オタク専用の出会い系サイトがクソな理由

世の中にはオタク専用の出会い系サイトがあるってご存知ですか?
オタクの出会い・婚活・恋活の聖地『ヲタレン』
td
オタク婚活®のアエルネは、オタクのための全国対応ネット婚活サイトです
ds
といったサイトです。しかし、これらのサイトを利用する価値はまったくありません。ゼロです。

根拠としては、私が利用してまったく出会えなかったからです。まったくですよ?当時は今よりも不慣れだったとはいえ、今ではハッピーメールやワクワクメールでは何度も女性と会っているこの私が!(偉そうですが、それだけの自信はあります)1ヶ月の利用でただの一人とも会えなかったのです。

使ってみた感想としては「サクラだらけ」か「女性会員数が少なすぎる」という印象を受けました。まあ、昔からある「出会えない系サイトの典型例」といったところです。

オタクであることを負い目に思っている人からお金を巻き上げている

オタクという存在は今も昔も、どちらかといえば社会的地位は低い存在です。最近ではだいぶ改善されてきましたが、それでもまだまだオタクな趣味を公言することははばかられる社会です。

例えば、就職活動の履歴書に堂々と「趣味:アニメ鑑賞」と書ける人はまだまだ少ないですよね。アニメ関連の会社であればまだしも、一般的なお堅い企業であれば「趣味:読書(ほんとはマンガです)や映画(ほんとはアニメ映画です)鑑賞」とつい濁して書いてしまいがちです。

出会いにおいてもそうです。オタクな趣味なことを負い目に思って隠したがっている人は多いことでしょう。そういった人たちの心理につけこんだのが、このオタク専用出会い系なのです。

私もオタク専用の出会い系があると聞いた時は、まるでシャングリラを見つけたときのような気持ちでした。ずっと探していた約束の地はここにあったんだ!僕が居ていい場所があるんだ!と、碇シンジくんのような心境になったものです。

しかし、その実態は昔からよくある悪質な出会い系そのものです。それでも「僕にはもうここしか無いんだ……」と思い詰めてしまったシンジ君たちが、どんどんお金をつぎ込んでしまうという悲しい場所なのです。

オタクしかいない出会い系は全員がライバル

とはいえ、100%がサクラなわけではなく、一般の女性会員もそれなりに居た印象です。しかし、そこに待ち受けているのはあまりにも過酷なサバイバルレースだったのです。

なにせオタク専用の出会い系なのですから、オタクしか居ません。それは安心感を生み出してくれるのですが、落ち着いて考えてみるとおそろしいことです。

なにしろ「オタクであることを売りにしている」男性しかおらず、みんな同じようなアプローチしかしないのです。

自分はこの作品が好きですが、あなたはどんな作品が好きですか!?なんてメールばかり届くのですから、いくらオタクな女性だってそればかりじゃウンザリしてしまいますよね。しかも、自分が好きなジャンルでめちゃくちゃ詳しいハードコアなファンがいたとしたら強大なライバルになってしまいます。

女性側がオタクの男性を求めているとはいえ、男女比でいえば圧倒的に男性の方が多いのですから、そこから競争を勝ち抜くのはなかなかに大変なものです。

これがハッピーメールやワクワクメールといったごく一般的な出会い系だったらどうでしょう?それこそ、男性にしろ女性にしろ様々な人が登録しています。

その中で「オタクであること」は武器になりうるのです。なにせ、オタクの男性を求めている女性は必ず一定数いるのですから。

しかし、まだまだ一般的な出会い系では「オタクであることを負い目に感じている男性」が多く、オタク趣味をひたすらに隠そうとします。

その中で堂々とオタク趣味をアピールすることができれば、オタクの男性を求めている女性からモテモテになる可能性があるのです。

可能性がある、といいますか、実際モテます。この私がモテています。もし、私が秋葉原で街頭インタビューなどでテレビに出ようものなら「典型的なヲタだなwww」「こいつは童貞だわwww」というようなコメントが2ちゃんねるの実況スレにはあふれることでしょう。

それくらいの容姿レベルでもあるにも関わらず、出会い系ではモテモテになれますし、セックスだって出来ているのですから、世の中ってやっぱりなんとか抜け道はあるものだなと実感します。

中身は悪質な出会い系or婚活サイトであることがほとんど

ちなみに、最初に紹介したサイト以外にも「オタク専用」をうたう出会い系サイトや婚活サイトはたくさんあります。

しかし、そのどれもおそらく中身や実態は似たようなものでしょう。無料で登録できるところは片っ端からしてみましたが、いたって典型的なよくある詐欺サイトといえる内容でした。

しかもどの女性のプロフィールを見ても美人!美人!超美人!いくら美人の隠れオタクが実在するとはいえ、あくまでもそれはレアキャラです。

ポケモンGOでいえば周囲にラプラスが4~5匹わいているような状況なのですから、いくらなんでもあり得ないのです。

実際、ハッピーメールやワクワクメールではポッポやコラッタレベルの女性がほとんどですが、そんな中でイーブイレベルの女性と会えれば十分にアタリですからね。

多くのオタクたちは一般的な出会い系に登録する勇気がなくて、オタク専用の出会い系に登録してしまった「初々しい男性会員」でしょうから、サクラにもころっと騙されてしまうでしょう。アニメのグッズや円盤を買うお金を削ってまで出会い系につぎ込んで搾取されてしまっている同志が今もいるかと思うと胸が締め付けられます。

皆さんはオタク専用の出会い系なんて甘い言葉に騙されず、ハッピーメールやワクワクメールのような大手の一般的な出会い系サイトを利用してくださいね。

出会い系→セックスの流れのポイント

出会い系→セックスの流れのポイントいまやインターネットで何でも出来る時代。

買い物、引っ越し、仕事。それからセフレとの出会い

でも、何かどこか心で引っかかるものがあると思います。インターネットを利用して出会うということへの抵抗がある人もいるでしょう。怖いという不安の気持ちが大きいのではないでしょうか?

確かにニュースで紹介されるのは、とても信じられないような悲しいことが多いかもしれません。

逆に、そういうことを踏まえると、インターネットでの出会いが上手くできると思います。

自分が感じた不安は相手の女性も感じている

まずは、自分が感じた不安感を相手の女性も抱いているのかもしれないという気持ちを忘れないようにしましょう。見えない相手だから、どうしても疑いから入ってしまいますが、目には見えていなくても何かしら文面で伝わってしまうものです。

そうなると、上手くいくものもなかなか上手く前に進みません。

そして、先入観をなくししばらく素直に連絡をとってみましょう。

そして、連絡を取りながらも、相手のだいたいの性格を察していくのがコツですね。いい人だな、と思った相手なのに一方通行で自分自分になってしまうと実は頻繁に連絡する人は好きじゃないんだ、という人も居ます。自分は頻繁に連絡してくれる子が好きなんだと逆のタイプも居ます。

好感を持った相手でも、相手がどんなタイプが好きなのか察しなければ、玉砕……ということにもなりかねません。ポイント、ポイントを押さえることがインターネットでのうまく出会うコツだと思います。

ただ、少しでも不信感を持った時には、きっぱり関係を止めましょう。今の世の中、いい出会いだけではないという悲しい現実も受け入れながら。

わたし個人の理想で言えば、セックスの長期的な関係を築けるパートナーです。

一時期、短期の付き合いばかりを繰り返していましたが、やはり長期に落ち着きました。

もちろん短期は短期でいい部分も多くあります。単純にいろんな女性とセックスできますしね。

今では、最初から長期的な関係を築ける人、という目的で探しています。やはり妥協はしたくないので、最初こそ大変ですが、それを乗り越えた際の毎日というのはとても充実していますし、今ではセックスパートナーの居ない生活というのは考えられませんね。

実際に会うことになったときに気を付けておくべきポイント

さて、次に、出会い系で好みの女性と連絡を取り、実際に会うことになったときに気を付けておくべきポイントをご紹介します。

出会い系を通して知り合ったとはいえ、男性が思うよりも女性はとても繊細かつデリケートなものです。「出会い系をするんだからみんな軽い女だろう」という思い込みはあなたの言動に表れて、あっという間に幻滅されることでしょう。

まずはデートを楽しむ

grpb0011144074_0000000000pc出会い系と聞くと、「誰かとセックスするために利用する」と思ってしまうのはある意味仕方のないことです。もちろん利用する女性側もそのような考えは持ってはいるものの、直接会ってすぐ「じゃあ今からホテルにでも行こうか?」なんて言ってくる男性は体目当てとしか思えず、ほとんどの女性は不快感を持つものです。

多少わざとらしいくらいロマンティックさを出せば、女性もすんなりその雰囲気に入っていってくれ、より気持ちの良いセックスをすることにも繋がります。

待ち合わせをし、少しお茶をして、しばらくは「セックスしたい」という下心は出さず、本当の恋人同士のようにデートをしてみましょう。

色々なお店を2人で回ることで、女性がどんなものを好み、どんな考えを持っているのかも知ることができます。

「しばらく恋人らしい恋人がいないから、少しだけでもゆっくりデート気分が味わいたいんだ。少し付き合ってくれるかな?」という感じで「体だけが目的じゃないよ」というアピールをいれてあげると女性も緊張が解け、よりお互いを理解したうえでセックスに持ちこむことができます。女性とは不思議なもので、体目当てじゃないと言われるほど相手と親密になりたいと思えてしまう人が多いようです。

「体目当てじゃない=私と一緒にいる時間に価値を見出してくれている」と思ってもらえるように誘導していきましょう。デート中は、なるべく気持ちを言葉にしてあげると女性も喜んでくれます。「久々にこんなに笑ったよ」「こんなに楽しいの久しぶりだ」というように多少大げさに楽しい気持ちをアピールしましょう。

自分の中の知識を当てにしない

男性はアダルトビデオの影響や、過去に実際セックスをした女性の癖などを「これが正しい」と思いがちです。男性と違って女性は自分の体の中に性器を入れられる分、何を気持ちよく思うかは人それぞれです。

「以前セックスした女性はコンドームなしのほうが気持ちいいと言っていた」「アダルトビデオではこのプレイで気持ちいいと言っていた」など、他人の意見や自分の思い込みは一切忘れましょう。

男性は経験が多い自分をアピールしたがる人が多いのですが、女性は過去の女性経験の話をされると、その人たちと自分を比較されているようでとても不快です。

「前の彼女より気持ちいいよ」などの比較を出しては絶対にいけません。

もちろん、プレイ中に「こういうの気持ちいいでしょ?」「本当は感じてるんでしょ?」など、女性の気持ちを無視した自分勝手な言葉もNGです。もしやりたいプレイがあれば、こういうのどうかな?嫌?と必ず相手の意見を聞き、相手が嫌がるようなプレイは絶対にしないようにしてください。せっかく縁あって出会ったのですから、その人とオンリーワンのセックスを楽しめるように相手の気持ちも考えながらのプレイを心がけましょう。

セックス後のケアもしっかりと

楽しいセックスが終わったあとも、すぐにシャワーを浴びにいくのではなくベッドの中でゆっくりとまどろむ時間を持つのも良いことです。男性は射精が終わると気持ちもあっという間に盛り下がってしまいがちですが、女性はセックスが終わってからもしばらく気持ちの余韻が続きます。すぐに離れてしまうと「セックスが終わればもう用無し」と暗に言っているようなものです。

「気持ちよかったよ」などの言葉は必ずしも必要ではありません。ただ女性に寄り添うだけで相手の気持ちは満たされます。それ以後関係が続くかどうかはわかりませんが、セックス後のケアを怠らないことで女性の中にとても良い記憶としていつまでも残すことができます。

会えばやれる

アメリカの出会い系サイトは現在、新規に登録する会員で溢れかえっているそうです。その数、わずかこの1年で2倍に膨れ上がったといいますから、ブームというよりちょっとしたバブルですね。

しかし、バブルが起きているアメリカも、日本の出会い系から見ると、まだ可愛い感じがしなくもありません。翻って日本の出会い系の特殊さが見えて来ます。

出会い系がポルノ産業を衰退に追い込んでいる

アメリカの出会い系サイトの伸展ぶりは、あらぬところに影響をもたらしていて、ポルノ産業さえ衰退に導いているそうです。

出会い系を利用したアメリカ人女性の3人に一人が、ファーストデート、日本の出会い系で言うところの面接で、セックスにまで及んでいることが明るみに出たため、それを知ったアメリカ人男性が、そんなに簡単に出来るなら、ということでこぞって出会い系に登録した結果、見るだけのポルノが廃れてしまったというのです。

ポルノを「見る」か出会い系で「やる」かなら、やる方を取ると言うのも、いかにもアメリカ人らしい感じはしますね。

ただ、日本の出会い系の実態からすると、3人に一人という割合を聞いて、意外に少ないんだなぁと言うのが正直な感想ではないでしょうか。

何をいまさらといった感じでもあるわけですが、こう感じてしまうのは、それだけ日本の出会い系では面接をすればセックスが当たり前と化しているからですね。

いずれにせよ、遅まきながらアメリカでも出会い系の実力が、遺憾なく発揮され始めたといったところでしょうか。

日本でもAV不況は深刻

日本でも数年前からアダルトビデオが、めっきり売れなくなっているそうです。

最大の原因は、著作権を無視した動画投稿サイトにあるそうですが、しかし、アメリカ同様、出会い系サイトの影響がまるでないとも言えないと思います。

日本の場合は、出会い系サイトとの関係で言えば、出会い系とセックスは最初から切り離せない関係にありましたから、アメリカと事情は異なりますが、それでも出会い系の「やる」体験が、「見る」だけのAVを凌駕していることは論を待ちませんので、AVでは物足りなくなるのは時間の問題であったのかもしれません。

それだけ、出会い系の体験には強烈なものがあり、一度この世界を知ってしまうと、麻薬のような依存症状態に陥る人も出て来るわけですね。

そうなった人たちに、アダルトビデオを見て我慢しておけといったところで、何の効き目もありません。それはもう無理というものです。

AV不況の遠因を出会い系が作ってしまったような気がします。

メール一本で強姦も和姦になる

街で見かけた女とやりたくなって、実際に無理やりやってしまえば強姦ですね。

ところが、もしもその女が出会い系サイトに登録をしていたとして、事前にメールで会う約束を取り付けていれば、強姦は和姦に早変わりします。

極論かもしれませんが、女が出て来ればやるという点で、日本の出会い系サイトとは、やるためのもの以外何ものでもありません。

事前にメールをしているというだけで、やっていることは強姦に近いことのような気がする時もあります。

なにしろプロフを作った後は、好みの女にメールを打つだけです。たったこれだけのことで、女とコンタクトが取れて、実際にその女が出て来れば、その女を抱くことが出来ます。

メール交換をしてから会うといっても、メールを交換するまでは、まったく知らなかった赤の他人です。

メールをした以外ほとんど知らないと言ってもいい女です。その女を抱くことが出来ます。

こんな世界、他にないんじゃないでしょうか。

そして、これだけ出会いとセックスが結びついている日本の出会い系サイトは、世界的に見ると特殊な存在になるようです。

出会い系サイトは日本の専売特許ではなく世界中にあり、海外の出会い系サイトには上場している企業もあります。上場すれば、投資家はじめ監視の目は厳しくなります。

日本の出会い系では、傘下入りした企業が上場していた例はありますが、出会い系として設立された企業が上場した例はまだありません。

株式公開していないから出来ることもありますね。

ダーティだからやれる

日本では出会い系サイトというと、不倫、浮気、援助交際、売春、児童買春などが想起され、必ずしもいいイメージではありません。

各都道府県の警察は、公式ページでしきりと出会い系サイトの利用を自粛するよう、勧告を続けています。そこへ行ったら、何をされるか分かりませんよ、と警察は親心を見せているわけです。

まるで、あの男のところに行くと何されるか分からないので、あんなのと付き合っちゃ駄目よ、と親が娘を諭しているような感じですね。

しかし、そうした状況にありながら、累積であれ会員数は数百万を超える巨大コミュニティが形成されています。

ダーティでありながら、これだけの人間を惹き付けていることは驚異的です。

そして、このダーティな存在であることが、一種のフィルターとしての機能を果たしているとも言えます。

……にもかかわらず、それでも女は登録をする。

ということはつまり、会えばやれるということですね。

日本の出会い系の特殊性はここに尽きます。会えば、やれるのです。

出会い系というフィルターを通しているから、ここにいる女には、メール一本でやれるのです。

出会い系で知り合った女性をアニメの世界に引き込む方法

一昔前のオタクと言えば、ネルシャツパンツインで眼鏡とバンダナを装備し、リュックサックを背負った秋葉原に生息するキモオタ。

女性から見ればこの様なイメージを持たれていましたが、最近ではそれが変わりつつあります。

それは、若い人やイケメンでもアニメやゲームが実は好き!などのいわゆる『隠れオタク』の登場やアニメ映画の成功など、女性にも受け入れやすくなったためです。

イケメン男子でもアニメを嗜む時代、本物のオタクからしたら「は?そんなのオタクじゃねーよwww」って感じかもしれませんが、女性にとってのイメージなんてそんなもんなのです。

オタクとは、自分の好きなものに情熱を注ぎ込み、そこに専門的な知識を有するプロフェッショナルな人ですが、女性にとっては違います。女性にとってのオタク像とは、『アニメやアイドル、ゲームなどが好きな人』という認識なのです。

スマホゲームやアニメ映画など、女性でもそういった部分に触れる機会が増えたことで、それをきっかけにハマり出す女性も続出しています。今回は自分がアニオタだった場合、出会い系で知り合った女性をアニメの世界に引き込む方法の一例を紹介していきます。

オタクであることは秘密にしておく

出会い系で知り合った女性とやり取りする時は、自分がオタクであることは伏せておきましょう。

「自分はアニオタで○○の△△ちゃんが大好きなのでござるよwwwデュフフwwww」

いきなりこんなことを言い出しては100%そこで終了、頭がおかしい人だと思われて終わりです。

普通の男性であることをアピールしつつ、自分はアニメとは無縁の存在ということを相手に知らしめましょう。アニメ文化が盛んになっているとはいえ、そういったものに抵抗がある女性もいるので、始めたての適当な趣味があるという設定にでもしておけばOK。

女性とのやり取りの中から、相手がどんな人間で何が好きなのかをできるだけ引き出しましょう。相手に合わせていけば『自分と同じで共感できる』と思い込み、ある程度はやり取りを持続させることができます。

会話の中にさり気なくオタクな話題を!

やり取りの中で互いに緊張が解れ、会話もスムーズになり始めた時がブッ込みチャンス!

「友人に勧められてアニメ映画のDVD観たら面白かった!」

こんな感じで自分発信ではなく、あくまで『他人から勧められて観たアニメが面白かった』という風に偶然を装うのがポイント。

そこで初めてアニメの話題に触れますが、大事なのはそこで相手がどのようなリアクションを取るか。

  1. 「知らないし、そっち系興味ないわ」
  2. 「それ知ってる!私も観たよ!」

前者の場合は辛いです、相手にアニメの情報が入らない環境もしくは入ったとしても興味がない対象となっている可能性が高いため、2、3回追加して同じようなリアクションだった時は諦めも考えたほうが良いかもしれません。

後者だった場合は最高!アニメを観ることに抵抗がなく楽しむことができる人だということです。

ですが、がっついてはいけません!なんとなく興味がある感じを出しましょう。

  • 「どうだった?」
  • 「他にはどんなのを観たの?」

など、それをきっかけに感想や他に見たアニメ歴を探るチャンス! 会話はいつの間にかアニメの話題に変わっています。

自分の些細なキッカケから相手の情報を出させ、相手発信でアニメの話題に流れを変える。この様に会話の流れや話題をコントロールするのが効果的です。

会う時はアニメを活かしたもので勝負!

アニメに対して抵抗がなく、こちらの世界に引き込めるチャンスがある相手であれば、会うときだってアニメに関する事柄で誘ってみましょう。大ヒットのアニメ映画 『君の名は。』

アニメを観ない若者でも多くの人が観ており、ストーリーも感動系なので初めて相手と会う時に一緒に観るにはピッタリ!映画鑑賞なのでそこまでハードルも高くありません。

しかも、恋人同士で観る感じではなく、アニメの魅力を確認するために一緒に観るのでイヤラシイ感じなんて微塵もありませんよね? 映画でなくても構いませんが、2人でアニメの魅力を堪能し相手を夢中にさせることが大事。

「今度は○○を観てみよう!」「コレも面白いらしいよ?」など、徐々に2人の共通点をアニメにしていき、互いにアニメ好きになれるように働きかけるのです。

気づけばアニメ女子になっていた

相手が自分でアニメを調べたり、観た感想を語りだしたりしたら勝負あり!我々の勝利です。

いつの間にかアニメの魅力にどっぷりとハマってしまった女性へと変貌しています。

どんなに素晴らしいアニメを観ても、彼女の友人にはそれを受け入れ共感してくれる存在がいないので、最終的に貴方の所に行き着きます。

互いの共通の話題で距離が近づき、同じものを楽しめる価値観を持ち合わせている2人なら、恋人関係になるのだって時間の問題です。

このようにして相手の女性を自分の世界に引きずり込んで彼女にする方法も、オタクな彼女を作るための1つの手段。

大掛かりで嘘くさい話しとよく言われますが、実際に共通の趣味を持つ恋人を、出会い系サイトで作った人は少なくありません。

オタク彼女を作ることに適したツール

出会い系サイトは、最初に直接会う必要がなくネットを使って文字でやり取りできるため、他人との交流を避けてきたオタクな人たちには最も適したツール。

それはオタク男子だけに非ず!それはオタク女子だって同じなのです。

自分好みのオタク女子を彼女にするためには、引っ込み思案な彼女達が生息している出会い系サイトという土俵で勝負しなければならないのです。

最初からオタクな子を狙うも良し、今回のようにオタク色に染め上げる手法も良し!

出会い系にはそういう可能性を秘めた女性が沢山いるので、自分の理想とするオタク彼女をGETするためにも、出会い系サイトを活用するのはとても有効な手段と言えるでしょう。

オタクが、悪徳業者やサクラに引っかからないための戦略

Q.オタクでも出会い系って使えるの?

A.オタクだって勿論出会い系サイトは使えます、どんどん活用すべきです。

スマホやPCを使って文字でやり取りするから、女性が苦手?人見知りする? そんなのは関係ありません、ゲームのキャラに話しかける感覚でやればOKです。

あ、もしかして
「相手の人に傷つけられないかなぁ」
「嫌われたらどうしよう……。」
こんな豆腐メンタルなネガティブ思考になっていませんか? でもそんな豆腐野郎でも大丈夫なのが出会い系コンテンツ!

考えてみれば、相手は顔も知らないどこの馬の骨かも分からない人ですよ?

そんな人に嫌われたり悪口言われたって気にしなければいいだけです。

でも「実際使うとなると怖くね……?」なんて、正直あると思います。どうしても「騙された!」、「ひどい目に遭った」というマイナスなイメージが先行してしまうのが出会い系の勿体無いところ。

ですが、そういう思いをするのは、予防線を張った自己防衛ができていない人だけ!

自分をしっかり持って相手を見極めればそういったリスクは少なくすることができるのです!

オタクだって大丈夫! 勇気を出して出会い系コンテンツを活用してみましょう。

何かと狙われやすいオタク

秋葉原でオヤジ狩りならぬ『オタク狩り』が問題になりました。喧嘩が弱くて金を持ってるだけで恐喝の的になってしまったオタク。

献血活動が日本一盛んな場所は秋葉原。その理由は、オタクはチェリーボーイが多く血液がキレイだからだそうです。理に適っているけど、なんか馬鹿にされているような気も……。

この様に何かと狙われやすいような気がするオタク達。出会い系コンテンツの中でも悪徳なサクラなどに狙い撃ちされてしまうのでしょうか?

結論から言うと、オタクを狙うわけではありません。悪徳業者やサクラが狙うのはもっと別の対象。それは、女性の扱いに慣れていない人や騙されやすい人達なのです。

悪徳業者やサクラ手口

悪徳なサクラなどはありとあらゆる手段でこちらを騙しにかかってきます。その手法は手の込んだ物から簡単なものまで、それだけサクラの歴史は長く、時代に合わせてやり口を変えてきているのです。

ターゲットになるのは女性の扱いに慣れていない人や騙されやすい人、理由は成功率が高くやり取りがしやすいなど、相手側にとってメリットが多いからでしょう。

嘘の情報や巧みな話術でやり取りの主導権を握り、自分の持っていきたい方向へ誘導する。その結果、「やり取りしていたらいつの間にか変なサイトに登録してた」、「会ったらHするのではなくツボを買わされそうになった」など、様々な被害が……。

「じゃあ、女の扱いに慣れていないオタクだったら、業者に捕まるリスクあるじゃん!」と思うかもしれませんが、そうならないためにしっかり対策を施す必要があるのです。

引っかからないための対処法

では、オタクで女慣れしていない出会い系初心者にはどのように悪徳業者やサクラに捕まらないようにすればよいのか。

まず大切なのは調べること!出会い系について調べまくるのです!

出会い系のサイトやコンテンツの仕組みやそれ自体の評価、料金プランなどを調べましょう。中には有料コンテンツなどもあり、お金が絡む部分もあるので損しないためにもしっかり調べて自分に合ったものを選ぶと良いです。

無料のコンテンツには登録だけすればOKというところもあるので、そういう利用しやすいところはサクラも入り込みやすいということにもなるので避ける!など、サイトの下調べの段階からサクラとの戦いは始まっているのです。

慣れないうちはお金が多少かかるけど、安心第一でサクラの少ないサイトをチョイスするのが良いかもしれませんね。

あとは相手の女性を見極めること! これが1番重要です! 相手が本当に恋愛やセフレ作りをしたいと思っている女性なのか、その見極めができるようになれば悪徳業者に騙されることは極端に少なくなるでしょう。

そのためには、相手のプロフややり取りの内容に怪しいところがないか確認すること!

『JKです♪誰でもいいのでHの相手を募集してます♡暇な人は絡も~!』

さらにプロフの画像はネットで拾ってきた画像……。怪しすぎます、怪しさ満点の役満です。

ちょっと例えが露骨過ぎましたが(笑、このようにプロフの内容から判断することもできるのです。上質なサクラとなるとプロフをしっかりと作り込む、ダミーの個人ブログなんかも用意してリアリティを出す業者もいます。

他にも、出会い系以外ところでやり取りをして欲しいとか、このサイト登録してみてくれない? など、何処かに誘導しようとする素振りがあったりしたら注意。
それはよからぬことを考えている兆候、さっさと手を引くのが吉です。

この様に少しでも怪しいと思った相手とはやり取りしないのが、悪徳業者やサクラに引っかからないためにはとても重要なのです。慣れないうちはこの方法を徹底していれば、そういった怪しい集団に捕まる可能性も極端に少なくなりますし、ちゃんとした女性に巡り会える確率もグッと上がります。

オタクだってちゃんと使える出会い系

出会い系サイトで素敵な女性と巡り会える機会は沢山あるけど、その反面悪徳な業者も紛れ込んでいるので、そういったものに出会ってしまうリスクもあります。

でも、しっかりと騙されたりしない様に注意していけば、そのリスクだって低くなるのです。

活用しなければ騙されたりするリスクは0ですが、素敵な出会いの可能性も0!

しっかり調べて使ってみることが何よりも大切、そうしなければ彼女やセフレなんてできません。

自分にピッタリの素敵な女性を彼女やセフレにするためにも、勇気を出してガンガン出会い系サイトを活用してきましょう!

吊り橋理論で勘違いのドキドキが恋に発展!

吊り橋理論をご存知ですか?

吊り橋理論とは、揺れの激しい吊り橋を一緒に渡った男女が、吊り橋の揺れによるドキドキを一緒にいる異性へのドキドキと脳が勘違いしてしまい、好意を抱く傾向にある、という学説です。
このドキドキをもたらす状況は「吊り橋」だけではありません。

例えば、会社のエレベーターに閉じ込められてしまった男性上司と女性部下。成功率の低い難しいOpeに挑む男性医師と女性看護師。急に降り出した雨の中、走ってカフェの軒下に入った見知らぬ男女。これらの二人はともにドキドキを体験することで好意を抱きやすくなるのです。もちろん、その困難に直面したときの男性の行動力は重要ですが、少なくとも容姿や収入などのスペックは関係ありません。

出会い系サイトこそドキドキの宝庫!

このドキドキを恋愛に生かさない手はありません。特に出会い系サイトは、ただでさえ「どんな相手なのかな…」「騙されたりしないかな…」というドキドキの宝庫!ドキドキの下地が整っています。
これを恋の発展にうまく活用しましょう。

むやみに女性をを安心させない

出会い系サイトで知り合った女性とのメールの交換が頻回になると、お互いのいろいろなことを知りたくなっていきます。親近感がわくのはいいことですが、女性を安心させてすぎてはいけません。
あえて心の内を見せないことで女性に緊張感を与え、ドキドキを維持させましょう。

ドキドキを共有する

そして初めてのデート。ただでさえドキドキです。

よほど見た目がアレでない限り、これまでのメール交換で抱いた親近感でデートは順調にスタートできるはずです。デートの場所は一緒にドキドキできるテーマパークやスポーツバー、アクション映画のほか、身体を動かしてドキドキするスポーツ体験などもお勧めです。

もちろん女性の好みを確認しておくことが必要ですが、はじめから落ち着いてシッポリというのは、むしろ難易度は高くなります。

吊り橋理論は短期勝負!ドキドキはすぐに醒める

しかし、せっかくドキドキを共有してイイ感じになった二人も、ドキドキが醒めると相手への気持ちも醒めてしまいます。吊り橋理論による効果は極めて短期的と心得ておきましょう。デートのたびに新たなドキドキを演出するのは不可能です。

あくまでも短期的なお付き合いと割り切るか、ドキドキが醒めたあとに「それでもイイな、この人」と思われるような真剣なアプローチをするかはあなた次第ですね。

ヤレる女を探すにはチャット?SNS?出会い系サイト?

「ヤレる女」。

そんな女性はツチノコ並みにいないのかと思いきや、実際本当にいるから男はついつい夢見ちゃいますね。

でも実際問題、「どこにいるんじゃい!?」と思っている男性も多いはず。

そこでサービス別に、本当にヤレる女はいるのか検証してみました。

チャット

リアルタイムでコミュニケーションできるチャットは、出会いの場としてありそうなイメージですが、実際には全然ないです。

チャットを行っている女性の大半はバイトです。30分いくら、1時間いくらなどと、運営会社と契約しているだけ。

実際に男の人と会う約束をする女性は、まずいないでしょう。しかも運営会社の管理下のもと行われているので、利用者(男性)が余計な事を言ってしまうと、法規制に従って退会処分どころか、訴えられてしまう可能性もあります。

ということで、チャットでの出会いは皆無と考えた方が良いです。

SNS

SNSといえば、なんといってもTwitterですね。最近はブログやフェイスブックより主流になりつつあります。

もしかしたら可愛い子と連絡を取り合っていて、「今度会おう」などと、積極的にアプローチしている男性もいるかもしれません。

ただ、Twitterはチャンスがある反面、リスクも大きいということ忘れてはいけません。

  • 出会いを求めていない
  • 女性から訴えられる可能性もある
  • 世間に文面が流失してしまう可能性がある
  • 警察の捜査が入りやすい

上記のように誰でも閲覧できるものなので、リスクが高いです。Twitterにはメッセージ機能もありますが、サイバー警察が調べようと思えば簡単に調べられます。

形跡が残りやすいので、迂闊な発言ができないという緊張感があります。

出会い系サイト

やはり最も出会いの可能性を高めてくれるのは、今でも出会い系サイト。出会い系サイトは利用料金が発生するもので、一部の人しか閲覧できません。

ちょっとHな発言をしても、それですぐに世間に広まってしまうということはないでしょう。そもそも出会い系サイトを利用している女性は、異性交流を求めている人。これがTwitterやチャットを利用している女性との、決定的な違いますね。

昔に比べて利用者は減っているといわれていますが、最近は安全性がアップして尚且つ利便性も良くなり、悪質な出会い系サイトはほとんどないです。

それゆえ、やはりチャンスは十分! 昔から運営されていて、摘発されていない出会い系サイトは安心です。

どうして無料の出会い系サイトはダメなのか?

出会い系サイトの中でも絶対に止めた方が良いのが、無料の出会い系サイトです。

簡潔に言うならば、サクラだらけだからです。女性でも、報酬をもらって素人利用者になりきっているアルバイトであったり、男性が女性に成りすましているケースも考えられます。冷静になって考えてみてください。

無料掲示板でセフレが見つかるなんて、うますぎる話ではありませんか?

出会い系サイト PCMAX がオススメ

現在ワクワクメールなどの大手出会い系サイトがいくつかありますが、セフレを見つけるなら PCMAX がオススメです。それは、女性を優遇するキャッシュバックがないからです。

一般的に出会い系サイトには女性の気持ちを盛り上げるために、メッセージの返信や写真を投稿するとポイントが付与される仕組みが存在しています。ポイントは換金できるので、これでおこづかい稼ぎをしている人も稀にいます。けれども、 PCMAX はこのような機能がないので、サクラに出くわす可能性が低いのです。

素人利用者の利用率が高いので、セフレも見つかる可能性が高くなるというわけです!

直接探すのもなかなか難しいと思いますので、気軽に利用出来る出会い系サイトを始めてはいかがでしょうか?

出会い系サイトでセフレを探す方法は?

恥ずかしがらずに【セフレ募集】と、最初からアピールすることをオススメします。女性利用者の中にも必ずセフレを募集している人がいますので、ピンポイントにそこを狙うのです。ただし、セフレ募集を掲げている女性の数はあまり多くはないと認識しておきましょう。

セフレであろうとも大切なのは、身体の関係だけではなく密なコミュニケーションです。小まめにメールの返信をして、お互いの信用度を高めあっていくことでセフレになれる可能性がアップします。

いかがでしょうか?今回は、セフレを見つける方法をご紹介しました。インターネットの無料掲示板をあてにしてはいけません。セフレを確実にゲットしたいなら、出会い系サイト PCMAX をオススメします。

セフレをゲットすることって、思っている以上に簡単なんですよ。

出会い系サイトを利用していても、なかなかセフレができない、っていう人もいると思います。

苦労している人には申し訳ないんですが、セフレをゲットすることって、思っている以上に簡単なんですよ。

そこには、いくつかのコツがあるんです。そのコツさえつかめば、簡単にセフレをゲットできます。

私はいくつかの出会い系サイトを利用してきましたが、まず一つ目のコツは、不倫希望の人妻を狙うことですね。

あなたが人妻狙いじゃなかったとしても、最初は練習として、不倫人妻を狙うんです。彼女たちは、セフレ化が簡単なので練習相手にぴったり。

つまり、ちょっと難しめの女性を狙ったりしないで、最初は簡単な女を狙い、どんどん違う女性を狙うということです。

特に旦那の愚痴や相談を言う女性は親密になれます。こういうパターンの女性にはエッチな話しは慌てない事ですね。

親密になってくると自然に相手もすべてをさらけ出してくるようになります。

しかし向こうから少しでもエッチな空気を出してきたら、そこは食いつきましょう!というか食いついてあげないと失礼に当たります(笑)

事前にそういった話をしておくと、いざというときに誘いやすいという布石にもなりますので、そこは見逃さないように。

出会い系サイトなら数多くの会員の中から効率よく相手を選べます。そして、ほとんどの出会い系サイトには写真付のプロフィールがありますので、あなた好みのルックスの女性を選ぶことだってできるんです。

セフレもルックスにこだわりたいですよね。これからのセフレ作りは効率よく!

メル友からセフレに変える

メル友からセフレに変える

知り合いのなかで、複数の女性と付き合っていると、必ずと言っていいほどバレるものです。

こういうことは、後々まで悪いウワサが残るので避けたほうが無難です。

出会い系サイトならば、複数の女性と同時に付き合っていても、女性同士のつながりは100%ありません。二股だろうが三股だろうが遠慮なく好きなように出来ます。むしろ出会い系の楽しみ方は、複数の女性と同時に関係を進めるところにあります。

出会い系に登録している女性は、どんな形であれ相手を探すために登録しています。わたしたちは今現在の目的がどこにあるかを探り出しながらメールのやり取りをすべきです。

なぜ今現在の目的かと言うと、女性の気持ちはそのときに置かれた状況で変わるものだからです。 実際に会うつもりはなくて、メールでの話し相手だけ探す目的で登録している女性もいます。

話をしていてフィーリングの合う何人かとメール交換だけをして楽しんでいるのわけです。

そんな女性でもある時、急に状況が変わることがあります。

たとえば付き合っている本命の彼氏と別れたときとか、人妻なら旦那の浮気に気づいたときとか、心が揺らぐ瞬間があります。 こういったときに、日ごろから紳士的に、優しい態度でメールのやり取りを続けていると「お会いしたい!」メールが届きます。絶好のチャンスです。 「どうしたんですか?突然で驚きました。何かあったんですか?私でよければ何でも話してください!」こんな返信をすれば、間違いなく会えます。

そして男女の関係まで一気に持っていけます。 いつも出会い系の女性と会うのに使っている居酒屋とかではなくて、ロケーションのいい場所を設定します。話を聞くことが大切なので静かなところで会います。夜景が綺麗な場所、あるいは海辺の公園でもいいでしょう。とにかく聞き手に回って話を聞いてあげます。一通り話を聞いて、話が途切れたときに肩にそっと手を回します。

振り払わなければOKのサインです。彼女は心の中で、もうすべてお任せしますと言っています。 ホテルに入ってからも意識して優しく接してあげます。急がずに流れに沿った感じで抱きしめます。キスの後、彼女の感じる部分に手を伸ばせば、すでに十分潤っています。それでも時間を掛けてやさしく愛撫します。そっと挿入してからもやさしく動きます。

彼女の様子を見ながら、一番感じるところにしっかり刺激をくわえるように、繰り返し先でつつくようにします。彼女が何回かエクスタシーを感じて十分達してから、こちらも思いっきり放出します。こうして関係を持った女性とは、味わい深いSEXが楽しめます。回数を重ねるごとに官能的なプレイが楽しめるようになります。良い関係を長く続けたいものです。

もちろん、その日だけのセフレを見つけるのも、出会い系サイトの楽しみのひとつです。

出会い系サイトで同時に複数の女性とメールでやり取りをしていれば、いろいろなチャンスが訪れます。状況に合わせたプレイを楽しめます。出会系サイトを存分に楽しむには、中に入り込んでしっかりとアンテナを張り巡らせておくことが、成功の鍵かもしれません。

アダルトビデオ鑑賞よりも出会い系サイトですけべな女を探そう

アダルトビデオを見てばかりいる男性は晩婚化の傾向があるという調査結果が発表され、話題となりました。

つまりアダルトビデオばっかり見ていると本物の女性に目が向かなくなっていくんですね。

確かに、アダルトビデオを見てオナニーするのも気持ちのいいものですが、やはり生身の女性のあそこは比較にならないくらい気持ちがいいです。

しかも出会い系には、アダルトビデオに出てくるAV女優さんよりも、もっとスケベな女性がたくさん登録しています。

アダルトビデオの素人企画物などではよく、素人ほどスケベなものはないというキャッチコピーが常套句になっていますが、出会い系サイトに登録しているのはまさにそのスケベな素人なんです。

出会い系サイトで助平な素人と知り合うのはいたって簡単。登録をすれば半ば知り合えたようなものです。

アダルトビデオを見ている時間をすべて、出会い系サイトに割いてください、とは言いません。その半分の時間を出会い系に割くだけで、生身の女性とアダルトビデオよりエロい体験ができます。

この秋、見るから、やるへ、エロに対する嗜好を進化させてみてはいかがでしょうか。

無修正を見るなら出会い系で相手を探す方が安い

アダルトビデオと一口にいっても、さまざまなジャンルがあり、ソフトビデオに近いものから無修正まで、露出の程度にも段階があります。

中でも無修正が好きな男性には、性的な欲求不満の代替をアダルトビデオで済ます傾向が強くある、と言えるのではでしょうか。

それだけに、無修正を見ている男性は、性交渉の相手さえいれば、毎日でもセックスを飽かずにする、本来は肉食系のポジティブな人が多いように思います。

ネットの時代、絡みにモザイクをかける日本のアダルトビデオに違和感を感じたらすぐ、海外にサーバーを置く無修正サイトの作品を簡単に見れます。

また、著作権を無視した投稿も後を絶ちませんから、スパムなどのリスクさえ覚悟すれば、無料の動画掲示板で無修正作品をタダ見することも簡単に出来ます。

それでも無修正サイトが無くならないのは、それだけ撮り降ろし作品に需要があるためだと思いますが、それを見るには会費の支払いが必要になります。

無修正サイトの多くは月額制です。一月の料金は今のレートで4500円程度が相場になるでしょうか。

これを高いと見るか安いと見るかは価値観ですが、大手出会い系サイトの一般的な一月の利用料からすると、少し高いかなという感じがしないこともありません。

大雑把な言い方になりますが、出会い系サイトだと、だいたい女性一人と会うまでに要する費用(ポイント)は、3000円くらいです。つまり3000円あれば一人とはやれるのです。

しかも、無修正サイトに出てくる女優さんと寸分違わないか、もしくはそれ以上に助平な素人さんと、無修正サイトでしているような遊びがたったの3000円で出来てしまいます。

もちろん面接会場までの交通費ですとか、面接場所を喫茶店や居酒屋に指定したのであればその支払い、そしてラブホ代は別途かかりますが、それでもそれほど高額になるわけではありません。

また今現在、無修正サイトが見れるネット環境にあるのであれば、そのまま出会い系サイトを使える環境であるわけですから、手間もかかりません。

何事も、見るとやるとでは大違いです。無修正サイトを一月間見終えたら、次の一月は出会い系で実地に移してみるのも楽しいのではないでしょうか。

ビデオ鑑賞では得られない体験になるはずです。

晩婚時代にはアダルトビデオよりも出会い系がぴったり

晩婚だからアダルトビデオを見るのか、アダルトビデオを見ているから晩婚になってしまったのか、コロンブスの卵かもしれませんが、晩婚とアダルトビデオには相関関係があることは、先述の調査結果の教えるところです。

しかし、晩婚の理由として、アダルトビデオで性的欲求が満たされていることに加え、経済的理由が存在するとしたら、出会い系はアダルトビデオ以上に結婚していない男性にも女性にも最適です。

何らかの理由で結婚はしていないけれど、アダルトビデオを見るほどに性的なことへの関心が強く、事実性欲も強いのであれば、出会い系で知り合った異性との関係ほど、適合性の高いものはないと言えるからです。

なぜなら、出会い系サイトに登録をしている男女の多くは、結婚までは考えていないからです。それでいて、セックスは当然のことと認識しています。

結婚の義務を果たさずにセックスが伴った男女関係を持つことは、誰しもが一度は夢見る理想の関係であり、あればいいなと思える関係ですが、出会い系サイトではそうした関係を簡単に作ることが出来るのです。

晩婚化は進む一方

日本の晩婚化は男女共に進んでいます。

もはや結婚していないからといって、性欲処理はアダルトビデオで済ますなんて時代ではないのです。

それを反映してか、アダルトビデオは売れなくなってきています。

晩婚化の時代は、出会い系サイトに登録しておき、素敵な相手が見つかったらアバンチュールを楽しむことが男女とも、現代人のスマートな生き方になりつつあります。