都合のいい「金曜日の女」を見つけましょう

みなさん、セフレとセックスしてますか?

今年は大晦日のカウントダウンにあわせてセックスして、ハッピーニューイヤーの瞬間に射精したい!との思いを打ち明け、実行出来る相手を探していたのですが、全員にフラれてしまいました(笑)

ですから、今は家にひとりぼっちです。今年は実に豊作で、いろんなセフレをとっかえひっかえしていたので、こうしてひとり静かな時間を過ごすのは久しぶりでなんだか新鮮なくらいです。

毎年のようにどんどんセフレを作るのが楽になっていき、セフレの質も右肩上がりなのですが、今年は例年以上にそれを感じましたね。

特に今年は金曜日の女」というワードが注目された年でもありました。

個人的な流行語大賞はこの「金曜日の女」なのですが、まだご存知ではない方も多いのではないでしょうか?

セフレ未満!?悲しすぎる「金曜日の女」チェックリスト

みなさんは「金曜日の女」という言葉を耳にしたことはありますか?金曜日の女とは、仕事終わりの金曜夜にさくっと会って、時間もお金も使われない女性のこと。男性からすれば、いわばお手軽な、遊び相手という存在。女性からすれば、好きな相手に弄ばれているのと同じことです。もし、好きな人と会えるのがいつも金曜日の夜で、昼間のデートをしていないなら、もしかしたらそんな「金曜日の女」である可能性があります。もし、今から紹介する4つに当てはまっていれば、あなたは「彼女」ではなく「金曜日の女」かも・・・!

http://woman.excite.co.jp/article/love/rid_Howcollect_23548/

ざっくりと言ってしまえば、セフレよりも都合が良くてお金も手間もかからない女のことです。いやあ、まさに理想ですよね。素晴らしい!

セフレを持ったことのある人ならわかると思いますが、セフレを作ることは簡単でも、セフレを維持することは意外と難しかったりするんです。

それがどうでもいい女でしたら自然消滅としてフェードアウトしてくれますから、楽なことこの上ないのですが、お気に入りの相手だった場合は話が別です。

セフレをとっかえひっかえしていると、たまに出会う「当たりの女のありがたみ」を痛感するようになるんですよね。

それはルックスだったり、スタイルだったり、居心地の良さだったりとさまざまな要因がありますが「手放したくない!」と思わせる女が当たりの女です。

見知らぬ女とセックスをするだけなら誰でも簡単にできる時代になりましたが、いい女と長期的にセックスをするのはやはり難しい!

そのため、たまに普通っぽいデートをしたり、プレゼントを送ってみたり、電話をかけてみたりと、まるでふつうの恋人のようなことをしてしまうことも。

こういう「恋人の義務」のような行為がわずらわしくてセフレを求めるようになったのに……これじゃ本末転倒じゃないか!でもいい女とセックスしたい!というジレンマに悩まされていました。

しかし、「金曜日の女」はその両方を解決してくれるのです。いい女でありながら、デートをしたりプレゼントを送ったりと機嫌を取らずに済むのです。

人妻は金曜日の女に憧れている

でも、そんな都合のいい女ってそうそういないでしょう?と思うかもしれません。

……それが、いるんですよ。その存在とは人妻のことです。人妻は、まさに金曜日の女になるためにいるような存在です。

金曜日の女とは必ずしも「金曜日に会う」必要はありません。金曜日の夜、仕事帰りにさっとセックスだけして別れるといった、都合の良さを切り抜いた言葉なのです。

では、どのような条件が金曜日の女として適しているのでしょうか?

  • 日中や休日のデートをしなくてすむ
  • デートにお金も時間もかからない
  • 食事はファミレスやラーメンで十分
  • 会計も割り勘で済ませる
  • プレゼントは不要
  • 男の言うことをなんでも従順に聞いてくれる
  • いちいち口出しをしてこない

……といったところでしょうか?もし、独身の未婚女性がこの条件を満たしているのであれば、よっぽど惚れているか弱みを握られているかとしか思えません。それくらい、男性本位の付き合いになり、明確な上下関係が発生します。

しかし、これが人妻であればどうでしょうか?男から都合がいいのはもちろんのこと、人妻にとっても都合がいいことだらけなのです。

  • 日中や休日は家の仕事をしたり、家族の面倒をみたりと忙しい
  • 時間が限られているので、のんびりデートや食事している暇がない
  • 男からのプレゼントを旦那のいる自宅に持ち帰るわけにはいかない
  • お互いに不干渉を貫きたいので、連絡は最低限

……と、人妻が不倫をするにあたって気をつけたい部分が自然とクリアされているのです。

前々から「人妻セフレは色んな意味でおいしい」という実感はありましたが、こうしてきちんと理論として根拠が裏付けされていたんですね。

本命のセフレ以外に、金曜日の女を作りましょう

私も「金曜日の女」として抱えていた女性の8割は人妻の女性でした。

若い未婚の独身女性とのセックスも魅力的なのですが、やはりそれ相応の手間とお金がかかってしまうものです。

しかし、人妻をはじめとする「金曜日の女」は本当に楽です。セフレは別れる時も面倒だったりするのですが「金曜日の女」はその心配もありません。

人妻であれば家庭を壊すリスクを負ってまで追っかけるようなことはしてきませんし、独身女性であってもずっとこちらの言うことをきいて優位な立場にいたのですから、相手に拒否権などありません。

あくまでも本命のセフレをひとりかふたりはきちんと抱えておき、あまった隙間を「金曜日の女」で埋めることができれば、まさに攻守に優れた布陣をしくことが出来ます。

いい女をセフレとしてキープするには時間も手間もかかります。それを惜しんではいけません。

しかし、ずっとその努力を続けるのも疲れますし、ストレスになってしまってはせっかくのセックスも楽しめなくなってしまいます。ガス抜きをして自分勝手に振る舞いたいときに「金曜日の女」を利用するのです。

出会い系で素敵な女性とセフレ関係を持つためのコスト削減術

仕事では、コスト削減は最も重要視される項目の1つ。

それは出会い系コンテンツでも同じであり、時間やお金を浪費しないためにもスマートな立ち回りが欠かせません。

今では出会い系コンテンツの数は増え、ユーザーが自由に選択できる時代になっています。それぞれ料金体系やシステム、機能は様々なので、自分に合うコンテンツでいかにコストを低く抑えられるかが重要なポイント。

コンテンツ精査ややり取りの効率化など、出会い系で素敵な女性とセフレ関係を持つためのコスト削減術を紹介していきます。

コンテンツにかかる費用を試算しておく

出会い系ではどのような相手を狙うかを明確にし、事前に方向性を決めておくのがベター。これはコンテンツ選びにも直結するので、しっかり考えておきましょう。

  • 恋人作りや結婚相手→ガチな立ち回りで安全性の高いコンテンツ
  • セフレや不倫相手→とりあえず肉体関係重視、人妻が多いコンテンツ
  • 軽い飲み相手→LINEやカカオトークのSNSも視野に入れる

出会い系コンテンツは数多く存在しますが、そのサイトによってユーザーの年齢層や利用人口も違うため目的や用途に合わせて選ぶのが基本となります。

どのコンテンツを活用するかの目処が立ったらサービス内容や料金関係をしっかりチェックしましょう。利用した場合をシミュレーションし、月単位での費用を試算する。それを元にマンスリー単位で課金額を設ければ無駄遣いの心配もありません。

使ってみないと分からない要素もあるので、ある程度のコンテンツ試用期間を設けるもの効果的。使用感や出会いやすさなど、様々な観点から自分に合っているかを見定めつつ、違うコンテンツに乗り換えることも視野に入れながら選定していきましょう。

連絡先を交換するのを最優先

出会い系コンテンツでは何をするにもお金がかかるのは仕方のないこと……。なので、コストを削減するためには会って連絡先を交換し、外部でのやり取りに切り替えるのが理想です。

「コンテンツ上でのやり取りで連絡先を聞けば良いのでは?」と思う人も多いのですが、ある程度の距離感や関係性を構築しなければ相手も連絡先を教えてはくれません。

その距離感の目安になるのが直接会えるかどうか。デートの際に好印象を与えれば連絡先の交換も容易いため、まずはそこを目指した立ち回りが必須となります。

メールでのやり取りを何通までにするか、何日でデートへ持ち込むかを決めておきましょう。内容や流れをテンプレート化しておくと毎回メールを作る必要がなく楽です。

また、デート目的の立ち回りをするのはコスト削減のだけでなく、会うことで親密度を上げながら会話でより多くの情報を引き出せるという魅力もあります。

フット・イン・ザ・ドアを活用する

デートに上手く持ち込めない場合はフット・イン・ザ・ドアを活用すると良いでしょう。

フット・イン・ザ・ドアとは営業ビジネスやマーケティングなどに使われるテクニックで、『セールスマンがドアに足を入れることができれば勝ち』というのが由来。

小さなお願いを1度でも叶えてしまうと、次の大きな願いも断りにくくなるという心理テクニックで、ビジネスだけでなく人間や恋愛関係にも応用できます。

「職業は?」→「趣味は?」→「結構気が合うから会ってみない?」など、徐々に要求のレベルを上げていきながらデートやセックスのお願いをするのが効果的。

こういったテクニックをやり取りや会話の中に取り込むと成功率が上がり、やり取り自体を簡略化させてかかる費用を削減することもできるのです。

コスト削減には人妻が理想?

デート代やホテル代なども出会い系コンテンツの延長として考えるのであれば、相手は自分より年上で経済力がある人妻が理想でしょう。

人妻は利用人口も多くヤリやすいメリットがありますが、旦那や子供がいるため相手の家でのセックスはできません。なので、毎回ラブホテルを利用する必要があります。

ホテル代はコスト削減において無視できない要素ですが、相手は自分より年上な人妻。家の大蔵大臣である妻を上手く手懐ければ、そのくらいの費用は余裕で負担してくれます。

そこでフット・イン・ザ・ドアを活用するのも良いでしょうし、甘えておねだりしてみるのも効果的。やり過ぎると愛想を尽かされる恐れもあるので程々にするのがコツです。

ですが、コスト重視で人妻狙いしかできないのはちょっと寂しい…。自分好みの女性と遊びたいのであれば、デート代やホテル代は必要経費として我慢しましょう。

出会い系で素敵な女性と関係を持つためのコスト削減術まとめ

最近の出会い系は安全性や機能の充実だけでなく、低料金や幅広い無料機能を謳ったコンテンツも数多く登場しています。

そのため、これから利用する人だけでなく現在進行形で利用している人も1度コンテンツに費やしている金額を見直し、コスト削減に取り組むのも良いでしょう。

仕事も出会いもコスト削減しながらスマートに。お金をかけずに効率良く素敵な女性と巡り会うのもデキる男のたしなみですよ?

運命の一人を決めるまで……バレずにとことん比較すべし!

出会い系サイトを初めて利用する人も、何回か利用したことがある人も、絶対に忘れてならないのは出会い系サイトで騙されないことです。最近はさまざまな出会い系サイトがありますが、その全てが信用のおけるものではありません。無料で出会いをゲット出来るサイトの大半が、お金をもらって利用者になりきっているサクラというアルバイトスタッフだからです。そこで、悪質なサクラに騙されないためのテクニックをご紹介いたします。

キーワードはとことん比較です! 一緒に確認していきましょう。

本命を見つけるなら、複数の女の子を同時進行!

「この子、気が合うな」「もっとこの子のことを、知りたい」という気持ちは、とても貴重です。直接顔を合わせていたり、昔から顔見知りだった場合は、直感で決めてもいいでしょうが、出会い系サイトの場合は直感は頼りになりません。

なぜなら、サクラの方が一般の人よりも、やり取り上手な場合があるからです。ですから出会い系サイトで本命の女の子を見つけるなら、複数の女の子を同時進行で比較していくことをオススメします。

複数の女の子と連絡を取り合ったり、約束をするのはスケジュール的に厳しいところもあるかもしれませんが、同時期に女の子を比べることで良いところと悪いところがハッキリと分かります。

全員に同じ行動を取ってみて、一番居心地が良い人を選ぼう

出会い系サイトを利用していると、出会いがたくさん転がっていますので、正直いろんな女の子に目移りしてしまいます。

そこで、オススメするのが全員に同じ行動を取ることです。同じプレゼントをあげたり、同じ言葉をかけたときに、一人一人の反応を見極めて、自分が一番居心地の良い相手を探しましょう。

自分の中で気に入っている女の子がいると、どうしても特別扱いしてしまいたくなりますが、本当に自分に合う相手を見つけるためには、出来るだけ全員に同じ行動や言動をとることをオススメします。

ただし、同時進行がバレてはいけない!

気を付けなければいけないのが、複数の女の子を同時進行していることがバレないようにすることです。吟味するために比較されていると分かったら、何だか気分が悪いですものね。

運命の一人を本気で見つけようと思ったら、波風が立たないように内緒で複数の女の子を比べるようにしてくださいね!

いかがかでしたか? 今回は、出会い系サイトで運命の人と出会う方法をご紹介しました。サクラが利用者になりすます悪質なサイトも増えていますから、自分でしっかりと吟味していくことが大切です。

出会い系サイトを賢く利用して、運命の相手が見つかればいいですね!

メラビアンの法則から見えた出会い系攻略のコツ

ビジネスライクな女性への扱いは、出会い系サイトだと厳禁。

特に、段階的なやり取りのない出会い方の場合、事務的な行動は女性にとって冷めるポイントとも言えるでしょう。

ですが、ビジネスシーンに使える「メラビアンの法則」はぜひとも覚えておきたいのです!

最近良い結果が出せない男性は、この法則を活用したアクションがおすすめですよ!

メラビアンの法則とは?

メラビアンの法則は、1971年にアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した法則です。

それは、人が初対面で会った時に感じる「印象」はどの要素をもって決まるのか? という内容です。

  • 7%の言語情報
  • 38%の聴覚情報
  • 55%の視覚情報

簡単に言うと、話の内容はわずか7%で話し方は38%、そして見た目やしぐさなどボディーランゲージが55%という感じ。

もしかしたら会社のセミナーなどで聞いたことがある人も多いかもしれませんね。

メラビアンの法則の誤解

ただし、これは「見た目さえしっかりしてれば、話す内容はどうでもイイ」という意味ではありません。

実はこれ、表情としぐさ、そして話の内容がそれぞれ違っていた時に何を優先するのか……?という実験。

つまり、怒った顔をしながら、手を合わせて謝っているように見せて「悲しい」と言ったら、相手はどんな感想を抱くのか?というものなのです。

「見た目が5割以上」というインパクトのある結果からだんだん意味が違って独り歩きをしている状態……という現状です。

出会い系の攻略に活用するなら?

そこで、出会い系にこの心理学要素を活用するとなれば……ちょっと話は複雑になってきます。

いくらプロフィール画像で顔を晒せるとは言え、奇跡の一枚や加工もできるので、やはりアポをとって実際に出会うまでは、圧倒的に人柄重視。

メールの文面や内容が一番のポイントになるので言語情報が90%と言っても良いでしょう。

そして、いざ2人で会ったときは……やはり見た目が命となるのです!!

本来は間違った意味の見た目重視ですが出会い系の場合、文面だけのやり取りをしている間に少なからず女性は相手の見た目を想像しがち。

良くも悪くもギャップが生じるのでまさに実験の通り、見た目が優先されるのです!

もちろん見た目といっても清潔感のある身だしなみをしたり、シワやほつれのない洋服を選ぶ程度でも充分。

無理してお金をかけることもありません。まぁもちろん、かけらえるなら使った方が良いですが……。

やはり紆余曲折あっても、見た目は重要と言えるでしょう。

メラビアンの法則から見えた出会い系攻略のコツまとめ

「人は見た目で決めません!」
「実はメラビアンの法則は誤解されていて……」

なんて、恋愛サイトや出会い系の攻略では見た目より中身重視と尊重しがち。

とは言えやっぱり、女性は見た目から印象を決めたりプラスやマイナスの評価を下します……。

百戦錬磨・全戦全勝を狙えるくらい、見た目にも気合を入れていきましょう!