルへ連れて行ける可能性大です。

女性が「セフレになっていいかな」と思う男性の特徴とは

セフレを作りたいなら、女性が望んでいる存在にならなければいけません。

具体的にどんな男性は女性目線から見て、セフレでも良いと思えるのか検証していきます。

ガタイが良い

男性は女性の体を選ぶケースがありますが、実は女性も同様に、男性の体を見極めて選ぶ傾向があります。

例えばボディビルの人の体を見て、「腹筋に触りたい」と思ったり、「筋肉に触れたい」という女性も多いです。

女性が、「男性の体が好き」ということを実証するエピソードがあります。

お笑いコンビのオードリーの春日が、ボディービルダーのイベントとして開いた「ボディータッチ会」に、なんと女性が300人も集まりました。

参加した女性は皆、「お尻を触りたい!」、「胸の筋肉を確かめたい」など体に触れることを望んでいる女性でした。

このことからもセフレを実現するには、まずは自分自身の身体を鍛えることから始めましょう。

秘密を守る

男性だけでなく、女性もセフレがいるということを周りに知られたくない人が多いです。

あくまでも、「2人だけの秘密の関係」ということを維持したい女性が多いので、口が軽く、ベラベラ周りにしゃべってしまう男性は敬遠されがちです。

武勇伝のように周りに語ってしまう男性もいますが、そこは一線を引いて仲の良い友達ですら、しゃべらないようにしましょう。

「セフレの女性とは関係ない友達だからしゃべっても大丈夫!」、と考えている男性もいますが、LINEやSNSなどの履歴を通じて、バレてしまうことがあるので注意しましょう。

そういった意味では独身の男性より、むしろ既婚男性のほうが女性にとって都合が良いケースがあります。

既婚男性は周りに絶対に知られたくないという思いがあるため、秘密を守る意思が強いです。

優しい

一見普通のことですが、優しいのもセフレに大事な要素です。

セフレとはいえ、一緒にいることに対し、居心地が良いと感じる相手になることが重要。

セックス以外の用事でも相談に乗ってあげたり、気軽に対応してあげる意識が必要です。

また、出来るだけ「女性の意見を否定しない意識」が必要です。悩み事を女性が抱えていたとしても、それに反論するような意見を女性は求めていません。むしろ共感してもらうことが女性にとって、慰めにもなるわけです。

どんな時でも優しく、相手目線の意識を持っていれば、「あなたに会うことが楽しい」と感じてくる女性も多いです。「イケメンじゃないとセフレは作れない」という事ではなく、性格面や考え方も重要な要素なので、意識してみましょう。

セフレではなく割り切りになってしまいがちなパターン

セフレの関係を望んでいたものの、いつの間にか割り切りの関係になってしまうことがあります。

お金がないとセックスしてくれない女性も多いので、セフレの関係を築くには信頼関係と男性的魅力が必要になってきます。

本日は、セフレではなく割り切りになってしまいがちなパターンを紹介します。

最初の出会いでお金を渡してしまう

割り切りの関係性が構築されがちなのが、最初にお金を支払っってしまうこと。

例えば、どこか飲みに行ったり、ご飯を食べに行っても常に男性がお金を支払う状況だと、それが当たり前になってしまいます。

ホテル代、タクシー代も男性が支払っていたら、2回目以降、女性が支払う意欲はさらに減退してしまいます。

こういった関係になってしまうと、もはや割り勘ですら許されない状況になって、次第に女性が会うのをためらってしまう可能性があります。

女性は、「性欲を満たすよりも、むしろ金銭的欲求を満たしてくれる男性」という見方になってしまうので、いきなりいろいろなものをおごってしまうのは、よくありません。

セックスがワンパターンすぎる

セフレになるには、セックスで相手を興奮させることが必要。いつもワンパターンなセックスばかり繰り返していると、次第にマンネリ化し、女性は会いたいと思わなくなってきます。

セックスが楽しめていない女性は、

「ホテル代を支払ってくれるなら行く」
「ご飯をおごってくれるなら行く」

などのようにタダでは、相手にしないケースも出てきます。

それが更にエスカレートしていくと

「今月お金がないので、援助してくれる?」
「ちょっとお小遣いくれるなら行ってもいいかな」

などのように金銭的要求に発展するケースもあります。

次第に割り切りの関係になってしまう可能性があるので、常に貪欲にスリルのあるセックスを探求していきましょう!

男性的魅力がなくなってきている

特に中年から高齢にかけての男性にありがちな傾向。段々と一緒に行動したり、遊ぶことに疲れてきて、「性欲だけを満たしたい」と考える男性もいます。

そういった男性は女性から見て、「一緒にいて楽しい」と思えないので、もはや異性として見なくなってきています。ただ中高年以降は、「ある程度お金を持っている」と女性も知っていますから、金銭的要求に発展することがあります。

いつまでも若々しさをキープして、好奇心旺盛な行動や言動を意識していないと、男性的魅力が失われ、セフレの関係を維持するのは難しくなってくるでしょう。

肉体的衰えが現れ、ギンギンに立たなくなってくると、女性も不満足。バイアグラなど使ってでも、女性を満足させる体調を維持しておきましょう。