出会い系サイトで厄介な女性にハマらないための方法

出会い系サイトには、いろいろなタイプの女性がいます。

サクッと割り切った付き合いを求める女性や、真剣に長く付き合える人を求めている女性もいれば、ポイント稼ぎのキャッシュバッカーも……。

キャッシュバッカーのように、出会えない女性も問題ですが、なかには出会ってしまうと、ちょっと厄介で面倒な女性もいます。

出会い系サイトで厄介な女性にハマらないためのその対処法をご紹介します。

1.女性は基本的に面倒くさい

女性の勘は鋭い

女性は男性よりも勘が鋭い生き物です。

男性が論理的に話を進めても、「なんか違う」「なんかおかしい」など、論理性を理解することなく、自身の勘を信じるのが女です。しかも厄介なことに、女の勘はたいてい当たります。

男性のとっさの誤魔化しや、巧妙についた嘘でさえも、いとも簡単に見破ります。

女性は本心を言わない

女性はなかなか本心を言うことはありません。感情的になってぶちまけた言葉でさえ、何らかの意図があることが多いのです。そして自分は本心は言わないのに、男性には「本心で語ること」を求めてきます。

女性は優劣をつけたがる

「自分よりもいい服を着ている」「自分よりもいい部屋に住んでいる」「自分よりもいい男を捕まえている」こういうことで、自分の価値を決めてしまう女性が多いのも事実です。

男性には理解しがたい心理かもしれません。

2.女性は、出会い系サイトにいる男性を警戒している

出会系サイトに登録している女性の多くは、そこにいる男性を警戒しています。自分自身も登録しておきながら、という矛盾もありますが、出会い系サイトの男性のプロフ情報を疑わない女性はいません。

直接会うことをもちかけられても、「ヤリ逃げされるのかもしれない」「変なことに巻き込まれるのかもしれない」などの不安を抱きながら、どう対応すべきかを考えています。

これは、お互い様のような気もしますが、体力的に負けてしまう女性が、よく知らない男性を警戒するのは仕方のないことでしょう。

3.こういうタイプの女性は厄介!

出会い系サイトの女性は、男性との不安を抱いています。

はじめから自分の情報をオープンにする女性は少なく、付き合ってみて「え、これってヤバいかも……」となってしまうこともあります。

そんな出会ってしまったら厄介なタイプとその対処法を上げてみましょう。

メンヘラな女

プロフィールの文章がやたらと長い、話の中に「悩みネタ」が多い、と思ったら、突然ハイテンション、などの特徴がある女性は、メンタルの不調を抱えている恐れがあります。

正しく診断を受け、治療を受けている女性であれば問題ありませんが、厄介なのは「自称メンヘラ」の女性です。

芸能人や自分には関係のない人の話に感情移入しすぎたり、「トラウマ」「PTSD」などの言葉が多く聞かれたり、過食や過度の飲酒、喫煙などを「ストレスのせい」と決めつけている女性は厄介なタイプです。

男性への依存度が高く、自分に関心を持ってくれないと行動がエスカレートします。こうした女性との付き合いは、近づき過ぎないことが鉄則です。

また、離れたいと思うときは気持ちではなく、「物理的に無理になった」という口実を作って連絡を絶ちましょう。

意識高い系の女

高学歴で一流企業やベンチャー企業で仕事もこなす女性、友人やSNSでの知り合いも多い、自称「リア充」の女性も面倒なタイプです。

「そんなヤツが出会い系にいるかよ!」と言いたくなりますが、キャラ偽装し、そうだと思い込んでいる女性もいます。

「デキる自分」を崩すことができず、常に上から話をしてきます。またやたらと「努力」や「充実感」「達成感」を強要します。

本人は「自分がやりたいように生きているだけ!」などと豪語しますが、こういう女性とは出会い系では付き合いたくないですよね。

ただし、このタイプの女性は確かに顔やスタイルも良く、キラキラとして魅力的に見えます。付き合うときは、いっそ割り切って「M男」になり、精神的にいたぶってもらいましょう。

結婚願望が強すぎる女

出会い系サイトもマッチングサイトのひとつ。結婚相談所よりも安価に男性と知り合える機会に利用する女性もいます。

付き合った結果、自然に結婚を意識するのは良いことですが、男性側の気持ちや事情を考えず「結婚」や「家庭」を求める言葉の多い女性は嫌なものです。

こうした女性に、結婚する気がないことや、既婚者であることを隠して近づくと、あとあと面倒なことになります。

女性に「結婚願望の匂い」を感じたら、こちらも「その気はない」ことをしっかりと匂わせておきましょう。

お金に汚い女

デートやSEXで会うときに一切お金を払う気がなく、あわよくば「お金をもらおう」とする女性や、返す気がないのに「お金を貸して」という女性は要注意です。

「SEXできるならいいか……」と思いがちですが、こういうタイプの女性は、人間関係全体がルーズで、約束を破ったりモラルのない行動をしがちです。
こうした女性との付き合いは、あなた自身の格を下げてしまいます。

このタイプの女性は、お金を出す気はない男性と分かると、執着することはありませんので、ハッキリとNO!を伝えましょう。

出会い系サイトにはこうした厄介な女性だけでなく、魅力的な女性もいます。厄介な女性につかまって出会いのチャンスを逃さないようにしましょう。

優良な出会い系サイトを探すのに大切な4つのポイント

セフレ作りの成功率を上げるために大切なのは、良質な出会い系サイトを見つけること。

それには出会い系サイトについて入念に調査し、マーケティングにおける市場調査をしっかりと行うことが大切です。

そこで、良質な出会い系サイトを見つけるために欠かせないポイントをご紹介します。

サイト選びにも市場調査は欠かせない

商品を多く売るためには、市場調査は欠かせません。これは商売だけでなく、出会い系コンテンツでも同じことが言えるのです。

この場合の市場とは出会い系コンテンツ自体であり、それを徹底的に調べることで“自分に合ったサイト”が見つかりやすいというメリットが生まれます。

また、出会い系コンテンツを知れば“どんな女性がいるのか”が分かるようになるので、いちいち登録して中を覗く手間もなくなるのです。サイト選びは出会いやすさだけでなく、使用感やコストなどにも大きな影響を与えます。

そのため、出会い系サイトで損をしないためにも事前の市場調査をしっかりし、自分に合った“優良サイト”を選んでいきましょう。

サイトコンセプトから女性の傾向を把握する

出会い系には多くの女性が登録していますが、その年齢や職業はコンテンツによって様々。自分好みの女性が登録しているのかは、中を覗いてみないと分からないところ……。

しかし、各出会い系サイトにはコンセプトがあり、女性達は“自分の目的”に合ったものを選んで利用している傾向があります。

  1. 恋も遊びもみんなで楽しく!気軽に使える出会い系コンテンツ
  2. エッチな若者集まれ~☆高確率で出会えるマッチングサイト
  3. 婚活女子必見。素敵な出会いが待っている婚活アプリ

例えば、こんな感じのキャッチコピーの出会い系サイトがあったとします。

3つとも男女が出会いを求めるためのコンテンツですが、キャッチコピーやフレーズにそれぞれ特徴があるのが分かります。女性は『軽く遊べる相手やセフレを探すなら1と2、本気で婚活するなら3』と、サイトのコンセプトに合わせた選び方をするのです。

サイト側もキャッチコピーだけでなくコンテンツ全体のデザインや仕組みも、そういった女性が使いやすいように工夫しています。そのため、各出会い系サイトで“登録している女性の傾向”は違うのです。

また、出会い系サイトの規模によって利用人口もバラバラで、大手であれば登録者は多いですし、できたばかりや人気がないところは少ないのが特徴。自分の理想の女性との“出会いやすさ”を重視し、サイトのコンセプトや利用人口の傾向や数を知ることは出会い系選びで大切です。

サクラ対策は万全か?

出会い系サイトに潜む、数多くの悪徳業者のサクラ。

男性を騙してお金や個人情報の入手、個人の利益のために出会い系を利用している憎むべき存在です。運営による対応で数は少なくなっているものの、残念ながら出会い系サイトからそれらが撲滅されることはないでしょう。

しかし、悪徳業者のサクラが非常に少ないサイトは存在します。

例えば、Facebookと連動した出会い系サイト。Facebookは実名登録を義務付けるなど、個人情報には厳しいSNSで有名です。それと連動した出会い系コンテンツは登録条件が厳しく、身分書の提示やSNS内での友人人数など、悪徳業者が簡単に利用できないような仕組みになっています。

また、出会い系の運営側がしっかりと対策を講じているかも重要なポイント。コンテンツ内のサクラを野放しにするのではなく、『サイトパトロールを実施して常にサクラの動向をチェックする』など、運営の取り組みについてもチェックしましょう。

「自分が利用するときに面倒」と思うかもしれませんが、それくらい面倒な方が悪徳業者のサクラが少なく安全性が高いということ。

出会い系サイトでの“騙されるリスク”を減らすためには、こういった登録条件や運営の取り組みについても、詳しく調べる必要があるのです。

出会い系の費用はコスパを重視

出会い系サイトは有料なものだけでなく、無料で楽しめるものも多くあります。しかし、無料で利用できる機能は少なく、結局は課金しなければ満足に出会えないというのがコンテンツの現状です。

理想の女性と出会うためには多少の出費は仕方ないですが、お金がかかり過ぎるのは問題。

出会い系コンテンツでは男性からのアプローチ(メール送信、プロフ閲覧など)にはポイントという名の料金が発生します。大手サイトでは1回のメール送信やプロフ画像の閲覧に50円程度ですが、ぼったくりのサイトだとメールの送信に500円以上かかることも……。

この様に、知らずに利用していると大損してしまうコンテンツも多いのです。なので、自分に合った優良サイトを見つけるためには、料金体系を知ることが重要。出会い系コンテンツの料金体系には種類があり、定額制やポイント制など、各コンテンツでバラバラなので、しっかり調べてお財布と相談しましょう。

また、使用料金とは別に月額の登録料金を取られるサイトなどもあるので、どういった部分で費用がかかるのかは把握しておくのが良いです。安ければ良いというものでもなく、価格とサービス内容やサイトクオリティが合致しているサイトがおすすめ。

自分が“出会いにかけられる予算”を事前に決めておき、コスパに優れたコンテンツを選ぶのがサイト選びには重要なのです。

操作性や機能性も忘れずに

出会い系コンテンツは一定期間使い続けるものなので、操作性や機能性はとても重要。また、自分好みの女性を探しやすいようにフィルター機能や目的別の掲示板など、サイト内のコンテンツが充実しているかも大切です。

  • UI(ユーザーインターフェース)が使いやすい
  • プロフの設定項目が多く、相手について知りやすい
  • 有料機能だけでなく、日記などの無料機能もある

UIとは操作画面や操作方法のことで、これが複雑で分かりにくいとイライラ。

コンテンツ内でよく使う機能は簡略化され、ユーザーが使いやすいように配慮さているサイトの方がストレスなく使用できます。プロフは相手を知るために欠かせない機能ですが、サイトによっては名前や年齢、趣味くらいしか情報がないところも……。

なので、プロフは細かく設定できるサイトを選び、画像と合わせて全体が見やすいように工夫されているサイトがおすすめです。

出会い系コンテンツ内の機能が充実しているのは魅力ですが、すべてが有料ではお金をかけたくない人には意味がありません。いいね!や日記など、無料で女性にアプローチできる機能が揃っているのも、メール以外のアピール手段として活用できるので大切なポイントです。

出会いやすさなどに比べれば、操作性や機能性は重視しない人が多いですが、こういった部分もサイト選びの基準にすれば、“ユーザーに配慮した使いやすいサイト”を見つけられるでしょう。

優良な出会い系サイトを探すのに大切な4つのポイントまとめ

現在では数多くの出会い系サイトがあり、スマホの普及によって外部のSNSなどと連携したサービスも登場しています。数が多いのは、ユーザーにとって“選べる自由”があるので嬉しいこと。

ですが、中には質の悪いサイトも混ざっているので、ユーザー自体が見極める術を持ち、自分に合った優良サイトを見つけ出す必要があります。セフレ作りの成功率を上げるためには、巧みな話術やテクニック、サクラの判別方法などを身につけるのも大切ですが、良質なサイトを選ぶのも大事です。

使ってみないと気づかない点もありますが、事前の調査でサイト内容は大体把握できます。

セフレ作りの成功率を高め、サイト選びに後悔しないためにも、出会い系コンテンツにおける市場調査は入念に行っていきましょう。

セフレとのセックス相性を見極める5つの方法

お互いが満足するセックスをするためには、テクニックだけでなく自分とのセックスの相性が重要。

セフレとのセックスに違和感を抱いている人もいるのではないでしょうか? その正体こそ、セックスの相性だったです。

いつも言っていることですが、わたしたちは、つねに複数のセフレを抱えるように努力すべきです。そしてそのなかで、セックスの相性が悪いセフレを切り、新しいセフレを作るのです。そして、「セフレ関係を長く続けるために覚えておきたい5つのコツ」を利用して相性が良いセフレとの関係を全力で続けるのです。

その判断のためには、セフレとのセックスの相性をみきわめなければならないのです。

本日は、セフレとのセックス相性を見極める5つの方法をご紹介します。

セックスの相性は3回目までに判断する

自分との相性に違和感を抱くとすれば、やはり1回目のセックス。

ここで問題なく満足したセックスができれば、自分にとっては相性の良い相手です。

しかし、「もしかして合わない?」と1回目で思った場合、その感覚だけで判断してはいけません。

大切なのは、確認作業にもなる2回目のセックス。

1回目に抱いた違和感が本物なのか? それを確かめるための2回目はとても大事です。

シチュエーションや内容を変えるのも良いですし、同じことで再確認するのもOK。それでも違和感を抱くのであれば、その人とはセックスの相性が悪い可能性が高い……。

しかし、「次なら大丈夫かもしれない」と淡い期待を抱いてしまうのが男というもの。

自分との相性を最終確認するのが、3回目のセックスです。

ここまですると、「合わないかも?」という不安が「合わない!」という確信に変わります。

4回目、5回目……、それ以降も結果は変わらないので、3回目のセックスを目処に相性を見極めるのが良いでしょう。

自分のカラダとの相性

カラダの相性は重要であり、セフレであれば特に意識する部分です。

例えば、身長差がある男女の場合、セックスで困ってしまうことがありますね。

  • 「後背位するときに高さが合わない」
  • 「シックスナインが届かない」
  • 「騎乗位のときに苦しい……」

このような場面があるため、体位や前戯が限定されてしまいます。

無理な態勢ですると気持ち良くないだけでなく、一方に負担がかかり疲れてしまうのです。

また、カラダの相性で忘れてはいけないのが膣との相性。男性器が人によって形が違うように、女性器の形も様々です。

膣内の広さや締り具合は、個人差や経験人数によってバラバラなので、自分の息子との相性をはかる必要があります。男性側は締りと膣の形を重視し、女性側は男性器の大きさを重視する。

相性というよりも好みに近いかもしれませんが、挿入したときに他の女性にはない感覚があれば相性が良い証拠です。

恋人関係なら「そんなの愛でカバー」なんてセリフが出てきそうですが、こちらはセックスを目的とした肉体だけの関係。

最大限セックスを楽しみたいのであれば、カラダの相性もしっかり確認しましょう。

セックスに対する温度差

燃え上がる情熱的なセックスをしたくても、相手は冷たく素っ気ない……。

セックスで相手と温度差があるのは、ちょっとした萎えポイントですよね?

セックスに対する姿勢も相性の一種なので、同じくらいのモチベーションを保っている相手が良いでしょう。

セフレ関係はマンネリ化してはいけません。それを防ぐためにも、セフレとのセックスには情熱を注ぎ、常にお互いが満足するように努力することが大事。

しかし、一方的に頑張っているだけでは意味がありませんし、それに応えてくれないと気持ちは冷めてしまいます。気持ち良いセックスをするためにも、互いのセックスへの温度差は少ないのが良いのです。

イクときのタイミング

男性に遅漏と早漏があるように、女性にもイキやすい人とそうでない人がいます。

セックスは、お互いが気持ち良くなれる魅力的な行為。自分だけが気持ち良くなるのではなく、相手も満足して終わる必要があるのです。

例えば、「早漏男がたいした前戯もせず挿入し、ソッコーでイって終了」。男性側は気持ち良くなれたので満足ですが、これでは女性は不満爆発です。

女性は男性と違って、1回のセックスで複数回イクことがあります。しっかり前戯や手マンをして、女性にオーガニズムを感じせるのがベスト。

挿入~Finishまでの間にも女性がイき、お互いが満足できるタイミングでセックスを終了できるのが理想のパターンです。

これを意識せずにできる人であれば、セックスの相性は良いと言えるでしょう。

ピロートークの必要性

家に帰るまでが遠足という言葉があるように、ピロートークをするまでがセックス。

ここでの相性は、ピロートーク必要性の一致がポイントとなります。

ピロートークは、その日のセックスの内容や感想、要望を話せる貴重な場面です。

話したことを次のセックスに活かすのも、お互いが気持ち良くなるためには必要不可欠。ピロートークはセックスに関する情報交換の場でもあるのです。

しかし、セフレ関係の場合は余計な感情を芽生えさせないためや、会っている時間を少なくしたいという思いから、ピロートークをしない人も多いです。

するかしないかは個人の自由ですが、「自分がしたいのに、してくれない」のは相性が良いとは言えません。

ピロートークもしっかり踏まえて、セックスの相性をはかっていきましょう。

セフレとのセックス相性を見極める5つの方法まとめ

セフレとのセックスの相性は、気持ち良いセックスをするためだけでなく、その女性と長く関係を保つためにも役立ちます。

特定のセフレと長く付き合うためにもセックスの相性を知り、自分に合った女性をセフレにするのが一番良いのです。

出会い系コンテンツには沢山の女性が登録しているので、自分と相性が良い女性が見つけやすいというメリットがあります。

そんな出会い系コンテンツを活用し、自分とセックスの相性抜群の素敵なセフレを作っていきましょう。

出会い系サイトで返信率をアップさせる5つの手法

出会い系サイトでたくさんメールを送っているのにぜんぜん返事が来ない……。

そんなふうに悩んでいませんか?

本日は、出会い系サイトで返信率をアップさせる5つの手法をお送りします。

ぜひ、これらのことに気をつけて、出会いを成功させてください。

メールに写真を添える

いくらいいことを書いていても、見た目がどんな人か分からなければ不安感が払拭されません。男性に比べて女性は見た目で人を判断しないと言われますが、それでもどんな雰囲気かは知りたいもの。

単純にイケメンかブサイクかだけで判断するのではなく、「安心できそうなオーラが漂っているか」を女性は判断します。

メール添付なら公に公開されるわけではないので、その人だけに見せることになります。プロフィールに登録しても良いのですが、不特定多数の人に見られたくないという人はメールからの写真添付を第一に考えてみてはいかがでしょう。

最近はどこの出会い系サイトでも写真添付が可能です。ただ中には写真添付にお金がかかってしまうものもあるので、利用前にしっかりとチェックしておきましょう。

写真を添付する際はプリクラ写真のような加工したものではなく、自然なものの方が判断がつきやすいので反応が良いです。ちょっと全体を明るくしたり、モノトーンにするなど味のある写真にする分には、大丈夫です。

自分自身に細工はかけないようにしましょう。

写真を添付するだけで返信率に違いが出てきます。

プロフィールは面倒がらずに全て登録

出会い系サイトは最初にプロフィール登録をしますが、全てをしっかり登録しようと思うと、おそらくそれだけで1時間近くかかるでしょう。

ここをおろそかにしちゃう人が実は多いです。住んでいる地域や職業はもちろんのこと、自分の性格や趣味などもできるだけ具体的に書いた方が返信率がアップします。

例えば、性格も「優しい」とだけ書くと、いまいち伝わりません。

「自分は穏やかな性格で、友達や家族と喧嘩した記憶もないぐらいです。のんびりとメールできるのが自分の持ち味(笑)」

ぐらいまで書くと、その性格がよりわかりやすくなります。

女性はできるだけ不安要素を払拭したいと思っているので、相手の素性が分かる内容がベストです。

例えば「どんな仕事をしているのか」、「どんなところで遊んでいるのか」、「どんな女性を望んでいるのか」など。

箇条書きで済ませるのではなく、できれば文章でアピールした方が良いです。

「すぐに会いたい」という表現は使わない

本音としてはすぐに会いたいと思っていても、それを匂わすような発言は控えた方が無難です。

例えば下記のような発言をすると、あまり反応が良くなく、返信率も低いです。

  • 「飲みに行くのが好きなので、誰か一緒に飲みに行きましょう!」
  • 「ドライブデートが好きなので暇な方いませんか?」
  • 「土曜日の夜、空いているので会いましょう!」
  • 「彼女募集中です。平日夕方からならいつでも大丈夫です!」

こういったちょっと、がっついたような文章があると女性は引く傾向があります。

逆に客引きをやっているキャバクラ嬢などに勧誘されてしまう可能性があるので注意しましょう。

プロフィールはちょっとおとなしめに、「どなたか気の合う女性とゆっくり話せればいいなと思っています。」ぐらいのほうが第1印象として安心感を与えます。

愚痴がありそうな女性を狙う

例えば仕事の愚痴や恋愛の愚痴を聞くというのは、正直楽しいものではありませんよね。それでも愚痴を言っている方の立場からすると、聞いてもらうことで少しは癒しの気持ちを持つことができます。

嫌なことを積極的に聞いて慰めてあげると、気を良くする女性がとても多いです。仮に話を聞いていて、「それはあなた(女性)が悪いんじゃないの?」と思うようなことでも、女性側の立場に立ってあげることが大切。

何かアドバイスをしてあげるというより、とりあえず聞いてあげて同じ立場に立ってあげればそれだけで十分です。

例えば女性のプロフィールを見るだけで、ちょっと悩みを抱えているかどうかもわかります。

書き込み内容として、

  • 「彼氏がしばらくいなくて寂しい」
  • 「毎日仕事ばかりで出会いがない」

などの書き込みがあれば、ちょっとネガティブな思考になっている可能性があります。

そういった女性は心の隙間があるので、返信率が高くなる傾向があります。

相手を見極める

メッセージを送信するときに写真を添付したり、プロフィールをしっかり埋めてもやっぱり返信が来ない人は存在します。

それは、そもそも返信する可能性が低い女性にメールを送ってしまっているのでは。めんどくさがりで、ほとんど返信しない女性もいます。

「この人だったら返信が来るかもしれない」という相手を見極めることも大切。

返信率をアップするなら、下記のような女性を狙ってみましょう。

  • メール受信数が少ない
  • 掲示板に書き込みがある
  • 掲示板に複数回書き込みがある
  • ログイン履歴が1時間以内
  • 30代や40代
  • 写真がない

上記のような女性はチャンスがあります。

サイトによっては現時点で何通のメールを受信しているかという表示がされているものもあります。

そして掲示板にも書き込みをしている女性は、メール受信だけでは物足りずもっと連絡が欲しいという証。

ログイン履歴が近々だと、まだサイトを見ている可能性があります。

そして30代や40代は、やはり20代女性よりメールを受け取る数が少ないので狙い目。

そして写真を登録している女性にはメールが殺到するので、チャンスが低くなる傾向があります。

恋愛工学でモテる! 基本的な考え方とテクニック

悪いことをしているわけではないのになぜかモテない……。

そういった悩みを抱えている男性には、「恋愛工学」をおすすめしたいと思います。

恋愛工学とは、作家藤沢数希氏が著書「ぼくは愛を証明しようと思う。」に書いた恋愛を成功させるメソッドです。男性がいかにして女性を恋愛的に攻略するかを研究しています。

なぜかというと、実践することがとても簡単だから。「モテるためには内面から!」というようなあやふやな理論ではなく、具体的に何をすればいいのかを教えてくれるのが恋愛工学です。

非モテ、コミュ障の男性にこそ試してほしいし、普通の男性がレベルアップするために使うこともできます。

恋愛工学の代表的な考え方

まずは、恋愛工学の基本的な考え方から紹介します。

「女性に慣れていない男性はモテない」

女性に慣れていなかったら、少し話しかけられただけでドキドキしたり自分のことを特別に思っているのか? と舞い上がったりしがちです。

そういう点は、女性側から見ると「キモイ」の一言。すぐに勘違いされちゃうから優しくしないでおこう……なんて女性の防衛本能が働くと、話しかけられることさえなくなってしまいます。少しの交流くらいでは舞い上がらない男、つまり女性に慣れている男性がモテるのです。

女性側から見ると、女性に慣れている男性はとてもスマートに見えます。遊んでいると思われるのでは? と心配になるかもしれませんが、そう思われるのはあくまでキザな男。女性に慣れていることは、男性の身だしなみの一つと言っていいくらいです。

そうは言っても、姉妹がいないで今まで非モテだった人には不利ですよね。そういう場合は客商売の女性から始めることが推奨されています。女性と話すというシチュエーションそのものに慣れれば、女友達と話す時にも緊張しなくなるので効果的です。

恋愛工学における「モテ」とは

恋愛工学では、モテることの定義を「モノにした女の数が多い」こととしています。これも始めて聞くと難しいし当たり前すぎるように聞こえるかもしれません。できるならやっているよ!と起こりたくなる男性もいるでしょう。

けれど恋愛工学で特徴的なのは、「ものにした数を増やすために、アタックする回数を増やす」ことです。3人に声をかけて3人をモノにするのではなく、10人に声をかけて3人引っかかればOK、ということ。これなら難易度はグッと下がり、イケメンでなくても可能性が出てきますよね。

必要なのは声を書ける勇気と、断られても凹まないメンタルです。それは考え方を変えることで手に入れることができます。だって声をかけ続けることがモノにする唯一の手段なのですから、本当に彼女やセフレがほしいと思っていたらやらない理由はありません。声をかけなければ傷つくことは0ですが、女性とのふれあいも0です。どちらを選ぶか?ということですね。

モテスパイラル現象

女性が男性を選ぶ基準は顔やお金だと思われがちですが、実は「他の女性にモテている男性」がモテるという現象があります。他の女性も選んでいるからきっといい男なんだろう、恋愛の地位が高い男性と付き合いたい、といった女性の心理が分かりやすく表れていますね。つまり、恋愛工学の「モテ」は女性にもしっかり通用するということです。

3人に声をかけて全部断られたら獲得女性は0ですが、10人に声をかけて3人獲得すれば3になります。そうすれば女性からは、3人もモノにした男だと見られます。女性側からは、何人に声をかけた結果なのかは分からないからです。

これが100人に声をかけて10人をモノにした男になると、女性から見ると完全にモテる男です。この人がそんなにモテるならさぞ男としての価値があるんだろう、と周囲に流されがちなのが女性の習性。恋愛工学的には、モテればモテるほどもっと女性が寄ってきます。女に不自由していない感じが、余裕を感じさせる点にも注目です。これを「モテスパイラル現象」と呼びます。この状態に入ることが恋愛工学の目的です。

恋愛工学では、女性に優しくしすぎない

優しい男がモテる、と思いこんでいる男性は多いようです。けれど恋愛工学では、女性をもっと心理的に揺さぶることでこちらの印象を高めます。害のない優しい人だと思われるより、話していてスリルがある人の方が女性の心には残りやすいんです。だから恋愛工学では、普通に会話ができるようになった女性のことを軽くディスることが推奨されています。

昔から女性は少しワルかったり、クールな男性が好きなもの。嫌われるのを怖がって女性の顔色をうかがい続けては、いつまでもこちらが不利な立場のままです。それをひっくり返して優位に立つには、軽くディスることで「お前をありがたがっているわけではない」というメッセージを伝えましょう。いつもちやほやされているモテ系女性にこそ、このテクニックは効きます。この男は他の男と違うかも? と思わせることで、他の誰よりも彼女の心に残ることができるというわけです。

恋愛工学の基本的な考え方、テクニックはこういうものです。思っていたよりも簡単ではないですか?客商売女を相手に女性に慣れ、声をかける数そのものを増やし、仲良くなれても優しくしすぎない。こうすればいい循環に入ることができるので、非モテもコミュ障も関係なくなります。彼女やセフレができなくて悩んでいる男性は、一度恋愛工学を実践してみてください!

出会い系で腐女子のセフレを作るコツと口説きのポイント

あなたは、「かわいい系のコ」が好きですか?

まるで漫画やアニメに出てくるような、乙女チックなルックスの女の子を捕まえたいのなら、出会い系がおススメです。

なぜなら、出会い系サイトには、実際の生活ではなかなか男性と知り合うきっかけのない、いわゆる腐女子の登録が多いから!

「腐女子」というと、「イヤイヤ、根暗のオタクだろ~」なんて思う男性も多いのですが、なかにはコミケやイベントでコスプレイヤーをしているような、びっくりするほどナイスボディな可愛い子ちゃんがいるんですよ。

そんな子と出会って仲良くなれば、憧れのアニメの〇〇ちゃんのコスプレさせた彼女と、めくるめくようなエッチも夢じゃない!?

そんな出会い系に腐女子が集まる理由と、可愛い腐女子セフレをゲットするポイントについて解説していきましょう。

出会い系で腐女子が狙い目なワケ

なぜ腐女子を狙うなら、出会い系なのか?

それはやっぱり、腐女子は身近なところで恋愛がしにくくて、本気で彼氏を求めて出会い系に登録をするからです。

いわゆる腐女子とは、アニメや漫画、ゲームの世界にのめり込んでいたり、自分がそういったキャラクターになったつもりでコスプレをしてしまう女の子をいいます。

そりゃあ、ちょっと周りからは浮いてしまうでしょう。

普段の腐女子っぷりがバレバレの職場などの周りの男からは恋愛外と扱われやすく、なかなか恋愛ができないという腐女子は多い!

本人たちにとっても腐女子であることが彼氏ができない理由だとわかっているので、身近なところで彼氏を求めるのは無理だと思っています。

そこで出会い系のほうが彼氏ができる確率が高いと、出会い系に登録をしてくるわけなんですね。

そもそも腐女子は同類以外とのコミュニケーションは苦手な傾向があって、ネット環境の方がより親しみを感じやすく、メールのやり取りなどの出会い系の恋愛の方が楽だという面もあります。

腐女子の方がネットでのお付き合いに対する不信感が低く、メールからデートへも進みやすいので、うまくいけばいくらでも親密な付き合いが楽しめるというワケなんです。

出会い系で確実に腐女子をゲットするときの注意点

ちょっと誤解されないようにここで言っておきたいのですが、いくら彼氏を欲しがっているからと言っても、腐女子なら何でもいいというわけではないですよ。

腐女子を相手にする場合には、顔や容姿の好み以上に大事なのが性格です。

一般的に腐女子の女の子の性格は、次の3つのどれかに当てはまります。

  • 自分に自信がない
  • 空気が全く読めない
  • 理想が高すぎて我が道をいっている

わかりますよね。

出会い系で狙いたい腐女子は、「自分に自信がない」腐女子です。

顔や見た目は、まあ平均レベルであれば問題はないので、自分に自信がなくて恋愛から一歩引いてしまいがちな女の子を狙いましょう。

いまいち自分に自信が持てない、ちょっと性格が暗い子は腐女子に占める割合が一番多いので、そのぶん恋愛成就の成功率も高いといえます。

空気が読めない腐女子や、理想が高すぎる腐女子をうっかり引いてしまうと、相手の異常な趣味に巻き込まれてとんでもない思いをすることになるので、くれぐれも気を付けて下さいね。

じゃあ、どうやって自分に自信のない腐女子を見分けるかというと、まあ、プロフィールやメールのやり取りで見つけていくしかありません。

普通出会い系に登録をする女の子は「彼氏欲しい!」とアピールをして、自分の顔をプロフィールに出すことが多いのですが、自分に自信がない子は顔写真は入れ無いことが多いです。

プロフィールも自分が腐女子だとはバレないように控えめなので、趣味などは無難なことしか書いていないことが多いですね。

ただし、腐女子はインドア派が多いので、スポーツやアウトドアなどの趣味がかかれることはありません。

メールを取り交わしても、あまり積極的にアプローチをしてくる感じではないというか、ガツガツした印象を受けないというか、「あまり元気がない、でも相手から連絡が途切れることがない」という印象をうけたら、それは狙い目の腐女子です。

腐女子は心のガードも硬いのですが、心の隙間に入ってしまえばデートからエッチまではグイグイ進みますので、メールでどんどん誘っていきましょう。

ただし、この一番大事なメールの段階で、やっちゃいけないことがあります。

それは、「腐女子をむやみに励ましてはいけない」ということです。

自分に自信がない腐女子の場合は、自分が周りから浮いていることを知っています。

そのために友人関係や職場、家族との間でトラブルを抱え込みやすいのですが、そういった愚痴を漏らしたときに、「頑張ろうよ」なんてメールをしてしまうと、途端に相手に逃げられてしまいます。

「ええ~?励まして惚れさせようとおもったのに!」と思うでしょ?

ところが腐女子は繊細で、相手からの励ましが過剰なプレッシャーになってしまって、「もう、この人とは無理!」となってしまうんです!

こういった失敗を避けるために大事なのは、腐女子をゲットする場合には、「ひたすら相手を受け入れてあげる」ことです。

例えば、「そうだね、君の気持ちわかるよ」とか、「いいんだよ、そういう時ってあるよ」など、ひたすら腐女子の気持ちに共感して、肯定してあげましょう。

そうすると腐女子は、「この人は他の人と違う!私を理解してくれる」となって、心のガードを取り除くことができます。

ここまで来たら、つかみはOK!

あとはグイグイとアプローチを続けて、デートまで誘っていきましょう。

無料の出会い系サイトは絶対に利用してはいけません!

まず、こちらで紹介している出会い系サイトは、すべて有料となっています。無料の出会い系サイトは一切紹介していません。

「えー、なんでよ。無料で出会えるなら、そっちのほうがいいじゃん!」

と、思うかもしれません。でも、わたしは絶対に有料サイトしか使いません。なぜかといえば、無料の出会い系サイトは悪質なインチキばかりで絶対に会えないからです!

無料と有料、どっちがお好き? と言われたらそりゃ無料ですよね。でも、それは同じ品質のサービスが受けられるならば、という前提のもとです。

100円のコーヒーと、水で薄めまくった無料の不味いコーヒー。どちらを選ぶかと言われたら100円を支払って、まともなコーヒーを飲みたいと思いませんか?

無料サイトはほとんど出会えないようにできています。水で薄めたコーヒーどころか、ただの水でしかありません。何度も利用したわたしが言うのですから、間違いありません。誇張なしで、ただのひとりとも出会えませんでした!

ハッピーメールやワクワクメールなどでは、同じようなメールをして何十人と会っていますので、わたし自身に問題があるとは考えにくいです。結論としては、やっぱり無料サイトはやるだけ無駄と言わざるを得ません。

さらに、無料の出会い系サイトはさまざまなリスクがあります。登録したメールアドレスに迷惑メールがひっきりなしに届くようになるのは当たり前です。

登録した覚えのないサイトから「スペシャル会員のご登録をしていただき、誠にありがとうございます!5日以内に10万円をお支払ください!」といった詐欺まるだしのメールが届いたことも。

その点、有料の出会い系サイトは間違いなく安全です。有料サイトでポイントを買うのと同時に、安全を買うことができるのです。

無料で出会えるわけがない!

そもそもの話として、無料の出会い系サイトなんてのは法律的に存在しないはずなんです。

まず、2008年に出会い系サイト規制法が成立しました。少女売春の温床になっているから、という理由です。

「出会い系サイト規制法」について

「出会い系サイト規制法」(正式名称は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」といいます。)は、平成15年に制定されました。 その後、出会い系サイトの利用に起因した犯罪が依然として多発していたことにかんがみ、平成20年に、出会い系サイト事業者に対する規制の強化等を図るため、同法の一部が改正され、 平成20年12月1日から施行されています。以下、そのポイントを解説します。

http://www.npa.go.jp/cyber/deai/law/

こうして、未成年者が出会い系を利用できないように、警察による出会い系サイトの管理がはじまりました。いま、出会い系サイトをきちんとした手続きで正規に立ち上げようと思った場合、警察への届け出が必須となっています。

さらに利用者が本当に成人であるかどうかの確認として身分証明書の提出や、もしくは基本的に未成年者が所持することのないクレジットカードの決済をその代わりとして採用しています。

ハッピーメールやワクワクメールなどの大手出会い系サイトはきちんと年齢認証の手続きを終えないと、サイトの利用に相当な制限がかかります。メッセージがあらかじめ用意された定型文しか選べなかったり、利用できるコンテンツもかなり少ないので、まともに出会うことができません。

「身分証の提出とか、カードでの決済とか、面倒だなあ……」

と思うかもしれませんが、これはきちんと法にのっとった安全で安心なサービスだという証でもあります。つまり、国家権力公認の出会い系サイトというわけですね。

しかし、無料の出会い系サイトではそんな仕組みを採用しているところはほとんどありません。身分証明書の提出なんかしなくても、クレジットカード決済なんかしなくても、普通に利用できてしまうんです。

「なんだ、それなら面倒がなくていいじゃん!」

と思うかもしれませんが、これってとても怖くないですか? 明らかに法律を無視していますし、法律を無視しても構わないと思っている人が運営しているサイトで、はたしてまともに出会うことが出来るでしょうか。

事実として、わたしはまったく出会えませんでした。お金こそかかっていませんが、結構な時間と手間を浪費させられ、あとに残ったのは大量の迷惑メールとワンクリック詐欺の請求メールばかり。まさに骨折り損のくたびれ儲けです。

ここでわたしが学んだことは、無料の出会い系サイトなんてのは「無料で出会える」という文言に釣られた男たちを集めるだけのサイトだということです。

それ以前に、まともな一般女性が無料の出会い系に登録するメリットがまったくないのですから、出会いの場として成立するはずがないのです。

無料の出会い系には一般女性がひとりも存在しません

あなたが女性だとして「たとえお金を払ってでも真面目に出会いを探している男性しかいない有料出会い系」と「無料で会えるならそっちのほうがいいじゃんという適当な男性しかいない無料出会い系」のどちらを利用したいと思いますか?

女性ならどっちも無料で利用できるのですから、それなら前者しか選ばないと思うんです。なんでわざわざケチで馬鹿な男ばかりが集まる無料出会い系に、ノコノコと出向かなければならないのでしょうか。

ハッピーメールやワクワクメールなどは、繁華街で大きな広告看板を設置したり、宣伝トラックを走らせたりしています。それだけでなく、女性が読むような週刊誌やファッション誌に広告を掲載しています。つまり、きちんと一般女性の目につくところにお金をかけて広告を出しています。

しかし、無料の出会い系は男性が見るようなところにしか宣伝していないんです。例えばエッチな動画がみれるサイトだったり、エロ本の最後のほうに広告を載せていたりと、女性ならまず見ないようなところにしか広告がありません。

すると、どうなるでしょう? 一般女性がそのサイトを知るきっかけがまったくないのです。まさにゼロなのです。

こんなことで一般女性と会えるわけがないんですよね。きちんと宣伝をしているハッピーメールやワクワクメールとは雲泥の差といいますか、比べるのも失礼な話です。

このように、無料の出会い系が出会えない理由はきちんとありますし、逆になぜ有料なのかもちゃんとした法的な根拠があることがおわかりいただけたかと思います。

それに、有料といえど初回登録であれば数千円相当の無料ポイントがもらえますし、1000円も支払えば20通分のメールが送れるわけですから、決して高いとは思えません。

昔の出会い系では送信に500円、メールを開封するだけで200円とかかかったそうですから、それを思えば涙がでるほど良心的といえますね。

無料の出会い系サイトの目的

597958無料出会い系の99パーセントはサクラを使った詐欺業者です。

目的は様々ですが、主な目的は顧客登録の際に記入するアドレスの入手です。要するにアドレスをひたすら集めるための手段なのです。

アドレスを搾取した後はそれを別の業者に売って利益にするのです。 個人のアドレスは数千数万単位で集めることができれば業者に買い取ってもらえます。

業者はそのアドレスに一斉送信で広告を飛ばすわけです。 その一斉送信した広告の中から1パーセント程度でも反応して広告効果が期待できれば充分黒字に持っていけるといわれています。

無料出会い系に登録すると永遠と女性からと思われるメールが届き続けると思います。アドレスはもう削除されたのになぜ?と思うでしょう。

同じアドレスでも完全に放置されてるアドレスでは広告を飛ばす意味が無いのです。こまめにサクラメールを送り続けて反応があるか確かめているのです。

反応があるアドレスはつまり、生きているアドレスという事になります。搾取した数万のアドレスの中でも、この生きているアドレスが価値のあるアドレスという事になります。

完全に反応のないアドレスでもサクラメールを送り続ければいつかは反応するかもしれない。

そのために出会い系の詐欺業者は日々サクラメールを送り続けるのです。

サクラのシステムは、数撃ちゃ当たるそのもの

大変な作業と思われるかもしれないですが、数十万件のアドレスに一括送信しているために人員は驚くほど少ないです。

数十万件の顧客に対してサクラメールを送るスタッフは10人程度で十分です。

誰でもできるようなアルバイトとしてサクラスタッフを雇って運営しています。

無料出会い系に登録してもその時のアドレスを搾取されて悪用されるだけだし、素敵な出会いは99パーセントあり得ません。

PCのアドレスならともかく携帯電話のアドレスだと、変更するのはいろいろと大変なのでとても困ると思います。

こういった出会い系詐欺業者からアドレスを買い付ける業者の中には架空請求を生業とする業者も多く存在します。

インターネットの知識が乏しい人にとっては思わず信じてしまうような内容で金銭の振り込みを請求してきますが、100パーセント詐欺ですので相手にしてはいけません。

一度こういった詐欺業者に登録してしまうと、半永久的に不審なメールが届き続けますが、無視しつづければ何の害も無いことは覚えておきましょう。

サクラ以外の無料出会い系のおそろしさ

無料出会い系の恐ろしさはサクラだけじゃありません。

これまでに、わたしが経験した無料出会い系での被害を順に見ていきましょう。

架空請求

まず最初に訪れた失敗は『架空請求』。

1つの出会い系サイトにしか登録していないのに色んなサイトから毎日請求のメールが届くようになりました。

メールに対して何も応じずにいたら次に電話がかかってくるようになりました。電話の内容は恫喝そのもので住所もわかっているから家に取り立てに行くからな!などの内容でした。

電話がかかってきてから内心びくびくしていましたがそれでも支払いに応じずにいると次は手紙が届きました。封書を開けると身に覚えのないわたし名義の請求書が届いています。支払わなければ訴えるとまで書いてありました。

怖くなってしまったわたしはその請求書に書いてある三万円の支払いに応じてしまいました。

退会できない

その次の失敗は『退会できない』。

三万円の支払いに応じてしまったわたしは支払いさえ終われば自然に退会が出来るものだと思っていました。

ところが翌月もまた鳴り響く電話。

さらには追い討ちをかけるように先月よりも上乗せされた請求書。

四万円。

サイトを見てもどこにも退会の文字はなく辞めることが出来ないのです。

また先月と同じようなことが起こるのかと精神的に参っていました。

そこで思いきって携帯電話を解約し引っ越すことでこの件は乗り切りました。

結局登録しただけで誰とも出会えず残ったのは嫌な思い出だけです。引越し代と無駄に支払ってしまった三万円。かなり痛い額でしたが勉強代だと思うことにします。

この件のことを思い出すと今でも動悸や目眩がします。自分の下心から軽い気持ちで利用した出会い系サイトでしたがこんなに痛い目に遭うとは思ってもみませんでした。

もう二度と無料の出会い系サイトを使うことはないでしょう。そして同じような被害に遭う人が一人でも減ることを祈っています。

悪質な出会い系の利用規約

その後、出会い系にだまされないように、いろいろな悪質出会い系サイトの利用規約を見るようにしているのですが、悪質なものが本当に多いですね。

514721出会い系サイトに限らず、何かに登録する際には利用規約に同意する必要があります。

利用規約には当たり前のことしか書かれていませんから、ほとんどの人がナナメ読みかサラッと目を通すか通さないか程度で「同意」ボタンを押してしまうことでしょう。大概は、これで問題はありません。

悪質な出会い系サイトでは、利用規約に大きな落とし穴があったりします。これは、不当な請求に対して利用者の反論があった場合「利用規約に書いてありますよ?同意して登録されたんですよね」という逃げ場を作るためのものでもあります。悪質な出会い系サイト業者の言い分や、システム上の問題はさておき、利用規約をしっかり読まなかった利用者に落ち度がまったくない!とは言い切れません。

以下、悪質な出会いサイトの利用規約に掲載されている代表的な手口を記載します。

登録時に200ポイント減算

「今なら無料ポイント進呈」と記載されているので入会してみると、登録と同時にポイントが減算され、結局は料金が発生するという規約。よくあるのが「100ポイント無料進呈→登録と同時に200ポイント減算→1セット300ポイントのセット制」。無料ポイント進呈どころか、登録と同時に300ポイント分の料金が発生するというわけです。

グループサイトに同時登録

利用規約に同意することで、その出会い系サイトのグループ会社が運営するすべてのサイトの会員規約に同意&登録されてしまう悪質な規約です。利用者側はひとつの出会い系サイトに登録したつもりでも、複数の有料出会い系サイトから利用した覚えがない高額な請求が届くようになります。

仮登録が自動的に本登録へ

仮登録のまま6時間が経過すると登録が取り消しになるのではなく、自動的に本登録扱いとなってしまう悪質な利用規約です。

事務手数料が50,000円

例えば、「期日までに入金が確認できない場合は50,000円の事務手数料を請求する」という悪質な利用規約。そもそも、延滞料金の上限は、消費者契約法第9条第2号で年利14.6%と規定されていますので、例えば9,000円の利用料が発生していたなら1年間延滞したとしても1,314円の延滞料となり、利用料とあわせて10,314円となります。50,000円などという法外な事務手数料を支払う必要はありません。

セフレ関係を持続させるポイント

出会い系コンテンツでGETしたセフレ。

自分好みの女性であれば、できるだけ長く関係を保ちたいですよね?

ですが、肉体関係メインのセフレを夢中にさせるためには、セックステクニックやスキルは必要不可欠……。

そこで、セフレと関係を続けるコツや、今日から使えるセックステクニックなど、セフレ関係を持続させるポイントについて紹介していきます。

セフレと長く続かない理由とは?

出会い系で知り合った女性と関係が続かない、セフレになってもすぐに愛想を尽かされる……。

出会い系を活用する多くの人が抱えている悩みの1つです。

では、なぜ関係がすぐに終わってしまうのか?

その原因としては2つ考えられます。

  • 顔好みじゃないし、性格が合わない
  • セックスが下手、全然気持ち良くない

出会い系ではメールでのやり取りが主なので、実際に会ったときに自分の好みやイメージと合わなかった場合は仕方ありません。

後からカバーできる内容ではないので、前者の場合はすっぱり諦めるのが吉。次の新しい出会いに期待するのが得策です。

しかし、後者の場合は男として致命的……。

出会い系で知り合った女性とセックスまでした場合、これが理由で切られることが非常に多いです。

当然、相手は自分の性欲を満たしてくれる人を期待しているわけですから、セックスで満足できなければ関係を続ける意味はありません。

つまり、セフレと長く関係を持続できない人の特徴はセックス下手であることです。

出会い系で楽しいセックスライフを送るためにも今一度、自分のセックススタイルやスキルを見つめ直す必要があります。

どうすれば長く関係を維持できる?

相手の女性が何を求めているかは、人によってそれぞれ違います。

単にセックスするだけではなくデートコースやセックスまでの流れ、シチュエーションなど、こだわるポイントが違うため、女性に合わせたプランニングが欠かせません。

メールや会話から相手の好みを探り出し、それを踏まえた立ち回りをする必要があります。セフレとはいえ女性と関係を持つわけですから、様々な場面で相手を満足させなければなりません。

なので、相手を理解しつつ最大限の気遣いや思いやりが必須なのです。

ですが、最終的な着地点はベッドの上。

やはり、相手をセックスでいかに満足させられるかが非常に重要となります。

セックス下手では長く関係を持続させるのは難しいので、セックスの知識を深め、自分のセックススキルを磨き続けるのが大切です。

外見や性格を今から変えるのはほぼ無理ですが、セックススキルなら今からでも十分間に合います!

相手をイカせまくる極上セックステクニック、これを習得するのが1番の近道なのです。

相手を満足させるセックステクニック

セックススキルを磨くためには、やはり場数をこなしながら経験を積む必要があります。

最初はセックス下手でも、意識しつつ一生懸命接すれば相手に気持ちは伝わりますし、自分のセックススキルも自然と磨かれていくのです。

そこで、セックス下手でも安心!少しでも相手を満足させるために役立つセックステクニックを紹介してきます。

前戯や愛撫

挿入前の下準備のようなもので、相手の気持ちを昂ぶらせるためには必須。

単に乳首やクリトリスを集中的に弄るのではなく、相手の性感帯を探り出しながら全体を攻めていきましょう。

最初は感じやすい乳首や膣周辺は避け、首や耳、背中などの遠いところから徐々に愛撫していくのがポイント。

相手からすれば、性感帯にどんどん近づいてくる感じがたまらないというスリルを感じることができるのです。

言葉責め

言葉責めには、単に相手を辱めるパターンと気遣うパターンの2種類があります。

前者のパターンは文字通りの言葉責めで、相手が恥ずかしくて興奮するワードや状況説明をすること。

それにより相手の興奮度合いは高まっていき、膣内が濡れつつ体全体が感じやすくなります。

後者のパターンは相手を気遣ったり、コミュニケーションを取るための言葉責め。

「寒くない?」や「痛くない?」など、相手を思いやる言葉を投げかけてあげるのも、女性がグッとくるポイントの1つです。

体位

自分にも体位の好みがあるように、相手の女性にも好きな体位があります。

そのため、相手の好きな体位を見つけ、積極的にその体位を攻めるのが良いでしょう。

参考として、一般的な女性の好きな体位は正常位で、嫌いな体位はバックや立位のようです。

相手の好みが分からない場合は正常位を基本とし、側位や騎乗位を織り交ぜながら反応を見てみましょう。
ですが、難しい体位などは避けるべきです。上手くできないと気持ち良くありませんし、モタモタしていると相手の機嫌を損なうだけなので注意。

ピロートーク

セックスが終わった後のピロートークは、相手との感想や意見交換をするに最適。

どんな体位やプレイが気持ちよかったかなど、相手の好みを知るチャンスでもあります。

また、「次は○○してみたい」「今度は△△してみよう」など、自分の要望を提案することも可能なので、ピロートークの場はしっかり設けるようにしましょう。

ベッド以外でも気は抜かない

セックステクニックと言えば、ベッドの上だけと思いがちですが、実はそれ以外でも「上手い」と思わせる方法は数多くあります。

一人の時間を作ってあげる

例えば、入浴前に服を脱いだりお風呂で身体を洗ったり、そしてお風呂から出た後も、女性が一人になる時間を作ってあげるのはデキる男のポイント。

恥じらいのある女性だからこそ、整えたい場所や洗い足りない部分を男性の前でやりたがりません。

そこで「2人は嫌なの?」と煽るような発言は絶対NG。

スマートに一人の時間を作ってあげるだけでわかる男と思ってもらえます。

メイク直しやヘアを整える時間を気にする

特に、ラブホでは延長料金を払わなくてすむように、退出時間を気にする人は多いです。

とは言え、少しでも長く2人の時間を楽しみたいと思うのは、当たり前。

ですが、ギリギリまでセックスのことばかり考えてはいけません。

女性の場合、メイク直しやヘアブローの時間も必要なので、せかすことのないよう余裕のある配分で時間を作っておきましょう。

髪や顔、服を汚さない

中には、服を脱がせながらプレイをしたり、洋服を着たままの状態でセックスをする人も。

もちろん、その強引さが好きな女性も多いですが、だからといって服を乱暴に扱ったり、必要以上に髪や顔を汚すのはダメ。

洗顔やシャンプーをしない女性にとっては、あくまでもプレイの中で楽しむだけです。

強引な演出はしつつも、きちんとポイントは丁寧に扱ってあげるのがコツ。

さり気ない気遣いでも、女性はきちんとわかってくれるのでセックステクニックのある男だと思ってくれます。

セフレ関係を持続させるポイントまとめ

これらのテクニックを習得し、アレンジを加えながら自分のセックススタイルを確立するのが非常に重要。

“その人にしかできないセックス”というのは女性にとって魅力的であり、満足できる内容であればセフレとの関係性も保ちやすくなります。

また、あらかじめ知っておけば簡単に実践できる手軽な方法ばかりなので、これで女性の気を引けるなら安いものではないでしょうか?

自分のテクニック磨きやセフレ探しに最適なのは、やはり出会い系コンテンツ。セックス上手はデキる男の嗜み!

セフレを虜にするためにも、出会い系コンテンツを活用してセックススキルを磨いていきましょう。

セフレの探し方・セフレ関係を継続させるコツ・セフレを切る手順

初めてセフレを作りたいと思っている男性はもちろん、せっかく女の子を見つけたのに「セフレまで続かない」と悩む男性は必見!

セフレの探し方・セフレ関係を継続させるコツ・セフレを切る手順をご紹介します!

セフレをもつ時に覚えておきたい事

恋人とは違うセフレは、誕生日やクリスマスといったイベントを気にしたり、毎日メールや電話をしたり……面倒なことをしなくても、都合よくセックスできるのが一番の魅力。

一見、男性よりの考えにも感じますが、実は女性だってセフレの魅力はあります。

確かに、イベントを楽しんでプレゼントをもらい、毎日のストレスをおしゃべりで発散するのも、女性にとっては嬉しいものですが女性だってムラムラすのは当たり前。そんな時に、タイミングよく遊べてさっくりセックスをするのは「楽」と考える人も少なくありません。

そしてなにより、男性と同じく「セフレをもつ」のがひとつのステータスに感じる女性も意外に多い!

土下座をしてでも「セフレを作りたい!」なんて思う男性もいますが、そんなことをしなくてもセフレを作ることは可能です。

逆に、あまりにも低姿勢になりすぎると、「こんなセフレは持ちたくない」と女性は感じてしまうので、注意が必要です。

セフレの探し方

それではまず、セフレの探し方や見つける方法についてご紹介します。

一番効率がよいのは「出会い系」

セフレを探すのは、ナンパや出会いカフェ、SNSなど色々ありますがやはり一番効率が良いのは「出会い系サイト」を使った方法です。

なるべく最初に直接会って、アプローチする方が良いイメージですが特にセフレを探すなら、最初はお互いの姿がわからない出会い系がベスト。

それはセフレを探したいと思っている女性も、その姿を周りに見られるのは嫌だからです。そのため、真剣にセフレを見つけたい女性こそ、出会い系サイトを活用しがち。

彼氏探しや一度きりのワリキリなら、ナンパや出会いカフェも便利でしょうがセフレをさがすなら、最初はメールから始めていく方がおすすめです。

セフレ探しはお金がかかる?

はっきり言って、お金をかけなくても良いのがセフレの魅力。多少はサプライズのプレゼントを用意したり、ご飯をおごったり繋ぎとめるために必要経費もかかりますが、恋人同士に比べたらかなり出費は抑えられます。

出会い系も一部は有料コンテンツですが、登録やログイン、イベントで貰える無料プレゼントを駆使すれば、低料金で探せます。

逆に、お金をかけたからといって手に入らないのがセフレ。コスパ良くセフレを探していくのが、意外にも近道と言えるでしょう。

女性なら誰でもセフレにできるのか?

自らセフレを希望する女性もいますが、残念ながら「セフレなんて、とんでもない!」と考える清き女性も存在します。とは言え、だからといって脈が一切ナイとは言えないのが面白いところ。

実は、セフレを嫌がる女性でも「この関係はセフレじゃない」と思い込む女性や、途中でセフレの魅力に気付いたもののごまかす女性。どっぷりセフレにハマってしまう女性がとても多いのです。

そのため、うまく立ち回ればどんな女性でもセフレにできる可能性はあります。時にはステータスとして、時にはあいまいな関係として、女性のタイプにあわせて「セフレ」の新しい言葉を見つけるのも良いでしょう。

セフレのひっぱり方

いくらセフレができても、数回で音信不通になっては意味がない!できるだけ細く長く続けていくのが、正しいセフレの在り方です。

恋人同士より難しい距離感

実は、カップルよりも扱いが難しいのがセフレとの距離感。女性によっては彼女気分を味わいたい人や、さっくりヤルだけヤル……という女神のようなセフレを求める人も。そのため、過度に距離を縮めるのも危険な行為。かといって、あまりにほったらかしにすると女性も逃げてしまうので、アメとムチのように、バランスよく一定の距離を保つのが良いでしょう。

プレゼントでお金をかける必要はなし

物や現金で釣るのは、あまり賢いやり方とは言えません。当然ながら喜ぶ女性は多いですが、だんだんと愛人化してくる恐れも。「お手当が欲しい」なんて言われてはたまったものではありません。愛人ではなくセフレなら、もちろん基本タダが鉄則。あまり甘やかさないように、過度なプレゼントは避けるのがベターです。

ただ、ホテル代以外に一切お金を使わないのも「ケチ臭い」と思われがち。そこでおすすめなのが、LINEのスタンプやアプリゲームの課金です。1,000円程度でも喜んでくれ、気持ち的に重いプレゼントでもないのでセフレ女性のウケは抜群。

1,000円程度でセフレの心をひっぱれるなら安いものです。

プレイは積極的にチャレンジ

思っている以上に、女性もセックスに対しては貪欲です。特に、セフレだからこそ普段経験できないプレイスタイルを試したい……なんてことも。ある程度、セックスの回数が増えてきたら積極的に新しいプレイスタイルを試してみるのがおすすめです。軽いソフトSMくらいなら「余裕でOK」という女性は多数派なのでどんどんチャレンジしていきましょう。

適度にプレイを広げていくのも、長く付き合う秘訣です。

セフレの切り方

セフレをもつ時に、一番気を付けたいのがセフレを切る時。相手から離れていき、悲しい思いをするのは嫌だ!……なんて男性も多いかもしれませんが、実はその逆こそ一番の困りものです。

女性から離れた場合はサックリと

あいまいな関係だからこそ、あいまいな終わり方になりがちなのがセフレ。「またね」と笑顔を見せながら、そのまま音信不通そして自然消滅……というのもよくある話です。何かしらの理由があって終わりを選んだ女性の場合、スッと身を引くのが賢明。次のセフレを見つけるのが、復縁を狙うよりよっぽど勝算があります。

ただし、次の相手が見つからなければ半年、1年後くらいにしれっと連絡を取るのは有効です。とは言え、一度メールを送りリアクションがなければ諦めるのが良く、まさにワンチャン狙うといった感じ。「新しい彼氏ができたけど別れた」「セフレは嫌だったけど、やっぱり人恋しい」といった考えに女性が変わっていれば、復活もあり得ます。

男性がわから離れる場合は要注意

あれだけ望んでいたセフレでも、もっと良い女性が見つかったりなんとなく飽きてしまったり、男性側から関係を終わらせることもあります。その際に、気を付けたいのは「終わらせたくない」と望む女性。

あなたのテクニックや人柄、見た目にどっぷりハマってしまった場合下手に別れを迫ると、女性が逆ギレする恐れがあるのです。最悪、社会的抹殺されかねない危険な行為に走ることも……。

下手に「誠意を見せよう」なんて真面目に考える必要はありません。「面倒くさそうな女だ」と感じた場合は、自然消滅を狙うのがおすすめです。

特に、すぐヤレる女性こそ、切るのが面倒臭い傾向にあるので気を付けましょう。

セフレとはどこまでも”楽しむ”ことに重点を置こう

セフレについて色々な誤解や注意点、意外な真実などを紹介しましたが、やはり基本的にセフレは”楽しんでナンボ”の世界。

真面目に考えるなら彼女を探せばよく、もっと割り切った関係なら一期一会の女性を探し出すのが良いでしょう。

細く長く、適度な距離を保って続けていくのがセフレの醍醐味。去り際も、あっさりしすぎるくらいで十分です。

そして、ちょっとしたコツを掴んで立ち回っていけば思っている以上に、セフレと良い関係を継続できます。

ぜひ、お気に入りの女性をセフレにできたらバランスを保ちながら、セフレライフを最後まで楽しんでいきましょう!

「SL理論」を使って、女性をリードできる男になろう!

女性との関係がうまくいかないのは、あなたのリーダーシップに問題があるのかもしれません。

「リーダーシップ!?仕事じゃあるまいし!」と面倒になる気持ちも分かりますが、実は仕事で必要なリーダーシップは、男女の関係にも活用できるのです。

リーダーシップを賢く使って、女性をリードできる男性になりましょう。

うまくリードできない男性たち

女性に積極的にアプローチできない男性

自分に自信がなく控えめな男性は、自分が女性をリードすることなんてできない、と考えてしまいます。

仕事でも同じで、部下や後輩をリードできません。

「自分が教えたことが間違っていたらどうしよう」「自分の考えを笑われてしまうんじゃないか」と心配ばかりしてしまい、リーダーシップどころではありません。

リードしているつもりが押し付けているだけの男性

一方、仕事でも部下や後輩をグイグイ引っ張っていくタイプの男性。

女性に対しても積極的にアプローチし、自分の意見や考えを自信満々に披露します。

自分に自信があり、人に頼られることが大好きで、「何でも相談しろよ。アドバイスするからさ」っと、男っぽさ全開の男性ですが、なぜか女性にモテません。

同調するばかりで自分の意見がない男性

人の意見を聞き、とにかく「いいね!」をする男性。

女性の意見や考えにも「それで、いいんじゃない」とニコニコして答えますが、「ねぇ、あなたはどうしたいの?」「きみの考えは?」と聞かれると、何も出てきません。

タイプは違いますが、いずれもリーダーシップに問題を抱えた男性たちです。

この男性たちの問題を解決するために、次の「SL理論」を使ってみましょう。

リーダーシップの「SL理論」とは

リーダーシップ理論のひとつである「SL理論」を簡単に解説します。

「SL理論」とは、リーダーシップのスタイルは、リーダーの資質や性格によるものではなく、状況によって役割を変えていくほうがよい、という理論です。

この理論では、メンバーの成熟度に応じて、リーダーの関わり方を変えていく必要があり、関わり方には「共労働行動(サポート)」と「指示的行動」があります。

例えば、メンバーが新人や経験の浅い場合は、「指示的行動」を強くし、「共労働行動」は弱くします。(教示的リーダーシップの状態)

メンバーの成長に従って「指示」を弱め、「共労働」を高くし、メンバーが完全にひとりだちするころには「指示」も「共労働」も弱くします。

メンバーの成熟に従って、リーダーシップは次のように変化します。

「教示的」→「説得的」→「参加的」→「委任的」

これが、「SL理論」です。

これを男女の関係に応用してみましょう!

「SL理論」を男女の関係に応用してみよう

一人の女性との関係の変化に「SL理論」を応用する

出会って間もない間柄の女性は、あなたとの関係に未熟な状態です。

ここは、あなたが積極的に指示し、リードしましょう。

女性があなたとの関係に慣れてくる従って、指示を弱め、コミュニケーションを強めていきましょう。

さらに女性が成熟すると(注!ここでの「成熟」とは、熟女化することではありません)

さらに指示を弱め、女性にコントロールされてみましょう。

「SL理論」が男女の関係の変化に使えるのはここまでです。

ビジネスの場では、スタッフの独り立ちという状況を迎えますが、男女の関係において、「委任的リーダーシップ」をとる状況は、醒めてしまった状況で、別れる直前の状態です。

女性のタイプ別に「SL理論」を応用する。

もう一つの応用方法は、女性のタイプ別にリーダーシップを変えるという方法です。

教示的リーダーシップが向いている女性

恋愛経験が少なく、出会い系サイトにも慣れていない女性 おとなしく控えめな女性には

男性が積極的に指示的行動をとる「教示的リーダーシップ」が適切です。

説得的リーダーシップが向いている女性

少し遊び慣れていて、出会い系や不倫にも興味津々の女性などには、男性がリードしつつ一緒に楽しみ、さらなる成熟を促す「説得的リーダーシップ」をとりましょう。

参加的リーダーシップが向いている女性

不倫慣れしている女性、遊びと割り切っている女性、プロの女性には、男性側から指示することを控え、女性のリードに従って思いっきりを楽しみましょう。

こういう女性には「参加的リーダーシップ」が適しています。

委任的リーダーシップが向いている女性

Sの女性、破滅志向、退廃志向のある女性などには、すべてのコントロールをゆだねる「委任的リーダーシップ」が適しています。なかなかこうしたタイプの女性に出会うことはないと思いますが、念のため心得ておきましょうね。

こうした女性には、もはや「リードする」という感覚をなくしてしまったほうがいいでしょう。

「SL理論」まとめ

このようにリーダーシップ理論のひとつである「SL理論」は、男女の関係にも応用できます。

女性との関係の状況や、女性の成熟度やタイプを無視して一方的なリーダーシップスタイルをとっても、うまくいきません。

「SL理論」を賢く使って、女性をうまくリードしましょう。